4042329 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あしたの風

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

南アフリカ・ジンバブエ・ボツワナ

November 1, 2013
XML

cape town



一日の長いこと…


食事の後、シグナルヒルに夜景を観に行きます

外はすでに寒いくらい… ダウン持ってきて良かった グー



ウォーターフロントもすっかり夜の帳が

人々はそれぞれお気に入りの場所で、賑やかに飲んだり食べたりに大忙しの模様

cape town


ライトアップされている観覧車と、お土産物屋さんは人気もなく静か…


cape town

cape town




ヒルからは、サッカースタジアムも見えます

100万ドルの夜景とはいかないかもしれないけれど、空気が凛と澄んでいて

眩い光のケープタウンは美しい 拍手 ちなみに… 函館じゃないよ

cape town


cape town


ホテルに戻り、ゆっくりとバスタブに浸り 風呂 

夜更けのウォーターフロントを眺めながらワインをいただきましたどきどきハート

明日は帰国の途につきます




宿泊していたウェスティンホテルの朝食はこんなでした

ハム、チーズ、フルーツ、野菜もいろいろ

テーブルにはピンクッションがきれいに飾られていて居心地も良かったです


オムレツ、豆、アボカド、フルーツとヨーグルトがデフォ お腹いっぱい

カプチーノも美味しく入れてくださいます …この旅行中パンは全く食べなかったぁ


cape town

cape town

cape town

cape town

cape town

cape town




ケープタウン空港のラウンジはこじんまり

シャンパンはなかったので、ワインを ぐびっっと がははは笑う

二度と見ることはない(かもしれない)国々の飛行機飛行機


cape town

cape town




ヨハネスブルグの空港を出発するころにはすでに夕暮れ たそ

jnb


さよーならー アフリカ雫雫

jnb


往路は深夜便だったため、機内食ってどんな?な状態でしたが

復路はちょうど夕食時 

前菜は… ダチョウです びっ

炙ってあり、脂身もないのでとてもおいしくいただけました


jnb

jnb



メインはチキンをチョイス

香港便なので中華メニュもありましたが、往路の中華を思いだし 止めときました 恨みます

jnb


13時間のフライトagain

ここでも10時間くらい眠れたので、身体はヒジョーに楽でした ゴロゴロ





朝食はエッグフロレンティーン?

エッグベネディクトのフィレンツェ風だそうで、ハムの代わりにホウレンソウを使うんだそうな

ふーーん、じゃあロイホのベネディクトはフロレンティーンだったんだぁ うんうん

これで南アフリカ航空ともお別れです雫


jnb

jnb




香港ではトランジット3時間以上あるはずだったので、買い物しようかなぁ



なんて思っていたのに、到着便は1時間以上遅れ…

出発便は早まってるじゃん 慌てる走る やーね

何とか機上の人になったものの… 最後にお疲れよ

機内食は… 撮影用 とはいえ、日本っぽい色合いに何となくほっとするものがあります


hk

hk

hk

hk




日も沈み、真っ暗な中成田到着  …ふぅ 日本だぁ

hk


人生初のアフリカ… 思った以上に感動し、思った以上にヨーロッパな感じで驚き

そしてなによりも思った以上に楽しむことができました


次回また… いつか どこかへ 機会がありましたらお付き合いくださいませ


今回も長い長い旅行記にお付き合いいただき本当にありがとうございました ぺこり



.....fin



2013年10月:ジンバブエ~ボツワナ~南アフリカ共和国の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ




今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.10

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇







Last updated  November 1, 2013 03:49:09 PM
コメント(2) | コメントを書く

cape town


南アフリカ共和国の国花 キングプロテア


遠くからでも見えるテーブルマウンテン

テーブルマウンテンって裏側から見ると、「テーブル」じゃないんだよね 

それから… 頂上に上ると、思ったより平じゃないんだよね 秘密


cape town


ケープタウンに戻ってきて、カーステンボッシュ植物園へ

この旅行中、きれいな花々を眼にすることが多く、名前を知りたかったから わーい

これでもかってプロテアが咲いていて、食傷気味になるほど ぺん


cape town

cape town



エリカ、シルバーツリー、アフリカ忘れな草、ベラルゴニュウム、オレンジエリカ…

もうどれがどれか分からなくなっちゃった ためいき


う~~ん、こんな感じでどだっ

ざっくりとだけど、キク科の植物が多いなって感じたけど

大雑把過ぎでごめんなさい ごめん

cape town


パゴダもきれいに咲いていました花


cape town


プロテアは種類が多く、このピンクッションもその一種

「針山」みたいに見える 喜 

右はキングプロテアのつぼみ


cape town

cape town



キングプロテアの大きさはこんなにあります あ

cape town




ミミズクです …夜行性のためただ今お休みちう 寝る

cape town


この子は …木の枝と同化しておりますな くるくる

cape town



ストレチアも種類がいっぱい、この色はマンデラカラーと呼ばれているもの

オレンジの花はよく見かけたけれど、この色はここで初めて見ました サングラス

cape town


プロテアは、ピンクッション、コーンブッシュ、シュガーブッシュといろいろあると

教えてもらったものの、ピンクッションとコーンブッシュ(真ん中に松ぼっくりみたいなのが

あるの)以外どれがどれか分からなくなってしまったぁ ごめん大泣き

で、こうやってまとめてしまったぜぃ …うん豪華だ

cape town




植物園の後は、ウォーターフロントへ 散歩

古い港を再開発して、商業施設、ホテルなどが立ち並んでいる一大観光スポット


大型スーパーマーケットも入っているので

女子としてはうれしいショッピングスポットになってます


旅行中スーパーに行くのって楽しいっ ハイ

何を買う訳でもないけれど、香辛料や缶詰、インスタントのカップスープは眺めます


買い物を済ませ、外で夕方の空を… 今晩でアフリカも最後だなぁ


cape town

cape town

cape town

cape town




白い楕円のランプシェードはダチョウのタマゴ きゃははは


cape town

cape town



ウォーターフロントにあるイタリアンで最後の晩餐です

喉が乾ききっていたので、とりあえずビールでぷふぁっといっときます 了解



cape town

cape town



港を眺めながらのお食事 食べる



働いている人は黒人が多いけれど、この場所は白人だらけ

もっともココに黄色人種おりますですが… 

cape town


ロケーションは最高でしたが、お食事は至って普通 …ゆえに割愛 ノーノー


食事が終わるころには、日も暮れて…

少し肌寒くなってくるくらい


cape town

cape town



とうとう最後の晩餐も終了… でも今日はまだ終わらないっ




今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.07

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇







Last updated  November 1, 2013 10:13:33 AM
コメント(2) | コメントを書く
October 31, 2013

cape town


体長60cmほどの小さなケープペンギンのコロニーへ


瀟洒な街並みのサイモンズタウンの近くのビーチに南アフリカだけに生息する

ケープペンギンのコロニーがあります


周辺の海はどこまでも青く澄んでいます 体操

cape town


cape town


コロニーは保護区になっていますが、飛べないといっても鳥です

住宅街に… お散歩中の子も ら

cape town



ここもテーブルマウンテン国立公園の一部


cape town



ボトルブラシとストレチアですね目


cape town

cape town



あら、こんにちは ぺ お出迎えですか? ども

cape town


仲睦まじいペンギンたちダブルハート


cape town

cape town




公園内は遊歩道が整備されていて、そのまま進んでいくとペンギンに遭遇できるわけですが…

岩間に見える砂浜に… いっぱいいるんでないかな あ テンションあがります

やっぱりかわいいどきどきハート 

cape town


癒し系のペンギン達は日向ぼっこ中 あ


cape town



毛がムクムクの子、スッキリとしている子… 

いろいろいますが理由は年に2度する毛代わりのため め


cape town


毛代わり中は毛がないため海に潜れなくなるので、餌が採れなくなります

そのため、栄養を蓄えるため目いっぱい太って …こんな感じ び


cape town


そして、毛代わり中 変 冬服を脱ぎ捨て中って感じです

cape town


穴に潜って毛代わり中な子もいます 踊 この子は最終段階かな …もう一息

cape town


ああ、スッキリしたじぇ や すっかり夏仕様でペンギンらしい容姿に戻りました

cape town



そんなわけで、同じように日向ぼっこ中とはいえ、状態は様々

けど、なぜみんな海を背にしているのだろう …ふ・し・ぎ う

cape town




こんなかわいいペンギンですが、実は絶滅危惧種雫

餌の減少、オイルタンカーの座礁等で数は10年前の半分以下になってしまったとのこと


cape town


お腹が真っ白な子もいますね …身体柔らかいし 腹筋する ちょっと羨ましかったり…

cape town


長閑にあくびしてる奴も見つけたわ あくび それとも雄叫び?

それにしても飽きない

こんなにたくさんのペンギンをいっぺんに観たことはなかったのだけど

個体個体で全然表情が違っていて

それぞれの表情を追いかけていると時間があっという間に経ってしまう

cape town


10年後も20年後もこの子達がのんびりあくびしながら日向ぼっこができていることを

祈りつつ、後ろ髪惹かれる思いでコロニーを後に…


だって… そろそろお腹が空いたのよぉ げらげら


ビーチ沿いのレストランでシーフードどきどきハート

cape town



グラスワインはこのナミナミさ わーーい うれしいけどね

ロブスタービスクは濃厚どきどきハート 久しぶりにおいしいシーフード


cape town

cape town



メインはロックロブスター うふっ 日本の伊勢海老より小さいサイズ

身はフワッと柔らか目、ミソも入っていて うれしい限りダブルハート

ガーリックオイル、チリソース、バルサミコなどのソースが添えられていて

少し味を変えつつ完食 グーッド サイコー

cape town


この日はまだまだ終わらず …ケープタウンに戻ります


続きはこちら 16. ケープタウンに咲く花の王様キングプロテア ~そして最後の晩餐

2013年10月:ジンバブエ~ボツワナ~南アフリカ共和国の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ




今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.07

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇







Last updated  November 1, 2013 10:09:49 AM
コメント(2) | コメントを書く

cape town


ケープ半島の突端にある喜望峰へ…


ケープタウンから約50km南へ延びたケープ半島の突端にある喜望峰

喜望峰がアフリカ大陸の最南端だとばっかり思っていたけど…

実際には東南東へ約150km離れているアガラス岬が最南端で、喜望峰は最南西端


最南西端ってどういう定義なんでしょ??



しかも英語はCape of Good Hopeを直訳すると、「希望岬」だよね

「喜望峰」が一定着したのは… なんと誤植によるものと考えられているらしいっすよ あーあ


ともあれ、ココはどこのリゾート地かというような街を後に一路喜望峰へバス

cape town



喜望峰の手前ケープフローラル地区というところにケープポイントがあります

要するに、「喜望峰をきれいに見れる場所」ってことみたい


その地区に入ると、いろんな動物が保護されているらしく

車が止められ何かと思うと、「どーもすみません」とでも言っているかのようなヒヒが 慌てる走る

cape town


ここもテーブルマウンテン国立公園の一部

南アフリカでは国立公園のマークがクドゥの角になってます目

cape town


ココからケープポイントへはフニクラというケーブルカーで登ります電車


cape town

cape town




喜望峰(希望の岬)の名前の由来を調べてみると


1488年 ポルトガル人バーソロミュー・ディアスがアフリカ最南端に到達したものの

あまりにも荒れる海域であったため、「嵐の岬」Cabo Tormentosoと命名


1497年 バスコ・ダ・ガマがここを通ってインドへの航路を開いた

このインド航路発見は香辛料貿易のルート短縮につながったため

ポルトガル王ジョアン2世が「希望の岬」(Cabo da Boa Esperança)と改名


ということらしいです めがね オベンキョになるなぁ


上から見た喜望峰… びゅーてぃふぉー 投げキッス


cape town


頂上には灯台があります

ココ かなりの高台です …なぜこんなところに灯台が って疑問がわきます


あまりにも海が荒れるこの海域で座礁する船が後を絶たず

遠くからでも見えるという理由でこんなところに灯台を設置したそうです


しかし…


当然だけど、曇りの日、雨の日は雲の中 全然役に立ちません ごめん大泣き

そのため、設置後何年もしないうちに廃止されたということです

cape town



現在の灯台は …見つけられますか?

