000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

まりんの我楽多箱

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Free Space


ブロクランキングに
登録中です!!

良かったらポチっとお願いしますm(__)m

みなさまのクリックで
順位が決まります。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

多くの方に、コリーの魅力を
知って頂ければ嬉しいです。

Recent Posts

Calendar

Category

Comments

まりん@まりん@ >アンバー母さん >小太郎くん、終の棲家が決定して気持ち…
アンバー母@ Re:おしりぷりぷり(06/06) 小太郎くん、終の棲家が決定して気持ちも…
まりん@まりん@ >山口のおばちゃんさん ありがとうございます。 なんとか、無事に…

Favorite Blog

乳母・・・信頼され… Milky-Mamaさん

都議選は小池知事と… Paroownerさん

熱帯魚 ど素人奮戦記 ヤスポーさん
みかんの部屋 みかんのママさん
気まま絵画館 snowshellyさん

Freepage List

2007.03.19
XML
カテゴリ:

ミルキー

狂牛病や鳥インフルエンザ、雪印や不二家の衛生管理問題等
食にまつわる不安な要素が耐えない時代ですが・・・・
人間同様、ペット達も同じ危険にさらされています。

むしろ、動物だからこそ人間相手の製品よりも
その危険は高いと言えます。

ミルキーは、先代のコリーとは違いお腹が弱く
食べ過ぎたり、消化の悪いものを口にするとすぐにお腹を壊します。
なので、食事には色々と気を使い、今はフードシプシー状態で
ドックフード半分、手作り半分の食生活です。

今は、皮膚に良く体を酸性体質に変えてくれるという
アボガド入りのアボダームというドックフードを食べさせています。
今のところ便状態も良いようですが、臭いが独特で食いつきの方はイマイチです。
換毛期に入り、朝方に毛玉を大量に吐いていることもあるので、
全体的にミルキーの食欲が落ちている気もします。
とりあえず、換毛が落ち着くまで、このまま様子を見ようと思います。
ミルキーのフードへの食いつきがよくない時は、
ササミのふりかけなどをかけてあげていたのですが
最近は、かつお節をふりかけてあげています。
体臭がきつくなるということで、ニボシを与えていないぶん
かつお節なら、量も多くはないので良い気がするからです。
ミルキーの反応はなかなか良いです。

このままアボダームを与え続けて行くつもりですが、
もうひとつの候補にあがっていたアーテミス
試してみたいなぁと思っています。
こちらは良質のドックフードな上に食いつきが良いとの評判なので
ミルキーに合うフードが複数あれば心強いと思うので
試してみたいなぁと思います。

先日、市内に新しくペットフード専門店ができていたので
ドックランの帰りに覗いて来ました。
そこは、ペットフード専門店というよりもドックフード専門店のようで
お店のご主人は、以前、ペットシッターをなさっていたという
ドックフードに拘りを持っていらっしゃる方でした。
色々と詳しく説明して下さり、
全く同じ製品でも、正規品と並行輸入品フードの話など
親切に教えて下さいました。
昔に比べて、ドックフードも色々と出回っていますが
自分の愛犬に合うフードを選ぶのは大変ですね。

ちなみに、同じメーカーの同じ商品でも
正規輸入品と並行輸入品では、品質に差が出て来てしまい危険が増すそうです。
現地で直接買い付けられて船で日本へ輸入される並行輸入品は、
運賃コストも抑えられて輸入されるので、商品の管理・保存が、
かなり、劣悪でずさんなんだそうです。
なので、輸送途中での温度差や、湿気等で品質が低下したり、カビが生えたり
虫が混入するなどの恐れもあるとのこと。
並行輸入品は、正規品よりもかなり安価で販売されているので
これらのフードを食べているワンちゃんも多いのではないかとのことでした。

ワンちゃんによっては、その品質の悪さを察知して
急に食べなくなったりすることもあるそうです。
しかし、飼い主は同じものを与えているのに食べないのは
自分のワンコのワガママだと思ったりして気づかない場合が多く、
品質検査をしたらカビが混入していたとの例も多々あるそうです。
同じフードなのに、新しい袋を開けて与えたとたん食べなくなった場合は
その袋の品質が低下している可能性を疑ってあげて下さい。
賞味期限等に関係なく、輸送・保管段階で
品質が劣化している可能性があるからです。

日本で売られているドライフードの大半は輸入品なので
表示が全て英語表記のものや、シールが貼られているだけのものは
並行輸入品の可能性が大なので要注意だそうです。

今の私の考えでは、ドックフード半分、手作り半分がベストな気がします。
愛犬の皮膚、目、耳、便の状態などを観察しながら、
一番良い反応を得られるフードを探し当てるしかありません。

さて、そんなことを考えて試行錯誤しているところに
ビション・フリーゼの文左衛門君のママからこんな情報を頂きました。

「=緊急=死を呼ぶドッグ・フードについて」
カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社は17日、
同社が北米で販売した犬と猫向けのペットフードの大規模回収・無償交換を開始した。
同社商品を食べて少なくともペット10匹が死んだため、
ペットフードの安全性に対する懸念が強まり、
飼い主に混乱も広がっている。
                            
時事通信 配信


ペットフードを食べて死ぬなんて思ったら、与えられなくなっちゃいますよね。
とりあえず、気になる回収対象製品の
リストはこちら

アイムスやユカヌバ、ニュートロなど、日本でも有名なブランドの名前も有ります。
しかも、一社でこれだけ販売しているうえに、
回収対象が絞れないということは生産ラインが同じということなのかしら?
益々、ドックフード不信になっちゃいますね。

やはり、ペットのご飯は手作り?が一番なのかしら。
昔のように残りご飯に味噌汁をかけてあげて鰹節をトッピングする猫まんまとか?
それじゃあ、塩分が高めになっちゃうから極論だけれど、
私たちが食べているものと同じ素材を使って犬用にアレンジするのが
ベストなのかもしれませんねぇ。



アレルギーやトラブルを持つワンちゃんにも効果ありとのこと。
手間暇と、愛情をかけた手作り食も必要かも?

犬のための手作り料理の手引きも色々出ています。


イヌがよろこぶ手作り健康長寿メニュー入門


須崎恭彦著【簡単で経済的!】愛犬のための手作り健康食






Last updated  2007.08.31 13:41:51
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.