1915764 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ちゃのう的、広く浅い世界。

PR

Calendar

Profile


ちゃのう

Favorite Blog

納得 New! しゃべる案山子さん

あおり運転の思い出 New! 細魚*hoso-uo*さん

「更級(さらしな)… New! Photo USMさん

少ない夏休み...… New! MOTOYOSさん

ワークマンの長袖涼… ようさん750さん

Comments

 ちゃのう@ Re[1]:祭りと喧嘩は?(08/20) New! 細魚*hoso-uo*さんへ  だん◎り祭り  あ…
 ちゃのう@ Re[1]:祭りと喧嘩は?(08/20) New! MOTOYOSさんへ  この辺りの?  地名の変…
 細魚*hoso-uo*@ Re:祭りと喧嘩は?(08/20) New! こんにちは。 だん●りのように毎年しにん…
 MOTOYOS@ Re:祭りと喧嘩は?(08/20) New! そう言えばニコタマも二子玉川と書く..…
 ちゃのう@ Re[1]:越後屋さんが悪いわけではない!(08/19) 細魚*hoso-uo*さんへ  この手の込み方が…

Category

カテゴリ未分類

(271)

挨拶

(74)

バイク関連

(1466)

(18)

Moto GP

(112)

ツーリング

(973)

ダム

(1040)

乗り物

(623)

食卓

(22)

鉱山

(351)

索道

(142)

歩く!

(831)

崩落!

(189)

隧道

(261)

橋梁

(243)

カンバン

(370)

せんろ!

(241)

展望台

(110)

階段

(59)

滝!

(70)

石垣(積)

(32)

河川

(81)

凍結!

(122)

切通し

(4)

バス停

(7)

廃?

(42)

建造物

(366)

生き物

(54)

日常

(9)

景色

(5)

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

全366件 (366件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

建造物

2019.08.20
XML
カテゴリ:建造物
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 江戸東京博物館編

 ​玉川上水
 ​多摩川から水を引いてるけど「玉川」と書く・・・

 そう!
 現在のJR中央線で、東京から特別快速に乗って約40分
 ソコから青梅線と言う・・・
 最新の量産型電車だけど、ドアは半自動というローカル?
 なのか通勤路線なのか?
 夜は、特急「青梅号」という座席指定は無いけど、乗車券を買わないの乗れない
 けど、指定席せいではないので座れないかもしれないマジで残念な特急も走ってたりする青梅線に入って・・・
 さらに30分近く乗る羽村にある取水堰

 ​​ソコから!
 なんと

 江戸時代には江戸市中の上水道で使うための水路を建設していた
 しかも!
 1653年に完成したという(唖)

 当時の土木技術
 侮れないな!(焦)

 まあ、戦こそなくなったけど
 お城の周りにお堀を作ったりする技術は、戦国時代以前に完成していた訳ですし
 数十キロに及ぶ水路を作るなんて、結構当たり前にやっていたのかもしれない?

 ​​それが玉川上水羽村取水堰​

 


 現在のコンクリート製のモノは明治33年生のものだったりしますが!
 基本構造は、この1653年のモノと変わって無いそうです!(凄)


 で・・・
 この玉川上水の完成により!
 江戸市中に安定した供給を出来る様になったのですが!


 水を採り過ぎて多摩川が枯れた(滝汗)

 ​​​などの問題も頻発!(困)


 更に!
 明治に入って
 多摩川上流は現在の神奈川県の管轄内だったものを?

 東京市民(まだ当時は東京市)の飲み水確保のため!
 水源地である奥多摩や檜原村を、東京市の領土としてぶん盗った!

 そして昭和に入り
 羽村取水堰だけでは水の確保が難しくなり・・・

 小河内ダムの建造へと突き進むことになるのですが!

 と・・・
 単に小河内ダムネタに持って行きたかっだけと言うのは内緒です



 
 でも、小河内ダム関連の展示は・・・
 この後の昭和に入ってからの展示スペースにも無いんですよね!(悔)

 って言うか、やろうよ小河内ダム関連展示!
 通年で!!(叫)

 
​​​​​​​​ という話は、今回は関係ないので置いといて!

 とりあえず、安定した飲料水の確保が出来る様になった江戸市中は発展していき・・・
 町民文化が根付きます

 で!



 自分
 お祭りって、あんまし興味ないから(困)
 都内で、どういうお祭りがあるのか知らないけど?(でも青梅大祭くらいは知ってるぞ!)

 ​​巨大な山車が保存されています!
 レプリカなのか?
 実物なのかは不明ですが・・・

 こういった、お祭りが開催されるようになったのも
 水道のおかげだよね?
 ​

 なお!



 この山車
 かなり大きいぞ!(凄)

 って言うか、こんなデカ物を余裕で収納できる空中庭園構造の博物館とか!

 やっぱし・・・
 バブル期の設計は半端ないな(唖)

 今だったら・・・
 センセーと呼ばれるの人達も、選挙の票集めのために
 ココまで巨大な箱物を作るとか、絶対にしないだろうな?(焦)

 
 いや、それ以前に!




 この上人が乗ってたのか?(焦)
 って言うか、怖くないのか?

 動き始めとか停まる時!
 物理(運動の法則)により、立っているのが困難そうだぞ!!

 免震構造?(笑)
 とは言わないかもしれないけど?
 結構撓むはずだぞ、この山車


 あと、気性の荒い?





 山車の引手
 しかも、舗装されていない道

 あの狭い空間で、真っすぐ立ってるとか!
 物凄く難しいのでは?(怖)


 そして次回
 またジオラマのクオリティーが炸裂!!