最先端の崖の中腹にあります グーッド

cape town


それにしてもきれいな海です ハイ

cape town


cape town



きれいな鳥を発見 キラッのぞく ムクドリの一種だったか…(間違ってたらすみません)

一見真っ黒、本当は濃紺なんだけど… 普通の鳥

cape town


でも羽を広げると、ほら ショック 鮮やかなオレンジ

cape town


cape town



またフニクラに乗って下界へおります

そして目指すは喜望峰 散歩

海岸近くには昆布がびっしりと …天然の昆布畑のようです

cape town



今度はまた何やらデカいものが あーあ

cape town


おもしろいけど、ダチョウって …かわいくない ズリズリー

cape town


ダチョウ邪魔だよ …悠々と道を歩くし、横断するし

cape town



邪魔されつつも喜望峰到着 わーーい はは、別に標識以外何もないっす

cape town


標識にはアフリカーンスと英語で書いてあり、緯度経度が記されてます

cape town


続きはこちら 15. ケープペンギンに会えるボルダーズビーチ@南アフリカ

2013年10月:ジンバブエ~ボツワナ~南アフリカ共和国の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ





今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.07

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇







Last updated  November 1, 2013 10:10:21 AM
コメント(2) | コメントを書く
October 30, 2013

capetown


ケープタウン…


南アフリカに始めて白人が入植した土地であり、内陸部への開拓の起点だった

そのためかケープタウンは現在でも白人比率が高く、南仏にいるような錯覚にとらわれる



市庁舎ではネルソン・マンデラ元大統領がお出迎え ぺこ


capetown




世界遺産テーブルマウンテンへ…

その前に地ビールで休憩っ くる んまっ

店先のカラーがきれい …これも南アフリカ原産なんですって


capetown

capetown




街のどこからでも眺められるテーブルマウンテン

高さは1000m、頂上の平坦な部分は約3kmあります 

ケープは風の強い街で、このように晴れてきれいに見える時期は少ないそうです

また、風が吹くとロープウェーがすぐに止まってしまい、年間半分は運行不可とか… め

capetown



このロープウェー 床が回転式で360度回ります

どこに乗っていても眺望が素敵 グー

capetown


こんなまん丸目 


capetown

capetown



頂上に上ると、確かに風はきついけれど

それよりなによりこの美しさダブルハート


海の色のグラデーションに目を見張ります びっ

capetown


左手に見えるライオンズヘッドとシグナルヒル

ライオンが寝そべっているように見えるとのことで、高い方がライオンの頭

低い方がお尻と呼ばれていたそうですが

沖合に旗で信号を送っていたことからシグナルヒルと呼ばれるようになったらしい サ

沖合に見えるロベン島には刑務所があり

マンデラ氏は1964年から1990年までの27年間も収監されていました

capetown



気温は22~3度っていうところ、日差しがきついのでまぶしいっ


遊歩道を歩いているといろんな動物たちも日向ぼっこ のん


capetown

capetown




下山もロープウェー

ココにも的な赤い観光バス ハイ 絵がかわいいのよねぇ


capetown

capetown



南アフリカでで一番古い建物と言われる喜望の城(Castle of good hope)

1666年から1679年にかけてオランダ東インド会社によって建設され

総督の居住地として使用されていた要塞跡

現在は南アフリカ陸軍の西ケープ司令部 め

capetown



車窓の景色はまるでヨーロッパ

どこまでも青い空に白い建物が映えます


もちろん歴史を振り返ると、悲惨で凄惨な事実がたくさんあったことを

忘れちゃいけないけれど、この青空のもとにいるとずっとこうだったかのような… ノ


capetown

capetown

capetown

capetown



立派な時計塔を持つ建物

capetown




本日のホテルはウェスティン


ゆったりぃ~


何よりうれしいのは …コンセントがユーロ仕様

プレトリアもブルトレの中も、コンセントの形が特殊で汎用型のだと使えなかった雫

これで思いっきり充電できるわ~


capetown

capetown




ホテルの最上階でクラブラウンジでの夕食 …夕焼けがきれいでした た

capetown


バターナッツのスープとサーロインステーキ

ワインワイングラスんまかったぁ う


capetown

capetown



続きはこちら 14. バスコダガマも通った… アフリカ最南西端の喜望峰へ

2013年10月:ジンバブエ~ボツワナ~南アフリカ共和国の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ





今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.07

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇







Last updated  October 31, 2013 01:27:50 PM
コメント(4) | コメントを書く
October 29, 2013

BT

陽気なバトラーさん… 



セミフォーマルディナーは楽しみにしていたイベント

"セミフォーマル"も、もちろん"フォーマル"もほとんど縁がない昨今 

結婚式くらい? …既にとんとお呼びじゃないイベントになってるしさ もじ


スパークリングから始めます 


BT


ブランチにはスープがあったのだけど、ディナーはスターターとメイン 困


前菜は海老のカレー プラムソース フェンネルとスプラウとのサラダ添えをチョイス

海老カレーって確かに書いていたけれど、カレーという感じではなかった

見た目も、エビチリちっくだし …少し甘辛な …やっぱりエビチリじゃないのかな

BT


メインは鴨をチョイス うふっ

鴨の胸肉と薄切りポテトのロースト 桃とアスパラガス添え 赤ワインソース


画像は悪いけれど、この鴨が美味ダブルハート 

皮目がパリッとしていて、ジューシー

ソースもさっぱり系で、甘さを感じさせないものだったので好み 拍 

もちろん? 赤ワイングラス

BT


デザートも勧められましたが、チーズをいただくことに

乗客数が80名のため、ブランチとディナーは2時間の交代制

ゆっくりとしていると、あっという間に時間切れ雫

BT


それは皆様同じのようで、お隣のサロンカーに移動

一人でご乗車のロマンスグレー(っていう言い方古い?)の

おじい様に何故かいろいろと話しかけられ、一緒にワインをいただいておりました


ケープタウン在住で、プレトリアには年に何度か用事がある際に

何度かは列車旅にするそうです

飛行機だと2時間かからない距離だけど、27時間の列車旅は良いんだ 

と穏やかに語ってらっしゃいました …すてきだ うん




すっかり夜更かししてしまい、朝までぐっすり 寝

こんな怠惰な格好で失礼っ

BT


窓がね… ちょっと… なんですが… それでもアフリカの朝日よぉ 喜

BT



しっかりお腹が空くあたり …やはり胃が大きくなっておるな

朝食は予約なしでOK


ヨーグルトスムージーとコーヒーコーヒーで ホッ

BT


フルーツにヨーグルトをたっぷりとかけてくれます

疑問だったんだけど、フルーツとヨーグルトって最初にいただくもの?

