2476495 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

半熟ババァ-読書感想や欲しいもの-雲の彼方に('ω')ノ-

PR

サイド自由欄


PVアクセスランキング にほんブログ村

よいこのみんなは週刊少年ワロス!
waros_logo.jpg
そこの奥さん、マンガ描くなら週刊少年ワロス!


このブログにはコメント機能をつけていないので、感想などはtwitter@yamamurasakiまでどうぞ

うかれポンチコーナー

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

プロフィール


里沙ぞなもし

カテゴリ

2016年03月04日
XML
寝床に晩白柚持ち込み.JPG
寝床に晩白柚持ち込み。んふふふふ。



小さい子から、
「お母さんはいつも怒っている怖い人。
 お父さんは一緒に遊んでくれるし優しいよ!」

ってな感想を聞くことがあるではないですか。

私が小さい頃にもこれが一般論だと聞いていたし、ババァになった今でもしばしば耳にします。

駄菓子菓子!
全然そんなことなかったし、今でもんなことないと思いますけどねー。

うちは母親がいつも怒っているのに加えて、父親も全然優しくなかったですからね。


「お父さんが優しい?なにそれ。よそんちが意味不明」
って感じでした。

両親ともに、優しさのない類の人だっただけです。ハイ。


何がマジョリティで何がマイノリティかはさておき、小さい子の感想というのは実に正直なもんです。

うちの子どもらが私や夫のことを語り始めたら、その主観はおそらく正しい。


我々夫婦間で、どっちの方が優しいとか、遊んでくれて楽しいとかいうことには、やはりならないかもしれません。

「お父さんもお母さんも、優しくないしケチだしズルだし、全然楽しくないよ!」
って言われるかもしれません。

ケチですね。
私が根本的にケチです。

ズルですね。
大人はみんなズルです。

叱るときとか、交代制で叱ってるんですけど、
「ああ、こいつら役割分担してんな。
 叱り役と慰め役を作ってるだろ」
ってのが近い将来にバレる
と思います。


本日二度目の駄菓子菓子。
家庭の数、子どもの数だけ、いろんな感想があっていいと思います。
だから、別にいいです。

在りし日のVERYコラム連載者である、ゲーム機まっぷたつの高嶋ちさ子のように、世の中に程よい刺激を与えてくれる家庭があっても、いいと思います。
実際、多様な人によって、世間が刺激されてんじゃん?


↓子どもは正直ボタン
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村











最終更新日  2016年03月04日 18時18分00秒
[わんぱくでもいい、たくましく双子(1歳~)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.