4112514 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あしたの風

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

インド・ネパール

April 10, 2017
XML
テーマ:海外旅行(5244)
カテゴリ:インド・ネパール

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


人口は100万を越える首都カトマンズは盆地

約8千年前までは湖底であったとか…

ネパール最古の仏教寺院で世界遺産のスワヤンブナートは

目玉寺とも …確かに

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


モンキーテンプルとも …確かに 

ってくらいお猿さんだらけ


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


400段あるという階段を上っていくのだけれど

あ、屋根がかわいい 

キョロキョロ見ながら歩いているとあっという間に

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


森羅万象を見通す力をもつ「仏陀の知恵の目」という

目玉のストゥーパに到着っ(トップ写真)

このストゥーパは高さ15mあるそう

で、近づくと ギョエッ 鳩だらけやんっムカッ

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


こんなに高いところに建ってるスワヤンブナート

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


カトマンズ市内一望できます …相変わらず霞んでいるわねえ

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


大きな目玉ストゥーパだけではなく

小さなストゥーパもいっぱい建ってます

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


初日に行ったオールドバザールの裏手は

実は世界遺産カトマンズ・ダルバール広場 だったの

どおりで、何だか由緒ありげな建物が見えていたんだ…

ダルバール広場はカトマンズ旧王宮があった広場ですが

こちらもやはり2015年の地震でかなりダメージを受けていました

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


数多くの寺院が立ち並ぶダルバール広場

全壊… ほぼ全壊… 半壊… 

とにもかくにも惨状なのだけれど

地元の人、観光客で大賑わい


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


ここにもモスク風屋根の建物があったり

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


ヨーロッパ風の建築物もありました

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


伝統的建築のシヴァ・パールヴァティ寺院

上の窓からシヴァとその妃パールヴァティが下を見下ろしています

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


ジャガナート寺院と

プラタップ・マッラ王の石柱が建つ中心部

ヒィィィー … 鳩だらけで恐怖

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


左手には人間の生首をぶら下げ

右手に人間の頭蓋骨を半分に割ったものを持ち

真っ赤な口を広げ、悪魔を足で踏みつけていという

カーラ・バイラブは不気味だけれど、顔はかわいい神様


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


屋根も地上も鳩鳩鳩で気持ち悪い …だったら撮るなってね

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


みんなが写真を撮っていたのは

大道芸人じゃないよ… 

チベットのお坊さんなんですって

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


三重の屋根のタレジュ寺院は絶賛修復中で中には入れません


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


アンコールワットみたいな光景…

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


ハヌマン・ドガ(旧王宮)のゲートには

衛兵さんがいました …ネパールの人?

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


中庭に面して建つ王宮は

本来は9階建てだったらしいけど地震で崩れて6階建てに

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


崩れなかったにしても

どの建物もこんな状態で支えられています

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


13世紀のマッラ王朝時代以降に建てられた旧王宮

レンガ造りの建物に細密な木彫りが施こされているネワール建築様式


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


窓の彫もすばらしいの一言です

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


ココにも目玉

ネパールと言えばこの顔が出てきそう

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


少女の生き神が暮らすクマリの館

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


『クマリとは、ヒンドゥー教徒にとっては女神タレジュや

大女神ドゥルガーが、仏教徒からは密教の女神が

少女の体を借りてこの世に現れた姿だと考えられている』

なんだだそう

仏教徒のネワール族の少女の中から選ばれ

初潮を迎えるまで女神であり続けるというクマリは

あの真ん中の窓からちらりと顔を出してくれます 

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


王宮を裏… 地震の被害の大きさが実感できます

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


ネパールの郵便ポスト …かわいい

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


民族舞踊ショーを見ながらの最後の晩餐もカレー

エベレストビールも飲み収め かしらね

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


復路は23時発 

香港までフライト4時間! 楽っ

トランジットも往路より短く3時間! 楽っ

朝9時発成田へ4時間! 楽っ

やっぱりフライト時間が東に向かうのは短くて良いわ

機内食はキャセイなのに中華麺が美味しくなかったぁ~

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


駆け足で巡ったネパール

エベレストは見ることができなかったけれど

ネパール地震の被害を目の当たりにして悲しくもなったけれど

雄大なヒマラヤを眺め(ちょっとだったけれど)

歴史のある世界遺産を訪れることができて

良い旅になりました

エベレストを見るために再訪するかと言われると 

どうかな… 多分ないと思うけれど

一生に一度はネパール 良いところでした

今回も旅行記にお付き合いいただきありがとうございました ...fin.


2017年3月:ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:34:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 9, 2017
テーマ:海外旅行(5244)
カテゴリ:インド・ネパール

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


カトマンズから35km東にある海抜2100mの高地の村ナガルコット

サランコットとともに知られるヒマラヤの展望台です

ヒマラヤ山脈を望み、条件が良ければエヴェレストまで見えるとか…

まあね、このお天気状態のネパール旅行、多くは望みませぬ雫


毎朝早起きでホテルライフを満喫… 

なんて贅沢は皆無だった旅行

翌朝はゆっくり出発決定っ になったので

最終日になってようやくそれが叶いました

6角形の展望台のような建物のホテルは

テラスからヒマラヤが一望できます (晴れてればだけどさっ)


Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana



リゾートホテルのロビーはゆったりとしていて

ここがネパールだなんて忘れそうな感じ

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


もちろんお部屋もゆったり

バスタブも広々だし… ふぅ~お風呂上りに

これはゆっくり飲めちゃうわとにんまり

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


広々としたバルコニーテラスは …寒っ

冷蔵庫はないけれど、天然冷蔵庫で十分事足ります

なぜか卓袱台コーナーまでありました

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


早朝に刻々と色を変えるヒマラヤの展望が美しいらしいですが

空も明るくなってきたので夕焼けを見に展望台へ

ちょっとモヤモヤの雲ありだけれど …山が見えるっ

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


夕陽落ちた …これは明日が晴れる兆候だといいな

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


食事はビュッフェだったけど種類も豊富

エベレストビールをお供に美味しくカレーいただきましたぁ


Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


Club Himalaya Nagarkot
Windy Hills, Nagarkot, Bhaktap

日の出は朝6時10分と聞いていたので

6時に目を覚まして窓の外を見ると

やりました! 雲がないっ!!

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


このまま眺めていても良かったのだけれど

急いで360度展望の屋上へ上がります

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


ちょっと霞んでいるかなぁ~

でも初めて見えたわよ ヒマラヤの山並み

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


日の出の瞬間には展望台にいた日本人

たぶん全員拝んでたんじゃないかしら… 

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


ピンクに染まる雪山 

それにしてもひどい写真 …iPhoneで山撮るのは無茶だわ

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


ヒマラヤの朝焼けを堪能した後

ゆっくり朝ごはん… 

この旅行で最初で最後のゆっくり日堪能

朝も元気にカレーですっ

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


最終日はカトマンズの観光を残すだけ

帰国便は23:00なのでかなり時間が余るということで

プチハイキング …ってか、前日に言ってほしかった

なんせ、もう帰国準備で靴が街靴ですやんっ

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


それでも歩き始めてほんの数分

段々畑越しに飛び込んできたヒマラヤの景色を

目にしちゃったら、もう感動しかありません

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


迫力が…

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


ネパールの国花はシャクナゲなんですって

っていうか、デカっ くないですか?

