12300748 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

昨夜、Y界のスターY… New! らぶりーたわ子さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

Keyword Search

▼キーワード検索

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

陽だまりの樹

2012.06.25
XML
カテゴリ:陽だまりの樹
最終話『獅子たちの旅立ち』


終わってしまった。

終わってしまって、
改めて思う。

全体的に

アッサリしてんなー!

の一言だったな>こらこら


簡単に軽~く物語は進んでいってしまったけど
それでも最終話は、やはり泣けた。

ラスト近くの良仙の台詞にね。

「歴史にも書かれねえで死んでった立派な人間がゴマンといるんだ…
そんな人間を土台にした歴史に残る奴など許せねえ
二度とここへ来るなーッ」


ドラマでの台詞はちょいとニュアンス違った感じしたけど。

それに、あんな風にちょっと情感こめた(?)言い方ではなく
もっと憤ってほしかったけど>個人的に


まあ、原作を考えずに評価するなら
なかなか爽やかで
切り口に新鮮味もあり
時代劇が低迷しているという昨今、
それなりの方角を示した作品となったのではないかな>贔屓目?


倒れつつある幕府を「陽だまりの樹」に例えるところが、まず良いし
それをタイトルにするところがセンス良いなと思う。

手塚治虫自身の祖先をモデルにしながら
イカニモな伝記にはせず
対照的なタイプのオリジナルな人物(モデルはいるらしいけど)を配し
歴史を描いてみせたところが良い。

祖先@良仙を、いわゆるカッコイイ人物にしなかったのも良いし
何より万二郎を新政府を目指す側に立たせなかったところが秀逸。


最後の最後は、まるで幻の様な万二郎の姿で終わったけど
あれじゃ、死んじゃったことを強調しちゃってるよな。
まあ、死んじゃったんだけどさ…

何か、アニメ『火垂るの墓』を思い出してしまった(^^;)
あれも、14歳と4歳で亡くなってしまった兄妹が現代を彷徨う姿を
狂言回しの様な使い方をしていたっけ。


ちなみに原作のラストは
戦地へと赴く良仙の後ろ姿に
「私、手塚治虫は彼の三代目の子孫にあたる」
というナレーションが被る。

う~ん、当たり前っちゃー当たり前だけど
原作の方が情緒があるよなあ…


と、最後になってダメ出ししても仕方ないけど(笑)


ともあれ、
配役を聞いた時点ではかかなり不安だった市原隼人が
なかなか上手く万二郎していたと思う。

万二郎の可愛さも出ていたし。

良仙は、前から書いてるけど
脇に回ってしまったのが凄く残念。
やはり2人を対等に、対比を強調して描いてほしかった。

手塚作品って物凄く情報量が多いから
映像化するにはまず時間をたっぷり取ってほしい。

とはいえ、原作レイプが多い中
これは、まずまずの出来だったかなあ…と思う。
オリジナル展開にしたところなど、ツッコミどころは多かったけど(笑)



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/637-734dd1bb


☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ              人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆朝ドラ『ファイト』~『カーネーション』感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち

【送料無料】彰義隊

【送料無料】彰義隊
価格:740円(税込、送料別)










Last updated  2012.06.25 21:45:26
コメント(6) | コメントを書く
2012.06.23
カテゴリ:陽だまりの樹
第11話『運命の分かれ道』


坂本龍馬登場!

何か、『JIN-仁-』の内野龍馬の真似してるみたいな、
もといリスペクトしてるみたいな
喋り方だったな。

え?
土佐弁とはああいうもの?

なのかもしれないけど
『龍馬伝』の福山龍馬とはまた違う感じだったので。

…なんてことは、どーでも良くて


龍馬を見て良仙を思い出す万二郎。

その遊んでいる様子(自分とは正反対)を見て思い出したわけなんだけど
顔が似ているから…と一瞬思ってしまった>配役の妙?

