1850191 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

翠蛇の沼

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


藍三郎

Calendar

Freepage List

Category

Archives

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

Comments

     @ Re:銀魂 第76話「そういう時は黙って赤飯」(10/05) キャバは基本、18歳から募集かけてるよ
VessEcobe@ Отличная статья В общем то все правильно написано…
ju52@ S.ifr続編希望! この話の回については非常に良かったと思…

Favorite Blog

Headline News

2008年03月28日
XML
カテゴリ:灼眼のシャナ
第24話、原作バレ無しの感想はこちら


これより先は、灼眼のシャナ原作最新16巻までの内容に触れるので、
未読の方は引き上げてください

参考 灼眼のシャナ16巻感想



以下ネタバレ
































足跡.jpg

おっしゃあああああああああ!!!!
蛇フラグ立ったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
・・・・・・のか!?


うーむ、こういうまとめ方をしてきたか・・・

未読の方には“とりあえず”ハッピーエンドで
終わったように見える構成になっているわけだ。



個人的には、星黎殿に“祭礼の蛇”が帰還する時点で
エンディング・・・ってのを期待していたんだが。
というか、“蛇”の声が聞きたかった。
個人的には若本規夫氏にやって欲しいが・・・


はっきり言ってしまえば、私は坂井悠二が“祭礼の蛇”となり、
シャナ達を裏切って、仮装舞踏会の盟主の座に着く・・・という
素晴らしい神展開を見たいがために、このアニメを見続けてきました。


これまで積み重ねてきた悠二の成長、信念、愛情・・・
それら全てが反転し、最悪の敵となってシャナ達の前に立ちはだかる・・・
その容赦ない『裏切り』に何とも言えぬカタルシスを覚え、狂喜乱舞したものですw

シャナと吉田さんの純粋な気持ちや、
皆の信頼を踏み躙るとか・・・たまらなく面白ぇぜ



「街に住む人々を守りたい」「シャナを守りたい」という台詞も、
実は意外なキーワードになっている事がわかります。

アニメでも悠二の修行シーンを見るたびにニヤニヤしていました。
「お前らは将来の最大の敵を鍛えてやってるんだぞ」てな(ぉ


マージョリーさんなんか、悠二の特訓につきあってやったのに、
後に“銀”の正体をバラされて精神崩壊に追いやられ、
まさに恩を仇で返されていますw




だというのに・・・
アニメの方は、途中からオリジナル路線が入るにつれて不安になり、
「本当にやるのか?」と段々失望してきたのも事実です。
ああいう形で終わらせるとは、
実は予想してなかったので・・・評価は難しいですね・・・

後、『敖の立像』ってのは恐らく本来の“盟主”の器だったんでしょうね。
それが、蛇が悠二を選んだ事で、原作では日の目を見なかったと・・・

“銀”が悠二に攻撃を当てなかったのも、盟主の意思が既に
悠二を“共に歩む者”として選んでいたからでしょう。
ラストでの奮闘ぶりを見て悠二がふさわしいと判断したのかも。


ああ、やっぱり蛇×悠二は最高だなぁw


第三期をやるにはあまりにもストックが足りなさ過ぎるので、
大分先の話でしょうね・・・
原作は前述した通りもう眼が離せない展開なので、早く最新刊が読みたいですねぇ。



面白かったらクリックお願いします
にほんブログ村 アニメブログへ






Last updated  2008年03月29日 13時16分14秒
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.