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


白い山と青い空と赤い花のコンビネーションがきれい…

でもやっぱり、シャクナゲって高木じゃなくて中木のイメージなんだけど…

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


山羊(野良やぎさんではありません)や

鶏とひよこちゃんの親子が仲睦まじく…


Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana



高い山だらけだと

あまり高さを感じられないわ

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


石鹸になるという黄色い実もありました

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


わおっ びっくりしたぁ

崖の上から急に現れた水牛さん

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


一路カトマンズまで断崖絶壁のウネウネ道を戻ります

藤棚とピンクの花(なんだろ…)や…


Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana



季節感がちょっとずれてるけど

つつじとカラーも咲き乱れる庭園を持つココは…


Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana



「ヒマラヤ蕎麦」を使ったお蕎麦屋さん

きつねうどんにおにぎり、柚子風味のそばがき…

う~~~ん、ここはヒマラヤ産蕎麦の味をストレートに

味わえる盛り蕎麦を食したかったわぁ

Nagarkot
Nagarkot posted by (C)nana


続きはこちら 5. カトマンズ ~スワヤンブナート ~カトマンズ・ダルバール広場 ~帰国

2017年3月:ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:35:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 8, 2017
テーマ:海外旅行(5244)
カテゴリ:インド・ネパール

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


すっかり晴れわたった(今ごろだけど…)ポカラを後に

カトマンズへまた25分のショートフライト

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


タラップを降りたところで、まさかのサプライズ

なんんと搭乗してきたプロペラ機に再搭乗して

そのままヒマラヤ遊覧飛行へと飛び立つことに…

このツアーでは遊覧飛行はワンチャンスだったので

もう一度チャンスを作ってくれてうれしいっ!

たださ… イマイチ心配なのは空模様… モヤってんだよね

それでも飛ばすくらいだから

エベレスト地方は天候良いのかな思い信じ

こんなエベレスト見れるに違いないっ と機上の人に

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


けどさ、これって普通の運航便なんですわ

セスナじゃないから窓は汚いし小さいし …プロペラ邪魔だし

案の定 この程度

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


カトマンズから東に12kmほどバスで走り

「帰依者の街」と呼ばれる世界遺産の街バクタブルへ

また雨降ってきたんですけど…

しかも半端ない土砂降り もう飲んじゃるっ

けっこうシュールなラベルのエベレストビール

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


「ジュジュ・ダウ(King Curd)」つまり「王のヨーグルト」と

いわれる超濃厚ヨーグルトが美味しかった

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


バクタプルは『古代ネワール人の都市であり

統一マッラ朝は1484年にバクタプル王国からカトマンズ王国が独立し

さらに、1619年までにパタン王国が独立して三王国時代に入る…』

と古い歴史を持つ街


モスク風屋根の寺院や …窓枠がきれいな建物

2年前の地震で崩れたというけれど 

なかなか廃墟感の漂う街です


Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana



狛獅子達やレリーフ等はきれいに残っているものあります


Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana



トウマディー広場にやってきました

ここはあまり地震の影響がなかったようです ね

それにしても寺院を改築して模様替えしたという

カフェ・ニャタポラ …これはやり過ぎな気がするんだけど

いくらなんでも重量オーバーというか… 崩れないのか心配

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


高さ30mもありカトマンズ盆地で一番高い建物の

5重の屋根を持つニャタポラ寺院

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


2度もあったという大地震によくぞ耐えたものです

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


中には入れないけど上るわよっ

階段の戦士、象、獅子、グリフィン、女神が

まるで寺院を守っているように鎮座しています


Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana



上から見るとわんだほな光景 トップ写真も

だけど、地震の影響が少なかったとはいえ

どの建物もつっかえ棒で支えられている状態

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


階段の獅子達のおしりもかわいい

右側のオレンジの目玉のようなものは

お祭りのお神輿なんですって


Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana



17世紀から18世紀にかけて建てられた王宮や寺院は

1934年の地震の被害は再建されたものの

2年前の地震でまた被害を受けてしまいその影響が大きかった

ゴールデンゲートと55窓の宮殿があるダルバール広場

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


王宮への入り口、ゴールデンゲートには

こんな兵士さんが守っています

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


55の窓があるという宮殿ですが

一番奥にはヒンドゥー教徒以外入場できません

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


入れるところでは

窓を見ながら歩いていくと浴場跡があるくらい


Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana



それにしても崩れっぷりが半端ない

崩れ落ちた部品は、再建待ち かな

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


こんな感じだったのでしょうか


Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana



こっちは壊れそうにない狛獅子さんですが

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


ほぼ全壊くらいな崩れそうな家々だけれど

しっかり生活があるんだよね

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


1427年建立のダッタトラヤ寺院があるタチュパル広場

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


ガルーダに守られているダッタトラヤ寺院

ガルーダの足元には野良山羊 …山羊だらけ


Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana



ここでも狛獅子さん集めしていたら

ポカラでも見かけた右手揚げてる子 


Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana



山羊さんの角と同じ形のナイフのお店には看板山羊さんいました

Bhaktapur
Bhaktapur posted by (C)nana


続きはこちら 4. ヒマラヤの展望台ナガルコット ~とうとう念願のヒマラヤ山脈を

2017年3月:ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:35:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 7, 2017
テーマ:海外旅行(5244)
カテゴリ:インド・ネパール

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


カトマンズから約200km西に位置するポカラは

プロペラ機で25分ほどの距離

道路事情がよろしくないのか

ネパールでは飛行機移動が普通のようです

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


雲が多く視界もよろしくなく

ボヤボヤだけど機窓から見えていたのは… アンナプルナ?

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


『標高800m、白く輝くアンナプルナ山群の峰々と

ペワ湖やベグナス湖など美しい湖とが織りなす風光明媚な街』

だそうでして、ネパール屈指のリゾート地 …らしいポカラ

もうね、空はドヨドヨで薄暗い状態

周りに山すら見えないぞ って感じだったので

『ホントだったらこんなハズ』な看板で雰囲気だけ

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


向かった先はペワ湖畔

ステキなリゾート風な街並みの

ステキなファサードのレストランでランチ 

だったんだけど、ぜ~んぜ~ん気分揚らんっ

こりゃ雨だな

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


悔しまぎれに「酒と山」シリーズ(をご存知の方は… 

いらっしゃったらかなり昔からの読者さんですよね)が

トップ写真 …リゾートっぽくないわねえ

そうそう、カレーもネパール風餃子のモモも美味しかった


Pokhara
Pokhara posted by (C)nana

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana



湖畔からビンドゥバシニ寺院まで

ガタガタと坂道を上がっていき 

…あ~あ、ついに雨降ってきたよ

階段を上るとけっこう広い敷地に

いろいろな形、建て方の寺院が複数あるみたい

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


ヒンドゥー教のビンドゥバシニ寺院には

ヴィシュヌやクリシュナが祀られています

シカラ様式と言われる白い建物には… 鳩だらけ~

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


かつてインドの王様と王妃様が参拝されたそうで

それを記念して造られた像の前には …右手を挙げた守り神??