 海沿いの町民文化で・・・

 今まで人数の比ではないフィギュアが投入される!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2019.08.20 06:30:23
コメント(4) | コメントを書く
2019.08.19
カテゴリ:建造物
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 時代劇では・・・(焦)
 悪役として出てくる事が多い?

 越後屋さん(笑)

 ​​​まあ実際には
 かなり脚色されてて?
 越後屋さんだけがヤってた訳じゃない?

 って言うか、金権政治真っ盛りの田沼意次の時代?
 ​​
 それを描いた勧善懲悪時代劇の影響で、越後屋・イコール・お代官様と「キャッキャウフフ」と言うイメージが定着したと言うか?(笑)

 ​​


 あと、必殺ナントカ人と言う人達に・・・
 一体、何百人の越後屋さんが消されることになったか?(滝汗)

 ​​あと、ヘンな印籠を持った・・・
 スゲー迷惑なオジーちゃんの前に平伏す越後屋さんが、何百人いた事か?(笑)

 更に、桜のモンモン背負ったお奉行様に、何十人の越後屋さんが島送りにされたか?


 ​と・・・
 越後屋さん!
 悪のイメージで染まってます(涙)

 って!
 小姓に「金のお饅頭」を包んだ袋を持たせてお出掛けかよ?
 って言うか、妙にリアル過ぎるぞ


 これも江戸東京博物館クオリティーなのか?(笑)

 ​​​って、ヤベェよ?
 たぶん近くに・・・
 お代官様がいるはずだよ!
 近くの料亭で待ち合わせしているかもしれないよ!!(焦)


 ​


 に、しても!
 相変わらず江戸東京博物館クオリティーは半端ないぞ!

 この手の込んだ造り
 越後屋さんに対しても大絶賛発動中だぞ!!


 ​​しかも!




 何?
 この内部の再現
 凄すぎ!!


 この中
 本当に、どうやって掃除するんだろう?
 ココまで奇麗に保つとか、半端ない維持費がかかっているはず!

 それ以前に!
 ココまで手の込んだものを付く造っておいて、放置したままで埃が溜まっているとか!
 そんな事にゼーキンぶっ込んだのか?(怒)
 と、クレームが絶対に起きないようにしている所が凄いぞ!

 


 恐らく・・・
 百人近い数の人が勤めていたのかと?
 丁稚奉公の子供を始め
 キャッキャウフフのための小姓
 将来、美味しく頂くための「・・・」とかも囲って!

 って、どーしても越後屋さんが「悪」なイメージになるように?
 時代劇によって洗脳されてるな(困)
 自分の脳内・・・(泣)


 ​で!(滝汗)




 ヤヴェよ!
 居たよ、お代官様!!(滝汗)


 ​​って言うか、頭巾で顔隠そうよ!
 目の前の女の子がビビってるよ!(怯)
 そしてオカーサンが「コレ、そっちを見てはいけません」と・・・
 手を引っ張って逃げようとしてるよ!


 早くしないと、夜
 「美味しく頂きました(違った意味で)」ってなっちゃうよ!!(ヨイデハナイカ、ヨイデハナイカ!)


 ​​​と言う冗談は置いといて!


 


 中では、勘定をしている人の姿があったり・・・
 番頭さん?
 が、丁稚奉公の子供に発声練習させていたり?

 何?
 このクオリティーの高さ!(凄)

 ​って言うか、リアルすぎ!?




 しかも奥の方まで、しっかりと造ってる!
 って言うか、見えない所も手を抜かないのが江戸東京博物館クオリティー!!


 ​​更に!




 2階の断面まで!
 って、さずかに2階まで生活している人達までは表現できなかったのか?(悔)
 
 まあ、昼間は仕事しているから?
 住み込みで働いている人達が、上の階に居る訳も無いので?
 省略したのか??


 あとは・・・(悔)




 このの中に「どんだけ貯め込んでいるか?」のカットモデルを造ってくれればパーフェクトだったのにな!!(悔)


 ​​密輸の品とか・・・
 地下牢にとか・・・(滝汗)


 て、やっぱし!
 越後屋さん・イコール・悪のイメージが抜けない!(泣)

 昔の時代劇の影響が!!​


 ​にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2019.08.19 06:28:08
コメント(4) | コメントを書く
2019.08.16
カテゴリ:建造物
​​​​​​​​​

 あくまでリアリティーを求める?
 江戸東京博物館クオリティー!


 ​実際の館内の展示物は、照明の量が落とされているだけでなく・・・
 展示物の建屋の中も灯りが無い状態で・・・

 一歩間違えるとお化け屋敷?(困)

 ​​​画像を撮るのが、結構難しいんですよ!
 基本的にフラッシュを焚いちゃいけないことになってますから!

 と言う事で・・・
 画像の明るさ調整で誤魔化すと




 寺子屋の様子を再現しています!

 と言っても・・・
 一般庶民が寺子屋とか通えないし(涙)

 武家の子か?
 商人の子供くらいしか通えないよ!

 でも・・・
 やっぱし実際
 寺子屋の中って、結構暗かったんだろうな?
 昼間しか営業はしてなかったとはいえ?

 て江戸時代から、子供が夜に塾に通うような週間なんて無かったはずだよね?
 時代劇では、普通に?
 夜に勉強しているようなシーンが出てくるけど・・・




 そして長屋暮らしの大工さんも!
 この暗い部屋の中で・・・

 手元
 見えたのでしょうか?

 まあ、家の中では作業はしなかったのかと思うのですが?


