51222403 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暇人主婦の家庭菜園

PR

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

菜園計画・土のリサイクル・自然農薬

2017年02月16日
XML
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

野菜には、
「科」という分類法があります。
野菜栽培において、重要なのが~この野菜の「科」を知ること。
何故ならば~
連作障害を防ぐプランニングを考えるうえで、
「科」はとても重要なんです。

詳しい菜園プランのたて方は★コチラ★

写真: 畑

<連作障害とは>
畑の同じ場所で同じ野菜、
または同じ科に属する野菜を続けてつくると、
その科特有の病気や害虫にかかりやすくなり
生育に悪影響を及ぼすことです。

写真: ダイコン1

w(☆o◎)wガーン
美味しい野菜を上手に作るには欠かせないことなんですね♪


皆さんは「ウリ科の野菜」と聞いて、どんな野菜を思い浮かべますか?
やっぱり~すぐ思い出すのは「瓜」でしょうか♪
(*≧m≦*)プププw

最近は~「瓜」と言ってもあまり馴染みがないので
想像しにくいですが・・
一般的にウリ科の野菜と言ったら、キュウリが代表選手です。
他にもカボチャやズッキーニ、ヘチマやゴーヤも同じウリ科です。

写真: 畑3
*スイカとトランペットズッキーニ 

面白いものでは~
メロンやスイカもウリ科の野菜の仲間なんです。
(*□*)ビックリ!! ちょっと意外な感じもしますね?!

ウリ科系の野菜のほぼほとんどが巻きヒゲをもつ「ツル性」で
その多くは熱帯地方が原産で、日当たりの良い場所を好みます。

写真: きゅうり栽培4

連作障害による病気や害虫の被害などにかからないためにも、
同じ科の野菜を連続して栽培してはいけません(連作はさける)
「輪作」が原則です。

菜園プランをつくる際の重要なポイントの1つなんです。



☆~ウリ科の野菜を知ろう~☆

<キュウリ>連作を避ける期間:約3年
写真: キュウリ収穫1
夏野菜の定番野菜で、パリパリとした食感と瑞々しさが魅力のキュウリ。
果菜類の中では成長が早く、苗を植え付けてから約1か月半で収穫可能になる。
開花から約1週間ほどで収穫できるため、採り遅れないようにするのがポイント。
収穫時期は短いので、少しずつずらしながら種まきすると良い。

*詳しいキュウリの品種
★コチラ★


<カボチャ>連作障害を避ける期間:連作障害が少ない0~1年

写真: ミニカボチャ1
ホクホクとした食感の西洋カボチャと、
しっとりとした後味の西洋カボチャなどがあり
色や形、大きさまで数多くの品種があります。
「ツル性」ですが、立体栽培により
プランターでも栽培できるミニカボチャもある。

*詳しいカボチャの品種
★コチラ★


<ズッキーニ>連作障害を避ける期間:連作障害が少ない0~1年

写真: ズッキーニ収穫
大きなキュウリのような姿のズッキーニ。
イタリア料理などでは定番の野菜ですが、
癖のない味が色々なお料理に使えるため
最近では人気の高い野菜です。
分類学的にはカボチャの仲間ですが
ツルが長く伸びないため、プランターでも作りやすい。
色や形など多くの種類があります。

*詳しいズッキーニの品種
★コチラ★


<スイカ>連作障害を避ける期間:約5年
写真: スイカ収穫時期4
暑い夏に、食べたくなるのがスイカ。夏野菜の王様?
栽培が難しいようと思われがちですが、ポイントを押さえれば十分栽培できます。
大きなものから手のひらサイズのスイカがあるので、プランターでも栽培可能。

詳しいスイカの品種は★コチラ★


<メロン>連作障害を避ける期間:約5年
写真: ころたん3
甘くてジューシーな果肉が魅力のメロン。
ネットメロン、ノーネットメロンと多種にあり育てやすいミニサイズもあります

*詳しいメロンの品種★コチラ★


<ゴーヤ>連作障害を避ける期間:2~3年

写真: ゴーヤ2
ゴツゴツした形と独特な苦みが魅力の沖縄野菜のゴーヤ。
別名、ニガウリ。なぜか夏に食べたくなる癖のある苦みは
食欲増進・利尿作用があり夏にはかかせない野菜の1つです。
害虫被害もなく緑のカーテンとしても人気で栽培しやすいのが魅力。



<冬瓜>連作障害を避ける期間:3~4年
写真: トウガン
果皮色は濃緑。果肉色は白色でやわらかく肉厚
煮物やあんかけ料理に。



<ヘチマ>連作障害を避ける期間:2~3年
ヘチマ(ナーベラー)4
若い実は柔らかく独特の風味があり熟果になると
繊維質が多くなり、健康タワシとして利用できます。
また汁液は天然化粧水としても使われています。



<ハヤトウリ>連作障害を避ける期間:
写真: ハヤトウリ2
上手に育てると1株から100個以上実をつけ収穫できるので
「千成瓜(センナリウリ)」とも呼ばれてます。
酢の物やみそ漬け・・炒め物などの調理が楽しめます。
*ハヤトウリは種子から栽培するのではなく果実を芽出しするか、
苗からの販売になります。あまり流通しないのでレア。



<シロウリ>連作障害を避ける期間:3~4年

「しろうり(白瓜)」、「かたうり(堅瓜)」、「しまうり( 縞瓜)」の
3品種に大きく分けられます。それに交雑育成系群に分けられます。
未熟な果実をかす漬けや 奈良漬け、鉄砲漬けなどにして食用にします。



<マクワウリ>連作障害を避ける期間:5
写真: マクワウリ1
お盆のお供えには欠かせない野菜(くだもの)です
メロンの一変種で果実は食用する



c(>ω<)ゞ イヤァ~
同じウリ科でも・・
それぞれ、連作障害対策のための空ける期間が違うなんて、
こりゃ~大変ですね☆

夏野菜は、ナス科やウリ科が1番多いから~
困っちゃいますね。
ちなみにナス科の野菜の連作を避ける期間は★コチラ★

ちょっと手間かもしれませんが、
出来るだけ、連作障害は回避したいですね♪
ウィンクバイバイ




「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています

<カテゴリー変更いたしました!>


家庭菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花














Last updated  2017年02月16日 10時00分06秒
コメント(17) | コメントを書く


2017年02月13日

おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

野菜には、
「科」という分類法があります。
野菜栽培において、重要なのが~この野菜の「科」を知ること。
何故ならば~
連作障害を防ぐプランニングを考えるうえで、
「科」はとても重要なんです。

詳しい菜園プランのたて方は★コチラ★

写真: 露地畑

<連作障害とは>
畑の同じ場所で同じ野菜、
または同じ科に属する野菜を続けてつくると、
その科特有の病気や害虫にかかりやすくなり
生育に悪影響を及ぼすことです。

写真: ダイコン1

w(☆o◎)wガーン
美味しい野菜を上手に作るには欠かせないことなんですね♪

写真: 休日の収穫野菜5

皆さんは「ナス科の野菜」と聞いて、どんな野菜を思い浮かべますか?
やっぱり~すぐ思い出すのは「茄子(なす)」でしょうか♪
(*≧m≦*)プププw

ナス科の野菜は他にも、トマト!
トマトなのに~ナス科なんて・・ビックリですよね。
他にも~ピーマン、トウガラシなどもナス科です。
そして・・・ジャガイモもナス科だなんて言ったら
もっと驚いちゃうかしら?


