4321060 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 一線越えてない虎党 団塊ジュニア(35億に含まれる)

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

映画 ナ行

2015.03.14
XML
カテゴリ:映画 ナ行





あらすじ
「貴殿は100万ドルの賞金に当選しました」
そんないかにもインチキくさい手紙が届き
ウソに決まってると言う周囲の声をよそに
老人ウディはそれをすっかり信じ込んで・・。



解説


アカデミー賞
作品賞
主演男優賞
助演女優賞
監督賞
脚本賞
撮影賞
ノミネート








出演は『帰郷』のブルース・ダーン







『俺のムスコ』のウィル・フォーテ







『アバウト・シュミット』のジューン・スキッブ







『ロング・ライダーズ』のステイシー・キーチ







「ブレイキング・バッド」のボブ・オデンカーク
『グッドナイト・ムーン』のメアリー・ルイーズ・ウィルソン
『メイフィールドの怪人たち』のランス・ハワード
『ホーム・アローン』のデヴィン・ラトレイ。







監督は『ファミリー・ツリー』のアレクサンダー・ペイン







撮影は『サイドウェイ』のフェドン・パパマイケル。



『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


高速道路を歩いているところを警察に保護された
ウディは、ネブラスカまで100万ドルの賞金を
受け取りに行くつもりだが、手紙はインチキで
次男のデイビッドは承知しながら、老い先短い
父親への孝行と思い、一緒に車でリンカーンに。

良い息子すぎる!、女の趣味は悪いのに(笑)

デブ女(笑)と一緒にいたいけど、結婚はしたくない
ってのは、男としては駄目な部類やけど(^-^;



長時間、地面に落ちてた入れ歯を、そのまま口に(笑)

転んで頭を切って入院したり、入れ歯を無くしたり
したせいで、モンタナから丸2日もかかった事を
従兄弟に馬鹿にされる位の距離にあるらしい
親類が住む父の故郷で、100万ドル当選の嘘が
広まり、ウディは一躍、町の有名人となる。

皆から羨望の眼差しを浴び、良い気分のウディ
しかし、かつての共同経営者のエドや親戚連中が
昔貸した金を返せと、ハゲタカのように群がる。
デイビッド、兄ロス、母ケイトが、本当の事を
言っても、金に目が眩んだ連中は聞く耳を持たない。


覆面しても体型でバレバレ(笑)のデブ従兄弟達が
手紙を強奪して、皆ようやく真相を理解したけど
エドはウディを笑い者にし、夢を見させようと
したのが裏目となったデイビッドはエドを殴る。


もう行かないと言ったが、病院を抜け出して歩く
父親を連れて目的地に到着、やっぱりインチキで
よくある事らしくって、そこの人も粋な事に
当選者帽子をプレゼントしてくれた。

父親が免許も無いのにトラックを欲しがったのは
家族に何か残したかったからだという思いを汲み
デイビッドはスバルを売って父親名義で中古の
トラックとエドに盗まれたコンプレッサーを購入
故郷で父親に運転させ、父親は息子を隠れさせ(笑)
それを唖然として見るエドに、溜飲が下がったな。

お勧めを聞いておきながら、ローストビーフを
食べた母親の代わりに、お勧め料理を食べたり
デイビッドは、聖人みたいやったな(^-^;



携帯電話が出てこなかったし、モノクロの理由は
時代を越えて愛される普遍的な作品を目指した?

ただ、デイビッドの家族がスバルや日産、韓国の
車に乗ってるのは、時代を感じさせたが(^-^;
 






