000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006.12.09
XML
上映時間 105分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開 (ヘラルド)
初公開年月 1981/04/
ジャンル サスペンス

【解説】

美術館で出会った男と行きずりの情事を楽しんだ人妻が殺される。
事件を目撃した娼婦と、被害者の息子は犯人捜しに乗り出すが……。
デ・パルマの流麗なカメラ・ワークと大仰な演出で見せるサイコ・スリラー。
前半の主役である人妻役のA・ディキンソンと、後半の主役である
娼婦役のN・アレン、二人の魅力もポイント高し。ビデオは、劇場公開時に
カットされた残酷・性的描写を復活させた「アンレイテッド完全版」も有り。


【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート

今日はめちゃめちゃ古い映画(笑)の紹介です。
WOWOWで放送されたので、久々に○十年ぶり?に
観ましたスマイル

私はこの映画で初めてマイケルケインと言う俳優を知りました。
今は、サイダーハウスルール、ウォルター少年と夏の日、
バットマンビギンズ、奥様は魔女などで渋い初老の男性を
演じ、最近ではトゥモローランドでのヒッピーぽい老人役が
印象に残るマイケルケインですが、初めて彼を見たときは
時を経てこういう役をやる役者さんになるとは
思いませんでしたびっくり

ただとてもインパクトのある役でしたので、映画とともに
彼の名は私の記憶に残りました。

監督はブライアンデパルマです。
最近観たブラックダリアは悪くはないですが、私は
彼の作品ではアンタッチャブルが一番好きかなぽっ。。。

で肝心の感想ですが、カメラアングルというか
ひとつひとつの映像に、シーンに、結構ドキドキ爆弾
させられます


解説にも書いてありますように前半は人妻役の
ナンシーアレン、後半は高級娼婦役のアンジーディキンソン
主役でストーリーが進みます。

最近観たら、ものすごく古さも感じましたが(笑)
それでも私はサイコスリラーとしてはよくできて
いると思います。

とにかく一番初めに観た時は後からじわじわ
怖くショックなって困りました(笑)
気が小さい失敗くせにサスペンス好きで困った
ものです(^_^;)

最初のシーンが始まると、かなりエロイので(笑)
ビデオ間違えた?(DVD間違えた?)
サイコスリラー????と思うのですが
このオープニングはラストにもかかわるんだ
とわかりましたウィンク

こういう映画はラストがわかってしまうと
つまらないのでネタバレ的には書いたつもりは
ないのですが、感のいい方は読んで
すぐにわかってしまうこともあったかもしれません(^_^;)

かなり好き嫌いがわかれる作品だと思います。
マイケルケインの少し若い頃に興味があるかた、
デパルマ監督のファンのかた、サイコスリラーに
興味があるかたのみにお薦めいたします(笑)


無題.JPG

クラブ余談ですが、ナンシーアレンという女優さんはデパルマ監督と
結婚して4年後に離婚して、その後バートバカラックとも結婚して
15年後に離婚しているのに驚きましたびっくりびっくり





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2006.12.11 22:54:37
[2006年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.