写真: ジャガイモ1

連作障害による病気や害虫の被害などにかからないためにも、
同じ科の野菜を連続して栽培してはいけません(連作はさける)
「輪作」が原則です。

菜園プランをつくる際の重要なポイントの1つなんです。


☆~ナス科の野菜を知ろう~☆

<ナス>連作を避ける期間:約4~5年
写真: 秋ナス
☆苗の植え付け4月下旬~5月中旬
夏野菜の代表的な選手のナス。
十分に気温が上がってから苗を植え付けるのがポイント。
短い支柱を3本立てなどにして栽培するのが基本の育て方で、
7月下旬~8月上旬頃に「更新剪定」をし真夏の間は休ませておくと
秋ナスも楽しめ長期収穫が可能。




<トマト>:連作を避ける期間:約4~5年
写真: 収穫野菜トマト2
苗の植え付け:4月下旬~5月下旬
夏野菜の王道~トマト。
大玉からミニサイズの大きさから色や形が様々あり、栽培を楽しめます。
苗を植え付けたら支柱(1.5M以上)を立て茎を誘引し、わき芽かきをして
「1本仕立て」にして育てるのが基本。初心者にはミニトマトがおススメ。




<ジャガイモ>:連作を避ける期間:約2~3年
写真: ジャガイモ1
春植え2月下旬~3月中旬
ほとんどの野菜が「種子」から栽培できるのに対し、
「種芋(タネイモ)」と言われる「栽培用のジャガイモ」を植え付けます。
また多くのナス科の野菜が果菜類なのに、ジャガイモは土の下にできるので根菜類。
低温でもよく育ち、わずか3か月くらいで、種イモの15倍ほど収穫が可能。




<ピーマン>:連作を避ける期間:約3~4年
写真: ピーマン収穫
苗の植え付け4月下旬~5月中旬
ピーマンは果菜類の中でも育てやすく、初心者でもたくさん収穫ができます。
緑色のピーマンは未熟果で、開花から15~20日ほどで収穫が可能になり、
赤や黄色のピーマンは完熟果で、開花から60日ほどで収穫が可能になります。
苗の植え付け後、「整枝」、「誘引」をして育てれば
1株で70~80個の収穫も夢じゃない!




<パプリカ>:連作を避ける期間:約3~4年
写真: パプリカ1
苗の植え付け4月下旬~5月中旬
普通の緑色のピーマンは未熟果のため、
少し苦みも感じる場合がありますが~
カラーピーマン(パプリカ)は完熟果のため、
肉厚で、さわやかな甘みがあるのが特徴です♪




<トウガラシ>:連作を避ける期間:約3~4年
シシトウ4
苗の植え付け4月下旬~5月中旬
トウガラシの仲間には・・
辛みのあるものを・・「トウガラシ」
辛みが少ないものを「シシトウ」



1つの野菜を栽培し収穫したら、
次は以前と違う「科」の野菜を選びましょう。
忘れないためにも、
どこで何を(野菜と科)育てたか、記録をしておくと
いいかもね☆
ウィンクバイバイ
皆さんは作りたい野菜の候補、決まりましたか?



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています

<カテゴリー変更いたしました!>


家庭菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花














Last updated  2017年02月13日 21時35分42秒
コメント(16) | コメントを書く
2017年01月11日
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこ菜園計画プランひよこ
<1年間の栽培スケジュール>

さあ~いよいよ2017年もスタートしましたが、
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

この時期は、これといった菜園作業もなく
寒さも本番となり、
ついゴロゴロ部屋で過ごし時間が多くなっていまますが~
本格的な菜園シーズンが到来する前に、
春からの栽培記録を立ててみませんか~?

写真: 露地畑

初春から初夏にかけて~
たくさんの野菜が育てられるようになります。

っといっても、
計画に種まきしたり苗を植え付けたりすると~
いざ本命の野菜を育てたくても、場所がなくなってしまったり、
混み合いすぎて~上手に育たなかったりと
残念な結果になってしまします。(*ノω<*) アチャー

春から始まる~楽しい菜園シーズンを楽しむためには、
今このじきに、しっかりとプランを立てておく必要があるんです!

1.今年栽培したい野菜のリストアップ
*この場合、野菜の「科」もしっかりと確認しておきましょう。
写真: ジャガイモ1
<例>
・ジャガイモ(ナス科)・ナス(ナス科)・トマト(ナス科)
・玉レタス(キク科)・サニーレタス(キク科)・サンチェ(キク科)
・ホウレンソウ(アカザ科)・スイスチャード(アカザ科)・オカヒジキ(アカザ科)
・ピーマン(ナス科)カラーピーマン(ナス科)・シシトウ(ナス科)
・カボチャ(ウリ科)・ズッキーニ(ウリ科)
・キュウリ(ウリ科)
・つるなしインゲン(マメ科)・ラッカセイ(マメ科)・枝豆(マメ科)
・紫蘇(シソ科)・赤紫蘇(シソ科)・エゴマ(シソ科)
・サツマイモ(ヒルガオ科)・空心菜(ヒルガオ科)
・トウモロコシ(イネ科)・マコモダケ(イネ科)
・ショウガ(ショウガ科)・ミョウガ(ショウガ科)
・水菜(アブラナ科)・小かぶ(アブラナ科)・菜の花(アブラナ科)
・ヤーコン(キク科)・菊芋(キク科)・春菊(キク科)
・里芋(サトイモ科)・こんにゃく芋(サトイモ科)
・ゴーヤ(ウリ科)・しろうり(ウリ科)冬瓜(ウリ科)
・ニンジン(セリ科)・セロリ(セリ科)・パセリ(セリ科)
・ダイコン(アブラナ科)・白菜(アブラナ科)・カラシナ(アブラナ科)
・ブロッコリー(アブラナ科)・カリフラワー(アブラナ科)
・スナップエンドウ(マメ科)・サヤエンドウ(マメ科)・ソラマメ(マメ科)
・タマネギ(ユリ科)・ゆり根(ユリ科)・にんにく(ユリ科)
・長ネギ(ユリ科)・リーキ(ユリ科)・ワケギ(ユリ科)
・ニラ(ユリ科)・ラッキョウ(ユリ科)
・芽キャベツ(アブラナ科)・チンゲンサイ(アブラナ科)
・イチゴ(バラ科)
・スイカ(ウリ科)・メロン(ウリ科)・ハヤトウリ(ウリ科)
・オクラ(アオイ科)・オカノリ(アオイ科)
・モロヘイヤ(シナノキ科)
・パクチー(セリ科)・三つ葉(セリ科)
・ルバーブ(タデ科)
・ツルムラサキ(ツルムラサキ科)
・コールラビ(アブラナ科)・ルッコラ(アブラナ科)
・ささげ(マメ科)・大豆(マメ科)・四角豆(マメ科)・エンドウ(マメ科)
・胡麻(ゴマ科)
・チョロギ(シソ科)・バジル(シソ科)ローズマリー(シソ科)
・サフラン(アヤメ科)
・長芋(ヤマノイモ科)
・アスパラガス(ユリ科)・あさつき(ユリ科)


┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
挙げたら~キリがないほど、いっぱいある。


2.定番野菜?定番品種?
それとも~珍しい野菜?新品種?

1つの野菜でも、昔から安定した収穫量が望める定番品種があるなか、
時代にあった、ちょっと珍しい形や大きさ・色の違う新品種などもなり
新しい野菜にチャレンジする楽しみもありますね♪
写真: フィレンツェ5
<例>定番種 VS 珍しい品種
ジャガイモ(男爵) VS ジャガイモ(タワラムラサキ)
トマト(麗夏・桃太郎) VS トマト(サンマルツァーノ)
ナス(千両2号) VS  ナス(イタリアンナス フィレンツェ)



などなど、調べたら~キリがありません。(笑)


3.育てたい野菜の優先順位をつけてみる

これら~全部の野菜を栽培してては~栽培面積を考える前に
育てられなくなってしまいますので、
まずは「絶対に」「出来れば」「あきらめる」と区分してみましょう。
また他に・・「保留(場所が空いてたら・・」などもあるといいですよ♪
写真: サツマイモ6
<例>
・家計が大助かりしそう~。(収穫期間が長く収穫量が多い)
・収穫出来たら~家族が喜びそう。(家族の好物)
・レアものを栽培し収穫の醍醐味を味わいたい。
・家族で収穫が楽しめるイベント作りのため(芋ほりやトウモロコシもぎ)


4.畑やプランターの区分け
畑やプランターの数により、栽培できる野菜の種類や品種は
どうしても限られてしまいます。
菜園の条件にあった野菜の特性を知ることも必要になります。
写真: トマト6
<例>
・畑の広さ面積またはプランターの数の把握
・育てたい野菜の背丈・株間。
・日当たりの条件。


5.実際に「菜園プラン(作付け計画)」を
立ててみましょう。

育てたい野菜と畑の広さやプランターの数が把握できたら~
「どの区画で(どのプランターで)、野菜を育てるのか」決めていきます。

<作付けとは>
耕地に作物を植付けること。
連作すると次第に病虫害が多く発生し,生育も不良となって,
収量は減少し,品質も劣ってくる (水稲の場合は例外) 。
こうした状態になったらその作物の作付けを中止し,ほかの作物を作付けする。
(コトバンク より)

”野菜を元気に育てるコツ「プランニング編」”
これより↓、Honda | Hello! 野菜 HPより参照

1、育てる野菜の特徴を知ろう!
・栽培が簡単で収穫が容易。

(必要な面積は?)
<面積>
成長したときの「広がり」を考えよう!
成長したときの「広がり」を考えよう。
野菜には、1株で必要な広さがあります。畑や
の大きさによって、
何株くらい育てられるかがある程度決まってきます。
これより狭いと、元気に育つことができず、失敗の原因ともなりがちです。
トマトナスなどの大きく育つ果菜類、キャベツブロッコリーハクサイなどの
大型の
葉菜類は、1株で40~60cm四方の広さを確保したいものです。
スイカカボチャはツルや葉が地面に広がるので、2m四方の面積が必要。
ミニ品種を選んで
支柱誘引する立体栽培なら1m四方でも栽培可能です。
コマツナホウレンソウカブは、1株5~10cm四方と考えると計算がしやすいでしょう。
それぞれの野菜に必要な面積は、「
おすすめ野菜広場」の各野菜のつくりかたのページで
畝幅株間条間を見てください。

<草丈>
背丈の高くなる野菜は畑の北側に配置!
プランニングにあたってもう一つ考慮したいのは、草丈です。
支柱を立てて茎や葉を誘引するトマトキュウリエンドウは支柱の高さだけ
草丈が伸びます。
トウモロコシも2m近くまで大きくなる野菜です。
反対に草丈が低いのは
レタスイチゴなどで、他の野菜の日陰になると、
生育に影響が出ることもあります。
そこで、大きくなる野菜は畑の北側に、小ぶりな野菜を南側に配置すると、
すべての野菜にまんべんなく日が当たるようになります。


<栽培の難易度をチェック>
栽培の難易度をチェック!
野菜によって、つくりやすいもの、栽培が難しいものがあります。
栽培期間が長い、病気や
害虫にかかりやすい、整枝誘引などに手がかかるものは、
一般的に難易度が高い野菜といえます。春夏野菜の場合は
トマトナススイカなど、
秋冬野菜の場合は
タマネギエンドウなどがそれに当たり、
よいものをつくるにはそれなりの努力が必要です。
失敗が少なくつくりやすいのは、栽培期間の短い
ホウレンソウコマツナ
レタスなどの葉もの野菜です。タネまき、植えつけから1か月ほどでとれるので、
すぐに収穫の喜びを味わうことができます。


2.適期を守ろう
<タネまきや苗の植え付けには適した時期がある>
タネまきや苗の植えつけに適した時期がある
野菜にはそれぞれ、タネまきや植えつけに適した時期があります。
時期を間違えると、生育が悪くなったり、収穫量が減ったり、
病気や
害虫の被害を受けたりします。地域ごとに作付けの時期は違うので、
初心者は地域の植えつけ時期を守ることがポイントとなります。