Last updated  2015.03.14 09:31:40
2014.12.27
カテゴリ:映画 ナ行





あらすじ
少量のマリファナを扱うケチな密売人デヴィッド。
あるとき彼は、不良に絡まれたホームレス少女
ケイシーを助けようとして返り討ちに遭い・・・。


解説


英国アカデミー賞
オレンジ・
ライジング
・スター賞








出演は『バウンティー・ハンター』のジェニファー・アニストン







『モンスター上司』のジェイソン・サダイキス







『誰かが私にキスをした』のエマ・ロバーツ







『ナルニア国物語/第3章: アスラン王
と魔法の島』のウィル・ポールター







『21ジャンプストリート』のニック・オファーマン
『10日間で男を上手にフル方法』のキャスリン・ハーン







『ハングオーバー!!! 最後の反省会』のエド・ヘルムズ
『クリスマス・キャロル』のモリー・クイン
『ラルゴ・ウィンチ』のトメル・シスレー
『紀元1年が、こんなんだったら!?』のマシュー・ウィリグ
『ハード・ウェイ』のルイス・ガスマン
『バッドトリップ! 消えたNO.1セールスマン
と史上最悪の代理出張』のトーマス・レノン
『ムービー43』のマーク・L・ヤング
『ふたりのパラダイス』のケン・マリーノ。







監督は『ドッジボール』のローソン・マーシャル・サーバー
脚本は『ウエディング・クラッシャーズ』の
ボブ・フィッシャー&スティーヴ・フェイバー
『俺のムスコ』のショーン・アンダース
『空飛ぶペンギン』のジョン・モリス
撮影は『スタスキー&ハッチ』のバリー・ピーターソン
音楽は『俺たちダンクシューター』のセオドア・シャピロ
『ピザボーイ 史上最凶のご注文』のルートヴィッヒ・ヨーランソン。



『なんちゃって家族』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


あの驚く子猫の動画は、めっちゃ有名な奴やな。
YouTubeを観るのが趣味のデヴィッドはヤクの売人で
未だ独身だったが、同じマンションに住むケニーが
ホームレスのケイシーを助けようとしたばかりに
ガキ共にヤクの売り上げ金を奪われてしまったので
ボスのブラッドからメキシコから麻薬を密輸するよう
命じられて、国境で疑われない為にケニー、ケイシー
隣人のストリッパーのローズと家族を演じる事に。


売春OKとなって店を辞めたし、『プリティウーマン』の
娼婦と一緒にされるのを嫌がったし、ローズは裸は
見せても体は売らないのがポリシーのようだ(^-^;


女子の為に賄賂警官へのフェラを決意したケニー
ドルではなく、1000ペソで命拾いする(笑)


国境を越え、みんなでTLCの「Waterfalls」を合唱
ケニーは生まれる前の曲やのに、ラップを完コピ!
草葉の陰でレフト・アイが喜んでるかな?


「わかる?」が口癖のスコティーP、ケイシーは
見る目がなかったが、ローズが殴ってスッキリ(笑)



それぞれの事情で、最初は嫌々一緒に行動していた
疑似家族が旅を通じて親密に、本物の家族のように
ハリウッド映画らしく、期待を裏切らないというか
誰もが分かりきった展開(笑)やったけど、誰も
意外性を求めてないし、重要なのは登場人物の
魅力とギャグのセンスって事になるが、いまいち
キャラが薄い擬似家族を補って、道中に出会った
キャンピングカー仲間のドン一家が盛り上げてた。

少量のマリファナ2トンを積んで坂道を走って
計算通りにエンジンが故障し、先を急ぐので
部品を交換する為に鍵を奪おうとして侵入した
ローズ達を、チンポ連呼はスワッピングの誘いと
勝手に勘違いして、エディはローズの乳揉み(^_^;

娘のメリッサをケニーが一目惚れし、メリッサも
好きになってキスを誘うが、童貞ケニーは出来ず
羨ましい事に(笑)、ケイシーとローズがキスの
特訓を買ってでるが、それをメリッサが目撃(^_^;

ドンは麻薬取締局の人間で、デヴィッド達の肝を
冷やすが、ブラッドの策略で麻薬を奪われ、執拗に
追ってきたシャコンの部下をマグカップで撃退(笑)


ケニーがローズ直伝パンチでシャコンをKOして
司法取引でブラッドは逮捕、証人保護プログラムで
口では早く裁判が終わって欲しいと言いつつも
ローズ達は楽しそうに家族ごっこを続けてた。


