808285 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ〜ウルトラランナー経理部長の経理の仕事とマラソン日記〜

経理は地味だが役に立つ〜ウルトラランナー経理部長の経理の仕事とマラソン日記〜

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

ウルトラランナー経理部長

ウルトラランナー経理部長

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

aki@ Re:新プロジェクトX(04/16) この様な書込大変失礼致します。日本も当…
経理のHIRO@ Re[1]:自宅を後に(07/04) カバちゃんさんへ ありがとうございます。…
カバちゃん@ Re:自宅を後に(07/04) お疲れ様でした。 相変わらず、忙しいね。…
元上海副総経理@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) カバさん、ありがとうございます。 久しぶ…
椛澤勝典@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) お疲れ様でしま😀 今晩は、ゆっくり出来ま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020年12月07日
XML
カテゴリ:業務改革
コンテンジェンシープラン(CP)という言葉があります。
事故や災害など非常事態が発生した場合に備えて、対応策をまとめた計画のことで、「緊急時対応計画」と訳されることもあります。

リスク管理の一環ですが、これを定めておくことはとても重要だと思います。
以前、東日本大震災のあった後に、これを定めておこうということになり、対応しました。

経理部のCPとしては、取引先への支払いが最も重要だと思います。
決算は法定決算であっても、例外的な対応が可能かと思います。

申告納税についても、こういう場合は延長が認められると思います。
その他、社内的なものは後回しにしても問題ないといえます。

取引先対応については、これを最優先しなければならないと思います。
支払いが遅れることで、その資金をあてにしている企業には、多大なご迷惑をおかけすることになってしまいます。

そのため、緊急事態になった時に、取引先への支払い対応をどうするのか、方針を決めておくことが必要です。
大抵は、会社のパソコンから銀行へデータ送信をしますので、その業務をどうするかを考えておかなければなりません。

また、今回のコロナのような事態も同様です。
たまたま先々月の部会で、月次決算期間中にコロナで全員が一週間自宅待機となったらどうするか、各課で検討してもらいました。

感染者が出なくても、全員が在宅勤務となった場合を想定して、検討してもらいました。
すぐに解決出来ないこともありましたが、方針を定めておいて、大変に安心感がありました。

今回の勝負の3週間では、これに近い事態になりました。
私も基本的に100%在宅勤務になりましたので、このプランに従った対応をしています。

やはり、備えあれば憂いなしです。
早めに対応しておいて、良かったと思います。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2020年12月07日 18時05分45秒
コメント(0) | コメントを書く
[業務改革] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X