<栽培したい野菜のスケジュール(カレンダー)を作ってみよう>
人気野菜の栽培スケジュール
人気野菜の栽培スケジュール


3.科を意識してみよう
<連作障害にさせないプランを立てる>
連作障害にさせないプランを立てる

野菜には「科」という分類法があります。
「ナス科」「ウリ科」「アブラナ科」というのがそれに当たり、
花や葉などの形や遺伝情報などの特徴が同じものは、同じ科に分類されます。
たとえば、
トマトナスジャガイモは同じ「ナス科」という仲間です。
食べる部位や形、色は全く異なりますが、花はよく似ています。
連作障害を防ぐプランニングを考えるうえで、「科」はとても重要です。
連作障害とは、畑の同じ場所で同じ野菜、または同じ科に属する野菜を続けてつくると、
その科特有の病気や
害虫にかかりやすくなり生育に悪影響を及ぼすことです。
主な野菜と科を表にまとめました。


<連作障害を防ぐには輪作を>
連作障害を防ぐには輪作を

連作障害を防ぐためには、科の違う野菜を
順にローテーション栽培する「
輪作」がおすすめです。
輪作の期間は野菜によって違うので、
おすすめ野菜広場」の各野菜のつくりかたページを参照してください。
輪作を生かしたプランをつくるには、畑を4~5つのブロックに分けて
同じ科の野菜をまとめ、同じ区画内で同科の野菜を続けて栽培しないように配置します。
栽培する野菜を1年ずつ隣のブロックにずらしていけば、
元の区画に戻ってくるのは4~5年後となり、連作障害になることはありません。



4.おススメ作付けプラン例
<10平米菜園プラン例>
10菜園の作付け例

春夏の作付けプラン

トマトキュウリなど、人気の実もの野菜中心のラインナップです。
草丈が高くなる野菜を北側に配置。
カボチャはミニ品種を選んで立体栽培にすれば、狭い面積でもつくれます。
採れたてがおいしい
トウモロコシエダマメは、家庭菜園ならではの味です。

秋冬の作付けプラン

寒くなると甘みの増す秋冬野菜に、冬越しのタマネギイチゴをプラス。
春の作付けで最後に残った
サツマイモの収穫を終えてからつくれるのが、
冬越し野菜のメリットです。
収穫時期を考慮して、組み合わせのリレーを決めましょう。


<20平米菜園プラン例>
20菜園の作付け例

春夏の作付けプラン

春夏野菜を全部詰め込んで、北側からナス科、ウリ科、マメ科にブロック分けし、
輪作に考慮したプランです。
カボチャスイカはミニ品種を立体栽培すれば場所をとりません。
ニンジンはタネまきが夏なので、その前にコマツナなどの
短期間でできる葉ものを加えてもよいでしょう。


秋冬の作付けプラン

鍋物や漬物向きの野菜を中心にたっぷり楽しめます。
秋冬野菜はアブラナ科が多いので、できるだけまとめて配置。
冬は野菜の成長がゆっくりで、畑で長く保存できます。
必要な分だけ収穫しながら年明けまで長く楽しめます。





ヾ(・_・;)チョット‥
今から~これらを全部考えるのは大変なので~
まずは今ある種袋や栽培してみたい野菜を書きだして
少しずつはじめてみましょう♪
きっと今年の菜園プランができてきますよ☆

写真: ピアンタ4

菜園の1年の計は早春にあり!
さあ~のんびりもしてられません。
準備は~もう始まっていますよ~!!
びっくりバイバイ
皆さんは、今年栽培する野菜は決まりましたか?



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花














Last updated  2017年01月11日 10時00分05秒
コメント(27) | コメントを書く
2016年06月28日
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこうどん粉病ひよこ

ジメジメした梅雨雨の季節。。
そろそろ~「うどん粉病」の発生季節となる頃?
σ(^_^;)アセアセ...

皆さんの菜園やお庭では、被害はないですか~?

写真: ズッキーニ7

<うどんこ病とは>
植物にカビの菌が住みついて、
葉っぱがポツポツと白く斑点状になる病気のことです。
白いカビの一種で、葉っぱの表面で菌が繁殖し、
白いうどんこの粉がかかったように見えることから「うどんこ病」と
名付けられました。放っておくと菌が増殖し、葉っぱ全体が白いカビに覆われ、
光合成ができなくなって枯れ、やがて落葉します。

1年の中で特に、5~6月、9~10月頃に発生しやすく、
ほとんどの植物が発症する可能性があります。
カビが繁殖して白くなった部分は、光合成をうまく行えず、
放っておくと葉が枯れ、繁殖した菌が他の植物へ移り被害が拡大します。

(horti(ホルティ)より)

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!
そりゃ~大変!!

うどん粉病にかかりやすい野菜には、一般的に
キュウリ・カボチャ・ズッキーニなどのウリ科の野菜や
ナスやイチゴ・などの多くの野菜が被害にあうことがあります。

「うどんこ病にやられた~(*ノω<*) アチャー 」と良く耳にしますが、
これらは、梅雨明けの乾燥期になるとよく多発する病気です。

うどん粉病が発生するのは、4月~10月頃。
特に注意したい時期が5~7月、9~10月に多く発生するようです。

写真: ズッキーニ8

<発生原因>として考えられるのは、
・気温が25~28℃で、湿度50~80%の時に発生し易い。
・昼夜の温度差が大きく、湿度が高く、乾燥する場合
・ 株間や葉が密集している、
・日当たりが悪かったり、風通しの悪い場所(ベランダなど)
・肥料の効き過ぎ(窒素分の多い肥料を与えている)

晩春から秋にかけて発生しやすく、
特に風通しの悪いところ などでは多発します。
逆に雨が続くようなときには発生が少ないようです?!

写真: 6月下旬菜園風景1
(手前のカボチャの葉っぱが・・・どんどん白くなっている~!(。>0<。)ビェェン)

うどんこ病は、初期段階であれば、繁殖を抑えられますが、
症状が進むと葉っぱを切り取らなければ、いけません。
養分が吸い取られた部分は回復しないので、早期発見と予防が大切なんです。



☆~うどん粉病 対処方法~☆
葉っぱに白い斑点を見つけたら~

<初期発見・初期対応>

1.水・・葉や茎などにたっぷり水を噴射スプレーをして洗い流しましょう。
症状が改善されることがあります。
2.チッソ肥料などを控えめにして日当たり風通しを良くしてあげる
3.極端な乾燥を繰り返さないよう~土が乾いていたら水蒔き



<早期発見・初期対応>
1.病気が広がらないよう~うどんこ病になった葉を摘み取り、
弱った葉をとり除く。
2.株元に藁などを敷く



<早期発見・早期対応>:(酸性)
1.酢・・一般のお酢を10倍~100倍ほど薄めてスプレー
(7~10日おきに・・)

*お酢は、若干使用後の臭いがあるので、
風向きなどで近隣の方に迷惑のかからないように注意しましょう。
(人によっては不快と感じる方がいるようですが。。私は結構好き♪・・笑)




<早期発見と早期対応>:(アルカリ性)
2.重曹を水で500~1,000倍に薄めて、よく混ぜ散布しましょう。
(7~10日おきに・・)
*うどんこ病になっている部分に噴きかけるだけ!