いや、そっくりってわけじゃないけど、
甘い顔立ちが共通しているかなと>フォロー

…なんてことも、どーでも良くて


内部から腐りかけている「陽だまりの樹」のために生きる決意をしている万二郎が
逆に新しい樹を育てていこうとしている龍馬や勝らに出逢っていく―
というのが面白い。

それでも彼は信念を曲げないのだけれど…

それと対比的に
夫の死への恨みから寝たきり状態の綾を虐待し、内へ内へと籠っていく
万二郎の母の姿が哀れでもあり滑稽でもあり…やはり哀れ。


たださ、
自分のその仕打ちを改めるきっかけが
綾は頭はハッキリしていて出来事を把握しているのではないか―
という万二郎経由の良仙の話を聞いて…てのがナンダカナ…

本人が何も分からないと思うから色々やっていただけで
知られていたと思うと途端に怖くなったみたいで
それこそ小心者の考え。
夫の恨みはどーしたんだよ?って感じ。

原作では災害が起きて命が危険に晒された時
憎んでいるつもりの綾を思わず助けてしまって
泣き伏す…という様な話だったよね。

あ、いかん、原作と比較することは極力避けようと思ってたのに(笑)


でも、前半はじっくり描いている様に思えたし、爽やかさが快かったのに
後半は駆け足で、しかも原作うろ覚えの私でも「はあ?」って省略や展開も多く
それはそれで面白ければ不満はないのだけれど
何ちゅーか、そのエピを通して伝わってくる心情とか情感とかが
薄まってしまって、とても残念な気がする。

あ、前も似た様なこと書いたっけ?(笑)


良仙の方は、
治しても治しても傷ついて戻ってくる兵士達を見て疑問や虚しさを感じていたものの
自身も傷ついて、軍医の存在価値を見出す図ぅということで形はついたかな。

次回はいよいよ最終回。
…って、もう放映済みなんだけど(^^;)





☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/634-2d8ccb23



☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ              人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち

↓「軍医」で検索したら出てきた(笑)>ワトソンは元軍医

【送料無料】私塾・坂本竜馬

【送料無料】私塾・坂本竜馬
価格:1,365円(税込、送料別)









Last updated  2012.06.23 10:43:10
コメント(2) | コメントを書く
2012.06.14
カテゴリ:陽だまりの樹
第10話『禁じられた愛』


え~っ

綾が…

ええ~っっっ

…と、ちょっと叫んでしまった今回(笑)


綾が意識不明になってしまう原因がアレって
ナンダカナ…
と思うのは私だけ?

もう既に端折られたり変えられたりした部分は多いので今更かもしれないけど
ちょっと今回は変更多過ぎない?

丑久保陶兵衛の最後を万二郎との一騎打ちにしたのは
万二郎単独主役に近いこのドラマとしては、ふさわしい手かな…とは思う。
殺陣も見たいしね。

でも、万二郎が綾を逃がそうとしているくせに
何故か綾のいる方いる方へとどんどん寄って行くので
ちょっと嫌な予感はしたのよ(笑)


原作では確か拷問が原因だったんだよね。
そっちの方があり得るし、あのエピも生かせるのに…

万二郎が突き飛ばしてしまうこともなかったし
やっぱ、万二郎が原因ではないかと誤解されやすいから避けたのかな?

だとしても、ドラマのアレは…


それと何より違うのは、綾が女郎に身を落としたこと。

あれって必要なのかなあ…
万二郎が通い詰める(かつプラトニックを貫く)というのは彼らしいけど。

2人の心が通い合う期間としてワザワザ入れたのかな?

おせき&お品とのバランスのためもあるのかな?
2人ともレイプ被害に遭ってしまったので、
(レイプではなく自ら身を売ったとはいえ)好きでもない男性に蹂躙されるという意味で
綾もまた同じ位置に立たせて、

綾が2人より秀でているとか清らかとかいう特別な女性ではないってことと
万二郎は女性の暗い過去になど動じないという点を強調した?