Pokhara
Pokhara posted by (C)nana

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana



デヴィス・フォールとも呼ばれている

「地獄の滝」という意味のパタレ・チャンゴ

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


その昔スイス人のデヴィスさんという方がこの場所で

川に流され行方不明になってしまったのだとか…

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


地中を流れる川の水が

ここで姿を現し滝となって流れ落ち

また地中に流れ込んでしまう川

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


エンゼルトランペットが群生していました

日本では黄色が多いけれどネパールでは圧倒的に白 

清楚な色で群生していても暑苦しくないのが良いわ

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


真っ赤なボトルブラシやアマリリスも多くみかけた花


Pokhara
Pokhara posted by (C)nana

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana



逆さアンナプルナが見えるというダムサイド

・・・・・当然見えないけどっ なにか

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


雨も降るし、これと言っても観光スポットもなく

早めにホテルに向かったのだけれども

「アンナプルナを見渡せる山側の部屋指定」

って言うのが意味をなさない窓からの風景雫

庭に咲くダリアくらいしか見えなかったわ


Pokhara
Pokhara posted by (C)nana

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


Pokhara Grande
Pardi Bazaar, Pokhara

また4時半起き 

日の出前だから天気はよくわかんないけど

ヒマラヤの展望台サランコットの丘へLet's Go!です

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


あかん・・・

この雲海ですもん、全然あかんかった

意気消沈してのホテル戻り

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


いつか見れる?と信じて

カトマンズに戻ろうとホテルをチェックアウトする寸前

奇跡が起きました!!

まだまだ視界いっぱいにってとこまではいかずとも

アンナプルナサウスが見えてきたんですっ

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


霊峰マチャプチャレ(魚のシッポ)も

ちょっとだけその姿を現してくれたし…

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


時間切れで空港へ、でもきれいだわ

これでずいぶんと満足度上がりました(単純)

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


空港の屋上(って言っても2階なんですけど)からもアンナプルナ

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


魚のしっぽと、その右側にある象がうずくまっているような

台形の山はアンナプルナ3?かな

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


バイバイ ヒマラヤ… 

一番右側(東側に位置する山なのでラムジュン・ビマールかな

Pokhara
Pokhara posted by (C)nana


とりあえず、ちょっとだったけれど

それでもヒマラヤを見ることができて良かったぁぁぁぁ

続きはこちら 3. ヒマラヤ遊覧飛行 ~「帰依者の街」と呼ばれる世界遺産の街バクタブル

2017年3月:ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:36:02 PM
コメント(2) | コメントを書く
April 6, 2017
テーマ:海外旅行(5244)
カテゴリ:インド・ネパール

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


ヒマラヤ というか エベレスト狙いスマイルでネパールに行きたいっ

もちろん「見てみたい」ってことですよ …念のため

しんどいのはヤダな… となるべく歩かないコースをチョイス

どこまでも軟弱者 とほほ

調べてみると3月がヒマラヤを「見る」のに適しているとか…

香港経由でネパールに向かいます飛行機

久しぶりに乗ったキャセイですが

食事の前にドリンクサービスがありました

最近じゃ、すっとばして食事を持ってこられちゃうこと多いですもんね

乗ったらまず飲みたい人にはうれしいも…

Nepal
Nepal posted by (C)nana


ちなみに機内食はお魚チョイスしたけどモニョモニョ… 

5時間くらいのフライトで到着した香港

こっから長い4時間トランジット OMG~

ラウンジに飛び込んでこもってましたが

生ビールサーバーもあり、汁麺のカウンターもありで快適

iPadに溜まっていた映画見て過ごしているうちにボーディング

Nepal
Nepal posted by (C)nana


だったんですが…

空港が混雑していたみたいで搭乗してから1時間以上待機してたんじゃないかな

しょうがないけれど、まだここから5時間もあるフライト

今日中にホテルにチェックインしたいぜぃ… と願ってみたものの

予想通りカトマンズ空港に到着したのが1時間遅れの11時

ってことで、ホテル着は12時 …アジアだけど遠いネパール

やれやれ長い一日でした 眠っ 寝っ


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


Radisson Hotel
Lazimpat, PO Box 2269 Kathmandu

もう日付が変わってから寝たのに翌日は朝4時半起き

なんたって、いきなりのハイライト

ヒマラヤ遊覧飛行なんですもの

ウキウキワクワクと搭乗を待つものの…

悪天候でキャンセルされちったのよ雫雫雫雫雫 

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


茫然自失の状態ってこんなことなのかも

ネパールに到着してまだ7時間くらいよ

なのになのにこの旅のハイライトがキャンセルムカッ

しかもまだ朝の7時…

この日はポカラへ移動するのだけれど

飛行機の時間までやることなくてオールドバザールへ

バザールの入り口には門があるんですが

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


いきなりキュートなレリーフがお迎えしてくれます

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


気を取り直して楽しんじゃいましょ

タイムスリップしたような

昔も今も変わらないそのまんまな市井の人々の生活

いきなり現れるキンピカなお寺 

…インドっぽい? それとも東南アジア系?

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


人々の服装も多民族ネパールを表してます


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana



この後何度か見たけれど

この「お猿の神様」がどうしても怖いの… どう?

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


キャンディ屋さんかと思えば、紙たばこなんですって

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


南米でも、東南アジアでもよく見る混沌の電線

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


そうそう、ネパールはわんこの国でした

時々というか、この時だけは吠えられちゃったけど

どこに行っても長閑に寝ているわんこ …わんこ天国犬


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana



荷物の運び方がユニークでして

額で荷物を支えてました… 首が痛くないのだろうか 

なんて余計なお世話でしょうけど

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


座り込む人佇む人… じゃなくてちゃんと商売しているのですけどね


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana



ネパールというかカトマンズの建物は殆どがレンガ造り

なので、レンガ色で建具や窓枠にはこげ茶の木を使い

金がアクセントになっている建物がたくさんありました

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


小さな祠にお参りする人 …信心深い人々が様々なお寺にお参り

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


道端では揚げ菓子を作る人も …売り物 だよね

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


お寺の前には仏花を売る屋台が…

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


門の上に建つ 像 …ちょっとシャープな印象だけれど

神様 それとも… 牛に乗るっていうとシヴァ?

三又槍と言えばパールヴァティー?