 あと、展示物にはありませんでしたが 
 よく時代劇である、笠張りの内職をする素浪人の人とか・・・(涙)

 暗い家の中で、どうなってペタペタと和紙を張っていたのか?

​​​ 


 更に産婆さん!
 産婦人科なんてなかった時代

 各家庭でのお産が基本だった時代!
 明かりも殆どない夜中の出産とか!

 あまり考えた事がなかったけど
 半端なく大変だったんだろうな?


 って・・・
 オトーチャンと、息子が正座して
 ただ、待っているだけ?
 みたいにシーンになってますが(焦)

 一体、どんな光景が長屋のなかで繰り広げられていたのでしょう?



 あと・・・
 そう言えば昔!!



 普通に、家の片隅とか・・・
 あちこちに「お稲荷様」が奉られていたよね?

 最近
 ほとんど見かけなくなってしまいましたけど


 ​​まあ、氏子も減ってしまい
 管理する人もいなくなってしまったのもあるのでしょうが?



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2019.08.16 08:43:59
コメント(4) | コメントを書く
2019.08.15
カテゴリ:建造物
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 江戸東京博物館編

 各種、いろいろな江戸時代の建物の模型が続きます!
 って言うか!




 相変わらず、芸が細かすぎ!(凄)

 しかも!
 結構巨大なスケールのモノもあるぞ!


 更に!




 ここぞとばかり?
 ライトアップして見せ場まで造ってる!

 って言うか?




 佛具氏さんが手がけたのか?
 て言うくらい細かいぞ!

 模様とか・・・
 もう本当に?
 大陸のパートのおばちゃんレベルを遥かに凌駕しつつあるぞ!!


 ​​


 しかも・・・
 もしかしてコレ!

 塗ってる?
 そして金箔を使って張ってる感じですよね?

 だとしたら、相当な金額が掛かってるぞ!
 この門の部分だけでも!


 って言うか、この力の入れよう
 江戸東京博物館クオリティー


 相変わらず凄すぎだぞ!

 そして、そのクオリティーは!

 ​​


 1分の1の籠にも表れています!
 って言うか、コレも漆塗りだぞ!

 この大きさ
 全て漆で仕上げてあるとすれば・・・


 ゼーキン
 じゃなくて、​製作費がどんだけかかっているんだ?


 しかも!
 この
 実際に乗る事が出来ます!(驚)

 ​​​傷つけちゃったら大変なのでは?
 と思うのですが!

 乗れるんですよ!

 ただし・・・
 1分の1スケールですから!

 江戸時代の日本人の体格を甘く見ない方が良い・・・(狭)​​


 子供ならとくかも!
 現代の平均的な身長の人が乗ろうとすると・・・
 入れないよマジで!(泣)

 江戸時代の日本人
 ドンだけ小柄だったんだよ?


 ​​なお!
 このように
 実際に手に触れることのできる展示物も結構多く・・・​




 って、スゲーよ!(笑)
 こんな物まで・・・(匂?)


 って言うか、コレの重さを体験できる博物館なんて・・・
 他に絶対に存在しないぞ!!


  ​



 ウ★コのたっぷり入った桶
 満杯で26kg
 それを両天秤で2個!

 畑に撒くために担いで・・・

 って!
 50kg以上も黄色いアレの入った桶を担ぐ体験が出来るとか!(匂)

 て、実際には・・・
 中に入っているのは、ただの重しです!

 臭いの元は入ってません!(笑)

 

​​ その他!




 江戸の火消しが持ってるアレ!
 実際には15kg近くあります!

 結構重いです!
 こんなのを担いで屋根の上に登り!
 くるくる回していたのか?

 火消しの棟梁さん!


 一応・・・




 落ちて来ないように天井から鎖で釣ってあります!
 しかも!

 ブラブラと揺れて、周りの人に当たらないよう?




 下側にも鎖が!
 安全対策はバッチしです!

 チビッコでも安心して・・・

 って、たぶん持ち上げられないかもしれないけどね?(錘)


 ​​​意外と、いろんな体験も出来て!
 勉強になるぞ!


 と言う事で?
 夏休みの自由研究が終わっていないチビッ子たちは!
 まだ残っているお盆休みに、オトーサンに連れて行ってもらおうね?

 だけど・・・
 明日から出てくる内容は

 オトーサン達でも、ちょっと説明が難しいかもしれないぞ?


 そう
 江戸の庶民の生活
 時代劇で描かれているものとは、ちょっと違うからね?



 つづく


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2019.08.15 08:34:53
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:建造物
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 江戸東京博物館編

 ​念のために言っておきます・・・
 お寺さんの鐘ではありません!

 江戸時代
 時を告げるために使われていた鐘です!

 でも、12時にエーデルワイスは(笑)
 って言うか、この鐘で打てないし!
 エーデルワイスとか!!

 ​​なお・・・



 意外と凝った意匠しているんですね!(驚)
 もっと簡素な物かと思っていたのですが・・・

 基本!
 時計なんて一般家庭に無かった時代
 決まった時刻になると、鐘を鳴らしていたらしい?

 とは言え・・・
 草木も眠る丑三つ時に鳴らすことは(焦)
 って言うか、コレから「出ますよ」と・・・(ガタブル)

 そんな時間
 鐘を鳴らして起こしてくれるような、お節介は勘弁してほしいぞ!!(涙訴)


 と言う冗談は置いといて・・・

 江戸時代の庶民の生活を模した、1分の1スケールの展示が所狭しと並んでいます




 いわゆる長屋です!
 庶民の生活する家です!