お品の出番がやけに多く
しかも結構、悲劇のヒロイン風味の強い演出で>酷?
綾と対比させていたものね。


それにしても、
万二郎に関わる女性は全て不幸になる!
という印象を強くししてしまった回だった様な…(^^;)

まあ、万二郎自身が芯の腐った「陽だまりの樹」に人生をささげるのだからな…


良仙の方がイマイチ影が薄いのはもう慣れたけど>ぇ
お紺のエピがないのは、やっぱツマラナイなあ…

まさか、後の2話で登場することはないよね?
平助も?



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/625-bbe769bc


☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ              人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち



【送料無料】手塚治虫の冒険

【送料無料】手塚治虫の冒険
価格:690円(税込、送料別)








Last updated  2012.06.14 21:03:34
コメント(2) | コメントを書く
2012.06.08
カテゴリ:陽だまりの樹
第9話『万二郎初陣』


陸軍歩兵隊。
農民を鍛えることになった万二郎の図ぅ―

ノーエ節が効果的に使われていたと思う。

戦の現実を知る万二郎…ということで
物語が上手く纏まっていたと思う。

実際には、武士ではない良庵(あ、今は良仙だっけ)の苦悩を
もっとクローズアップしてくれても良かった気はするけど。

…って、最近、良仙の扱いをやたら気にしているなあ私(笑)


万二郎はかなり好きなキャラだから中心になるのは嬉しいんだけど
やっぱ“対比”を際立たせるには同等の描き込みが欲しいと思うので。

それに、万二郎にとっても初めての戦であったし農兵達との関係もあって
「これが戦か…」
という台詞で締めるのは感動的ではあったんだけど
人の命を救う医者という立場の良仙の方がかなり複雑な心境になっただろうから。


ともかくも、農兵達で泣かせる回だったな。
私は、こーいうエピには弱いのだよ実は(^^;)

彼らがだんだん纏まっていき、兵士としての自覚も生まれていく様子
万二郎の方も彼らへの見方が変わっていくし
双方の間に信頼関係が築かれていく様子がユーモラスに描かれていき

戦という現実にぶつかって
悲劇へと雪崩れ込み
万二郎の脳裏に再びノーエ節が流れてくるという

まあ、ベタっちゃーベタなんだけど
泣けるんだから仕方ないじゃないかっ(笑)


倒れかけている“陽だまりの樹”のために…というのが切ないけど。
しかも外国相手ではなく、国内での騒動に駆り出されたわけだし
同じ農民同士という悲哀もあるし…


万二郎の仇@楠音二郎が絡むのもドラマチック。
妹の綾も登場。

物語も終わりに差し掛かってきたな。


贅沢を言うなら、もうちょい綺麗な人なら良かっ…>こらこらこらっ


先日、物置から原作本を引っ張りだしてきて積んでおいた。
ドラマ終了後にゆっくり読み返そうと思っているんだけど
この綾とのアレコレを思い出して、確認の意味で少し拾い読みしてみたら
所々で涙が溢れてしまったよ。
参ったなあ…(笑)

さあ、ドラマはどう描き、どう締めるんだろう?

飛ばしに飛ばしているのとアッサリ風味なのは仕方ないとしても>ぉ
生身の人間が演じていることで、また違う面白さがあるので
最後まで楽しみたい。




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/615-3839e54e


☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ              人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち



アジサイ【紫陽花】 【小苗】富士の白雪

アジサイ【紫陽花】 【小苗】富士の白雪
価格:1,200円(税込、送料別)








Last updated  2012.06.08 11:11:07
コメント(5) | コメントを書く
2012.06.03
カテゴリ:陽だまりの樹
第8話『求婚と暗殺』


ああ、遂にこのエピが来てしまったか…(^^;)


どーして手塚作品はレイプが多いのよ!?
という文句はひとまず置いといて>ぇ

前にも書いたけど、原作を読んだのは随分と前なので大体のところしか記憶にない。
でも、このエピは印象に強く残っている。

三角関係+同性の二人は親友
という設定では、まず恋の成就はない(場合が多い)…よね?