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


ここで気がついたんだけれど狛犬さん達が変顔なのよ …トップ写真も

宗教によって様々なのだろうけど、なんだか笑えてしまって

ついつい変顔狛犬さんをコレクションしちゃったわ


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana



ネパールは多民族国家

この衣装はどこのでしょうか… かわいい

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


野菜も売っています

こういう露店は朝9時まで営業しているそうです

ふ~ん朝市? と思ったんですが

9時半からは建物で営んでいるお店がオープンするので撤収

ある意味二毛作的空間活用ですね


Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana



あまりモザイクやタイルを見かけなかったネパールだけれど

こんなの見っけ 水飲み場かしら

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


何だかんだと楽しんでしまったオールドバザール

そろそろ空港へ向かいます

Kathmandu
Kathmandu posted by (C)nana


続きはこちら 2. アンナプルナのヒマラヤ山麓と湖の楽園リゾート… らしい、ポカラ

2017年3月:ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:36:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 22, 2017
テーマ:海外旅行(5244)
カテゴリ:インド・ネパール




最終日にようやく晴れて

ヒマラヤ山脈が姿を現してくれました

エベレストは見えなかったけどね…

☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね


人気ブログランキング

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:36:53 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 6, 2016
テーマ:海外旅行(5244)
カテゴリ:インド・ネパール

India
India posted by (C)nana


デリーまではバスで5時間の行程

距離は長いけれど、今度は高速道路があったのでまずまずの快適さ


デリー到着後、最初に向かったのは世界遺産のレッドフォート(赤い砦、赤い城)

赤い城って言えば、アグラ城塞も「赤い城」なんだけれど

一般的にはこのデリーのレッドフォートのことを指すみたい

イギリス軍が駐屯地として接収していた時代に城内は大きく造り替えられてしまい

独立後も近年まで軍の施設として使用されていたため

世界遺産だけれど現在も立ち入り禁止

中も入れないし見かけもどこかで見た感じで

正直もう飽きたわねこのルックス

India


遠くに見えているのはインド最大のモスク、ジャーマー・マスジドだそーです

India


インド中で見かけたのが

このスズキとの合弁会社マルチ・スズキ・インディアの車

聞いてはいたけれど本当に売れているのね

India


観光客を東西南北、縦横無尽に運ぶ

働くバスのお顔はお疲れ気味


India

India



インディアン・カラス?はツートン

まさか鳩じゃないよね… 

India



インドにおけるイスラム建築の精華のひとつで

タージ・マハルにも影響を与えたといわれる

世界遺産フマユーン廟はムガール帝国の第2代皇帝フマユーンの墓廟

India


ペルシア出身の王妃で信仰厚いムスリマであったハミーダ・バーヌー・ベーグムが

亡き夫のために建てたもの …タージ・マハルの逆パターン


India

India

India


ペルシア的なチャハルバーグ(四分庭園)となっている霊廟周囲の庭園に

四面全て同じファサードで砂岩と大理石を組み合わせた2層構造の霊廟が建っています

ヒンドゥーの建築技法があらわれたチャトリと

イスラムな小さなミナレットがイーワーン上部に…


中はこんな …そ お墓

フマユーン、王妃ベーグムを含む合計150人もの死者が埋葬されています


India

India




とうとうこの旅行で最後の世界遺産クトゥブ・ミナールは

中世北インドに侵入したイスラム教勢力が建立したモスクとミナレットの遺跡

India


高さが72.5mもあり世界最高のこのミナレットは

当初は100mほどの高さがあったらしいのだけれど

地震や落雷などで先端が崩れた後に修復してあるそうです

直径は基底部が14.3mに対して先端部2.75m、まさに尖塔です

India


こちらはもう一個建てかけたけれど途中で放棄されちゃったミナレット

India


ヒンドゥー様式とイスラム様式が混在した様式のミナレットは

おそらくヒンドゥー教やジャイナ教の寺院などを破壊し

India


その石材を転用して建造されたもので

建築に携わった職人もヒンドゥー教徒であったと推測されているそうです

India


外壁にはコーランの文句を図案化した彫刻がギッシリ


India

India



モスクだったところ

モスクもヒンドゥー教寺院を破壊した際に出た石材の再利用

そのためにヒンドゥー教の神・ガネーシャが彫られていたりするそう

なんだけど、見つけられなかったぁ…

最後までレリーフに驚かせられたわ


India

India

India

India



とうとう帰国です

夜9時離陸…

の前に、お腹空いた

ってことで、ラウンジで最後のカレー

相変わらず辛くないカレーだけれど最後かと思うと名残惜しいもの


機内食がカレーメニュじゃなかったから

正真正銘これが最後のカレーとなりました


India

India



慌ただしく8日間で12か所の世界遺産を巡る旅

タージ・マハルだけじゃない見どころの多いインド

何の知識も持たず行ったエローラの石窟寺院の素晴らしさが忘れられません

やはり素晴らしいと言われるところは素晴らしいのだと実感しました

しばらく秘境はご遠慮したいけれど

まだまだ行っていないところはいっぱい

いつかまた行く気力が出ることを信じて…


今回も長い旅行記にお付き合いいただきありがとうございました ...fin.



2015年11月:インドの世界遺産をめぐる旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 2, 2018 04:38:16 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 4, 2016
テーマ:海外旅行(5244)
カテゴリ:インド・ネパール

India
India posted by (C)nana



昨日の予定がこなせず早朝から世界遺産のアグラ城を見学しましたわよ

モヤモヤの霧だらけ… これで見学って… ぶちぶち

第6代皇帝アウラングゼーブによって作られた外側の門アマル・シング門から入場


アグラは栄華を極めたムガール帝国の首都だった街

今となってはその残像のような街とも言われているそうです

ムガール帝国は建築にひとかたならぬ情熱を注いだため

今日世界で一、二を誇る名建築を残したのは事実

22年もの歳月を要し、白大理石に宝石がはめ込まれ、透かし彫りが施された

タージ・マハルはその象徴のような建物

しかし、反面莫大なお金を注ぎ込んだため、皇帝は晩年アグラ城に幽閉され

亡き妻の廟を眺めながら過ごしたとか…

India


アグラ城塞もまたムガール帝国の栄光と権力を象徴する城塞

宮殿などの建物が建てられた赤砂岩で囲まれた城塞は1983年に世界遺産に登録


朝一番だったため人が少なくてラッキー ではあったかな

第3代皇帝アクバルが建てた内側の門をくぐって、


India

India



リスさん、おはよっ 

ごめんね、エサは持ってないのよ

India


いっせいに振り向くお猿さんにびっくり …何も持ってないわよっ

India


ジャハーンギール殿に朝日が昇ってきました …ってくらい早起き

India


決して空気が悪いからではないらしいけれど

毎日こんな感じで、モヤモヤだったインド

India


アクバルが造ったけれど名前がアクバルの息子の第4代皇帝の名前

ジャハーンギールなんだよね… 息子のため?