*食用の重曹を使えば安心して使用することができます。
ただし、重曹の濃度が高いと植物が硬くなったり、奇形になったり、
または、枯れてしまったりすることもあるようです。
まずは、部分的に吹きかけて、
負担がないかテストしてから使用するとよいでしょう。
大量にかけすぎると葉焼けの原因になるので、
あくまでも発生初期に使う程度に☆

写真: カボチャうどんこ病2

うどんこ病は、早めに対処すれば~
植物が枯れるのを防ぎ、自然治癒を促すことができる病気!とも言われています。
特に、これからの時期~一気に気温が高くなってくると・・・
うどんこ病が発生しやすくなります。

この時期は、毎日葉の裏などをこまめにチェックして、
うどんこ病にかかっていないか確認するといいかもね♪
(ま~これが、なかなかできないのですが・・σ(^_^;)アセアセ... )



☆~病害虫ダブル予防・対策方法~☆
(根岸農園流)

うどんこ病の菌に効果的なのは、
トウガラシの焼酎漬け(ストチュウ)や重曹・酢などを薄めたものが有名です。

ストチュウは仕込みに約1か月ほどかかるので、
すぐに対処したい場合は、重曹やお酢が便利ですね・・♪



草木灰です!!

<草木灰とは>
野菜の残さや剪定した庭木の枝などを、良く枯らして
燃やして残った灰のこと。

細かい灰を野菜の葉にふりかけておくと~
「うどん粉病」や「べと病」「軟腐病」などの予防効果があると
昔から?・・言われています。

写真: 草木灰1写真: 草木灰2

我が家では雨が降った翌日・・(葉っぱが濡れている時)
「気温が一気に上昇するぞ~!」ってときは・・
草木灰を洗濯ネット(目の細かい)に入れて・・

写真: 草木灰3

野菜の葉にポンポンと振って灰をかけます。
こうすることで~病害虫予防も兼ねて、対策をしています。
(灰の臭いを嫌って、害虫が寄り付かなくなる効果もあるという。)

また、乾燥してて葉が乾いている場合は、
お酢を薄めたものを散布したあと、
少し葉を湿らせてから灰をかけると~うどんこ病にも効果的かな?
これぞ~病害虫予防ダブル効果~!!


(それでもダメでどうしてもあきらめられない!って方用)

病害虫を防ぐ工夫は、何といっても~
すべてにおいて、環境つくりが大切だと思います。
●密植を避け、日当たりと風通しを良くする。
●葉が茂り過ぎないように早めに剪定・整枝し予防する。
●病気になった葉は早めに除去する。
●窒素肥料を控えめにする。
●葉の表面に水を散布する


σ(^_^;)アセアセ... わかっちゃ~いるが・・
そこは、なかなか。。ね、難しいもんです!!
しょんぼりバイバイ
極力、広範囲に広がらない努力をしたいですね☆
皆さんは、他にどんな「うどん粉病」対策をしていますか?




「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花











Last updated  2016年06月28日 10時07分09秒
コメント(30) | コメントを書く
2016年01月19日

おはようございます
プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこショウガ科の野菜ひよこ
<ショウガ科>

ショウガ科の代表選手といえば~
もちろん、生姜ですが・・

<ショウガ科とは>
東南アジアの熱帯,亜熱帯地域を中心に 45属 700余種がある。
いずれも多年草で,地下に太く横走する根茎をもち,
全草に精油成分を含み芳香がある。
茎は直立して短く,葉柄が鞘状に抱合って偽茎をつくるものも多い。
(コトバンク より)

写真: ショウガ収穫5

一般的にショウガ科の特徴としては
独特の辛みに抗菌作用があり、毒消しや臭みを消すなど
料理の脇役的な使われ方が多いようです。

写真: ミョウガ2

ショウガ科の花は、かなり独特の姿をしていて、
ランのお花にもやや似ているようです。

ミョウガ科のお花では良く見られる「花みょうが」ですが
ショウガの花は残念ながら~
なかなか見ることが出来ない激レアな花なんだそうです。
(食べる「生姜」と花の「ジンジャー」は全くの別物です)

ショウガを栽培して~お花が咲いたら~是非、教えてくださいね~♪
ヮクd(*^0^*)dヮク


<ショウガ>:ショウガ科ショウガ属
写真: ショウガ1

生姜は収穫する時期により「筆生姜」「葉生姜」「新生姜」「ひね生姜」などと
名前が変わる出世野菜?!

写真: ショウガ芽出し5

<植え付け時期>
種ショウガというものを、4月~5月下旬頃に植え付けます。
*市販の食用生姜でも植え付け可能。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: ショウガ1

成長期には、草丈60~100センチほどになります。
高温を好むので、日当たりの良い場所で育てますが、乾燥や寒さには弱い。
*ショウガは連作を嫌いますので同じ場所には3~4年は植えないようにします。


<ミョウガ>:ショウガ科ショウガ属
写真: ミョウガ

夏の薬味にはかかせない~ミョウガ♪
素麺にお蕎麦、ヤッコなどなど・・・
たくさんはいらないけどちょっとあると絶対に重宝します。
多年草で、一度植えてしまえば、
3~4年はあまり手をかけなくても収穫できるという便利な香辛野菜です

写真: ミョウガ10

<植え付け時期>3月中~5月下頃。
一般的な野菜は、種や種芋・種球と言ったものから栽培しますが・・
ミョウガは種ではなく、 「地下茎」なるものを植え付けます
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: ミョウガ1

成長期には、草丈60~100せんちほどになります。
半日陰の湿った場所を好み、強光や乾燥を嫌うため、
背丈の高い野菜の後ろなど・・配置の考慮が必要です。


<ウコン>:ショウガ科ウコン属
写真: ウコン3

春ウコン、秋ウコン、紫ウコンなどの種類があります。

<秋ウコン(ウコン)>
カレー粉の原料やたくあん漬けの着色用。
一般的には、ターメリックって言った方が、身近に感じるでしょうか?
秋の8~9月頃ほとんどの株で白色の花が見れます。
<春ウコン(キョウオウ)>
根茎は苦味が強く、日本では古くから薬用として用いられてきました。
早植えしたときに5月下旬頃たまにピンク色の花が見れます。
<紫ウコン(カジュツ)>
クルクミンをほとんど含まず、根茎が白紫色をしています。
薬用として用いられています。

写真: ウコン4

<植付け時期>:4~5月
*2~3月頃に販売される種球を植え付けます。
詳しい栽培の方法は★コチラ★

写真: ウコン4

草丈は40~100センチほどになります。
高温多湿を好み寒さには弱い。

写真: ウコン6
(秋ウコン)

*お酒を飲む人には~「秋ウコン!」です♪
(*≧m≦*)プププw



昨日の雪は完全に溶け、
今朝は晴天ですが~風が強い!!
しょんぼりバイバイ





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花










Last updated  2016年01月19日 10時18分58秒
コメント(22) | コメントを書く
2016年01月18日

おはようございます
プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこユリ科/ネギ科/ヒガンバナ科の野菜ひよこ
<旧ユリ科/旧ネギ科/ヒガンバナ科>

ユリ科の野菜といえば~
今までは、タマネギやネギ類などでしたが・・
いつの間にやら~
「科」が変わっているのをご存知でしたか~?