個人的には食後にいただきたい気分だけど、知らなかった 秘密

たまごの調理方法を聞いてくれるので、オムレツでオニオン、ペッパー、トマト

チーズを入れていただくことに

お肉類は食べたい気分じゃなかったので、パスしたらずいぶんシンプルなお皿に

う~~む、オムレツが巨大だ目


BT

BT



お部屋に戻ると、乗車証明書が届いてました

ちょっと探検すっかと …完全なる食後の運動気分 腹筋 


狭いながらも、スッキリときれいな通路を進みます


BT

BT



一番後ろのパノラマカーに行ってみましたが、眺めが一番良くて

ソファ席はちょっとしかないので、相変わらずいっぱい ノー


BT

BT



ブルトレの中にはポストもあります

切手を貼らずに出してOK

ブルトレの切手と、消印で届けてくれる …って一枚も書かなかったけど




サロンカーに戻ってきました

やっぱり …ここがベストポジションどきどきハート



景色は最後部じゃないからパノラマとはいかないけれど

BT



コレがあるもんさ 爆笑

すっかり運動した気になって、お疲れ?のいっぱい 左矢印オイ

朝のいっぱいはやっぱりシュワシュワだわね と

BT



ブドウ畑を走り抜けます

スピードは出ていないので、普通に車に追い抜かされたり雫

BT


テーブルマウンテンが見えてきた キラッのぞく

BT


ケープタウンの駅に到着

もちろん手荷物も全てバトラーさんが運んでくれます


BT

BT

BT

BT



出発時だけでなく、到着時にもこんなところがあります

何とも贅沢な列車の旅 …ケープタウンの街へGO! 了解


続きはこちら 13. 世界遺産テーブルマウンテン@ケープタウン

2013年10月:ジンバブエ~ボツワナ~南アフリカ共和国の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ






今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.07

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇







Last updated  October 30, 2013 01:37:04 PM
コメント(4) | コメントを書く
October 28, 2013

BT


何度もアワードをとっているという豪華寝台列車ブルートレインでの一泊旅行

考えてみたら、日本でも寝台列車に一度しか乗ったことないし

しかも40年くらい前雫


ほぼ人生初って感じ

もうテンションあがりまくりです上向き矢印上向き矢印上向き矢印


朝8時半にプレトリアを出発、27時間かけて1600kmほどの距離を走り

ケープタウンに向かいます やっほ


BT

BT



駅には専用のラウンジが設置されていて

ウェルカムドリンクをいただきながらアナウンスを待ちます らんらん


BT


お部屋のタイプは二つあり、乗車するデラックススイートが下のクラスですが…

それでもこの豪華さダブルハート 

夜になると、ソファの後ろ側を前方に倒してベッドを作ってくれます

各コンパートメントにはバトラーさんがついていてくれるので

至れり尽くせりのゴージャス旅 きゃははは


BT

BT



もちろん各コンパートメントにトイレとシャワーも完備 

この上のクラスのコンパートメントにはバスタブまであるらしい お風呂

BT


静かに発車ですスピーカ


BT

BT



15両編成(だったかな…)の長い列車

ダイニングカーが1両、サロンカーは3両あります

BT


発車後すぐに… バトラーさんにワインを持ってきていただき 乾杯

ちなみに乗車中はオールインクルーシブ

ノミホというある意味危険なシチュエーション グーッド


BT


ワインを飲みつつ、車窓を眺めているだけでも幸せ気分に浸れるところ

そろそろもう一つのお楽しみ、お食事タイムです 踊る

ダイニングカーでいただくブランチ

前菜はスモークサーモンにもひかれつつ

エスカルゴのクリーミーガーリックバターを

なんともマイルドなクリーム… ワインがすすみます 拍手

BT


バジルとトマトのスープをいただいた後

メインはブルートレインのスペシャリテという仔羊肉のグリルをチョイス

これはもう間違いなしなおいしさ&赤ワインがんますぎるっ 酔っ払い


BT


デザートはパス… 写真だけ撮らせて頂いちゃった おしりぺんぺん


BT

BT



この後チーズはお隣のサロンカーでどうぞ… 

ってなんて言われちゃうとワインがとまりません

ま、まだまだ先も長いしゆっくり飲まなきゃ酔っぱらうぞぉ ズリズリー

BT


最後部のパノラマカーまで行くと

こんな風景が広がっています

各国からのお客様がワイン、お茶を片手に団らん中(写真撮りにくい雫

1007.38



フラミンゴが飛来していた湖目

ココは餌が赤いのかフラミンゴっぽい赤い子達がいっぱい

BT



夕方ダイアモンド採掘鉱のキンバリーで停車信号プチ観光

南アフリカでは英語とアフリカーンスが併記してあることが多いようです

BT


さて、採掘鉱後のビッグホールが見どころというこちら


なにやら… 見慣れた社名 

…デビアス社の本社はいまだにここキンバリーにあります 体操

BT


西部劇のセットっぽくも見えます

シドニー・シェルダンのゲームの達人を読んで感動したあの世界

ここでダイアモンドを巡り熾烈な歴史が刻まれてきたわけです うんうん


BT

BT



ここが採掘鉱後のビックホール  …もちろん今では採れませんムカッ

BT


2時間くらいの停車中、はるか悠久の世界といっても

全然そんな昔じゃない開拓時代を垣間見ることができました


列車に戻ると、シェリー酒よん 投げキッス

BT



続きはこちら 12. 一夜限りのお嬢気分 ブルートレインでケープタウンへ

2013年10月:ジンバブエ~ボツワナ~南アフリカ共和国の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ





今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.07

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇







Last updated  October 29, 2013 04:02:57 PM
コメント(2) | コメントを書く
October 27, 2013

Pretoria


当初この旅の計画は「ジャカランダ見た~い」から始まったんだった…


プレトリアって南アフリカ共和国の首都って習った気がするんだけど

今は首都の「一つ」だそうなの 困る 理解能力オーバーだわ


まあまあ、それはさておき… ジンバブエから南アフリカへ飛行機

また飲んでるし… 母共々「white wine please」って言ったんだけど

1本ずつソーヴィニオンブランとシャルドネが出てきた… ま、いっか 

Pretoria



その「首都の一つ」ってよくわからんプレトリアに到着モータースポーツ  


現地のガイドさんに聞いてみると、立法府、行政府、司法府がそれぞれ別にあり

ここプレトリアは行政府、ちなみにケープタウンが立法府、ブルームフォンテーンが司法府

最大の都市、ヨハネスブルグは経済の中心地という位置づけらしい めがね

難しい話?は置いておいて


せっかくのジャカランダさくら一杯載せちゃおっと

Pretoria


例年だと、10月上旬がジャカランダの満開の時期とのことだけど

今年は遅れているらしい 泣く

自然相手のことだから、こればっかりはどうしようもないけれど

もっともっと紫のジャカランダのアーチがいたるところで見られるのかと思っていた

Pretoria


それでも、高級住宅街っぽいところで、両側にきれいな家

そして両側に咲き誇るジャカランダ やっぱり美しい 踊る

これでもっと青空だったらとどうしても思ってしまうのだが贅沢は言えまい



素敵なお宅の庭にもジャカランダ


Pretoria


ジャカランダって日本の桜のように花が先に咲くんだよね

後からは葉っぱが出る


だからこそこんなに紫がきれいに見える訳 うんうん

Pretoria


満開前だというのに、すでに花びらも…

このあたり、桜と違って色が濃い分汚れが見えにくいのか、花びらの絨毯っぽい 了解 

もっとももっと落ちないと一色には染まりませんが

Pretoria




さてさてまたプレトリアの話ですが

プレトリアという地名は、イギリスによる植民地支配に抵抗したアフリカーナー

(オランダ系移民)のアンドリース・プレトリウスに由来している

2005年プレトリアの市議会によって市名を「ツワネ(Tshwane)」に改名する事が決議され

南ア地名評議会(SAGNC)が「ツワネ」に改名する案を認めたという

しかし「ツワネ」は先住民ンデベレ族の首長の名前であり

そういうことならとアフリカーナーは改名に猛反対



結局ツワネはプレトリアを含む都市圏の名称として使用され

プレトリアはツワネ都市圏の地域名のひとつとして存続することとなった めがね


全然わかんね…

歴史的にもややこしいところなので、いろいろとしがらみがあるのねくらいな理解 ごめん



青空のもとでもジャカランダに遭遇しました赤ハート


Pretoria


街の中心部でもジャカランダは咲き誇ってます

約7万本ものジャカランダの街路樹に覆われていることから

ジャカランダの街と言われているっていうのは思いっきり納得 ハイ


Pretoria





やっぱりきれいだわ …と上ばっかり見ていたのだけど

人間ウォッチングも楽しい


信号を渡っているご婦人の頭の上を見て見て あーあ

Pretoria


すっごい器用に頭の上に荷物を載せているんだけど

あれ、何でしょう …カップヌードルの大きい版みたいに見えるんだけど 喜ぶ

Pretoria


あら… ここにもいらっしゃる

結構普通のことなんだ

Pretoria



街はヨーロッパな感じがそこここにあります

長い間のヨーロッパ系白人に支配されていた国だから… とは思うものの

同じ状況でもジンバブエではそこまで感じなかったので、やはり大都市ならではなのでしょう

Pretoria


Pretoria


Pretoria



本日の宿泊ホテルのシェラトンです

やはり都会的ゴージャス感あります …都会にきたなぁ もじもじ


Pretoria

Pretoria



部屋から大統領府などが入る建物「ユニオンビル」も見えます


Pretoria


夜はホテルのレストランでお魚料理どきどきハート

この緑のペースト 全部わさび びっくり

わさびソースとは書いていたけど、コレはどうなの?

シェフ~ 味見したぁ? というか味見できたぁ?

わさびにめっぽう強い母ですら、むせてました

それを見て、山葵を取り除いた娘 爆笑後ろに倒れる


Pretoria

Pretoria




続きはこちら 11. 一泊二日の豪華列車旅ブルートレイン乗車 ~キンバリーダイアモンド採掘鉱跡

2013年10月:ジンバブエ~ボツワナ~南アフリカ共和国の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ




今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.07

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇







Last updated  October 28, 2013 01:08:03 PM
コメント(8) | コメントを書く
October 26, 2013

victoria falls


ヘリコプターでヴィクトリア・フォールズを遊覧飛行


空港から…

滝の噴煙が虹色に染まっているのが見えます わーーい

観たことのない虹どきどきハート色水煙

victoria falls



ヘリコプターはこんなにポップなもの

6人乗りで わーーい 20分くらいの遊覧飛行

victoria falls


上空に上がると長閑に流れるザンベジ川が見えます

穏やかな平坦な川 …なのに、滝がすぐそばなんだよなぁ もじもじ

ゴルフコースも見えてます …今頃気がつく

victoria falls


どうやってこの先すぐのところに大滝があるとは想像つかない 困る


victoria falls


右側前方に噴煙が キラッのぞく

victoria falls


ザンベジ川は滝までは、ゆったりと流れる広大な川ですが

滝から先は、このように深くえぐれた谷をジグザグと蛇行しながら流れています 了解

さっき歩いていた遊歩道は幹線道路の手前に細く見える小路

幹線道路の橋が国境になります …橋から左手がザンビア、右手がジンバブエっす

victoria falls


滝が見える位置へだんだんと回り込んできます 体操

victoria falls


不思議な光景だよね 

何度もそう思って、何度も書いちゃってるけど、なんでココにこんな亀裂というか

地球が裂けた?みたいな裂け目があるんだろ ズリズリー

しかもたまたまそこに川があるなんて…


victoria falls


デヴィルズプールは滝の右端くらいにあります 

やっぱりそんなとこ入りたい人の気がしれんというか …御免こうむりますです ノーノー

victoria falls



左側のデヴィルスカタラクト、メインフォールそしてそこにかかる虹 投げキッス

victoria falls



victoria falls


ぐるりと一周し、もう一度上流側からの滝を眺めて終了 …満足度の高い遊覧 拍手

victoria falls




遊覧飛行の前に、ランチ

ちょっと時間があったので地元のクラフト市場に寄ったの

石や木などのアフリカチックなものがいっぱい のんびりジャンプ



victoria falls

victoria falls




ビールビールはデフォ

豆とジャガイモのスープは胡椒が効いていて美味どきどきハート

メインはフィッシュアンドチップス もぐもぐ 久しぶりのお魚 んまっ


victoria falls

victoria falls




ヴィクトリアフォールズの街をプラプラしていた時のショット

店先にいたキリン君

制服?を着て走る子供たち …真っ白

汚れるんじゃね? なんていらん心配してみたり


victoria falls

victoria falls



街中に普通に動物たちもいるし…

花は咲き乱れているし… 緑色のは無花果です


victoria falls

victoria falls

victoria falls

victoria falls




泊まっていたホテルの入口のオブジェ

ホテル内にカジノがあり、そこにはこんなオブジェが

もちろん天井も撮っちゃう


victoria falls

victoria falls

victoria falls

victoria falls




続きはこちら 10. 紫に染まるジャカランダの街、プレトリアへ@南アフリカ共和国

2013年10月:ジンバブエ~ボツワナ~南アフリカ共和国の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ







今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.07

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇







Last updated  October 27, 2013 07:42:24 PM
コメント(6) | コメントを書く
October 25, 2013

victroia falls


1855年、イギリスの宣教師であり探検家でもあるデイヴィッド・リヴィングストンによって

発見された、ヴィクトリア・フォールズ(Mosi-oa-Tunya=雷鳴のする煙)