India


中に入ると中庭があります

どこかで見たような赤砂岩の建物

India


木彫りみたいだけれど、赤砂岩に彫られているレリーフ

どこかでも見かけたようなレリーフ でじゃぶ だわ


India

India



一つ一つ模様の違う透かし彫りの手すり

ムガール帝国はイスラム教の王朝だったのだけれど

アクバルはヒンドゥー教も認めていたので

アグラ城塞はペルシア(イスラム)建築様式と

ヒンドゥー建築様式が融合していると言われています


ちなみにこのアグラ城塞のジャハーンギール殿は

アクバルが造った建物で唯一残っている建築物

その後タージ・マハルの第5代皇帝シャー・ジャハーンによって

白大理石の建物に建て替えられたり、建て増しされたりで

残っているのは白大理石での建物の部分が多いかな

India


今度は真っ白な大理石の一角

この後ろ側にタージ・マハルが望めるらしいけど

この天気じゃね


屋根はもともとは金箔だったらしいわよ …どんだけ贅沢

India


皇帝の私室、寝殿は

India


幾何学模様のアングリー庭園に面して建てられています

India


この寝殿、レリーフ、透かし彫りもすごいけれど


India

India



驚くべきなのはタージ・マハルと同じで

宝石をはめ込んでつくってあるの 

India


贅沢過ぎますわね

そりゃお金も無くなって、幽閉されちゃうわ…

ベルサイユ宮殿でも同じことを思ったことを思い出しちゃった

もっとも宝石はほぼ盗まれちゃっていて残ってないですが

India


おっとぉ~ お猿さんが駆け抜ける

子猿も続いて… かわい

India



ここは皇帝が街の人々の意見を聞くところ

ディーワーネ・アーム(一般謁見の間) 

だったと思う…

たくさんの柱で造られたアーチがモダンな雰囲気

India



ムサンマン・ブルジュは、シャー・ジャハーンが

息子の第6代皇帝アウラングゼーブによって幽閉されたところ

この塔でシャー・ジャハーンは王妃のタージ・マハルを見ながら晩年を…


日が昇ってもなんだかまだ朝靄

India


さて、先を急ぎます

実はこの日が最終日

この後デリーに戻り、デリーの観光

そして夜便に飛び乗る算段


続きはこちら 10. デリーへ ~世界遺産レッドフォート ~世界遺産フマユーン廟 ~世界遺産クトゥブ・ミナール ~帰国

2015年11月:インドの世界遺産をめぐる旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 2, 2018 04:37:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 3, 2016
テーマ:海外旅行(5244)
カテゴリ:インド・ネパール

India
India posted by (C)nana


またまた朝も早から出発だいっ

今日はバスで6時間のアグラへGO

アグラはこの旅のハイライトとでも言えるタージマハルがあるところ

でもその前に… アグラの約40km西にある幻想的廃墟の都 

世界遺産のファテープル・シクリに立ち寄ります

India


ファテープル・シークリは、アグラに飽きちゃった

ムガール帝国第3代皇帝アクバルによって建設された街でアグラから遷都

けど慢性的な水不足と猛暑のため

わずか14年間(1574年~1588年)しか使用されず

廃墟になっちゃったという偉大なる無駄遣い

壁がない五層のパーンチ・マハルは納涼、展望のための施設?

India


小高い台地に碁盤上に幾何学的な都市計画が実施されていて

街は宮廷地区とモスク地区とに分けられています

ほとんどの建物は赤砂岩でできていて

伝統的な建築文化とイスラム建築がミックスされている都市の遺跡


皇帝の私的な謁見のための建物ディーワーネ・ハース(内謁殿)の中は

2階の吹き抜けに対角上のブリッジを掛け渡し

ブリッジの交差部分にアクバルが腰掛け

1階で諸派の賢人知者が議論するのを見ていたそうです

India



反対色のオウム?インコ?が目立つこと目立つこと

India


建物全体にレリーフが施されているの建物

India


色が赤茶の単色で飽きちゃうけれど

これはすごっ …天井もね


India

India

India

India




広い中庭をアーケードが取り囲むディーワーネ・アーム(公謁殿)は

皇帝と国民が接する場所だったそう

India


何だか時間がかかってしまって…

これって今日のノルマ観光がこなせるのかしらん

とりあえずお疲れ時のビールでリフレッシュ 

初めて飲んだキングフィッシャーGOLD 

「違いの分からない女」でしてPREMIUMとの差がわからん

India



こっちがハイライトよん な タージ・マハル

既に3時をまわっておりまして…

それでなくても霞がかかった日だったのに夕方になりもうモヤモヤの空

この白い空で白いタージ・マハルはどう観えるのか心配


タージ・マハルはムガール帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが

1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した総大理石の墓廟

インド・イスラーム文化の代表的建築で1983年に世界遺産に登録されています


赤砂岩づくりで高さ約30mもある大楼門からすでに

すごい人が押しかけているのが分かります

India


20年もの歳月を費やして造られたタージ・マハル

王妃の遺言のひとつが「後世に残る墓」だったってのがすごいわね


モヤモヤの空の中でそびえているタージ・マハル

でもって、やっぱすごい観光客の数 …ちょっと気分萎えます

India


南北560m、東西303mの長方形の広大な敷地奥にある墓廟へ

人ごみに負けず近づき …どこが入り口なんだいっ

チケットの種類によってショートカットできるかどうかが違うので

最初に確認しておくことをお勧めします

India


大理石の廟堂の左右には赤砂岩造りのモスクと集会場があります

India


「皇妃に仕える4人の侍女」に喩えられている灯台と小さなバルコニーを

備えた単純な造りの4つの尖塔(ミナレット)で囲まれたように建つ

墓廟は横と奥行きがどちらも57mの正方形で、四隅が切られた変形八角形

高さは丸屋根上部までが58m

India


内部は白大理石にレリーフが施されていて


India

India



コーランの章句や草花の連続文様で装飾されていてとてもきれい

だけれども…

お墓だものね、お墓の写真は不可のようでした

India


案外あっさりと見学終了っ



またこの人ごみかき分けて戻らなきゃならんのか

って思うと思いっきりブルーになったわ

India


ちょっと面白い写真が撮れたかも…

逆さタージ・マハルよん

ちっと人が邪魔だわね

India


ってことで 

もいっちょ

今度はオブジェ?が邪魔っ

India



ここで日没…

予定をこなせず明日に持ち越し

イコール

また早起き決定

夜のビールはこれまたお初のキングフィッシャーEXTRA 

高いぜっ いつもの倍くらいしたの

で、お味はこれまた違いが全然わかりませんでしたとさ

India


続きはこちら 9. 栄華の残像?のような街アグラ ~世界遺産アグラ城塞

2015年11月:インドの世界遺産をめぐる旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 2, 2018 04:38:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 2, 2016
テーマ:海外旅行(5244)
カテゴリ:インド・ネパール

