37502964 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

メモ2 New! 4畳半2間さん

2021年11月月次 New! GoldmanSacheeさん

2021年11月の運用結果 New! snoozer8888さん

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

巧妙なシナリオ New! slowlysheepさん

運用成績・ポートフ… New! lodestar2006さん

佐渡訪問記(7)「… New! モンゴル2008さん

ミニストップでアイ… わくわく303さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

オカダマニラでFIRE!… skyfish1975さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Apr 14, 2016
XML
カテゴリ:株式投資全般

 さて今日は 「株式投資本オールタイムベスト」 28位の

 

 

 

 

 

バリュー投資アイデアマニュアル

 

(ジョン・ミハルジェビック著、パンローリング社)

 

 

 

 

 

 の第2部です。

 

 

 

 

R0150070.JPG

 

 

 

 

R0150095.JPG 

 

 

 

 

 

 グレアム流のディープバリュー投資を解説した第2章は非常にクオリティが高い と思います。  発表されてから80年近くが経過したのにも関わらず、期間や場所に関係なく様々なマーケットでこのグレアムのディープバリュー投資は未だに有効であり続けている わけですが、この章では何故それが有効であり続けているのか、そして具体的にはどのような投資家に向いた手法であるのか、が豊富なエヴィデンスと共に示されています。

 

 

 

 

 

 

 さてここからは私の個人的な考えなのですが、 グレアムのディープバリュー投資というのは分かりやすく言うと 「超割安な2流3流銘柄への投資」 です。鉄の意志で長期間バイ&ホールド出来ればマーケットを上回る成績を出せる可能性が極めて高いわけですが、地味でシケシケで見た目の悪い銘柄が多いので、大多数の投資家は「頭では分かっていてもどうしても実践しきれない」訳です。 超キモいルックスだけど、精神性や知性などの中身は最高で長く付き合えば凄く良い男は実際にはなかなかモテないと言うことなんですね。(汗) 

 

 

 

 

 

 

 そして私自身はこのグレアムのディープバリュー投資が根源的に持つ欠点を緩和する為に、 

 

 

 

 

 

グレアム的な銘柄を買う場合には必ず一定以上の「力のある優待」が付いている銘柄に限定 

 

 

 

 

 

するようにしています。 株価が動かない面白くない時間を少しでも快適に楽しく御機嫌に過ごすための工夫 ですね。

 

 

 

 

 

 

 具体的には、7485岡谷鋼機、9680共成レンテム、9866マルキョウあたりのいわゆる 

 

 

 

 

 

 優待ディープバリュー株 

 

 

 

 

 

が該当します。この辺りの銘柄は保有していて本当に退屈ですが、同時に 安全域が深くて広い のでポートフォリオの安定性の維持のためには欠かせない銘柄群でもあるんですね。

 

 

 

 

 

 

 それにしてもグレアムは本当に真の天才だったんだなと今、改めて、しみじみと思います。 

 

 

 

 

 

IMG_1105.JPG

 

 

 

 

 更に大興奮の3部へ続く。 







Last updated  Apr 14, 2016 01:50:32 PM
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.