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!
まさか・・・また?

写真: タマネギ1

σ(^_^;)アセアセ...

なんでも・・今までユリ科に属していた香味野菜などの
タマネギ、ネギ、ワケギ、アサツキ、ニンニク、ニラ、ラッキョウなどが・・
APG植物分類体系では、ユリ科に含まれなくなったとか・・!
(新たにキジカクシ目に分類された)詳しくは★ユリ科 - Wikipedia★

1980年代では、ユリ科に属していたのに~
1990年代では、ネギ科
そして現在は、ヒガンバナ科に分類されているんですって!

☆1980年代までは、マクロ形態的な仮説を根拠に演繹的に作り上げた
クロキスト体系が主流で、ネギ属はユリ科に属していました。
☆1990年代には、ミクロ的なゲノム解析から実証的に構築された
APG(Angiosperm Phylogeny Group: 被子植物系統発生グループ)分類体系が登場し、
1998年に初版が出されました。ネギ属はネギ科とされました。
☆APG分類体系は、2003年に第2版、2009年には第3版が出され、
この第3版ではネギ属はヒガンバナ科に分類されることになりました。


写真: ネギ栽培1

(*ノω<*) アチャー アカザ科/ヒユ科に続き~
科学の進歩によって明確になるのは嬉しいことですが
折角覚えたのに~そんなにコロコロ変わっては、ほしくはないものですね。。

でも真実は1つ!?
正しく分類されることは植物たちにとっても嬉しいことなのかも?!

しかし~まだ野菜学的には?ユリ科で分類している書物が多いので
こんな表現で分けてみました。


<タマネギ>:ユリ科(最新のAPG分類体系においてはヒガンバナ科ネギ属)
写真: 玉ねぎ収穫4

極早生種・早生種・中生・中晩生種などの品種があり、
それぞれ種まき時期・植え付け時期・収穫時期・保存期間が異なる。
また形や色の様々。
種子からでも栽培できますが、「苗」から育てると楽です。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: タマネギ(甲州中高黄)



<ネギ>:ユリ科(最新のAPG分類体系においてはヒガンバナ科ネギ属)
写真: 長ネギ4

ネギと言うと関東から北では~長ネギが主流ですが、
関西から西では~葉ネギが主流というのが一般的。
種子からの栽培できますが、「幼苗」を植え付けると簡単。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: ネギ(石倉一本太ねぎ)


<ニラ>:ユリ科(最新のAPG分類体系においてはヒガンバナ科ネギ属)
写真: ニラ2

ニラは多年草で、一度植えつけておけば~
4~5年は植えっぱなしでも毎年収穫できるのが魅力♪
しかも年に数回も収穫が可能!
さらには、 「葉ニラ」・「花ニラ」・「黄ニラ」と収穫が楽しめます。
種子からも栽培できますが、苗から育てると楽。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: ニラ(大葉ニラ)



<ニンニク>:ユリ科(最新のAPG分類体系においてはヒガンバナ科ネギ属)
写真: ニンニク5

植え付ければ~ほぼ放任で収穫が可能。
種子からではなく球根を植え付けるのが、栽培の特徴です。

写真: ニンニク2

<タネ球(種にんにく)の植え付け時期>
寒冷地:9月~10月上旬
中間地:9月中旬~10月中旬
暖地:10月中旬~11月上旬



<ワケギ>:ユリ科(最新のAPG分類体系においてはヒガンバナ科ネギ属)
写真: わけぎ

「分葱(わけぎ)」と書きますが~「ネギ」と「タマネギ」の自然交雑種で、
ネギと違って種をつくらず、種球(地下の球 鱗茎)で増えます。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: わけぎ3

<種球の植え付け時期>
7月下旬~9月下旬頃
(この頃~HCにて球根が販売されます)


写真: ニラの花2

ニラの花です♪綺麗でしょう~
どこか「ヒガンバナ」のお花に似ているような?似てないような?
野菜の分類って~なかなか難しんですね~
しょんぼりバイバイ





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花


★~都心で積雪~★

18日、関東甲信地方では広い範囲で雪が降り、
関東地方平野部でも積雪となっている所があります。

心配された雪ですが・・
神奈川県海側に面する我が家では~積雪3センチほど?
σ(^_^;)アセアセ...

写真: 雪3

今では雪も雨に変わり~
このまま、スッキリと雪が解けるのを待っています♪
まずは一安心です。

ご心配していただきありがとうございました。








Last updated  2016年01月18日 10時05分19秒
コメント(28) | コメントを書く
2016年01月16日

おはようございます
プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこヒルガオ科の野菜ひよこ
<ヒルガオ科>

ヒルガオ科?(;^ω^)
漢字で書くと・・・昼顔?!ってことで~
ヒルガオに似たような花が咲く・・・野菜とは・・・
さて、何でしょうか?

<昼顔(ヒルガオ)の花とは>
アサガオ同様、朝開花するが昼になっても花がしぼまないことからこの名がある。
つる性の多年草で、地上部は毎年枯れる。
春から蔓が伸び始め、夏にかけて道ばたなどに繁茂する。
夏に薄いピンク色で直径5~6cmの花を咲かせる。花の形は漏斗形。
(ヒルガオ - Wikipedia より)

写真: 空芯菜の花

これは、何の野菜の花だかわかりますか~?

<ヒント>
・夏の野菜です。
・ツル性ではないけど~わき芽から、次々に新芽がでてきます。
・精力旺盛で葉物野菜が少ない夏場には、活躍する野菜です。

写真: エンサイ1

はい!正解です?!

答は、エンサイ!