最後はNG集やったけど、「Waterfalls」の場面で
フレンズのテーマが流れるドッキリが良かったな。
 






Last updated  2014.12.27 10:00:56
2014.09.11
カテゴリ:映画 ナ行





あらすじ
天涯孤独に生きてきた借金取りの男。
男の母だと名乗る謎の女・・・。



解説


ヴェネツィア
国際映画祭
金獅子賞







出演は『マルチュク青春通り』のイ・ジョンジン 






「私の娘 コンニム」のチョ・ミンス 







『僕の彼女を紹介します』のウ・ギホン 
『ムサン日記~白い犬』のカン・ウンジン 







「大王世宗」のクォン・セイン。







監督はベルリン国際映画祭銀熊賞『サマリア』







ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞『うつせみ』の
キム・ギドク、音楽は『プンサンケ』のパク・イニョン。



『嘆きのピエタ』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


この監督にしては珍しく、登場人物がよく喋るな。

社長が命令してないのに、障害者にして保険金で借金を
取り立てるガンドの前に現れた母と名乗る女ミソン。

自分の肉を食わせたり、中に戻ると言って犯してみたり
最初はミソンを拒絶してたガンドが、最終的にデレデレに(^-^;

しかし、ミソンの正体はガンドの母ではなく、ガンドに
障害者にされて首吊り自殺した男の母親だった。

ペットの鰻を網焼きにしたんは、地味に復讐してたんか(^_^;

普通に復讐しに行っても返り討ちされるから、身分を
偽って近付いて、油断したとこを殺すという訳ではなく
最愛の母である自分が死ぬ所を見せるという方法を
選んだのは、手にドアが挟まっても無表情のガンドは
身体的に傷つけても応えなさそうやし、苦しまずに
殺しても、息子の無念は晴らせないと思ったんかな。

ガンドを騙すのに、寝てる時の手コキは必要ないのに
ミソンは命をかけて息子の復讐するくらい、母性愛が
強いせいで、疑似親子を演じるうちに情が涌いてたが
松の下に埋まっていた手編みのセーターを着た死体を見て
本当の母親ではないと気付いた筈なのに、ガンドの方も
ミソンは実の母親じゃなくても大切な人になっててんな。


最終的には子供の為に自ら障害者になったギター男に
温情を与えたり、ミソンの計画通りに母親の愛を知り
感情が芽生えたガンドは、ミソンが死んで嘆き悲しみ
生きる気力を失い、車で引き摺って殺したいという
妻の願いを叶えて、自らをトラックに縛りつけた。


ミソンは最初の偽誘拐電話は自作自演でやってたのに
わざわざ社長に殴らせてたのは、息子の復讐とはいえ
人を殺す後ろめたさがあったからなんかな。
 






Last updated  2014.09.11 21:33:35
2014.02.01
カテゴリ:映画 ナ行




あらすじ
都内近郊で無差別連続爆破事件が発生。刑事の
茶屋は、ついに犯人・緑川のアジトを突き止めたが
確保できたのは身元不明の男だけだった・・・。


解説


ブルーリボン賞
助演女優賞





江戸川乱歩賞受賞作の小説の映画化。





出演は『人間失格』の生田斗真
「救命病棟24時」の松雪泰子
『アナザヘヴン』の江口洋介





『ヒミズ』の二階堂ふみ





『悪の教典』の染谷将太
『69 sixty nine』の太田莉菜
「悪霊病棟」の大和田健介





『犯人に告ぐ』の小澤征悦
『はやぶさ 遥かなる帰還』の石橋蓮司
山崎ハコ、甲本雅裕、光石研、夏八木勲。






監督は『イキガミ』の瀧本智行
脚本は『サイドカーに犬』の真辺克彦
『クライマーズ・ハイ』の成島出。




ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


雨の中、バスに乗り遅れたオバチャンを
からかったガキに天罰が下り、バスが爆発(笑)

ついてる子の鷲谷だが、原作には鬱病の肥満母も
殺された弟も、患者の志村も出てこないらしい。

痛みを感じず、感情もなく、一度観たら全て覚える
記憶力を持つ殺人ロボットの脳男という強烈キャラに
対抗するんには、それぐらい設定盛らんとな。

富豪の子供で天才という脳男との共通点がある
爆弾魔は、原作では男みたいやけど、映画的に
脳男と差別化するには、綺麗な生田君とは
対照的な粗暴な雰囲気の役者を配役するか
金髪にするとかの手段があると思うけど
茶屋刑事とも差別化せなあかんのが厄介やし
犯人が男って映画が圧倒的に多い中、独自性を
出す意味合いもあっての、女性2人への変更か?

