309236 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

北国の遊び方 ~北海道の釣りブログ~

PR

Profile


氷河Ω

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(0)

楽天情報

(18)

トラウト

(60)

ロック

(7)

ブリ

(6)

小物釣り

(4)

車中泊・車

(20)

釣り道具

(25)

小ネタ

(23)

料理

(8)

ゴムボート

(8)

(3)

イカ

(3)

マグロ

(10)

Recent Posts

Free Space

釣りブログのランキングはこちらです♪多くの方の釣行記やグッズ紹介が見れます!

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


釣り・フィッシングランキング












PVアクセスランキング にほんブログ村

Rakuten Card

2019.10.12
XML
カテゴリ:マグロ
​​​​今回も楽しい思いさせていただきました。2019年、積丹マグロ完結編です。

​​今年最後の積丹マグロ釣行記。2019​​





海が荒れて思うように出港できない季節になってきました。
狙った休みの日に運良く出港できるアングラーはかなりのラッキーマンですね。

台風の影響でどうなるか心配でしたが出港できるという事で今回も【積丹遊漁船SEA STAGE】にお世話になってきました。



台風の影響か高い雲が空全体を覆うような天気でなんとも言えない壮大な空でした。


朝方はナブラを探しますが全然ナブラが発生しない。
探しても探してもいない。

2時間程船を走らせましたが全く発見することができず、大きくポイントを移動します。


もうそろそろお昼か~と諦めかけたその時、船長のスロットル全開!!

一気に心拍数は上がりテンションマックスに持って行きます!!



すると

いたいた(⌒∇⌒)

ボッコボコやっています!!


すかさずキャスト!!

マグロナブラはドストライクで投げるとフッキング入ったあとのファーストランで他の魚に引っ掛かってラインブレイクするのでちょっと端っこに投げるのがコツです。


もちろん狙ったところにドボン♪

この船で何回も何回も修行させていただいた成果が発揮されています。


ジュボ~~っと、最近流行りのバブル系プラグで表層を誘ってると横っ飛びでスバーーーン!!と出たー!!!


ガッチリフッキングを決めます。


シーズンも後半戦のためか、今まで出会った積丹マグロの中でも一番引きましたね。


上って来たのは




実測18.2キロのクロマグロ。


ん~~~~~このサイズじゃない!!!


ナブラの中にいる巨体はみなさん確認していました。
くじ引き失敗(;^ω^)

ちなみに今年私が釣ったマグロの殆どは
↓↓↓

YAMARIA ポップクイーン F160

でヒットしています。
ナブラの活性にもよりますが、キャスティングでナブラの中に入れば7,8割の確率で出てくれています。(大型魚になるともう少し確率下がるかもしれません・・・・)



それからは次から次へとナブラが発生します!!




すると船首のお客さんにヒット!!

バコン!!と大きく出て横に走ってくファーストランの魚影がでかい!!!

思わずみなさんでデカイ!!!と叫んでしまいました(笑)

ただ物でなかったそのサイズ。

惜しくもフックアウト。


その後もナブラを発見してはキャスティングを繰り返し船中7ヒット3キャッチで終了となりました。



今回乗せていただいたSEA STAGEですが、なんと道南福島漁港11月1日からの出港が決定したようです!!!※10月23日~31日までは上ノ国か松前漁港となる予定です。
詳細は
出港 6:00   帰港 15:30頃
料金 お一人様 12000円 (乗り合い5名迄)
チャーター1日 70000円
レンタルタックル  3000円  
となっています。
予約も開始されているようですので釣果ブログ・予約の詳しくは
​↓↓↓​
​​こちらからSEA STAGEのホームページをご覧ください。​



​まとめ​

アツかったこの数か月。私は年明けに今年はマグロを釣ろうと計画して、道南でのファイトを夢見て道具をコツコツ揃えていましたが、まさか積丹でこんなに大量に押し寄せる年になるなんて思ってもいませんでした。
一方、規制・自粛と複雑な気持ちになったのも確かです。
太平洋のクロマグロがWPCFC合意によって資源管理の取り組みが厳しくなりました。
北海道でも根室・オホーツク・釧路・十勝では小型魚を獲ると罰則、日高エリアでは大型魚の採捕停止命令が7月20日から発令されました。
今年1年魚~2年魚が爆裂的な勢いで増えたのはこの国際的な取り組みがあったからではないのか?とも思えてしまいます。
日本海側の遊漁においても近い未来になんらかの処置があるかもしれませんが、規制エリア外の積丹においても、積極的に釣れてはリリースする遊漁船やアングラーがいたのも確かな事実です。
今年、日本海側で爆発的にクロマグロが釣れたおかげで私も改めてこのクロマグロのルールや取組みについて勉強させていただきました。
水産庁や道庁また、関係機関や大学が公開している情報を隅々まで読み上げるなんてことは、こんな機会があったからだと思っています。
最終的に漁業者にとっても、遊漁者にとっても、消費者にとっても良い結果になるようにこの国際的な取組みが機能して欲しいと思っています。

私にとってはとても熱くなれた数か月間。サポートしていただいたみなさん、ありがとうございました。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ




PVアクセスランキング にほんブログ村​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2019.10.12 10:39:59

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.