だから、良庵が先に他の女性と結婚して三角関係が崩れたとしても
おせきは万二郎と結ばれるという結末はあまり期待はできないだろうとは思っていた

でも、ああいう形になるとは…


そもそも、実在の人物であるヒュースケンを犯人にしちゃうんだもの
手塚治虫って大胆(笑)


原作では女癖の悪い奴として描かれていたけど
ドラマでは良い面しか出してなかったので
衝撃度はより強かったかもしれないけど、唐突でもあったよね。
ハリスとぶつかって「酒も女も禁止で」云々と文句言っていたのが伏線なんだろうけど。

事件後の態度が気に入らないよなあ。
唐人お吉も登場しなかったなあ。


万二郎がやっとこプロポーズして返事を貰えたところ
直後に良庵と酒を酌み交わしているところは
微笑ましくて、ちょっとジンとしたりもしてたので>私としては珍しい反応(笑)
この結末は本当に切ない。

ただ、万次郎&良庵が尼寺に入り込むシーンで
万二郎を振り切った後、おせきが物陰でなく崩れるという演出は
ちょっと疑問だった>私だけかもしれんが

原作ではもっとキッパリと信仰心を押し出していた気がするので。

いやいや、いちいち原作を比較して貶そうとしているわけではないよ。
そもそも細かい部分は忘れ果てているわけだし(^^;)

何ちゅーかさ
痛々しさとか、いじらしさとか、悲しさとか…も勿論あるんだけど
それだけでなく、真面目に宗教に身を投じようとの決意も伺えて
それもまた一つの生き方であり幸福の道なのだと感心するところもあって
不幸な事件ではあったけど不幸ばかりじゃないんだと、ホッとする部分もあったんだよな。

でも、あそこで泣き崩れてしまうと、悲しみや不幸ばかりが強調されてしまいそうで
ひたすら気の毒になってしまうじゃないか。


演出といえば、万二郎の方も
ヒュースケンと親しくなったことにより異人を見直し褒めてさえいたのが
「異人の心など分からない」と言い捨て、警護役を降りることになる、
その心境の変化―怒りや絶望感や、やるせない気持ち等―を
もうちょい深く描いても良かったんじゃないのかなあ…

爽やかさで楽しいドラマになっていると思うし、好きなんだけど
反面、軽い感じもしちゃうんだよね。
物語がかなり端折られてしまっているのは仕方ないのかな…と思うけど。


しかしまあ、
自業自得みたいな形でヒュースケンが殺されてしまうんだから
やっぱ面白い描き方するよな、手塚って。



良庵の方は、母親に続き父親も亡くしてしまった。

でも、夫婦愛が伺えて良かったね。
良仙の名を継ぎ、これからは頭として立って行かなければね。

まあ、ここのところもアッサリ風味で終了。

父親が主に手掛けた手術と、良庵一人で受けねばならなかった手術と
2つを上手く絡めていたのは良かった。





☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/610-5b37ba70


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ            blogram投票ボタン
にほんブログ村      人気ブログランキングへ    blogramランキング参加中!

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち










Last updated  2012.06.03 11:39:15
コメント(2) | コメントを書く
2012.05.31
カテゴリ:陽だまりの樹
第7話『コロリと安政の大獄』


種痘所ができて一安心、と思ったら今度はコロリ。

コロリ=コレラというと筒井康隆の小説を思い出すなあ…
と書きかけてから確認してみたら、『JIN-仁-』の感想でも同じことを書いていた(笑)


現代からタイムスリップした医者でもいない限り
あの時代にコレラが発生したら、どうしようもないだろうなあ…
と思っていたら、良庵と万二郎双方の母親が発病。
良庵の母親は亡くなってしまった。

