19084853 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

アガサ・クリスティ… New! はまゆう315さん

7月24日0時から 東… New! クルマでEco!さん

今年は 色んな事が「… New! 鹿児島UFOさん

噂>『なつぞら』第9… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… BROOKさん

イントロ 俵のねずみさん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ YOSHIYU機さん

京都アニメーション みやさとver.さん

2010年07月18日
XML
『封鎖線を突破せよ』

内容
惑星クリストフシスが、分離主義勢力の艦隊に包囲された!
惑星に閉じ込められたベイル・オーガナ議員を救うため、
共和国はアナキンが率いる艦隊を派遣した。
だが、敵の猛攻は激しく、封鎖線が突破できない。

そこに、オビ=ワンが率いる船が駆けつけ、アナキンに一時撤退を命じる。
理由が分からないアナキン。
オビ=ワンが持ってきた秘密兵器は、まだ開発段階のステルス・シップ。
オーガナ議員への物資補給を優先した作戦が開始される。
そんななか、ユラーレン提督が、
敵艦隊の戦略を見て、敵の艦隊を率いるのがトレンチ提督と思い出す。
かつて、共和国艦隊が苦戦させられたことのある“名将”だった。

共和国艦隊に動きがないと見たトレンチ提督は、
揺さぶりをかけるため、地上への爆撃を命令。

それを見て取ったアナキンは、トレンチ提督の気を惹くために
オビ=ワンの命令を聞かず、ステルス・シップでの攻撃を開始する。





ということで、劇場版も含めれば、
何度目の戦いか分からないのどの戦いが、いま再び

そう、、、クリストフシスの戦いである。


少し違うのは、いままでは、地上戦が多かったが、
今回は、、その上空、、、宇宙での戦いと言う事くらいですね。

そのあと、地上でも戦いが行われたようだし。。

ここまで既視感が強いと、困ってしまいます。

ただし
そんなコトを感じにくかったのは、
まさかの、アナキン操縦の船に、ユラーレン提督が同乗!!

そして、細かく、小ネタを盛り込んできたことだろう。

“スカイウォーカー将軍に仕えたらすぐ分かる
 どんな任務も、攻撃に変わる。
 
大当たりのクローンの評価である。


それ以外も、アナキンが操縦していることを読み取るトレンチ提督っていうのも
いままで分離主義勢力に“知性”を感じられなかったのに、

物量の共和国が、苦戦している意味が見えた感じである。

実は、こういうキャラが多数いれば、
こっぴどくやられることもあるということだ。

最近出番がない、アサージ・ヴェントレスとか
いつも逃走しているグリーヴァス将軍とか。。。
そんなキャラだけじゃない!
個人的には、クローン戦争の混迷しているのが見えた感じがしました。



最後は、、
“何度も言うが、お前の任務は補給だ
と、注意されても、全く聞かないカミカゼ・アナキンの大活躍で、

ナントカ終了。。。と

既視感はあるが、悪くはない物語だったと思います。

“認めたくはないけど。見事だアナキン”

そう言う気持ちも理解できますしね!




ってか、前回まで、あんな話だったのに、なぜ??

お話が楽しめただけに、その疑問は倍増である。


それにしても
狙われる時は、“資源”という言葉が出されるクリストフシス

他の惑星の資源が枯渇していると言う事なのか?
それとも、もっと大きな意味があるのか?
この謎だけは、いつまで経っても解けないままである



次回は、“クロサワに捧ぐ。。。”ですね。


これまでの感想

第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2010年07月18日 09時01分38秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.