日本では、別名 ヨウサイ、エンツァイ、アサガオ菜などと
呼ばれることがありますが、一般的には~
「空芯菜(クウシンサイ)」と言った方がわかりやすいかな?
(*≧m≦*)プププw



<エンサイ(クウシンサイ)>:サツマイモ属
写真: 空芯菜4

中国南部、東南アジアで広く栽培されています。
サツマイモの葉を細長くした形で、真夏に茎と葉を収穫します。
炒め物や中華風おひたしに利用する健康野菜です。
*詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: エンツァイ(クウシンサイ)
(サカタのタネより)



<サツマイモ>:サツマイモ属
写真: サツマイモ1

一般的な野菜は「種子」や「球根」「種芋」などを植え付けて栽培しますが、
サツマイモには「種子」と言うものがなく「挿し苗」と言うものを
土の挿し、栽培をします。
詳しい栽培方法は★コチラ★



*ヒルガオ科だけに、昼顔に似た花が咲くようなのですが・・
本州ではめったに咲くことはなく、咲いてもほとんど受粉せず種が出来ません。

なので~今だお花はみたことがありません。。
もし九州や沖縄などで栽培していて、お花が咲いていたら~
是非。。教えて下さいね♪




~以上です!~

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん! コレだけ?

お花の種類は豊富なヒルガオ科ですが・・
野菜としてのヒルガオ科は少ないようです。。残念!!
しょんぼり


☆~おまけの話~☆
*ツルを利用して、楽しもう!!*

<エンサイ(クウシンサイ)>
写真: 空芯菜のさし穂作り1
空芯菜の茎葉です。

写真: クウシンサイのさし芽1

スーパーなどで販売している食用のクウシンサイでも
「挿し木」をすれば~簡単に栽培することができます。

写真: クウシンサイのさし芽2

3~4日ほど経つと~節から根が・・♪
それを、水耕栽培やプランターの土へ植えたらOK。
夏場の暑い中、収穫が出来秋口まで収穫が可能☆
詳しい挿し木の方法は★コチラ★



<サツマイモ>
サツマイモ3
これが・・サツマイモのツル苗♪

ツル苗の、販売期間は一般的に4月下旬~6月頃ですが、
「ツル苗」はあまり日持ちしないため、良い苗が手に入らなかったり、
あっという間に「売り切れ」になってしまうため
確実に入手するのは大変なので、園芸店なので予約をしておくことをオススメしますが・・

じつは~自分でも苗をつくることができるんです!(v^ー°) ヤッタネ ☆

写真: サツマイモ苗1

詳しい栽培方法は★コチラ★




暖冬で喜んでいたのもつかの間?
今週は寒い日が続きました。
そして来週はさらに強い寒気がくるんだとか・・
この週末にやっておきたきたいことは済ませておきたいですね。
良い週末を♪
ぽっバイバイ




「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花












Last updated  2016年01月16日 10時09分18秒
コメント(20) | コメントを書く
2016年01月15日

おはようございます
プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこシソ科の野菜ひよこ
<シソ科>

シソ科・・と言えば、代表的なものは、紫蘇(大葉)ですが~
イメージ的には、清涼感があって、香りが強くハーブ系に多いようです。

シソ科の中には、香り以外にも
防腐効果や食欲増進の効果などもあり調味料としても活用したり
葉だけではなく、花や実もお料理できるのが魅力

写真: シソ5

また他の野菜たちとのコラボにより
コンパニオンプランツ的効果も期待できるので
是非、栽培してみたいですね☆

写真: シソ1

なかなかの個性派揃いですよ~♪
(*≧m≦*)プププw


<シソ>:シソ属
写真: シソ12

シソには「青紫蘇」と「赤紫蘇」と2種類あり、また「裏シソ」なる品種もある。
青ちりめんしそは、日本に古くから伝わり、広く利用されている緑色種です。
葉が縮れ、芽ジソ、葉ジソ、穂ジソとして
上品な芳香をツマや薬味として楽しみます。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: しそ「青ちりめんしそ」

<コンパニオンプランツ的効果>
・キュウリの害虫を遠ざける。
・赤ジソと青ジソを混植すると、互いに生育を助け合う
*(ただし交雑するので、タネを採りたいときは避ける。)
・トマトと混植すると、互いに害虫を遠ざけ生育を助け合い、双方の食味が良くなる。
・ナスの病虫害を減らす。
・ピーマンの生育を助ける。

写真: しその実1


<エゴマ>:シソ属
写真: エゴマ12

シソの仲間で、葉を焼肉と一緒に食べたり、
キムチ漬けやニンニク醤油漬けなどに利用する健康野菜です。
葉は緑色の卵円形で独特の香りがあります。
一般的には葉を利用しますが、種実も利用することができます。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: エゴマ

エゴマは、昔から~
「食べると十年長生きできる」と言われているほど栄養豊富で
日本では種から油を取るために古くから栽培されてきた。

<コンパニオンプランツ的効果>
決まった地域で栽培されていたため、その効果はハッキリしませんが
主にシソの準ずる効果が期待できると思います。

写真: エゴマ3


<バジル>:メボウキ属
写真: バジル5

イタリア名はバジリコ、シソと同じように芳香のある葉を摘みとって利用します。
とくにトマトやチーズとの相性がよいのでスパゲッティーやピザ、
サラダなどのイタリア料理には欠かせないハーブとして人気です。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: バジル

<コンパニオンプランツ的効果>
・トマトを害虫から守り、生育を促進させ風味を良くする。
(コナジラミ、ハエ、蚊、アブラムシなどにも効果が期待)

写真: バジル2


<ローズマリー>:マンネンロウ属
写真: ローズマリー酵母1

すっきりとした強い芳香があり、欧米では庭に植えて日常的に利用しています。
鎮静、美容に効果があるといわれ、ヨーロッパでは
ローズマリーを生活にとり入れた王侯貴族の若返り伝説があります。
詳しい栽培方法と利用方法★コチラ★

写真: ローズマリー種まき
(*種まきからの栽培も可能ですが一般的には苗から・・・)

写真: ローズマリー

<コンパニオンプランツ的効果>
・キャベツなどのアブラナ科の野菜と相性が良く、
 アオムシ・ヨトウガなどの害虫を遠ざける効果が期待。
・ニンジンと相性が良く、害虫を遠ざける。
・マメ類の害虫を遠ざける。コガネムシ・ナメクジなどの害虫を遠ざける。
*ただし、他の植物の生育を妨げるので、混植には適さない。)
*病害虫忌避などの効果を利用する場合は、鉢植えなどにして、近くに置く。


写真: ローズマリー栽培2


<チョロギ>:カッコウソウ属
写真: チョロギ栽培6

中国が原産とされるシソ科の一種で、
地下の根の先端に出来る3センチほどある塊茎を食用とします。
日本では、お正月のおせち料理に、黒豆と共に盛り付けられるおめでたい食材。
詳しい栽培方法は★コチラ★

植え付け:3月~4月

写真: チョロギ3

葉や実を食べるものが多いシソ科には、
珍しく土の中の根の部分を食べるチョロギです。


シソ科には他にもミントなどもあり、
コンパニオンプランツ的効果もバッチリあります。

昨年は、シソの品種をたくさん栽培し~
ナスの病害虫効果はテキメンで、実証済み!!
是非・・シソ科の野菜も栽培してみて下さいね☆
ウィンクバイバイ





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花








Last updated  2016年01月15日 10時03分16秒
コメント(23) | コメントを書く
2016年01月14日

おはようございます
プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこアオイ科の野菜ひよこ
<アオイ科>

アオイ科って?(;^ω^)
なんだか~あまりイメージがわかないですが・・

美しい花をつけるものが多いのが特徴で、
観賞用のハイビスカスやムクゲ・フヨウなどがアオイ科にあたります!