「楽しかった」
と言い残したところにウルウルしてしまったよ。


万二郎の方は罠に嵌められ、コロリが蔓延していた故に助かる。
ここは、なかなか上手いというか(笑)
同じコロリ・ネタでも、熱血でもカッコイイとも言い難い使われ方なのがGOOD。

さすがに下痢したところは画面に映さなかったな>当たり前か

こんな時にも、おせきの名が出る。
そして万二郎が揺れる。

揺れるといっても弱みに付け込まれるという方向ではなく
あくまでも自分の意志を貫いた後、おせきに対し罪悪感を抱き、
自分を責めることになる。
万次郎の真っ直ぐ過ぎて不器用なキャラが浮き上がってくる。

そんな万二郎に惹かれないわけもなく、おせきと心通じ合ったのは良かったけど
却ってそれが悲しい結果になるんだよなあ…
本当に万二郎に対して容赦ないよなあ、手塚!

つーか、実は非常にクールなのだよな、手塚治虫って。


安政の大獄
桜田門の変

時代は変動していく。

現代に生まれていてさえも平穏無事とは思えな性格の万二郎だから
あんな時代では否が応でも渦の中に巻き込まれていく。
切ないよな…


磯貝長八郎との対決は面白かった。
うっかり致命傷を負わせちゃうんだもん(^^;)

おかげで良庵の出番が増えた。

磯貝の最後は、当時の武士という存在を
ある意味象徴している…と言える?

医者が手をつくした直後のことなので
両者の対照的な生き方や考え方が際立って見えた。


それにしても
良庵がイマイチ影が薄い気がするのが、ちょっと難だよね。
万二郎と対比させている(厳密には万二郎の方が対比に使われている)人物なのだから
もうちょい細かく描いてくれても良いのにな。

取り合えず子供が誕生。

消えていく命もあれば新しく生まれる命もある
ってことで
とにかく子供が生まれないと手塚治虫にまで到達しないからな。


生まれてくれて、ありがとう!
産んでくれて、ありがとう!

手塚治虫に関しては素直に言える私(*^^*)

ファンなのはバレバレ?
もうとっくに知ってるって?





☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/607-33c7b60f


☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         >     人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち


【25%OFF】[DVD] コレラの時代の愛

【25%OFF】[DVD] コレラの時代の愛
価格:2,993円(税込、送料別)









Last updated  2012.05.31 21:15:15
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.18
カテゴリ:陽だまりの樹
第6話『蘭方医 対 漢方医』


意図したことが意図した通りに進んで行く…とは限らない。
地平は見えていると思っていたのに、
確信して踏み出したはずの一歩が既に違う方向を向いてしまっていて
ほんのちょっとしたズレが大きな大きなヒビとなり
最初に思い描いていたのとは真逆の結果に辿り着く。

そんな皮肉な展開がテンコ盛り。


万二郎、西郷吉之助に出逢う―

何となく若くて軽い西郷だけど>こらこら
関わる主要人物達が若いからなあ。

こーいう歴史物に実在の人物が登場するのは定番なんだけど
それと関わった主要人物達が決して良い方向に行かないところが面白いね。


万二郎カワイイ~!
と、今迄何度も言ってきた私だが
でもって今回も、カワイイ~と思ってしまったのだが(笑)
主人公は彼と良庵の2人であるはずなのに
ドラマは万二郎に傾き過ぎな感じはする

まあ、彼のエピの方が派手だし描きやすいとは思うけど。
良庵エピの方は『JIN』と被る部分があるしな。

原作を読んだのは昔なのでほとんど忘れている…とはいえ
それでも、かなり端折られてるって感じる(^^;)
まあ、じっくり描くには全12話じゃ無理だけど。


とはいえ今回、この2人が絡み合うエピがメインだったのは良かった。
ちょっとアッサリ進み過ぎな気はするけど。

西郷にヒュースケンと、万二郎が関わった人物が大きな助けとなってくれたのに
ちょっとサラリとしていたよね。
西郷の方なんて台詞で説明しただけだったし(^^;)


