3943889 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

南風のメッセージ

全3件 (3件中 1-3件目)

1

その他

2020/01/29
XML
カテゴリ:その他
今回はかなり雪が降るという予報でした。
しかし、結論としては降ったというほどでもなかったです。
特にコンクリートなどの上にはまったく積もりませんでした。

雪が気になっていたせいか深夜1時半ごろ目が覚める。
外を見ると、積もっているようには見えない。
でも、土のところは白かったのかな?




早朝(6時半くらい)にも気になって外を見ました。
うっすら積もっていたので、写真を撮りました。
暗くてぶれてしまいましたが。('◇')ゞ





ぶれていてよく見えませんが左の中央あたりにフクジュソウがあります。
ぽつぽつそのまわりにもあるのですが。







朝になると、雪が氷に変わっていきました。








以前撮った雪の結晶です。
雪の結晶を撮りたいと思っていますが、もう何年も撮れる機会がありません。






最終更新日  2020/01/29 05:20:06 AM
コメント(11) | コメントを書く


2020/01/19
カテゴリ:その他
やっと雪が降りました。(たぶんこちらでは初雪だと思うのですが。)
とにかく昨日は寒くて寒くて・・・。( ;∀;)
残念ながら?積もることはなかったのですが、かなり長い時間雪が舞っていました。




朝は雨でしたが、9時半くらいから雪になりました。









風があったので、時々横殴り?の雪になったりしていました。









咲き始めたロウバイも、とても寒そう。








降りしきる雪。









ペーパーホワイトにも凍るような水滴が。
中には雨と雪のために倒れてしまったものもありました。






最終更新日  2020/01/19 05:30:07 AM
コメント(11) | コメントを書く
2020/01/03
カテゴリ:その他
初夢はいつ見るものかということには諸説があります。
しかし、最近は元日の夜から二日にかけて見るのが「初夢」とする説が有力になっているようです。

ということで、どんな初夢を見たのかというと・・・。

知人と学園のようなところを歩いていました。
しかし、どうもそのあたりはいやな感じのするところです。
その知人に「夜はここへ来ないほうがいいよ。昼間も一人ではここを歩いてはだめ。」とアドバイスしました。

いつの間にか彼女は消えてしまい、一人残された私は急いでその学園を立ち去ろうとします。
しかし、なかなか出口にたどり着けない。
それでも、やっと出口が見つかり左に走っていくと高い塀があって行き止まり。
今度は逆方向に走っていくと、学園内からたくさんの犬たちの吠える声と気配が。





どうも学園内には、私を犬たちに襲わせようとしている人たちがいるようです。
たくさんの犬たちが後ろから追いかけてきました。
すぐ後ろに犬の荒い息づかいが感じられます。

そこで「噛まれるかも」と一瞬思ったのに、なぜか、後ろ手に犬の口と鼻をさわってしまいます。
しかし、不思議なことにまったく大丈夫なのです。
その犬たちは、私と一緒に逃げてくれているのでした。





ところが、目の前に狭いトンネル、水路のようなものが迫ってきました。
そこへ入らないと逃げられない。
かぶっていた帽子がひっかかって、うまく水路に入れず。
あわてふためく私の帽子を犬がうまくひっぱってくれて、無事に水路に入れた・・・というところで目が覚めました。

いやー、こわかったけれど、どこか不思議な感じのする夢でした。
サスペンスドラマの見過ぎかなー。('◇')ゞ






最終更新日  2020/01/03 06:00:09 AM
コメント(10) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.