4704295 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

南風のメッセージ

全9件 (9件中 1-9件目)

1

その他

2021/04/01
XML
カテゴリ:その他
久しぶりに抽象画鑑賞のお時間です。('◇')ゞ
春色の抽象画を選んでみました。





「なんだこれ?」

「花火かな?」







「なんだこれ なんだこれ?」

「ピンクの目をした魔人?」










正解はこちら。
ハナモモが映っているのでした。








映っている場所は、建物の裏のステンレスのダクト?みたいなところです。








ハナモモはかわいいですね。









白いハナモモをバックに。









やっぱり今の時期はソメイヨシノは載せないと。('◇')ゞ






最終更新日  2021/04/01 05:10:04 AM
コメント(10) | コメントを書く


2021/01/29
カテゴリ:その他
昨日は、ただただ、うれしい雪。
初雪ではないのですが、雪を目にしたのは今シーズン初です。
霙から雪になり、やがては霙になって消えていく。
積もらないから通行の心配もない。雪かきも不要。
こういう雪はいいですね。
ただ、景色的には一面の銀世界にあこがれますが。('◇')ゞ




雨の後、みぞれに変わってきました。










さらに、ぼさぼさっと雪が落ちてきて。










ビニール傘をさして外に出ました。
すぐに傘に雪がつきます。








そんな中、やってきたのはシジュウカラ。
雨にも負けず雪にも負けず。







地面に落ちた雪です。










ちょっとだけ雪の結晶風に見えました。
いやー、寒い。






最終更新日  2021/01/29 05:30:05 AM
コメント(13) | コメントを書く
2020/12/27
カテゴリ:その他
シリーズ?自然が水面に描く抽象画です。
冬バージョン…といっても、以前にアップした色合いとあまりかわりはありません。
画面は見る人によってさまざまに見えることと思います。

今回もいいかげんなタイトルをつけてあります。('◇')ゞ





「ランプの中から飛び出して」









「長いまつげに見つめられ」










「微笑む女(ひと)」










「つちのこ探し」










「黒いアルパカ」









「さけび」



さて、どんなふうに見えましたでしょうか?('◇')ゞ






最終更新日  2020/12/27 05:20:04 AM
コメント(13) | コメントを書く
2020/12/24
カテゴリ:その他
今年もあとわずかとなりました。
たくさん載せそびれている写真もあります。('◇')ゞ
中でも、へーっと思うような花が咲いていたというものもありました。




バックは紅葉です。
遠くから黄色い花が見えたので、なんだろうと近づいてみるとレンギョウのようでした。
しかし、レンギョウといえば春の花ですよね?







検索しても開花時期は3月~4月とあります。
しかも、一輪とかではなく木丸ごと咲いていたので驚きました。








ボケも春に見かけることが多いですが、開花時期は、11月下旬~4月中旬くらいのようです。
 








11月頃から咲き出す花は  「寒木瓜(かんぼけ)」と呼ばれることがあるそうです。
とすると、これは紅葉バックの寒ボケといえばいいのでしょうか。('◇')ゞ









今シーズンはジョウビタキとの出会いもとても少なくて、やっと12月の上旬になってジョビオ君と出会えましたがこれ一度だけでした。( ;∀;)









同じころ、こんなものを見かけました。
小規模な「天使の梯子」というか、梯子もどき?というか。( ^)o(^ )
天使の梯子は薄明光線、光芒などとも呼ばれているもので、出会えると幸運なのだそうです。






最終更新日  2020/12/24 05:20:05 AM
コメント(12) | コメントを書く
2020/11/26
カテゴリ:その他
自然が水面に描く抽象画を発見しました。
どのように見えるのか、それは見た人次第でしょう。
パウル・クレーやジャクソン・ポロックらが見たらどう思うでしょうか。('◇')ゞ


ひらめいたまま、いいかげんなタイトルをつけてありますがお許しください。




「こんにちはー」









「呑み込みのはやい怪獣たち」









「等高線とシマウマの戦い」









「怪傑ゾロゾロ寓話」








「目玉焼きが泳ぐ風景」 









「狙われた美女」









「黒マスクの犬」










「進化するオーストラリア大陸」


いろいろな模様が水の上に現れては消えていきました。
水と光と(噴水の)流れが見せてくれたものです。
ちなみに、水面を撮影している人なんてだれもいませんでした。('◇')ゞ