種痘所開設の喜びで締められたけど
お品の件とか後味悪いよなあ…

原作通りなら、まだ他にもレイプ・エピは残っているわけで(^^;)


でも、それもこれも含めて
色んな人や色んな出来事が重なって絡み合って
それぞれの人々の当初の希望や思惑から少しずつ少しずつズレて行った結果なわけで
人生の皮肉を感じるよね(シミジミ)




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/590-f4046b2f


☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         >     人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち


Japan beer日本 ビール西郷隆盛  330ml/24

Japan beer日本 ビール西郷隆盛  330ml/24
価格:8,480円(税込、送料別)









Last updated  2012.05.18 12:05:50
コメント(2) | コメントを書く
2012.05.13
カテゴリ:陽だまりの樹
第5話『父の仇』


良庵、早くも江戸に帰還。
といっても、もう二年も経ってるのね。

朝帰りが続いて肝心の学問が疎かになり破門一歩手前のところで
緒方洪庵先生に課されたのは大量の書物を暗記すること。

結果的にできちゃうのは分かりきっていることだけれど
もうちょい苦労した様子が描かれた方が良かった気がするな。
福沢諭吉の教え方が上手いおかげで…なんていう台詞だけでは
良庵自身の真剣さが伝わってこないじゃん。

まあ、ちゃらんぽらんなのが彼の持ち味で
江戸への帰り道でも早速ナンパしちゃうし(笑)

これって原作では船の中での出来事で
事を終えた後、「大した女じゃなかったな」的なことをほざくんだよな。

ドラマでは、さすがにそこまでは描かず
寧ろ、道で思わず後戻りするくらいだから好みのタイプの女性ってことで
「年貢の納め時」になるのも、まあ良いじゃんって感じ(笑)


万二郎の方はシリアスで、
父の死のために江戸へ戻ることに。

万二郎にとって武士としての手本であり目標だった父親が
川へ落ちて死んだとい皮肉。

実際には刺客から良仙を庇ってのことだったけど
刀を抜いてなかったので武士としては「不名誉の死」になってしまうという皮肉。

そしてすべてを捨ててでも父の仇を討とうとした万二郎が
戦いの最中に父と同じ様に川に落ちてしまうというのも皮肉っぽいかも。


おせきに世界の大きさ、日本の小ささについて話すところは可愛かったのに
彼の前途にどんどん暗雲が広がっている感じなのが不安で悲しいな。


良庵の方は念願の種痘所に向けて前進しているところが良い。
それに万二郎が関わることになった展開も良いし。
それと勘定奉行さんの粋な計らいが良いよね。


こうしてまた江戸で2人が揃ったので新たな展開が期待できる。

万二郎は真っ直ぐ過ぎて上手い世渡りなんて絶対無理だし
良庵は適度に遊んではいるけど器用に世の波を切り抜けていくわけでもない。

華々しいわけでもなく歴史に名を残すわけでもない
そんな一庶民に過ぎない2人が主役というところが面白い。




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/585-72e69ade



☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ              人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち


【送料無料】天然痘根絶史

【送料無料】天然痘根絶史
価格:8,925円(税込、送料別)









Last updated  2012.05.13 17:44:44
コメント(4) | コメントを書く
2012.05.04
カテゴリ:陽だまりの樹
第4話『偉人との遭遇』


う~ん、爽やかだ。


時代は幕末
これから色々な出来事が押し寄せてくるのは分かっているのに
今でさえ暗雲は目に見えてきているのに

どうして、こんなに気分が良いのだろう。

まあ、手塚治虫原作ってことでフィルターがかかってる部分もあるとは思うけど>ぉ



最初は、良庵と万二郎という対照的な2人を絡ませ
少しばかりBL風味も漂わせ>ぇ
間に、おせきが入ることで少し緩和させ
良い感じの友情物語になってきたかと思うと

2人を離れ離れにさせ、その対照的な生き方を並行して描いていく手法に切り替え
また違う面白さを引き出している。



今回は、
堅物万二郎が異人に対し心を開いていき
彼を通し世界に目を向け始めた。
逆に柔らか過ぎる良庵は痘瘡に罹ったらしき男性を巡って
ボコボコにされるカッコ悪さと意外な(?)熱血漢ぶりを見せた。