それと、話題性の為に、ヴェネツィアで賞を獲った
二階堂と染谷を共演させたかった大人の事情?(笑)


緑川が末期ガンで痛みに苦しむのも、変更点らしく
痛みを感じない脳男と対比させる為の設定やと思うが
女性でも強い人はおるけど、見た感じ華奢で病人の
緑川が、新米刑事と鷲谷を拉致し、病院内に大量の
爆弾を設置するなんて芸当を、1人で出来んやろ(^_^;

胃が悪いミズタクの奥さん(笑)が生きてれば、まだ可能に
思えるが、どうしても最後はタイマンにしたかってんな。

そもそも病院の爆破が、映画オリジナルらしくて
不都合が出ても、派手な場面が欲しかってんな(笑)


何度轢かれても立ち上がる生田君の演技は良かったが
天才の筈やのに、アホにしか見えへんかった(笑)



裏目に出た映画オリジナル要素が多い中で
鷲谷の患者で、鷲谷の弟を殺した志村が
出所後に犯行を繰り返していて、脳男が
成敗するオチは、良かったと思う。


「感謝しています」

志村は救えんかった鷲谷やけど、笑顔?という
人間らしい感情を、脳男に芽生えさせた。
 
虎団Jr. 虎ックバック専用機に
承認後に反映されます。






Last updated  2014.02.01 21:59:42
2013.01.28
カテゴリ:映画 ナ行




あらすじ
捨て猫だったプスは、孤児院で幸せに
暮らしていたが・・・。


解説


アカデミー賞
長編アニメ賞
ノミネート



シャルル・ペローの原作とは無関係な話で
東映まんがまつり
『ながぐつ三銃士』に近い感じうっしっし




なべおさみの『80日間世界一周』も
長靴猫を主人公にして、別の物語をする点では
同じやけど、動物だけでなく人間も出るのが違う。





声の出演は『マスク・オブ・ゾロ』のアントニオ・バンデラス
『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』
のサルマ・ハエック

『スパイアニマル Gフォース』のザック・ガリフィナーキス

『スリング・ブレイド』のビリー・ボブ・ソーントン
『チキン・リトル』のエイミー・セダリス
『スイッチ 運命のいたずら』のコンスタンス・マリー
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ。




監督は『シュレック3』のクリス・ミラー。





ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


ぺロじゃなく、プスって違和感(笑)


『マスク・オブ・ゾロ』と『キャット・ウーマン』と
『ジャックと豆の木』を合わせてみましたって感じ(^_^;

巨人はジャックに殺されたって事だろうが
『ジャックと豆の木』では、ガチョウじゃなく
鶏やけど、鶏は飛べなくて追ってこれないし
ハンプティ・ダンプティはマザーグースだから
ガチョウに変更したんだろうな。

あんな雛が卵産む訳ないけど、そもそも金の卵を
産む鳥なんていないし、雲になんて乗れないし
猫は喋らないし、そんな細かいとこ気にする
作品ちゃうわな(^_^;

猫が可愛いだけの映画やもんな(笑)

『ジャックとジル』って映画があったけど
ジルって、『ジャックと豆の木』と関係あるん?