India
India posted by (C)nana


シティ・パレス脇にある世界遺産ジャンタル・マンタル(天文台)には

歩いていける距離 …というかシティ・パレスの敷地内とも言うか

天文学者でもあったムガール帝国のマハラジャ、ジャイ・シン2世が

1728年から1734年にかけて建てたという天文台


彼はこの他にもデリーなど5か所に天文台を建設しているのですが

ココのが最も規模が大きくて2010年にユネスコの世界遺産に登録


遊園地のような? 日時計?がいっぱいあります

India


その中でも一番大きい日時計がこれ

India


近くで見るとその巨大さが分かります

レンガやモルタルを使って精密な天文台を造ったジャイ・シン2世

India


目的の異なる観測のために造られた装置

星の位置や高度、方位、時間、日食や月食を観測するものなどがあり

300年経った今でも正確に観測できるそうです

India


こんな形のものも …南半球と北半球のなんちゃら

ココを案内してくれたガイドさんの日本語があまりにも拙く

全然わかんなかったのよね

India


天文台って星占いもするところ? (ガイドさん談)

ジャイ・シン2世は占星学者でもあったとか

12星座別にそれぞれこんなのがあって…

ちなみに、これはさそり座の(右側)よん


India

India



よくわかんなかった天文台をでて街の雑踏に足を踏み入れると

こっちには黒い牛さん

India


あっちには白い牛さん 

と、いたるところに牛さんが闊歩しているインドの日常

India



首都であったアンベールが人口増加や水不足の理由から遷都の必要に迫られ

1727年にジャイ・シン2世によって建設が始まったジャイプール

街の名前の「ジャイ」はジャイ・シン2世から

「プール」は「城壁に囲まれた町」という意味

その名の通り高さ6m、総延長10kmに及ぶ城壁で囲まれている城壁都市


1876年に訪れたヴィクトリア女王の息子のアルバート王子を歓迎するため

街中の建物をピンク色に塗ったのがきっかけで、以来伝統的に建物をピンク色に

塗装されるようになったんですって

そのため「ピンク・シティー」と呼ばれているんだけど…

確かにピンクの街 …ピンクかなぁ

India


その象徴がこの風の宮殿 薄っ

ハワ・マハル(風の宮殿)は1799年にピンク色の砂岩を外壁に用いて建てられた

5階建ての宮殿でシティ・パレスの一部


繊細な透かし彫りの953の小窓が通りに面していて

この小窓から王妃や宮廷の貴婦人達が街の人の目に触れることなく

街の様子や、街路で繰り広げられるお祭を見て楽しんでいたそうな…

暑いときでもこの小窓から風(ハワ)が通り、涼しい状態に保たれるような

構造になっていたことが風の宮殿という名前の由来

India


インドの中でもインドらしい中世の雰囲気を残しているピンクの街にも

メトロがやってくるようで工事中

India


ピンクシティはキレイようなキレクナイような

ガイドさんいわく朝早い時に通ると1階のお店が閉まっているから

ゴチャゴチャが見えずにきれいだそうだけど …どかな

India


ピンクの街でピンクの綿飴を売るおじさん見っけ


India

India




喧騒を抜けてホテルへ

ラディソンブル ほっ

細部まできれいなのはやっぱり

巨大ホテルチェーンのマニュアルのおかげなのかな

だんだん「清潔」「安全」「便利」なとこしか行けなくなる

軟弱者になりつつありまする

India



食事がビュッフェなのはもうあきらめる

けど、ちょっとおしゃれなお料理もあったわよ

カレーは全部味見 でもやっぱり 辛くない雫

久しぶりにフォスターなんて飲んでみる


India

India



Radisson Blu Jaipur
Plot No. 5-6, Airport Plaza Dur, Jaipur, Rajasthan 302018


こじゃれたホテルだったけど窓から裏を見たらこんな状態

牛さんは神様ですものね …幸せそうに? 草を食み って草ないやん

India


牛さんどころかラクダさんとも遭遇する街

India



続きはこちら 8. アグラへ ~世界遺産ファテープル・シクリ ~世界遺産タージ・マハル

2015年11月:インドの世界遺産をめぐる旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 2, 2018 04:39:00 PM
コメント(0) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Recent Posts

Category

◆食べ歩き徒然◆

(14)

銀座・有楽町・日比谷・新橋

(253)

新富町・東銀座・築地・八丁堀

(103)

丸の内・八重洲・京橋・日本橋

(138)

人形町・馬喰町・水天宮・浜町

(28)

御茶ノ水・秋葉原・神田・新日本橋

(26)

上野・御徒町・湯島・稲荷町

(222)

谷中・日暮里・鶯谷

(9)

浅草・田原町・蔵前・浅草橋

(201)

北千住

(4)

本所吾妻橋・押上・青砥

(7)

両国・錦糸町

(4)

神楽坂・飯田橋・曙橋・四谷

(16)

新宿・代々木・練馬

(119)

六本木・麻布・乃木坂

(27)

赤坂見附・半蔵門・溜池・虎の門

(17)

渋谷・青山・表参道・恵比寿

(63)

品川・五反田・高輪

(17)

京王線沿線・成城学園前

(229)

◆旅たび徒然◆↓旅行記はFreePageへ↓

(40)

カナダ

(23)

アメリカ・ハワイ

(58)

メキシコ・ベリーズ・グァテマラ・ホンジュラス・エルサルバドル・コスタリカ・パナマ

(31)

キューバ・バハマ・カリブ海に浮かぶ島国

(26)

エクアドル・ペルー・コロンビア

(26)

ボリビア

(19)

ブラジル

(14)

アルゼンチン・チリ

(19)

タヒチ・パラオ・バヌアツ・パプアニューギニア・ニューカレドニア

(31)

ニュージーランド

(28)

ロシア

(21)

モルドバ・ウクライナ・ベラルーシ

(16)

リトアニア・ラトビア・エストニア

(14)

フィンランド

(15)

ポーランド

(16)

ドイツ

(24)

オーストリア・チェコ・スロバキア・ハンガリー

(20)

ベルギー・オランダ・ルクセンブルグ

(22)

フランス

(43)

スイス・リヒテンシュタイン

(35)

イタリア・バチカン・サンマリノ

(81)

マルタ

(11)

スペイン

(40)

ポルトガル

(20)

ブルガリア・ルーマニア

(23)

クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ・モンテネグロ

(17)

アルバニア・マケドニア・セルビア・コソボ

(29)

ギリシャ

(16)

キプロス

(8)

アゼルバイジャン・ジョージア・アルメニア

(26)

トルコ

(6)

イスラエル・ヨルダン

(14)

UAE・カタール・オマーン

(13)

チュニジア・モロッコ

(19)

エジプト

(11)

エチオピア

(14)

ケニア・タンザニア

(22)

マダガスカル・モーリシャス・セイシェル

(30)

南アフリカ・ジンバブエ・ボツワナ

(25)