 平屋建ての賃貸住宅です!
 よく時代劇で・・・

 ジーチャンがケホケホと咳をしながら布団で上半身を起こしているような状態の所に?
 借金取りの若い衆が押し寄せて(凄)
 借りた金、今すぐ耳をそろえて返してもらおうか?
 返せないなら、娘は貰ってくぞ!

 みたいなシチュで使われる、あの長屋です?(笑)


 と言う話は関係ないから置いといて!

 基本、4畳半一間か二間
 そこに4人程度の人が暮らしていたといわれ

 風呂、トイレ、炊事場は付いてません!
 共用のモノを使用します!





 って、長屋の外にあるのが・・・
 五右衛門風呂ではありません!(焦)

 江戸時代、公衆浴場と言う物が既に存在していたらしいですが・・・
 で!
 男女混浴だったそうですが!

 いくら何でも、外で堂々と素っ裸になって風呂には入りません!


 コレ!
 

 共用の井戸です
 しかも!(凄)
 先日に書きましたが・・・

 既に上水道が完備されていた江戸の街
​​​​​​
 ​​穴を掘って、ソコから水を汲み上げていたのではなく!
 木の板で四角い管を造り
 ソコに水を流して、共用井戸まで水を引いていたらしい!(凄)

 この事が!
 日本に来た異人さんには衝撃的な事だったらしい!

 そう。
 当時の欧州諸国でも上水道なんて殆ど整備されていなかった19世紀
 姿や着ている物は野蛮人に近い格好をしているのに
 まさかの高い文化水準と都市建設!

 お隣の大陸や半島では見る事の無かった設備!(地続きの国から、度々攻め入られてソレどころではなかったのもあるのでしょうけど?)
 
 日本は党則力が優れていて、容易に侵略できる国ではないと・・・
 そう判断する材料になったらしい(驚)

 って、まさか水道が・・・
 そして!




 既に江戸時代には決められたゴミ捨て場があったらしい!(激驚)

 ​そして!
 長屋に住んでいる人達が順番に片づけていたらしい!(凄)

 って、埋めていたのか?
 堆肥にしていたのか?(食べ物クズ)
 その辺りは不明ですが!

 って、コレが?
 現在の町内会のゴミ当番の基礎となった??

 って、事だよね?
 こう言ったシステムも欧米には存在していなかったらしく・・・

 異人さん!
 かなりのカルチャーショックを受けちゃったらしいぞ!




 そして・・・
 プライバシーなんて物は、殆どなかった当時!
 入口の戸を開ければ

 すぐに土間
 その奥に畳み・・・

 で!
 家財道具と、ケホケホ咳しながら寝込んでるジーチャン

 じゃなかった!

 ​すべて丸見え!




 ちなみに!
 家の中に照明なんて物は存在しないので(暗)

 基本的に、昼間でも暗い!(涙)
 行灯(あんどん)なんて・・・

 アレは一般庶民の持ち物ではありません!

 ロウソクなんて更に高価な物は買えません!

 しかも・・・
 菜種油なんて高価な物すら買えない一般庶民は!
 魚から絞り取った質の悪い脂を火皿の上に入れて点け・・・
 れたのは、ソコソコ稼ぎがあった人のみ!


 と、言う事で・・・
 暗くなったら速攻寝る!(笑)

 
 ​​​生活サイクルに関しては、殆ど野生動物と大差ない?

 ​でも?



 火災報知機だけは設置義務があるからね!(笑)


 ​って!
 本物の木で造っているだけに?
 一応・・・

 消防条例に引っ掛かるんだろうな?
 この長屋のレプリカ(笑)

 ​​一応?
 展示物ではなく?
 建物として認知されているんだろうな?

 博物館の中なのに?(笑)



 つづく
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2019.08.15 08:39:02
コメント(2) | コメントを書く
2019.08.14
カテゴリ:建造物
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 江戸時代の城下町を模したジオマラ

 かなり大きいです!(凄)

 ​って、コレ!
 単に建物を並べて・・・
 フィギュアを立てただけではありません!

 と言うのも・・・(唖)




 フィギュア、1体1体
 全て手作りだぞ!

 お隣の大陸のパートのオバチャン達が塗った食玩
 じゃなくて!
 大量生産された成形品に色を塗った物じゃないぞ、コレ!(凄)


 

 しかも・・・
 ちゃんとストーリー性を持たせて?

 実際に人が生活しているような風に並べている!





​​ しかも細部までの造り込みが半端なさすぎる!
 って言うか、江戸東京博物館クオリティー半端ねぇぞ!!

 ​​更にだよ!


 建物の模型も・・・




 芸が細けぇよ!(凄)
 できれば・・・

 あともう少し、ウエザリングを施して
 あと、ヤレた感じを出せれば最高だけど?

 屋根の上に石を乗せて、屋根板が飛ばされないようにしていたところまで表現してたり!
 実際にあった物を可能な限り再現しようとしている!


 って言うか、コレ
 造るの半端なく大変だったはずだぞ!


 しかも!
 造形に相当な自信があるのか?
 って言うか、クリエイターさん?
 プロだな?




 双眼鏡が数か所に置いてあって!
 ドアップで見てください!

 って言うか、手抜き個所なんてないぞ!
 そして、造り込みの凄さを思い知って下さい!
 と・・・

 自信たっぷり?
 

 しかも!




 建物の一部がカットモデルになってて!
 内部構造だけでなく!!

 なんと!
 柱の構造とか!
 実物を可能な限り忠実に再現してる!!


 ​​ぱねぇぞ!
 このジオラマ


 それよりも・・・
 綿ホコリ一つ落ちていない(輝)
 って、コレ!
 定期的に掃除しているって事だよね?