ジャックとジルとグルとじゃった(笑)
サプライズって、プスがやって来るタイミングが
よく分かったよな(^_^;

プスとフワフワーテが、いい感じになる度に
邪魔してたし、ハンプティが裏切るのは
全くサプライズじゃなかったが(^_^;

橋に置き去りにされ、裏切られた気分を
味あわせる為とは言え、馬車チェイスなんて
まるで映画を盛り上げる為だけとしか思えない
まわりくどい復讐の方法やったな(笑)

あんな目立つハンプティが、いつもいたのに
プスは、なんで気付かんかってん?(笑)
猫は嗅覚が凄いはずやのに(^_^;



ガチョウから街を救った事で、人々に
感謝されるプスやけど、そもそもプスが
雛を持って帰ったのが悪いのにな(笑)

ハンプティが改心して、自ら手を離して
落ちたら、金の卵になってて、ガチョウが
連れ去り、空の上で暮らしましたって
無理矢理なハッピーエンドやな(^_^;

雛誘拐犯のハンプティを、なんで
ガチョウが助けてやるねん(^_^;
 
このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/30887013

虎団Jr. 虎ックバック専用機
承認後に反映されます。






Last updated  2013.01.28 21:09:19
2012.06.17
カテゴリ:映画 ナ行




あらすじ
先祖代々、ヒラ忍者の家系に生まれた乱太郎は、エリート忍者
めざして忍者の学校<忍術学園>に入学するが・・・。


解説
1993年4月からNHKで放送を開始した
アニメの実写映画化。


このアニメが始まった頃は既に大人だったけど
そこそこ観た事あるから、観てみたんですが
脚本はアニメと同じく浦沢義雄なんだけど
やっぱり実写とアニメは違うせいなのか
『ヤッターマン』の三池崇史監督とは
相性が悪いせいなのか、この映画を観るには
オッサン過ぎるせいか、忍たま乱太郎より
おばけのホーリーの方が好きなせいなのかは
よく分からないが、あまり楽しめなかったしょんぼり



出演は加藤清史郎、林遼威、木村風太
『ゼブラーマン』の古田新太
『妖怪大戦争』の柄本明
『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』の石橋蓮司
『クローズZERO』の波岡一喜
『一命』の竹中直人
『十三人の刺客』の松方弘樹
平幹二朗、石垣佑磨、白石隼也、溝口琢矢、三津谷亮
山本裕典、鹿賀丈史、中村獅童、檀れい、谷原章介
寺島進、三浦貴大、山本耕史、杏、中村玉緒。



『忍たま乱太郎』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


乱太郎は主役なんだけど、アニメではきり丸と
しんべヱの方が目立ってる印象だったので
子役の格の違いのせいで、あまり2人が
活躍しないので残念だった。


土井先生は最初、桐谷健太かと思って観てたら
ちょっと違うと気付いて、百恵ジュニアやってんな(^_^;


アニメの八方斉は、物凄く頭が大きいけど
実写では普通なのに、形だけ真似るのは
何か違うと思った(^_^;


ウンコがリアル過ぎて、実写だと笑えないな(笑)

鼻水を垂らしながら、しんべヱがスローで
吹っ飛ぶ場面は、テンポの良さが忍たまの
ギャグの持ち味なのに、テンポ悪すぎ(^_^;

忍たまのギャグはチープなんだから、あんなに
派手な演出をせずに、もっとチープにした方が
良かったと思うけどな。



クラスメートの紹介は、いらんかったんちゃう(^_^;
ミュージカル俳優に気を遣って、不必要に長かった
あの歌の場面も大幅カットにして、エンドロールの
メイキング映像にあった竹中のバレリーナや
凧の場面をいれて欲しかったよな。


競争の場面は、鐘を撃つまで虎若と照星を登場させないで
最後に種明かしした方が笑いに繋がったし、乱太郎だけに
もっと感情移入が出来たと思うけどな。
 
このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/29246139

虎団Jr. 虎ックバック専用機
承認後に反映されます。






Last updated  2012.06.17 08:44:01
2012.02.26
カテゴリ:映画 ナ行



あらすじ
ある釣り人が霧深い森の奥へと進み、水辺でひとり
釣りを始めるが・・・。


解説


ベルリン国際映画祭
短編金熊賞受賞




『渇き』のパク・チャヌク監督が





iPhoneで
撮影した映画




そんなに画質は悪くないし、iPhoneってスゲーびっくり



出演は、「輪舞曲」
「美しき日々」のイ・ジョンヒョン
『オールド・ボーイ』
『親切なクムジャさん』のオ・グァンノク。 




ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


冒頭で演奏してたのは、UHUHBOO PROJECTという
バンドらしいが、ボーカル以外は付け髭した女?