ジンバブエとザンビアの国境にあり1989年ユネスコの世界遺産に登録されている めがね



イグアス、ナイアガラと並んでいわゆる世界三大瀑布と呼ばれている

ちなみに幅ではイグアス、落差ではヴィクトリアと言われているが

落差世界一はエンジェルフォール(ベネズエラ)の978mです


ホテルのすぐそば… 

雨季だとホテルにいても水音が聞こえるくらい近いらしいけど

10月は乾季の最後にあたるため、全然わからなかった ノーノー

victroia falls


この方がイギリスの宣教師であり探検家でもあるリヴィングストン

victroia fallsnana



散策路を進むと、滝が見えてきました

ザンベジ川流域は雨季と乾季で滝の水量が10倍も違うという

乾季でこれですもん、雨季なら …水煙で滝が見えなくなるそうです 激しく凹む

victroia falls


水煙のせいで、いたるところに虹が見えます ハイ

victroia falls


雨季だと噴煙は高さ400m、ときには800mまで立ち昇り

50km離れたところからでも見ることができると言われているのがわかる 

乾季でこれです… とにかくカメラのレンズが ノーノー

victroia falls


観光するなら乾季ってのもうなずける

噴煙が多すぎて滝壺はおろか滝本体を見ることもできないようじゃね…


ひきつけられてしまう滝 

これが滝全体を横から観た図 とでもいいましょうか…

滝の構造が不思議 なぜココに滝ができる うんうん

victroia falls


対岸に滝正面を観ながら散策できる遊歩道ができています足跡

まず向かって左側がデビルスカタラクトと言われる部分

victroia falls


かなりの水量が轟音とともに落ちていきます …ここにも虹が うふっ

victroia falls


滝壺の噴煙を見るとその激しさがわかります

それにしても水滴がついちゃうのよ…レンズに雫雫

victroia falls



そしてこれがメインの滝

victroia falls


言葉を失いつつ …シャッター切り続けるも

レンズ真っ白 あーあ

victroia falls


意外なほど、滝に流れ込むまでの川は穏やかで平坦で

こんなに水量があることは想像できないくらい びっくり

victroia falls


滝の直前までは普通の川なのに…

なぜこんなところに亀裂のような切り立った崖があるのか…

victroia falls


見ていて引き込まれそうになる光景です

victroia falls


青い空に噴煙というか、水煙というか… 

まるで雲のよう

victroia falls


どんどん進んでいくと、このあたりから対岸に島と言われているけど

玄武岩の岩肌?というか…

とにかく水のないところが見えてきます 

victroia falls


 …やっぱり島には見えない やね いじける

victroia falls


見えてきた 人人人


victroia falls


コレが有名な?Devil's Pool

要するに滝の淵、まさに滝が流れ落ちるその場所にある天然のプールに入れるの


頼まれてもやりたくないアトラクション ごめん

victroia falls


滝の向かって右端にやってきました

やっぱり、なんでこんなところに亀裂が走って、滝になったの?って思う

victroia falls


上の地点から右側を剥くと、そこはザンビア側の滝  しょぼい雫

victroia falls


お隣ザンビアとの国境は橋で渡れます


この橋でバンジージャンプしてた よ

高さ100m以上あるんだけど 嫌々ー これも頼まれてもno thank you

victoria falls


ゆっくり歩いて片道1時間くらいのお散歩

海外だけじゃなく、国内からの観光客も多いところ …この色彩感覚好きだわダブルハート

victoria falls


遊歩道は木も多く、気持ちよく歩ける

水しぶきもそんなに気にならず、多少あった方が気持ちいいくらい わーーい


victoria falls

victoria falls



続きはこちら 9. まるで地球の裂け目に流れ込むが如し!世界遺産ヴィクトリア・フォールズ その2@ジンバブエ

2013年10月:ジンバブエ~ボツワナ~南アフリカ共和国の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ





今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.07

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇







Last updated  October 26, 2013 12:55:54 PM
コメント(2) | コメントを書く

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Recent Posts

Category

◆食べ歩き徒然◆

(14)

銀座・有楽町・日比谷・新橋

(251)

新富町・東銀座・築地・八丁堀

(103)

丸の内・八重洲・京橋・日本橋

(136)

人形町・馬喰町・水天宮・浜町

(27)

御茶ノ水・秋葉原・神田・新日本橋

(26)

上野・御徒町・湯島・稲荷町

(212)

谷中・日暮里・鶯谷

(9)

浅草・田原町・蔵前・浅草橋

(196)

北千住

(4)

本所吾妻橋・押上・青砥

(7)

両国・錦糸町

(4)

神楽坂・飯田橋・曙橋・四谷

(16)

新宿・代々木・練馬

(119)

六本木・麻布・乃木坂

(27)

赤坂見附・半蔵門・溜池・虎の門

(16)

渋谷・青山・表参道・恵比寿

(61)

品川・五反田・高輪

(17)

京王線沿線・成城学園前

(229)

◆旅たび徒然◆↓旅行記はFreePageへ↓

(40)

カナダ

(23)

アメリカ・ハワイ

(58)

メキシコ・ベリーズ・グァテマラ・ホンジュラス・エルサルバドル・コスタリカ・パナマ

(31)

キューバ・バハマ・カリブ海に浮かぶ島国

(26)

エクアドル・ペルー・コロンビア

(26)

ボリビア

(19)

ブラジル

(14)

アルゼンチン・チリ

(19)

タヒチ・パラオ・バヌアツ・パプアニューギニア・ニューカレドニア

(31)

ニュージーランド

(28)

ロシア

(21)

モルドバ・ウクライナ・ベラルーシ

(16)

リトアニア・ラトビア・エストニア

(14)

フィンランド

(15)

ポーランド

(16)

ドイツ

(24)

オーストリア・チェコ・スロバキア・ハンガリー

(20)

ベルギー・オランダ・ルクセンブルグ

(22)

フランス

(43)

スイス・リヒテンシュタイン

(35)

イタリア・バチカン・サンマリノ

(81)

マルタ

(11)

スペイン

(40)

ポルトガル

(20)

ブルガリア・ルーマニア

(23)

クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ・モンテネグロ

(17)

アルバニア・マケドニア・セルビア・コソボ

(29)

ギリシャ

(16)

アゼルバイジャン・ジョージア・アルメニア

(26)

トルコ

(6)

イスラエル・ヨルダン

(14)

UAE・カタール・オマーン

(13)

チュニジア・モロッコ

(19)

エジプト

(11)

エチオピア

(14)

ケニア・タンザニア

(22)

マダガスカル・モーリシャス・セイシェル

(30)

南アフリカ・ジンバブエ・ボツワナ

(25)

ウズベキスタン

(8)

モンゴル

(6)

インド・ネパール

(20)

スリランカ・モルディブ

(18)

マレーシア・インドネシア・ブルネイ

(30)

ミャンマー

(17)

カンボジア・ラオス

(22)

フィリピン・台湾

(21)

北海道

(20)

青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島

(49)