ハイビスカスのお花に似た・・野菜と言えば~
コレだぁ!!

写真: オクラ2

そうです!オクラ♪
オクラも立派な~アオイ科の野菜なんです!!

また、野菜ではないですが・・・
ワタやケナフなど繊維として利用されるのもアオイ科。
ぉお!!(゚ロ゚屮)屮
なんだか~とっても奥が深そうなアオイ科ですね。


<オクラ>:トロロアオイ属
写真: オクラの収穫

オクラには「五角オクラ」「丸オクラ」と切り口の違う品種があります。
またサヤの色も一般的な緑色のもの・赤色・白色(薄緑色)などがあります。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: 五角オクラ


写真: オクラ



<トロロアオイ(花オクラ)>:トロロアオイ属
写真: 花オクラ7

オクラは、実を食べますが~
この「花オクラ」は、ナント「花を食べる」珍しい野菜なんです!
正式名は、トロロアオイ
植物体全体、とくに根に粘質物を多く含み、
紙を漉(す)くときの糊(のり)として利用されています
詳しい栽培方法は★コチラ★

種蒔き時期は4月~5月

写真: 花オクラ6



<オカノリ>:ゼニアオイ属
写真: オカノリ8

葉をほうれん草のように?食用とします。真夏でも丈夫に育つ!
茎を乾燥させてあぶると海苔の ような風味になる事から、
オカノリ(陸の海苔)の名がついたともいわれています。
お浸しや天ぷらに! 人気の健康野菜です。

写真: オカノリ

写真: おかのり

(*ノω<*) アチャー
なぜか~オカノリの花はじつに・・小さいんです!


<マロウ>:ゼニアオイ属
写真: コモンマロウ3

多年草。ブルーマロウとも呼ばれている。
大変丈夫で寒さに強い植物で、初夏から夏にかけて赤紫色の花を咲かせる。
マロウは野菜ではないですが・・花はハーブティとして利用され、
お湯を注ぐと透きとおった青いお茶になる。レモンを浮かべるとピンク色に変色する。
*3~5月または9~10月に蒔き



連作障害がでないようにするためには~
とても重要なのが野菜の科目選びです。
栽培する野菜が何の仲間なのか知ることは大切ですね♪
ちなみに~「オクラ」は連作を避けるために2年はあけましょう。
ウィンクバイバイ






「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花












Last updated  2016年01月14日 10時02分00秒
コメント(22) | コメントを書く
2016年01月13日

おはようございます
プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこセリ科の野菜ひよこ
<セリ科>

セリ科の野菜は?と聞かれて、1番に何を思い浮かべますか?
セリ科・・・だから~、やっぱりセリ(芹)かな。
(*≧m≦*)プププw

もちろん、セリ科を代表するにふさわしい野菜なのですが~
一般的にセリ科と言うと・・セリをはじめ、パセリ・イタリアンパセリやディル、
チャービルなどで、主に香味野菜的なハーブ類が多いのが特徴です。

<セリ科の野菜の特性>
葉は深くギザギザに切れ込んで複葉になっているものが多く、
小さな花が、傘を開いたように集まって咲いているものがセリ科。
セリ科の野菜は独特の香りがあるのも特徴の一つです。

では、どんな野菜を思い浮かべるでしょうか?

写真: にんじん2

最近では~流通の関係上、
葉つきのものはほとんど販売されていませんが・・
じつはこれ、人参の葉なんです。(*□*)ビックリ!!そして~

写真: にんじん花

超レアな?ニンジンの花☆
人参は、立派な「セリ科」なんですよ~!!

同じ科でも野菜によっては連作を避ける時期が様々ですが~
アブラナ科やナス科・ウリ科・マメ科のあとに、是非候補に・・☆

一般的にセリ科は、
ほとんど連作障害がすくないのが魅力です。
(v^ー°) ヤッタネ ♪


<ニンジン>:ニンジン属
写真: ニンジン栽培6

ニンジンには、大きく分けて西洋種と東洋種あり、長さによって
三寸ニンジン、四寸ニンジン、五寸ニンジン大長ニンジンなどに分けられます。
普段、私たちが購入する人参は5寸にんじんが一般的。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: あまうま5寸にんじん



<ミツバ>:ミツバ属
写真: ミツバ5

ミツバには「関東系」「関西系」の2種類ありますが、
関東地方で白茎の栽培が多く香りがよく、つくりやすい家庭菜園向きの野菜です。
ビタミンAの多い野菜で、湿り気の多いところや日陰でもよく育ちます。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: 白茎ミツバ



<セロリ>:オランダミツバ属
写真: セロリ収穫4

独特な香りと爽やかな食感が魅力のセロリ。
セロリには、たくさんの種類がありますが~大きく分けて、
「黄色種」収穫前に茎を軟白する。筋が多い。
「緑色種」アメリカ系で、全体が濃い緑色をしている。
「中間種」黄色種に近いが、茎が肉厚で太く、香りが少ないので、需要が多い。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: セロリ「コーネル」


<スティッキオ>:ウイキョウ属
写真: スティッキオ11

フェンネルの改良種です。爽やかな香りとパリッむとした食感が魅力
親指位の太さで収穫し、スティックサラダなどで生食、
天ぷら、炒め物、パスタの具等の料理にご利用頂けます。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: スティッキオ


<パクチー>:コエンドロ属
写真: パクチー5

タイ料理やエスニック料理などにはかかせない、パクチー。
英語では「コリアンダー」、 タイでは「パクチー」と呼ばれ、
中国では「香菜(シャンツァイ)」と呼ばれています。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: パクチー(コリアンダー)


<明日葉>:シシウド属
写真: あしたば11

「今日摘んでも明日にはまた収穫できる♪」
独特の苦味と香りをもつ生育旺盛な山菜。生育が早く、次々と若芽が伸びる。
詳しい栽培方法は★コチラ★

写真: スティッキオ


昨日はどんより~曇り空で深々冷えて一日でしたが、
今日は・・・晴れ太陽が♪
空気はやっぱり冷たいけど、日差しが嬉しいな☆
ウィンクバイバイ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花













Last updated  2016年01月13日 23時36分04秒
コメント(26) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.