4511316 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

南風のメッセージ

全6件 (6件中 1-6件目)

1

祭事など

2020/03/03
XML
カテゴリ:祭事など
今年は早くから飾りましたが、狭い置き場所にしたために小物などは全部飾らないことにしました。

お雛様関連や日本人形なども、断捨離で大き目で不要なものを処分しました。"(-""-)"

親王飾りのお人形だけのひなまつり。




     シンプルは雛の美貌をひきたてる







最終更新日  2020/03/03 05:30:05 AM
コメント(11) | コメントを書く


2020/01/01
カテゴリ:祭事など
2020年、あけました。(#^.^#)

昨年は大変お世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

今年のブログは、383万8千3百アクセスくらいからのスタートです。





お正月は食べ過ぎそうな雰囲気です。('◇')ゞ

大晦日は「第九」を聞きながらお雑煮を作りました。






最終更新日  2020/01/01 12:10:25 AM
コメント(10) | コメントを書く
2019/08/18
カテゴリ:祭事など
今年は、個人扇風機を持って歩いている人、電車待ちをしている人を多く見かけます。
それだけ暑すぎるということでしょうね。
家でも、だいぶ前にもらった小さい(電池式)扇風機が二つあるので、トイレと、PCの上において便利に使っています。(^^;)


七夕祭りの続きです。
どれも、実によくできているなあと見上げながら楽しめます。




今回、一番感心させられたのが、この作品でした。
アラジンと魔法のランプがテーマ。
ランプから煙のようなものまでしっかり作られています。
お子さんが肩車してもらっていました。





ルパンと次元もなかなかでした。
ふーじこちゃんや五右衛門がいないのはちょっとさびしい。(^^;)







七夕飾りになるのかどうかはわかりませんが、これは、撮るでしょう。(^o^)








とにかく飾りのサイズが大きいです。







阿佐ヶ谷の七夕祭りはなかなか歴史あるもので、こんな写真が飾られていました。
今年は65年目になるようです。







いろいろなところで七夕祭りが行われますが、可能ならばあちこちへ行ってみたいですね。






最終更新日  2019/08/18 06:00:09 AM
コメント(10) | コメントを書く
2019/08/17
カテゴリ:祭事など
8月上旬、旧暦の七夕祭りが行われました。
今年は8月7日がちょうど旧暦の七夕になりました。
(年によって日にちがかわるようです)

阿佐ヶ谷の七夕は見事な飾りが多くて見ごたえがあります。





たくさんの銀色の飾りの下にお魚が。
とてもきれいでした。(*^-^*)







この大きな赤いお魚は風に揺れて移動していました。








長友さんだそうです。







タイトルがないものは、名前がわかりません。








アンパンマンはわかります。('◇')ゞ








ピカチュウ、そして・・・。

(つづく)






最終更新日  2019/08/17 06:02:21 AM
コメント(11) | コメントを書く
2018/08/27
カテゴリ:祭事など
紫陽花の咲いていたころですが、珍しいものに出会いました。
「晋山式」と書いてありましたが、いったいどういうものかわからず。
ただ、物珍しくて見ていました。('◇')ゞ




たくさんのお坊さんたちがそろって大日堂の方へ移動していました。








反対側(山門方面)を振り返ると纏などが見えました。









まもなく木やりが聞こえて纏をもった集団が移動してきます。









紫陽花と五重塔バックに纏が回転して。








いろいろな形の纏がありました。
何番と書いてあります。







さらにお坊さんの列が。赤い傘が見えます。
後で「晋山式とはどういうものなのでしょうか?」とお寺の関係者さんにお聞きしたところ、
「晋山式の晋山というのは、いわゆる新参者と同じような意味合いがあります。具体的には貫主さまが昨年亡くなられたので、新しい貫主さんの交代報告式のようなものです。」
とのことでした。





新しい貫主さんです。








こちらが以前の貫主さん。
短歌大会ほか、いろいろな機会にお見かけすることがありました。
ご冥福をお祈りいたします。






最終更新日  2018/08/27 05:50:10 AM
コメント(11) | コメントを書く
2018/07/01
カテゴリ:祭事など
今日から文月(7月)となりました。
昨日は水無月の最後の日。
夏越の祓いに行ってきました。




茅の輪くぐりは昨年もやりましたし、7月中旬の祇園祭では山伏山でやりました。








今年は「水無月の夏越の祓する人は千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」と唱える歌は暗記していました。
しかし、動画を撮りながら歩いたので(左足から左回りし、右足から右回りし、左足から左回りをしてまっすぐ拝殿へ行く)、歌を唱えることはしませんでした。('◇')ゞ




驚いたことに、今年は結婚式がありました。
そのご一行がなんと茅の輪をくぐってくるのです。






さすがに、ぐるぐるまわることはせずにまっすぐ進んで来ました。








    笙の音は輪を超え高く厳かに

和楽器の演奏をしながら茅の輪をくぐります。








最後は、拝殿の中へと進まれました。
佳き日にご結婚とはとてもおめでたいことです。






帰りに和菓子屋さんで「水無月」(ういろうの上に邪気を祓うあずきがのった三角形のお菓子)を買いました。  
三角形は削りたての氷を表しているそうです。






横から見るとこんな感じです。
昔、宮中では旧暦6月1日に「氷の節句」が行われるため氷を山間の氷室に貯蔵しておいたとか。
しかし、庶民はそうはいきません。
それで、氷をかたどった三角形のお菓子が作られたとのことです。






最終更新日  2018/07/01 06:00:16 AM
コメント(9) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.