新潟・富山・石川・福井

(12)

栃木・群馬・埼玉・茨城・千葉・山梨・神奈川

(46)

東京

(73)

長野・岐阜・静岡・愛知

(14)

滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・三重・和歌山

(28)

鳥取・島根・岡山・広島・山口

(4)

徳島・香川・高知・愛媛

(9)

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

(19)

沖縄

(11)

◆その他徒然◆

(137)

花散歩あーかいぶ

(3)

ジェルネイル

(121)

読書

(21)

お取り寄せ・レビュー

(65)

バセドー病・外傷性てんかん

(25)

◆はじめに & 乳がんのこと◆

(1)

1:告知前&告知…そして現在

(20)

2:術前化学療法

(60)

3:全摘手術 ~ホルモン療法

(38)

4:乳房再建

(71)

乳がん番外編:坊主ネタ

(37)

乳がん番外編:医療費と保険 &オフ会

(24)

Free Space

◇◆海外旅行記◆◇
他に下記Freepage Listにもあります

アゼルバイジャン~ジョージア
~アルメニア、コーカサスの旅

<

オーストリア~スロバキア
~チェコ~ドイツの旅



ニュージーランド
北島~南島縦断の旅



エクアドル、生物の楽園
ガラパゴス諸島の旅



「インド洋の真珠」
セイシェルの旅



アジアのゴージャスな王国
ブルネイの旅



マグレブのチュニジア
地中海からサハラ砂漠への旅



リトアニア~ラトビア
エストニアの旅



モルドバ~ウクライナ
ベラルーシの旅



ボスニアヘルツェゴビナ、クロアチア
モンテネグロ、スロベニアの旅



パプアニューギニア 陸の孤島
タワリリゾートの旅



ポーランド ワルシャワ~ポズナン
~クラクフの世界遺産の旅



キューバ 首都ハバナとビーチ
リゾート、バラデロの旅



ラオス 首都ヴィエンチャンと
世界遺産ルアンパバーンの旅



インド洋に浮かぶ「島々の
花輪」モルディブの旅



スリランカの世界遺産と
美しい自然の旅



カリブ海クルーズと
フロリダ、キーウェストの旅



地中海に浮かぶ
蜂蜜色の国マルタの旅



南太平洋の微笑みの国バヌアツと
ニューカレドニアの旅



ポルトガル、リスボン~
ポルト&パリ立ち寄りの旅



ウズベキスタン
蒼穹の世界遺産の古都の旅



ネパール
ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅

Nagarkot

古代文明が色濃く残る
エジプト世界遺産の旅

Egypt

モーリシャス、インド洋に浮かぶ
パラダイスの旅

Mauritius
カンボジア、アンコール遺跡と
首都プノンペンの旅

Canbodia

イスラエル~ヨルダン
イエスの足跡をたどる旅

Israel

モンゴル、ウランバートル~大草原
ブルドと世界遺産カラコルムの旅

Mongolia

マレーシア、ペナン島~マラッカの
世界遺産とクアランプールの旅

Kuala Lumpur

イタリア、ベネチア~トスカーナ
~チンクエ・テッレのドライブ旅

Burano

フィリピン、マニラで
過ごす週末の旅

manila

地中海~カナリア諸島
マディラ諸島クルーズの旅

Madeira

アラビアンナイト:カタール
UAE&オマーンクルーズの旅

Abu Dhabi

パラオ
ヨットクルーズの旅

Palau

インドの世界遺産の旅
India

アルバニア・マケドニア
コソボ・セルビアの旅

Macedonia

神秘の国エチオピアの旅
Ethiopia

フランス&スイス・アルプスに
滞在する旅

Matterhorn

ブルガリア&
ルーマニアの旅

Romania

ドイツ・ハイデルベルグと
フランス・アルザス地方の旅

Heidelberg

オランダ・ベルギー
ルクセンブルクとパリの旅

Amsterdam

タヒチ:夢の楽園ボラボラ島の旅
Tahiti

コロンビア~パナマ運河
コスタリカ&メキシコクルーズの旅

panama canal

インドネシア:ジャワ&バリ島の旅
indonesia

フィンランド:オーロラの旅
Finland

東カリブ海クルーズの旅
StMaaten

台湾:台北、高雄、九分十分の旅
Taiwan

カナダ:メープル街道&
USA:サンフランシスコの旅

canada

タンザニア~ケニア:サファリの旅
Kenya

マダガスカル:不思議の島の旅
Madagascar

イタリア:フィレンツェ~ナポリの旅
capri

ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都の旅
myanmar

グアテマラ~エルサルバドル~
ホンジュラス~ベリーズの旅

belize

ハワイ:マウイ島の旅
maui

ジンバブエ~ボツワナ~
ブルートレインで行く南アフリカの旅

victoria falls

ボリビア:ウユニ塩湖&
ブラジル:レンソイス砂漠の旅

UYUNI

ギリシャ:アテネ メテオラ&
エーゲ海の島の旅

Santorini

アルゼンチン:パタゴニア氷河&
チリ:イースター島の旅

patagonia

ハワイ:マウイ島の旅
Hawaii 2012

スペイン:マドリッド&
バルセロナの旅

Segovia

ロシア:サンクトペテルブルグ
スズダリ&モスクワの旅

Sergiyev Posad

フランス:ニース&マルセイユ~
イタリア:ミラノ~マラネロの旅

Marseille

ブラジル:イグアスの滝~
ペルー:マチュピチュ&ナスカの旅

マチュピチュ

ハワイ:マウイ島の旅
honua kai

フランス:パリ~ロワールの旅
凱旋門

トルコ:アンカラ~サフランボル
カッパドキア~イスタンブールの旅

トルコイスタンブールブルーモスク1


↓メッセージはこちらから↓
メッセージはこちらから


↓ブログランキングに参加しています
ポチッと応援クリックしていただければうれしいです↓


にほんブログ村


人気ブログランキングへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

Freepage List

◇◆ 海外旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10★チェコ・ハンガリー 〜 ドイツ


'10★ハワイ:ハワイ島~マウイ島


'11★イタリア:ローマ〜ベネチア・ミラノ


'11★トルコ:カッパドキア・イスタンブル


'11★フランス:パリ~ロアール古城めぐり


'11★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'12★南米:マチュピチュ~イグアスの滝


'12★南フランス~モナコ~北イタリア


'12★ロシア:Stペテルブルグ~モスクワ


'12★スペイン:マドリッド~バルセロナ


'12★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'13★南米:パタゴニア氷河~イースター島


'13★ギリシャ:アテネ~エーゲ海の島々


'13★南米:ウユニ塩湖~レンソイス砂漠


'13★ジンバブエ・ボツワナ・南アフリカ