主人公っぽくないルックス(笑)の男が釣りをし
夜中に女を釣り上げるが、水中にいただけでなく
瞬間移動までして、女が幽霊か妖怪かと思わせ
実は男の方が、幽霊だったんやな。

ラジオで南無阿弥陀仏の歌が流れてた時は
韓国って、変な曲が流行ってるんやと思ったが
そういう事やってんや(^_^;


日本のイタコ、『ゴースト』の霊媒師、今回の巫女にしても
降霊術をするのは、だいたい女性なんやな。

水でずぶ濡れの巫女に憑依した男は、車椅子に
乗った娘を抱きしめ、成仏する事を拒む(^_^;

しかし、嫁と喧嘩するなと母親に最後のお願いをし
振り返って娘を見て涙しながら、白い布を切る儀式で
成仏したのだった。
 





このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/27997085

虎団Jr. 虎ックバック専用機
承認後に反映されます。






Last updated  2012.02.26 09:30:28
2011.12.19
カテゴリ:映画 ナ行




あらすじ
伯母ミミに育てられているジョン・レノンは、ある日
近所に実の母が住んでいることを知る・・・。


感想







ビートルズのCDは、何枚か持っているので
曲は知ってるけど、ジョン・レノンの事は
オノ・ヨーコと結婚して、撃たれて死んだ人うっしっし
ぐらいな認識だったので、興味深く観れた。



ただ、本物のビートルズ好きに言わせれば
史実と、かなり違うらしいですが。




英国アカデミー賞
新人賞(監督)
英国作品賞
ノミネート



『ずっとあなたを愛してる』
のクリスティン・スコット・トーマスと
ジェームズ・マカヴォイの奥さんで
『終着駅 トルストイ最後の旅』
のアンヌ=マリー・ダフは
助演女優賞の候補となりました。




それから、新人賞のサム・テイラー=ウッド監督と
主演の『キック・アス』のアーロン・ジョンソンは



23歳
年の差婚

びっくり



アーロン君は、年上女性と絡む場面が多かったけど
年増好きにさせる為の監督の作戦だったのか?大笑い




出演は『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』
のデヴィッド・スレルフォール
『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』
のデヴィッド・モリッシー
『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』
のトーマス・ブローディ・サングスター
『抱きたいカンケイ』のオフィリア・ラヴィボンド
『Dear フランキー』のジャック・マケルホーン。


脚本は『コントロール』のマット・グリーンハルシュ。




『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


マリーより、友達の金髪の子の方が
可愛いと思うけどな(笑)


冒頭の「ハード・デイズ・ナイト」夢オチに
ストロベリーフィールズ孤児院って、否が応でも
気持ちが高ぶる始まり方やな。


あっと言う間に死んだジョージ伯父さんやけど
短い出番でも、良い人なのが伝わってきたから
惜しい人を亡くしたって気になれた。



ジョン・レノンは、ラブ&ピースっていう
イメージやったから、物凄いワルだったのは
少し意外やったな。
ポールがクソ真面目ってのも意外(笑)



「ポケットは近視?」

ジョンにとっては鬱陶しい伯母さんやけど
実の息子でも無いのに、愛情を持って育て
ちゃんとジョンの事を考える良い母親だよな。


それに引き換え、実の母ジュリアは優しくて
ジョンにとって都合は良かったかもしれんが
良い母親とは言えず、ミミに引き取られたのは
運が良かった気がする。

ただ、ジュリアがロックとバンジョーを教えなければ
ビートルズは生まれなかったと思うと、2人の母が
いたから、ジョン・レノンになれたんやな。

ジュリアはキス魔で、やたらスキンシップするが
母親にしては可愛い過ぎるから、自分がジョンなら
ムラムラすると思う(笑)