 ジオマラ上部はオープン状態になっているから!
 沢山の人が見学していると

 どうしても、埃なんかが入ってしまうというのに!
 全く乗っかっていない!


 マジ?
 コレ・・・
 一体、どうやって掃除しているんだ?

 あんだけ大量のフィギュア並べているのに!
 
 しかも!
 ジオラマは一つだけではありません!




​​​

 大名屋敷のジオラマなんかもあり!
 しかも!

 内部をライトアップしてる!
 って言うか・・・(唖)


 ​​


 なんじゃ、この造り込みの凄さ!(驚)
 コレ・・・
 全て手作りだよね?

 しかも、木(支柱)の組み方とか
 現物と全く同じようにホゾ穴開けて差し込んでたりする部分もあるぞ!

 って言うか、彫刻師さんがやるような仕事だぞ!
 
 で・・・
 大きさのものを造ったら

 金額が確実に(滝汗)
 ゼロが6つ並ぶ価格
 しかも、限りなく・・・
 あと、もう少しでゼロが7つ並ぶ所まで行く額になるぞ!

 って言うか、建造の構想がバブル期だったはずだから・・・
 金に糸目を付けない時代の設計だよね?(怖)

 


 ぱ無さ過ぎだぞコレ!
 でも・・・

 チビッ子達には、ちゃんと見せてあげようね!
 そしてオトーサン達は!

 この、江戸時代の建築技術の事を正確に解説してあげましょうね!


 難しすぎるかもしれないけど?(笑)


 ​​​あと・・・
 襖に描かれた画
 大陸のパートのオバチャンを凌駕するレベルなんですけど!(唖)

 ​​


 あと、床下の構造とか・・・
 その再現力が半端なさすぎだぞ!

 
 そして・・・
 まだよ!
 まだ終わらないよ!!




 江戸城の再現模型・・・

 どんだけ手が込んでるんだよ?
 コレ・・・





 さすがにスケール的な問題から?
 フィギュアまでは設置できなかったけど(悔)

 

​​​ こんど、コレ造った人達・・・
 小河内ダムの建造途中の再現模型造ってくれないかな?(ハアハア)
 索道の位置とか、線路の位置とか忠実に再現してもらって!!(ハアハア)


 ​​やべぇな、そんなの見せられた日には・・・
 自分、その場から3時間は動けなくなってるかもしれないぞ?

 と言う冗談は置いといて!





 コレも、普段から
 どうやって掃除しているのか?


 一度見たいぞ!!
 ガラスケースの中に入れないでおいて、ココまで奇麗な状態を保てる秘訣!
 一体どうなっているのか??


 個人的には・・・
 ジオラマの凄さよりも、掃除の凄さが気になったりして?



 なお!
 制作費に関しては(滝汗)


 まあ、ココまで凄いものを造ったのなら!
 
 許す!
 ゼーキン無駄に使ってないから許す!!


 つづく

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2019.08.14 08:51:46
コメント(4) | コメントを書く
2019.08.13
カテゴリ:建造物
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 江戸東京博物館編
 って、昨日・・・
 5階って書いてしまいましたが・・・(焦)
 6階の書き間違いでした!(平謝)

 そう! 
 一番上の階まで行って、降りてくる構造になっている江戸東京博物館

 ​​とりあえず?
 7階に開かずの間があるらしい?
 じゃなくて、貸しホールがあるらしいけど
 一般の人は利用できないらしいから?

 ​やっぱし、何か防衛本部とか(滝汗)​
 そして、やっぱし飛ぶんだろうな、この建物!


 と言う冗談は置いといて!​​

 江戸時代の日本橋(木で出来ていた頃)の実寸大レプリカです!





 ​って言うか・・・(焦)
 建物の中に橋を掛けるとか
 マジであり得ねぇよ!(叫)

 本当・・・
 ゼーキン、ブッ込めば建物の中に橋が造れるんだよ?
 

 ​​ちなみに・・・
 ヒッカピカに磨き上げてあります!
 本物の木を、この状態に保つとか・・・

 空調の電気代
 そしてメンテナンスをしている人達の人件費

 毎年、どんだけゼーキン突っ込むのか?


 ​​でもまあ!
 資料館としては素晴らしい所なので!

 許す!(叫)

 ​​こういう事なら、都民税
 有効に使ってください!

 ちなみに自分は都民じゃないから関係ないけど・・・

 ​​
 そして!
 その橋の高さがスゴイ!

 で・・・
 向かって左側に!!




 江戸時代の歌舞伎小屋、実寸レプリカ!(唖)
 って言うか、橋と合わせて・・・
 かなりの重量だぞ!


 コレ
 本当に・・・(焦)


 建物の強度大丈夫なのか?

 修繕工事とか、半端ない費用が掛かるのではないかと?
 で・・・
 もうすぐ、築30年
 やっぱ重すぎて、維持できないから止めます
 みたいな事言わないよね?

 でも!



 造りが細かいし!
 手が込んでる!

 って言うか、殆ど妥協無し!
 一体幾ら掛ったんだ、コレを作るのに!

 なんて野暮な事を言ってはいけません!




 パネェぞ、江戸東京博物館クオリティー!!(凄)



 ​​​ちなみに!
 1日に何回か、決まった時間に寄席などのイベントが発生する
 じゃなかった開催されるらしい!(凄)

 ​
 そして!
 向かって右側は・・・





​​​​​ 戦前の西洋風建築!

 ​なお・・・
 間違っても、土曜20時からやっていた某番組の
 ハリボテの建物ではありません!