ウズベキスタン

(8)

モンゴル

(6)

インド・ネパール

(20)

スリランカ・モルディブ

(18)

マレーシア・インドネシア・ブルネイ

(30)

ミャンマー

(17)

カンボジア・ラオス

(22)

フィリピン・台湾

(21)

北海道

(20)

青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島

(49)

新潟・富山・石川・福井

(12)

栃木・群馬・埼玉・茨城・千葉・山梨・神奈川

(46)

東京

(73)

長野・岐阜・静岡・愛知

(14)

滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・三重・和歌山

(28)

鳥取・島根・岡山・広島・山口

(4)

徳島・香川・高知・愛媛

(9)

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

(19)

沖縄

(11)

◆その他徒然◆

(137)

花散歩あーかいぶ

(3)

ジェルネイル

(121)

読書

(21)

お取り寄せ・レビュー

(66)

バセドー病・外傷性てんかん

(25)

◆はじめに & 乳がんのこと◆

(1)

1:告知前&告知…そして現在

(20)

2:術前化学療法

(60)

3:全摘手術 ~ホルモン療法

(38)

4:乳房再建

(71)

乳がん番外編:坊主ネタ

(37)

乳がん番外編:医療費と保険 &オフ会

(24)

Free Space

◇◆海外旅行記◆◇
他に下記Freepage Listにもあります

アゼルバイジャン~ジョージア
~アルメニア、コーカサスの旅

<

オーストリア~スロバキア
~チェコ~ドイツの旅



ニュージーランド
北島~南島縦断の旅



エクアドル、生物の楽園
ガラパゴス諸島の旅



「インド洋の真珠」
セイシェルの旅



アジアのゴージャスな王国
ブルネイの旅



マグレブのチュニジア
地中海からサハラ砂漠への旅



リトアニア~ラトビア
エストニアの旅



モルドバ~ウクライナ
ベラルーシの旅



ボスニアヘルツェゴビナ、クロアチア
モンテネグロ、スロベニアの旅



パプアニューギニア 陸の孤島
タワリリゾートの旅



ポーランド ワルシャワ~ポズナン
~クラクフの世界遺産の旅



キューバ 首都ハバナとビーチ
リゾート、バラデロの旅



ラオス 首都ヴィエンチャンと
世界遺産ルアンパバーンの旅



インド洋に浮かぶ「島々の
花輪」モルディブの旅



スリランカの世界遺産と
美しい自然の旅



カリブ海クルーズと
フロリダ、キーウェストの旅



地中海に浮かぶ
蜂蜜色の国マルタの旅



南太平洋の微笑みの国バヌアツと
ニューカレドニアの旅



ポルトガル、リスボン~
ポルト&パリ立ち寄りの旅



ウズベキスタン
蒼穹の世界遺産の古都の旅



ネパール
ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅

Nagarkot

古代文明が色濃く残る
エジプト世界遺産の旅

Egypt

モーリシャス、インド洋に浮かぶ
パラダイスの旅

Mauritius
カンボジア、アンコール遺跡と
首都プノンペンの旅

Canbodia

イスラエル~ヨルダン
イエスの足跡をたどる旅

Israel

モンゴル、ウランバートル~大草原
ブルドと世界遺産カラコルムの旅

Mongolia

マレーシア、ペナン島~マラッカの
世界遺産とクアランプールの旅

Kuala Lumpur

イタリア、ベネチア~トスカーナ
~チンクエ・テッレのドライブ旅

Burano

フィリピン、マニラで
過ごす週末の旅

manila

地中海~カナリア諸島
マディラ諸島クルーズの旅

Madeira

アラビアンナイト:カタール
UAE&オマーンクルーズの旅

Abu Dhabi

パラオ
ヨットクルーズの旅

Palau

インドの世界遺産の旅
India

アルバニア・マケドニア
コソボ・セルビアの旅

Macedonia

神秘の国エチオピアの旅
Ethiopia

フランス&スイス・アルプスに
滞在する旅

Matterhorn

ブルガリア&
ルーマニアの旅

Romania

ドイツ・ハイデルベルグと
フランス・アルザス地方の旅

Heidelberg

オランダ・ベルギー
ルクセンブルクとパリの旅

Amsterdam

タヒチ:夢の楽園ボラボラ島の旅
Tahiti

コロンビア~パナマ運河
コスタリカ&メキシコクルーズの旅

panama canal

インドネシア:ジャワ&バリ島の旅
indonesia

フィンランド:オーロラの旅
Finland

東カリブ海クルーズの旅
StMaaten

台湾:台北、高雄、九分十分の旅
Taiwan

カナダ:メープル街道&
USA:サンフランシスコの旅

canada

タンザニア~ケニア:サファリの旅
Kenya

マダガスカル:不思議の島の旅
Madagascar

イタリア:フィレンツェ~ナポリの旅
capri

ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都の旅
myanmar

グアテマラ~エルサルバドル~
ホンジュラス~ベリーズの旅

belize

ハワイ:マウイ島の旅
maui

ジンバブエ~ボツワナ~
ブルートレインで行く南アフリカの旅

victoria falls

ボリビア:ウユニ塩湖&
ブラジル:レンソイス砂漠の旅

UYUNI

ギリシャ:アテネ メテオラ&
エーゲ海の島の旅

Santorini

アルゼンチン:パタゴニア氷河&
チリ:イースター島の旅

patagonia

ハワイ:マウイ島の旅
Hawaii 2012

スペイン:マドリッド&
バルセロナの旅

Segovia

ロシア:サンクトペテルブルグ
スズダリ&モスクワの旅

Sergiyev Posad

フランス:ニース&マルセイユ~
イタリア:ミラノ~マラネロの旅

Marseille

ブラジル:イグアスの滝~
ペルー:マチュピチュ&ナスカの旅

マチュピチュ

ハワイ:マウイ島の旅
honua kai

フランス:パリ~ロワールの旅
凱旋門

トルコ:アンカラ~サフランボル
カッパドキア~イスタンブールの旅

トルコイスタンブールブルーモスク1


↓メッセージはこちらから↓
メッセージはこちらから


↓ブログランキングに参加しています
ポチッと応援クリックしていただければうれしいです↓


にほんブログ村


人気ブログランキングへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

Freepage List

◇◆ 海外旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10★チェコ・ハンガリー 〜 ドイツ


'10★ハワイ:ハワイ島~マウイ島


'11★イタリア:ローマ〜ベネチア・ミラノ


'11★トルコ:カッパドキア・イスタンブル


'11★フランス:パリ~ロアール古城めぐり


'11★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'12★南米:マチュピチュ~イグアスの滝


'12★南フランス~モナコ~北イタリア


'12★ロシア:Stペテルブルグ~モスクワ


'12★スペイン:マドリッド~バルセロナ


'12★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'13★南米:パタゴニア氷河~イースター島


'13★ギリシャ:アテネ~エーゲ海の島々


'13★南米:ウユニ塩湖~レンソイス砂漠