航海中に浮気して娘を産み、それとは別の男と
同棲してた妻と、やり直そうとしたなんて
ジョンのパパって、ある意味スゲー(笑)



姉妹に戻れて、これからって時にジュリアが
死んでしまうなんて、フィクションだったら
ふざけるなって思うけど、史実だから仕方ないか。

ジャイアン的なジョンに、バンドメンバーは
よく耐えたよな(笑)



散々、伯母さんを悩ませたジョンが、親か保護者の
どっちにサインすればと聞くミミに対して
「両方」って言う場面は、感動したな。

ジョンが終生、ミミに毎週電話したって
最後に文字で出た時も、良かったなと思えた。
 



このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/27624163


虎団Jr. 虎ックバック専用機
承認後に反映されます。






Last updated  2011.12.19 08:47:48
2011.12.03
カテゴリ:映画 ナ行




あらすじ
平凡な女性ジェーンは、空港で出会った笑顔が
とびきり素敵な男性ロイに胸をときめかせる。
しかし・・・。


感想
『ミッション:インポッシブル』
トム・クルーズが、『ソルト』と『ツーリスト』を
蹴って出演したものの、残念
興行成績に終わった作品あっかんべー



でも、トムが『ソルト』やってもヒットしてないし
『ツーリスト』は、どっこいどっこいの結果やったけどうっしっし



それに、残念な成績と言っても、1億ドル超えが
当たり前のトムにしてはで、『ウルフマン』と
比べれば、コケたって程の成績でもなかったし
タランティーノ監督が2010年のお気に入り映画
ベスト20に選ぶ等、そこまで酷い映画ではないし。



『チャーリーズ・エンジェル』のキャメロン・ディアスと
『バニラ・スカイ』以来9年ぶりに共演してますが



2人とも
年くったショック




そこが1番印象に残る作品ではあったがあっかんべー



共演は『フライトプラン』のピーター・サースガード
『アウト・オブ・サイト』のヴィオラ・デイヴィス
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・ダノ
『バッドボーイズ2バッド』のジョルディ・モリャ
『96時間』のマギー・グレイス
『ジェイン・オースティンの読書会』のマーク・ブルカス
『7月4日に生まれて』のデイル・ダイ
『運命のボタン』のセリア・ウェストン
『デート&ナイト』のガル・ギャドット。


監督は、『3時10分、決断のとき』
のジェームズ・マンゴールド。




『ナイト&デイ』公式サイト




ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


「物事には理由がある」


どこが警告やねん(笑)


ジューンがトイレで胸を寄せてる間に
CAとパイロットを殺害するロイ(笑)

ゲットすると意気込んで、何も知らないジューンは
ロイとキスするが、飛行機は畑に不時着し
薬の飲まされ、眠らされる(^_^;


本日の天気は晴れ、所により
トムが降ってくるでしょう(笑)

ロイに助けられたジューンだが、逃げ出して
消防士のロドニーに助けを求める。


「損傷は肉だけ、昇進できるぞ」

やってる事は滅茶苦茶だし、怪しすぎるロイやけど
誰に対しても常に紳士的だし、ジューンを拉致する時も
車に頭をぶつけないように気をつけてたし、どんな時でも
ジューンに褒め言葉を忘れないし、確実に良い人やん。



パニくるジューンが危険すぎるので、ロイは
毒ガス中和剤と言って、睡眠薬を飲ませる(^_^;

朦朧とする意識の最中、スカイダイビング等をした後
目覚めたジューンは、水着姿で南国にいた(笑)

暗闇で爆弾を解体できる自分には、水着を着せる事くらい
造作もないと言いつつ、ちょっと見たロイ(^_^;


2人のキスを邪魔するように、爆撃機が襲い
手刀で眠らされたジューンが目覚めると列車にいて
フェックの振りをした凄腕の殺し屋に、ロイも
苦戦するが、マジシャンの手という護身術エピを
回収して、事なきを得る。



女と密会してるロイを見て、ジューンは裏切り
離れ離れになるが、再会する為に、敵を接触して
捕まったけど、もう、ロイはジェーンの事は
全くマークしてなかったら、フェックも偶然
同じ所にいて、運が良かったよな(^_^;