 そう
 江戸東京博物館クオリティーを甘く見てはいけないんです!!


 ​​忠実な1分の1レプリカなんです!!(凄)




 更に!!(叫)
 うわ!
 旧橋の橋脚跡まで再現・・・


 ​って言うか、ゴメン!
 こう言うの見ると・・・

 自分の頭の中では、そう言う風に誤変換されるようになってるから!(笑)


 ​なお!
 この柱のような物に関しては、後日改めて紹介していきます!

 が・・・
 上に雑草が生えていて!
 花まで咲いているというリアルな設定
 と!
 再現力

 やっぱ江戸東京博物館クオリティーヤバすぎるレベルだぞ!!


 ​​​そして



 なんかまだ、色々と有るみたいだけど・・・

 それは下に降りてからの「お楽しみ」だな?


 と言う事で!
 館内の橋を渡り切った先には!!(唖)




 ココから先
 江戸東京博物館クオリティーの真骨頂が来る?


 って言うか、コレを維持するのにどんだけゼーキンを毎日ブッ込んでいるのでしょう?


 ​​にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2019.08.13 08:11:22
コメント(2) | コメントを書く
2019.08.11
カテゴリ:建造物
​​​​​​​​​​​​​​

 江戸東京博物館編

 ​3階の吹き抜けにある、無料で見れる展示物・・・

 ​その中にぬ
 汐留遺跡?

 て、遺跡って言うくらいだから・・・
 石器時代とか縄文時代のモノなのか?
 と・・・

 そう思ったのですが!

 東京都は恐ろしい所で?
 明治初期のモノは・・・

 既に「遺跡」と表記されてしまうらしい?
 と言うくらい、スクラップビルドの激しい街です!


 まあ、昭和に入ってから・・・
 関東大震災と東京大空襲で、2回も殆どが更地になってますから(怖)
 あと、江戸時代にも何度も震災や大火で焼け野原になってますし・・・

 ​​​​​​​だから!
 戦前のモノは既に遺跡扱いされちゃってるんですよ?


 ​とりあえず、現存していたり・・・
 現役で生き残っている物は除いて?

 って言うか、昭和の時代までに無くなった物は「遺跡」と認定されちゃうらしい?(怖)

 ​て事は・・・(滝汗)
 平成以前の
 バブル期に造られ
 既に解体された物も?
 もうすぐ「遺跡」と認定されちゃうのかもしれない?(怖)


 それくらい時代の流れが速すぎる恐ろしい場所なんです!

 まあ、面積の90%は畑とか田んぼが残ってますけどね(笑)
 ATMやコンビニが無い檜原村とか(焦)
 僻地・日原も東京都ですが・・・


 そんな話は置いといて!




 明治時代

 日本には、まだ・・・
 まともな製鉄技術がありません!
 って言うか、鍛造技術はあったけど・・・
 鋳造の技術は、世界に遅れを取りまくっていました


 で!
 欧米諸国から、大量に最新の機械を買い込み!
 そして技術者を金で雇い入れ!
 列強諸国入りしようと・・・

 で、ないと・・・
 お隣の半島や大陸のように植民地化されてしまう!(怯)
 と言うとこで!

 汐留に耐火煉瓦製の溶鉱炉を造ってもらった?
 って言うか、海外の技術を買い込んで造った?
 と言った方が正解か?

 まだ、この当時
 鉄道用のレールは欧米諸国から買っていた時代
 蒸気機関車や、客車の台車すら輸入品
 って言うか、国産化できていなかった時代

 で・・・
 レールくらい自分たちで造れる様にならないと(焦)
 ついては、軍用技術として転用して!
 イギリスやアメリカから買っていた軍艦も!
 自分たちで造れるようにならないと、いつ植民地にされるか分らないと・・・(焦)


 

 更に!
 国内でも鉄鉱石は捕れるので!
 鋳造する技術を上げないと!

 海外らか技術者を雇って・・・

 って、薩摩藩が幕府を転覆させたのも(焦)
 抜け荷で稼いでいたお金で、ちゃっかりとイギリスから軍艦を買い
 オプションで、船員の軍事教育サポートまで受けちゃってたからだしね!
 その後に明治政府の重役になった薩長の人達は、その方法を素早く取り入れたしね!!


 で!
 そんな溶鉱炉が汐留にあったらしい

 のですが・・・
 想像以上に速いペースで東京湾を埋め立てて行ったので!

 あっという間に、埋められちゃって(焦)
 すっかり忘れ去られてしまっていたらしい


 って言うか、10年経つと景色が変わる東京(焦)
 もう、この頃から・・・

 で!
 既に明治時代のモノが遺跡と呼ばれる事になってしまうという・・・(焦)



 あと、余談ですが!
 日本が植民地化されなかった理由に一つに!




 なんと!
 江戸時代には、既に下水道が完成していた地域があり・・・
 衛生面での発達が一部の欧米諸国を上回っていた事!(焦)

 って言うか、街の造り方から・・・
 こう言った上下水道の整備をみた外人さんが!

 住んでる人は、下等な野蛮人に近い姿をしているけど
 ドンだけ統制の取れた国なんだ、ココ!(焦)

 下手に攻め入ると、あまりに本国から遠くて・・・
 補給の面で不利な分、長期戦になると自国の損害が半端なくなるぞ!

 あと・・・
 鉄砲量産しすぎだぞ(制海権を取れても、上陸した後の被害が甚大になり過ぎる)
 この国・・・(怖)

 という理由から?
 本土への直接攻撃を控えたという説もあります



 


 鉄や塩ビなんて素材が無かった時代
 木で何でも作っちゃった日本(焦)

 水道管も木で出来てたぞ!(笑)
 これが、江戸市中にしっかりと整備されていたらしいぞ!