こういう展開も面白い。




万二郎の手紙に発奮する良庵。
「明日からにしよう」と、すぐ楽しい方向に流れてしまうオチ付きではあったけど(笑)

場所も状況も全く異なる場所で全く異なる経験をして
それぞれの方向に成長していく2人が
成長するにつれ少しずつ重なってくる様にも見える。
そこがまた面白いね。



歴史的人物も次々と登場し、2人と接していく様も興味深い。
いっそ、大河ドラマで扱ってくれれば良かった様な気がする。
どうせ原作は長編なのだし。

名もなき人物(片方は架空の人物)が主役だと難しいのかな?
一年じっくりかけて作ってほしいな。

でも、この爽やかさはBS時代劇ならでは…だったりして?



その爽やかさの向こうに
苦難や悲劇も待っているから…
だから刹那的で
より美しく愛おしく感じられる…
のかもしれないけどね。



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/574-1e614d40


クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ              人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち


指田郁也/花になれ(初回限定盤)

指田郁也/花になれ(初回限定盤)
価格:999円(税込、送料別)









Last updated  2012.05.04 20:47:57
コメント(2) | コメントを書く
2012.04.23
カテゴリ:陽だまりの樹
第3話『天地鳴動』


万二郎は安政の大地震
良庵は女郎の死と腑分け


地震の映像は軽いものだったけど
やはり昨年の3.11を思い出してしまって軽い気持ちではいられなかった。


思わぬ活躍をする万二郎がカッコイイ。
そんな彼に人を斬ってほしくないと訴える、おせきはウザい…かも。

ちょっと嫉妬かしら?>ぇ

つーか、女性としても、お寺の娘という点からも
殺生を嫌うのは当然のことで
ここで既に万二郎とは住む世界が違うということが明らかだな…

二度と剣は抜かないと安請け合いしてしまう万二郎も万二郎だけど
そこは純情で一途な性格だから、その時は真剣で嘘偽りはなかっただろう。

で、その直後にアッサリ誓いを破ってしまうのも
その時その時で真剣だからだよね。


今回の見どころは何といっても良庵と十三奴のエピだったな。
先回は万二郎が目立ったので今回はいよいよ手塚治虫のご先祖様がクローズアップ。

いつもの如く女遊びが好きな良庵の姿で始まって
相手の女郎が病気になるという展開。

早速、漢方医との対立が…。

漢方医のダメダメぶりは極端な描き方ではあったけど
それ故に良庵の焦りや怒りや恐れが十分に伝わってきた。

手術を決意するも、いざメスを持つと切る勇気が出ない。
ここが良いよね。

手術に成功して漢方医の鼻を明かす…なんていう安易なオチではなく
逆に漢方医の前で卑屈に頭を下げる結果になるところが何とも悲しかった。

“医者の意地”で腑分けを実行しようとするところで
奉行所の役人が粋な計らいをしてくれたところも良かった。

そして良庵の診断が正しかったことが証明されるのだけれど
それで助けられなかったことを悔いる…という安易なオチではなく
手術を実行していたら確実に殺していた、と気付くというのがこれまた良い。

それほどに人体は複雑。

良庵の医者としての実力や意欲や足りないところが露わになって
「日本一の医者になってみせる」という決意に繋がる
綺麗な物語だったと思う。




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/560-efe1f367



クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ              人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち


【送料無料】幕末百話増補

【送料無料】幕末百話増補
価格:882円(税込、送料別)









Last updated  2012.04.23 22:33:22
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.