'13★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'14★中米4か国:グアテマラ~ベリーズ


'14★ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都


'14★イタリア:フィレンツェ~ナポリ


'14★アフリカ:不思議の島マダガスカル


'14★アフリカ:タンザニア~ケニア


'14★カナダ:メープル街道 & USA:ナパ


'14★台湾:台北と高雄、レトロ九分十分


'14★東カリブ海クルーズ:ヴァージン諸島


'15★フィンランド:オーロラハンティング


'15★インドネシア:ジャワ島&バリ島


'15★パナマ運河クルーズ:コロンビア~


'15★タヒチ:夢の楽園ボラボラ島


'15★オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ


'15★ドイツとフランス・アルザス地方


'15★ブルガリア&ルーマニア


'15★フランス&スイス・アルプス長期滞在


'15★アフリカ:神秘の国エチオピア


'15★バルカン半島:アルバニア・旧ユーゴ


'15★インド:世界遺産12か所めぐり


'15★パラオ・ヨットクルーズ


'16★カタール・UAE・オマーンクルーズ


'16★地中海~カナリア・マディラ島クルーズ


'16★フィリピン、マニラで過ごす週末


'16★イタリア、ベネチア~トスカーナ


’16★マレーシア、ペナン島~マラッカ


'16★モンゴル、ウランバートル~カラコルム


'16★イスラエル&ヨルダン、イエスの足跡


'16★カンボジア、アンコール遺跡とプノンペン


'16★モーリシャス、インド洋のパラダイス


'17★エジプト、古代文明の世界遺産


'17★ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産


'17★ウズベキスタン、蒼穹の世界遺産の古都


'17★ポルトガル、リスボン~ポルト~パリ


'17★ニューカレドニア & バヌアツ


'17★地中海に浮かぶ蜂蜜色の国マルタ


'17★西カリブ海クルーズとキーウェスト


'17★スリランカの世界遺産と美しい自然


'17★インド洋の「島々の花輪」モルディブ


'18★ラオス ルアンパバーンとヴィエンチャン


'18★キューバ、首都ハバナとバラデロ


'18★ポーランド ワルシャワ~クラクフ


'18★パプアニューギニア 陸の孤島の楽園


'18★ボスニア~クロアチア~スロベニア


'18★モルドバ~ウクライナ~ベラルーシ


'18★リトアニア~ラトビア~エストニア


’18★チュニジア 地中海からサハラ砂漠へ


'18★ゴージャスなアジアの王国ブルネイ


'18★「インド洋の真珠」セイシェル


’19★エクアドル ガラパゴスと首都キト


’19★ニュージーランド 北島から南島縦断


’19★オーストリア~スロバキア~チェコ~ドイツ


'19★アゼルバイジャン~ジョージア~アルメニア


◇◆ 国内旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10☆北海道(夏) 十勝~知床~紋別


'11☆岩手・秋田・山形・新潟・石川・富山


'12☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'12☆東北~北陸 山形~青森~秋田~新潟


'13☆高知~山口~長崎~鹿児島~熊本~大分


'13☆神戸・大阪


'13☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'14☆北海道(冬) 登別~函館


'14☆東北4大祭り 青森~秋田~山形~宮城


'14☆金沢と白川郷・五箇山


'15☆神戸異人館と伊勢神宮


'15☆愛媛、松山と今治


'15☆熊本城、黒川温泉と大分、由布院温泉


'16☆宮城・山形蔵王の樹氷


'16☆岐阜、白川郷と飛騨高山・郡上八幡


'16☆信州長野、桜を追いかけ高遠へ


'16☆滋賀、彦根城、信楽、比叡山と古都京都


'16☆京都、兵庫、鳥取、島根と姫路城


'17☆愛知の3城、岡崎城~名古屋城~犬山城


'17☆みちのく3大桜 弘前~北上~角館


'17☆古都奈良と京都宇治、平等院


’18☆秋田犬に会いたい!秋田から青森へ五能線


'19☆鹿児島、奄美大島


’19☆沖縄、石垣島・西表島・由布島・竹富島


◇◆ プチ旅~お散歩・日帰り・1泊温泉 ◆◇


東京いろいろ神社仏閣・美術館etc. 街散歩


泊まらなくてもちょっと遠出 日帰り旅行


東京近郊1泊で …できれば温泉(希望)旅行


Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


nana's7

Comments

nana's7@ >okumari3さんへ 夏休みの時期に行ったので、子供が多くて…
nana's7@ >makiさんへ こんなに立派な施設になっていたとは… 驚…
okumari3@ はじめまして。 はじめまして。 ランキングから来ました。…
maki@ Re:駅弁を食べに?!一日遊べる鉄道博物館 (大宮)(09/02) 神田の頃の施設とは、大違いですね。 そ…
nana's7@ >maki5417さんへ そうなんですか?知らなかったです。
nana's7@ >makiさんへ 新丸に社食がある会社ってステキですね、…

Archives

Calendar

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Headline News

Shopping List

バリリゾートで人気のおしゃれなアジアンランプ インテリアライトループルーツS 60cm 6畳 8畳 ラタン 床置き 1灯 ダークブラウン アジアン照明 間接照明 フロアライト スタンド 照明 フロアスタンドライト アジアン ランプ おしゃれ インテリア 癒し 和モダン リゾート バリ島 北欧 和風 和室 LED 寝室 新築祝い 引っ越し祝い
ナチュラル感あふれるデザインが可愛さをプラス!!ハンドメイドのバングル ブレスレット レディース エスニック アジアン ターコイズ 2連メール便対応/ブレスレット ブレスレット アクセサリー ターコイズ 石 ホワイト ゴールド 金 2連 オーバル ビーズ レディース エスニック 海 リゾート アジアン/BTAI-165/ ポイント消化 (I1-1)
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】あやかし恋古書店~僕はきみに何度でもめぐり逢う~【電子書籍】[ 蒼井紬希 ]
1本あたり540円(税別)送料無料!各国の白ワインをセットで超オトクに飲み比べ♪1本当たり なんと540円(税別) 送料無料 白だけ特選ワイン12本 85弾 白ワインセット 長S
送料無料 グルメ大賞コーヒージャンル受賞 レビューで大絶賛の初めての方や常連さんに大人気 人気の2種類のレギュラーコーヒーが合計200杯 お得なセット 珈琲福袋 2kg【澤井珈琲】ポイント10倍 送料無料!コーヒー専門店の200杯分入り超大入コーヒー福袋(ビクトリーブレンド/ブレンドフォルテシモ/コーヒー豆/珈琲豆)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.