最終更新日  2020/11/26 05:40:04 AM
コメント(12) | コメントを書く
2020/08/31
カテゴリ:その他
暑いヒマワリ畑の他にもみどころがありました。
といっても、ちょっと地味なせいかだーれもいません。
風が吹くと、きれいな音を響かせていました。




ひとつだけの風鈴ですが、それに導かれるように進みます。









こういうガラスの風鈴、大好きです。(#^.^#)









やがてたくさんの風鈴に出会えました。









単一の風鈴。
それもまた趣があります。







強い風が吹くと、風鈴の音も高く激しく。








さらに風が強まり、ちょっとは涼しく感じられました。






最終更新日  2020/08/31 05:50:04 AM
コメント(12) | コメントを書く
2020/01/29
カテゴリ:その他
今回はかなり雪が降るという予報でした。
しかし、結論としては降ったというほどでもなかったです。
特にコンクリートなどの上にはまったく積もりませんでした。

雪が気になっていたせいか深夜1時半ごろ目が覚める。
外を見ると、積もっているようには見えない。
でも、土のところは白かったのかな?




早朝(6時半くらい)にも気になって外を見ました。
うっすら積もっていたので、写真を撮りました。
暗くてぶれてしまいましたが。('◇')ゞ





ぶれていてよく見えませんが左の中央あたりにフクジュソウがあります。
ぽつぽつそのまわりにもあるのですが。







朝になると、雪が氷に変わっていきました。








以前撮った雪の結晶です。
雪の結晶を撮りたいと思っていますが、もう何年も撮れる機会がありません。






最終更新日  2020/01/29 05:20:06 AM
コメント(11) | コメントを書く
2020/01/19
カテゴリ:その他
やっと雪が降りました。(たぶんこちらでは初雪だと思うのですが。)
とにかく昨日は寒くて寒くて・・・。( ;∀;)
残念ながら?積もることはなかったのですが、かなり長い時間雪が舞っていました。




朝は雨でしたが、9時半くらいから雪になりました。









風があったので、時々横殴り?の雪になったりしていました。









咲き始めたロウバイも、とても寒そう。








降りしきる雪。









ペーパーホワイトにも凍るような水滴が。
中には雨と雪のために倒れてしまったものもありました。






最終更新日  2020/01/19 05:30:07 AM
コメント(11) | コメントを書く
2020/01/03
カテゴリ:その他
初夢はいつ見るものかということには諸説があります。
しかし、最近は元日の夜から二日にかけて見るのが「初夢」とする説が有力になっているようです。

ということで、どんな初夢を見たのかというと・・・。

知人と学園のようなところを歩いていました。
しかし、どうもそのあたりはいやな感じのするところです。
その知人に「夜はここへ来ないほうがいいよ。昼間も一人ではここを歩いてはだめ。」とアドバイスしました。

いつの間にか彼女は消えてしまい、一人残された私は急いでその学園を立ち去ろうとします。
しかし、なかなか出口にたどり着けない。
それでも、やっと出口が見つかり左に走っていくと高い塀があって行き止まり。
今度は逆方向に走っていくと、学園内からたくさんの犬たちの吠える声と気配が。





どうも学園内には、私を犬たちに襲わせようとしている人たちがいるようです。
たくさんの犬たちが後ろから追いかけてきました。
すぐ後ろに犬の荒い息づかいが感じられます。

そこで「噛まれるかも」と一瞬思ったのに、なぜか、後ろ手に犬の口と鼻をさわってしまいます。
しかし、不思議なことにまったく大丈夫なのです。
その犬たちは、私と一緒に逃げてくれているのでした。





ところが、目の前に狭いトンネル、水路のようなものが迫ってきました。
そこへ入らないと逃げられない。
かぶっていた帽子がひっかかって、うまく水路に入れず。
あわてふためく私の帽子を犬がうまくひっぱってくれて、無事に水路に入れた・・・というところで目が覚めました。

いやー、こわかったけれど、どこか不思議な感じのする夢でした。
サスペンスドラマの見過ぎかなー。('◇')ゞ






最終更新日  2020/01/03 06:00:09 AM
コメント(11) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.