321410 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

日本と世界を行ったり来たり

PR

Rakuten Profile


Samaita Westsideさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
海外旅行  ワイン  家電  東南アジア  アフリカ  航空機 

Calendar

Category

Free Space

free counters

Favorite Blog

Wat Pa Phu Kon そ… New! masapon55さん

きらりのわがまま『… New! ほしのきらり。さん

佐倉のD51ナメクジ New! GKenさん

2016年 クアラ… pgion14さん

ローカルバスでカン… Lamyai_daengさん

P1020827 (2).JPG

皆さん、日本と世界を行ったり来たりのブログへようこそ。

こちらが、このブログの私書箱です。よかったらこちらにも、書き込みお願いします。

2017年11月23日
XML
テーマ:海外生活
カテゴリ:ワールドライフ
​先日、南部アフリカにあるジンバブエで、
政変があったのではないか、

という報道を紹介させていただきましたが、

今週の火曜日に、大統領が、辞任しました。

ジンバブエ大統領辞任 「解放闘争の英雄」 後継で離反招く

世界から注目されていた長年の独裁体制が崩壊しましたが、
今回の政変に関しては、
大きな混乱がなかったことは、
良かったことではないでしょうか。

一般市民が喜んでいる報道に加え、
退役軍人の関係者も、今回の政変の結果を喜んでいるという報道は、
退役軍人の関係者は、かなり頑固にムガベ支持だと思っていたので、
大変印象的です。
それだけ、今回の政変の引き金となったといわれている、
グレース夫人の大統領就任の可能性とは、
独立を一緒に戦ってきた退役軍人たちにとっても、
とんでもないことだったのでしょうね。


今までジンバブエの進んできた道は、
困難に次ぐ困難であったでしょうが、

今回の政変で、
すべてがうまく回転始めるわけでは当然なく、

今後の政局、後継者、
今回の政変に関わった軍関係者の論功行賞や、
また、ジンバブエを取り巻く諸外国の思惑、
またムガベ一族の今後の行く末等、

月並みな言い方ですが、
これからも困難が続くのかもしれません。

でも、今回の変化は、
1980年の独立と同じくらい、大変大きな変化。

歴史の歯車が、
ゴトリと大きな音を立てて、
動きました。






Last updated  2017年11月23日 18時07分18秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.