32741040 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

CIJ(4826)---2次… New! 征野三朗さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

2594キーコーヒー(… New! わくわく303さん

たぬきうどん New! slowlysheepさん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

前日比△3,584,000円 かぶ1000さん

こんなんじゃない MEANINGさん

マネーのまなび掲載… reformer21さん

モンゴルはロックダ… モンゴル2008さん

PFは大幅マイナス mk4274さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jun 12, 2020
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト104位






 トレーダーの心理学 (アリ・キエフ著、パンローリング、2006年)










 の絶好調第5弾です。







 今日も、第1章 マスタリーの定義 から。







 ​
​ ケーススタディ - マスタートレーダーになるためには​












​ この本では、 世界のトップトレーダーとキエフとの、「魂と魂の削り合い」の様な鬼気迫るインタビュー がたくさん登場します。これがまた途轍もなく勉強になるんですね。早速具体的に見ていきましょう。​










 
 アーウィン 間違いを見つけたら雑音を恐れずそれを食い止めなければならないし、これと思ったトレードは、迷っているうちに逃すのではなく、すぐに実行しなければならない。。。自分の知識を基にしてトレードすべきだ。大事なのは必要な場所にいることで、必ずしも底で買わなくてもよい。




​​ キエフ 判断を下し、それが間違っていても恐れてはいけない。 行動あるのみ。君の脳の中にはコンピューターが入っていて、理性以上の計算をしてくれる。 。。もし間違っていれば、次の行動に移ればよい。次々と行動を起こしていくんだ。 。。大きなチャンスを目前にして、分かっているのに反応しない。この感覚を覚えておくとよい。これが不確実性だ。さほど大きなことでなくても、とにかく判断を下してみよう。マスタリーは不透明な状態を自信に置き換えることでもある。​​




→ いやあ、どうです、キエフの言葉。滅茶苦茶深くないですか? そして読んでいると、風の様にスーッと自然に無理なく自分の心の中に入ってくる感じもします。これがキエフが「世界一のトレーディングコーチ」と絶賛された理由です。




 私は特に、「君の脳の中にはコンピューターが入っていて、理性以上の計算をしてくれる」というフレーズが気に入りました。それが ​ゾーンで戦う​ ということなんですね。続きを見ていきましょう。



 







 
 アーウィン マスタートレーダーは何かが起こると買い始め、買うべきだという確信が続く限り買い続ける。



​ キエフ  たいていは考える時間などない。 つまり準備が出来ているかどうか、作戦を立て、マーケットの動きに反応できる能力があるかという事なのだ。​




​→ このキエフの「たいていは考える時間などない」という表現は非常にしっくりときました。自分の経験でも、 ある投資アイデアを思い付いて即断即決で行動に移したからこそ大きな利益になった ということはよくあります。​






 最近だと2020年の3~4月にポートフォリオの資金の多くを、地方スーパー、ディスカウントストア、ホームセンター、物流関連などの 「ウィズ・コロナ銘柄」 に移し替えて奏功したのがその一例ですね。(続く)













Last updated  Jun 12, 2020 02:47:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.