'13★ジンバブエ・ボツワナ・南アフリカ


'13★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'14★中米4か国:グアテマラ~ベリーズ


'14★ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都


'14★イタリア:フィレンツェ~ナポリ


'14★アフリカ:不思議の島マダガスカル


'14★アフリカ:タンザニア~ケニア


'14★カナダ:メープル街道 & USA:ナパ


'14★台湾:台北と高雄、レトロ九分十分


'14★東カリブ海クルーズ:ヴァージン諸島


'15★フィンランド:オーロラハンティング


'15★インドネシア:ジャワ島&バリ島


'15★パナマ運河クルーズ:コロンビア~


'15★タヒチ:夢の楽園ボラボラ島


'15★オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ


'15★ドイツとフランス・アルザス地方


'15★ブルガリア&ルーマニア


'15★フランス&スイス・アルプス長期滞在


'15★アフリカ:神秘の国エチオピア


'15★バルカン半島:アルバニア・旧ユーゴ


'15★インド:世界遺産12か所めぐり


'15★パラオ・ヨットクルーズ


'16★カタール・UAE・オマーンクルーズ


'16★地中海~カナリア・マディラ島クルーズ


'16★フィリピン、マニラで過ごす週末


'16★イタリア、ベネチア~トスカーナ


’16★マレーシア、ペナン島~マラッカ


'16★モンゴル、ウランバートル~カラコルム


'16★イスラエル&ヨルダン、イエスの足跡


'16★カンボジア、アンコール遺跡とプノンペン


'16★モーリシャス、インド洋のパラダイス


'17★エジプト、古代文明の世界遺産


'17★ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産


'17★ウズベキスタン、蒼穹の世界遺産の古都


'17★ポルトガル、リスボン~ポルト~パリ


'17★ニューカレドニア & バヌアツ


'17★地中海に浮かぶ蜂蜜色の国マルタ


'17★西カリブ海クルーズとキーウェスト


'17★スリランカの世界遺産と美しい自然


'17★インド洋の「島々の花輪」モルディブ


'18★ラオス ルアンパバーンとヴィエンチャン


'18★キューバ、首都ハバナとバラデロ


'18★ポーランド ワルシャワ~クラクフ


'18★パプアニューギニア 陸の孤島の楽園


'18★ボスニア~クロアチア~スロベニア


'18★モルドバ~ウクライナ~ベラルーシ


'18★リトアニア~ラトビア~エストニア


’18★チュニジア 地中海からサハラ砂漠へ


'18★ゴージャスなアジアの王国ブルネイ


'18★「インド洋の真珠」セイシェル


’19★エクアドル ガラパゴスと首都キト


’19★ニュージーランド 北島から南島縦断


’19★オーストリア~スロバキア~チェコ~ドイツ


'19★アゼルバイジャン~ジョージア~アルメニア


'19★キプロス、アフロディーテが誕生の島


◇◆ 国内旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10☆北海道(夏) 十勝~知床~紋別


'11☆岩手・秋田・山形・新潟・石川・富山


'12☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'12☆東北~北陸 山形~青森~秋田~新潟


'13☆高知~山口~長崎~鹿児島~熊本~大分


'13☆神戸・大阪


'13☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'14☆北海道(冬) 登別~函館


'14☆東北4大祭り 青森~秋田~山形~宮城


'14☆金沢と白川郷・五箇山


'15☆神戸異人館と伊勢神宮


'15☆愛媛、松山と今治


'15☆熊本城、黒川温泉と大分、由布院温泉


'16☆宮城・山形蔵王の樹氷


'16☆岐阜、白川郷と飛騨高山・郡上八幡


'16☆信州長野、桜を追いかけ高遠へ


'16☆滋賀、彦根城、信楽、比叡山と古都京都


'16☆京都、兵庫、鳥取、島根と姫路城


'17☆愛知の3城、岡崎城~名古屋城~犬山城


'17☆みちのく3大桜 弘前~北上~角館


'17☆古都奈良と京都宇治、平等院


’18☆秋田犬に会いたい!秋田から青森へ五能線


'19☆鹿児島、奄美大島


’19☆沖縄、石垣島・西表島・由布島・竹富島


◇◆ プチ旅~お散歩・日帰り・1泊温泉 ◆◇


東京いろいろ神社仏閣・美術館etc. 街散歩


泊まらなくてもちょっと遠出 日帰り旅行


東京近郊1泊で …できれば温泉(希望)旅行


Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


nana's7

Comments

nana's7@ >ネコシバさんへ ご来訪ありがとうございます。ここのはと…
ネコシバ@ Re:あっさりとしていて優しいコクとうまみの塩ラーメン@麺屋げんぞう (湯島)(10/07) こんばんわ! 何かさっぱりとして見える塩…
nana's7@ >maki5417さんへ とんかつにキャベツって絶対必要ですよね…
nana's7@ >ネコシバです。さんへ はじめまして、コメントありがとうござい…
nana's7@ >okumari3さんへ 夏休みの時期に行ったので、子供が多くて…
nana's7@ >makiさんへ こんなに立派な施設になっていたとは… 驚…

Archives

Calendar

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Headline News

Shopping List

バリリゾートで人気のおしゃれなアジアンランプ インテリアライトループルーツS 60cm 6畳 8畳 ラタン 床置き 1灯 ダークブラウン アジアン照明 間接照明 フロアライト スタンド 照明 フロアスタンドライト アジアン ランプ おしゃれ インテリア 癒し 和モダン リゾート バリ島 北欧 和風 和室 LED 寝室 新築祝い 引っ越し祝い
ナチュラル感あふれるデザインが可愛さをプラス!!ハンドメイドのバングル ブレスレット レディース エスニック アジアン ターコイズ 2連メール便対応/ブレスレット ブレスレット アクセサリー ターコイズ 石 ホワイト ゴールド 金 2連 オーバル ビーズ レディース エスニック 海 リゾート アジアン/BTAI-165/ ポイント消化 (I1-1)
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】あやかし恋古書店~僕はきみに何度でもめぐり逢う~【電子書籍】[ 蒼井紬希 ]
1本あたり540円(税別)送料無料!各国の白ワインをセットで超オトクに飲み比べ♪【誰でもP5倍 10/20限定】1本当たり なんと540円(税別) 送料無料 白だけ特選ワイン12本 86弾 白ワインセット 長S
送料無料 グルメ大賞コーヒージャンル受賞 レビューで大絶賛の初めての方や常連さんに大人気 人気の2種類のレギュラーコーヒーが合計200杯 お得なセット 珈琲福袋 2kg【全品ポイント10倍!10月21日(月)9:59まで】【澤井珈琲】ポイント10倍 送料無料!コーヒー専門店の200杯分入り超大入コーヒー福袋(ビクトリーブレンド/ブレンドフォルテシモ/コーヒー豆/珈琲豆)【キャッシュレス5%還元】

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.