 そのおかげで、疫病による死者が少なかったらしいぞ!(凄)

 
 こう言った物も!
 再開発で、地中を掘ると出てくるらしいぞ!(驚)



 そして・・・
 時は、一気に近代化が進み!


 ハアハア



 なんか見えてる!(叫)
 って言うか、想定すらしてなかった物が見えてる!(悶)


 ​ああ、なんかもう・・・
 コレだけでお腹いっぱいになっちゃうかもしれないアレが見えてるんですけど!!

 と言う次回に続く




 って言うか、中に入るまで何日引っ張る気なのでしょう?


 ​​にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2019.08.11 07:58:17
コメント(2) | コメントを書く
2019.08.10
カテゴリ:建造物
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 今日からお盆休み
 長期連休と言う方も多いかと思います!


 が・・・
 お約束かよ!?
 自分は後半戦をメインに仕事だよ!
 9連休って何ソレ、金稼げなくて辛いだけじゃないか!!(涙訴)

 ​と言う事で?
 とりあえず最初の3連休だけは「お休み」となりましたが・・・

 まあ、そんな話は置いといて!


 そう言えば去年の夏休み企画
 生命の星・地球博物館編意外と評判が良かったので?


 ​​​今年もやります!
 博物館ネタ!

 そう
 冷夏とかウソベェ(ウソばっかし)言った予報に騙され・・・
 風が吹かないから、去年よりも辛い地獄のような1週間を過ごしたりしたますが・・・

 このまま、お盆休みで!
 チビッコと家にいたら、暑さで死にそうになっちゃいそうなオトーサン達向け?

 では・・・
 たぶんないと思うけど?


 って言うか?
 なんじゃ、この建物?
 って言うか、博物館系って
 どーしてこーなった?(困)

 みたいな建物多いよね?
 しかも・・・

 何処の怪獣退治の専門家と言う名の、某M78星雲から来た人の引き立て役に徹するチームの基地だよ?(笑)

 ​って言うか、この構造
 維持費とか・・・
 建造時の費用とか
 半端なかったのでは?

 地上62mと言う高さで・・・
 5階と6階に当たる部分が展示スペース!

 て、ちょっと待て!
 ソコまで展示物を上げるだけでも大変なのでは?
 って言うか、あまり重たい物を入れると落ちるんじゃね?(潰)

 と・・・
 ちょっと心配になってしまう

 そんな・・・




 江戸東京博物館と言う名前からしても・・・
 某・元都知事が大好きそうな名前だよね?

 スゲー額のゼーキンぶッ込んだんだろうな?


 ​​しかも、お隣は・・・
 大相撲で有名な、両国国技館だぞ!

 土地代だってパネェ額だったはずだぞ!

 完成が1993年だから・・・(滝汗)
 やっぱそうか?(困)

 建造計画が建てられたのはバブルん時だよね?
 間違いなく・・・

 

​​ そして!
 3階部分にあたる




 この吹き抜けの部分(奥に見えているのが両国国技館)

 あの赤いチューブの中に入っているエスカレーターで中に出入りするのですが・・・
 どうやって展示分を中に入れたのか?
 マジで不明?

 って言うか、もう絶対に内容を変更しないという考えで造ったのか?
 いろいろと疑問もありますが


 そして!
 災害時(主に震災時)、中の人が避難する時
 あのエスカレーターだけでは危険ではないのか?

 ちょっと怖かったりするところがありますが・・・



 まあ、その話は置いといて!




 とりあえず、東京(江戸時代から昭和にかけて)の色々な物が見られるぞ!
 って言うか、屋外にタダで見れるようになっている物もあるぞ!

 ていう事で、夏休みの宿題(自由研究)にリーチが掛っているチビッ子がいる家庭は・・・
 出かけてみましょう?


 なお!
 この鬼瓦

 浅草寺にあった物なのですが・・・
 数奇な運命をたどっています!

 
 と言うのも・・・(焦)


 ​​本当は保存する予定ではなかった?

 ​​


 関東大震災で被災した浅草寺
 修復をした時!

 元通りに?
 って言うか、復元作業をせず!
 新しい建物を造ってしまった?

 のですが・・・
 せっかく震災を生き残った鬼瓦なのに
 新しく造った観音堂のデザインと似合わないから

 と言う理由で・・・(困)

 ​​​​要らない子宣言を受け
 て、国宝がいらない子宣言受けちゃうってどーいう事?(滝汗)

 ​​使わずに倉庫の中に置いてあったらしい?


 のですが・・・
 罰が当たったのか?
 東京大空襲の時浅草寺焼夷弾によってこんがり狐色​​​​
 に、なってしまい・・・(涙)

 倉庫にあった鬼瓦だけ、空襲の難を逃れて生き残ったという・・・(焦)


 で?
 こんな場所に保存されることになった?
 って言うか、戦後に建て直された浅草寺にも「要らない子宣言」されたのか、この鬼瓦?(泣崩)


 ​​​​などと・・・


 色々あるぞ?
 江戸東京博物館


 ​って言うか、まだ序の口だぞ?
 この3階の展示物(無料で見れる物)は!

 そう。
 中のクオリティーが半端ねぇぞ、ココ!


 ていう江戸東京博物館編

 ​明日からスタートです!