仕事人みたいに、敵を1人ずつ吊るしていくロイ(笑)


「セックスしたい気分」

自白剤を打たれたジューンにコクられたロイは
銃弾が飛び交う中で、キスをする(笑)



ジューンは、安全な施設に移動させられるロイを
連れ出し、眠らせ、海パンを履かせ、形勢逆転(^_^;

いつかは危険な言葉なので、今すぐ夢を叶えに
ドライブに旅立ち、ハッピーエンド。


格闘技もかじり、運転の腕も良く、ジューンは
スパイの素養はあったとは言え、CIAを出し抜き
ロイの居場所を見つけ、奪い去るってオチは
やり過ぎな感じがしたな(^_^;

 





このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/27546403

虎団Jr. 虎ックバック専用機








Last updated  2011.12.03 17:23:42
2011.06.27
カテゴリ:映画 ナ行




あらすじ
古びた研究室の片隅で、奇妙な人形が目を覚ました・・・。


感想

「これまでの人生で
見た映画のなかで
最高の10分間だった」



『コープスブライド』のティム・バートンが
絶賛したアカデミー賞の短編アニメーション部門に
ノミネートされたアニメを、長編化した作品。



独特なビジュアルや、アクションの見せ方が上手く
悪くはなかったけど、無理矢理に引き伸ばした話は



最高の80分間
ではなかった大笑い




声の出演は、『ハッピー フィート』
のイライジャ・ウッド
『ロケッティア』のジェニファー・コネリー
『カールじいさんの空飛ぶ家』のクリストファー・プラマー
『ダレン・シャン』のジョン・C・ライリー
『アリス・イン・ワンダーランド』のクリスピン・グローヴァー
『エド・ウッド』のマーティン・ランドー。



『9 9番目の奇妙な人形』公式サイト


ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


小さい人形達が力を合わせ、マシンを倒していく所は
よく出来ていて、面白かったんやけど、ロボットと
人間の戦争って、まんまターミネーターやし
ビジュアルとは違い、設定は、ありきたりやな(^_^;)

メッセージもベタに、科学への警鐘っぽいし。



最初のシーンや、7が女性である事から
人形にはそれぞれ、9人の科学者の魂が
入ってるのかと思ったら、ヴォルデモートの
分霊箱みたいに、科学者1人の魂を分けたのは
1人の魂にしては意見が合わなすぎやし(笑)
多少意外ではあったけど。

科学者の女性的な部分を受け継いだのが7なら
なんで、あんなに強いんやろ(^_^;)



ピース・マシンは心が無いから、暴走して
人類を滅亡させたって事らしいから、2達の
魂を取り込んで、心が宿った筈やのに
何の変化もないし、その設定意味あったんか?(^_^;)

9の魂が取り込まれたピース・マシーンが
文字通り平和を築き上げるマシンへと変貌し
地球は復興への道を歩みだしたとか
ベタな感じで終わったら、意味あったけど。



てっきり、磁石が快感の8達は生き返るのかと思ったら
そのまま昇天って、どうせ助からないんやったら
普通にピース・マシン破壊しても同じちゃうん?(^_^;)

そんな、ありきたり過ぎるハッピーエンドを
嫌ったんかもしれんし、この映画において魂は重要で
魂を救う事は大事な事なのかもしれんけど、納得いかん。
 






このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/26693464

虎団Jr. 虎ックバック専用機
承認後に反映されます。






Last updated  2011.06.27 09:10:36

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

ヘスプレデータ修正… New! トラトラ甲子園さん

何を今さら... New! 徳虎さん

付き馬(立川談志 200… New! 雨里2006さん

劇場鑑賞「東京喰種 … New! BROOKさん

運を占い、土産も購… 夢穂さん

久しぶりのナゴヤ球場 タイガース非公式サイトさん

殿上人日記(仮) 殿上人夢穂さん
パイプの部屋 yohkuraさん
遠井の吾郎ちゃんの… 遠井の吾郎ちゃんさん

Rakuten Ranking

Free Space



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.