 あと余談ですが・・・
 自分の(母方の)祖母は
 関東大震災と東京大空襲の両方ともを体験し、火災の中を逃げて生き残った人でした




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2019.08.10 09:12:00
コメント(4) | コメントを書く
2019.07.20
カテゴリ:建造物
​​​​​​​​​​​​​​​

 そう言えばね・・・(焦)
 この売店跡の隣に残っている廃社宅

 何故だろう?
 特に悪戯された気配がない!
 しかも・・・
 中に入って画像を撮ったという人のHPを見た記憶がない!


 何しろ!



 この薪
 一体何十年前のモノなのでしょう?

 しかも!(焦)
 割らずに、丸太のまま残っている物も多かったりする

 

 ​​会社から全ての社員に釜土を支給したことがあるらしい!
 で・・・

 それまで共同炊事場で調理していたのが!
 各家庭で出来る様になり

 極寒時に外で煮炊きしなくてよくなったらしい?

 そのために使われた薪

 その後、生活に向上してくると・・・
 別の暖房器具も入って来たのでしょうけど?

 プロパンガスが入って来たのは、ずっと後のことでしょうし・・・
 灯油だって、結構後の話だったはず

 ただし! 
 下界から離れ
 隔離されたような空間に閉じ込められるように生活していた鉱山の人々




 誰かが文明の利器を手に入れると!
 一気に触発されて?
 周りの家も買い始めるような事が多かったらしい?

 見えている全自動洗濯機も!

 恐らく・・・
 物凄いスピードで普及して行ったのでしょうし・・・


 そして、暖房器具も!
 貯めておいた薪の出番が全く無くなってしまった?
 そんな勢いで増殖して行ったのかもしれない??


 そして・・・




 この奥にも社宅跡が残っているのですが・・・​


 人が入って行ったような踏み跡がない!(焦)
 って・・・

 何か目に見えない力が働いているのか??(怯)
 って言うか、自分も中に入ろうという気が起きないのは何故??(怖)


 更に!
 その社宅の奥にも旧道があるらしい!
 って言うか、山腹に人しか通れないような幅の道があり!

 小倉沢小中学校の方から続いていたらしい?
 途中にトンネルもあったような記述があるのですが?

 本当なのかは全く不明です!


 ​たしかに旧道は気になるんですけどね・・・
 社宅跡とかは


 って言うか、廃墟は好きじゃないんですよ!
 自分

 何しろ、住んでいた人の思念が残っていると言うか?
 元住人のプライバシーを見ちゃうような気がして?

 って言うか、他人が踏み入っちゃいけない領域ってありますからね??


 だから、廃墟は好きじゃないんですよ!

 廃工場とか廃施設は別腹ですが!(笑)

 ​​​​

 と言う冗談は置いといて!




 さて・・・
 再び、いま登って来た道を戻ります。

 って言うか、時間の関係で?
 本当は、もう少し上まで
 元・居住区の入口を塞ぐ壁の辺りまでは登っていきたかったのですが!(悔)


 とりあえず今回はココまで(涙)


 で・・・
 その帰り道!


 売店跡の前まで来た時!




 ん?
 なんだコレ?


 って言うか、今まで十数年間
 この前を通り過ぎながら!

 全然気づかなかったぞ!
 って言うか、最近になって誰かが悪戯したのか?

 って言うか、わざわざこんな事する訳ないよね?




 梁に使っているC形鋼の間に空缶を詰め込んだ人がいる!

 しかも!




 結構多いぞ!(焦)

 何かのお呪いか?

 しかも・・・
 よく見ると!
 今では見かけなくなってきたスチール缶が多い!
 って言うか、錆びているからアルミ缶じゃないよね?
 経常的にも!

 スチール缶とか、最近では缶コーヒーでも見かけなくなりましたからね!

 時代的に言えば!
 結構古い物だよね?


 下手すると昭和のモノもある可能性があるよね??(焦)


 この売店
 平成に入っても営業していたので!

 恐らく
 営業末期から、閉鎖して数年の間に誰かが捨てて行ったのかと思うのですが??


 誰だよ!
 こんな所に空缶捨て行ったヤツ!(怒)

 しかも・・・
 こんな場所に詰め込んで?


 で・・・
 それを真似して行ったヤツらも沢山いるとか!(困)


 少なくとも鉱山に勤めてた人達じゃないよね?

 


 この周りに社宅が沢山建っていた時代
 ソコに住んでいた人たちが夜中に捨てて行ったと言う事も無いでしょうし・・・

 って!
 立派な外灯も、この付近だけ残っています。




 って、よく考えたら?
 この銭湯と売店の間だけ、後の時代になって外灯が設置されています

 しかも!


 


 何回か更新されている?


 3種類の街灯がついてるしね
 この柱・・・


 昭和50年代以降
 採掘する物が大きく変わり
 鉱山の規模も縮小されて行った時代
 

​​ ​​​​実は、こちらの方が資料がもっと少なかったりするんですよ!(焦)
 って言うか、その頃に働いていた人は
 まだ、違う場所で働いている世代のはず!

 とは言え
 最盛期と比べると、この地域に住んでいた人は物凄く少なくなっていて(涙)
 資料的な物も少なくなっているのかもしれない?

 って言うか!
 近代の様子が全く判っていない?

 そんな事に今更気づいたんですけど!!(焦)


 ​


 特に!
 大滝村末期(秩父市と合併する直前)の様子って・・・

 もっと資料がないぞ?


 う~ん・・・


 この辺りは、また来年以降
 色々と調べて行かないといけないか?


 そして次回
 やっと最終回だ!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ
にほんブログ村






Last updated  2019.07.20 09:12:44
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全366件 (366件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.