805294 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ〜ウルトラランナー経理部長の経理の仕事とマラソン日記〜

経理は地味だが役に立つ〜ウルトラランナー経理部長の経理の仕事とマラソン日記〜

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

ウルトラランナー経理部長

ウルトラランナー経理部長

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

aki@ Re:新プロジェクトX(04/16) この様な書込大変失礼致します。日本も当…
経理のHIRO@ Re[1]:自宅を後に(07/04) カバちゃんさんへ ありがとうございます。…
カバちゃん@ Re:自宅を後に(07/04) お疲れ様でした。 相変わらず、忙しいね。…
元上海副総経理@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) カバさん、ありがとうございます。 久しぶ…
椛澤勝典@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) お疲れ様でしま😀 今晩は、ゆっくり出来ま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年02月25日
XML
カテゴリ:業務改革
全国銀行協会(全銀協)が、企業間取引のデジタル化に向けて動き出します。
請求と入金のデータが自動で連携する仕組みを作り、紙での作業を減らして、経理業務を大幅に軽減することを実現させます。

全銀協が運営する送金データの管理システム「全銀EDIシステム(ZEDI)」を、企業の会計ソフトへ組み込む方向です。
ZEDIは銀行間の決済システム「全銀システム」と連動しており、個々の送金情報と、商品やサービスの請求番号を紐付けるということです。

会計ソフト上の請求データと、ZEDI上の送金データを自動で連携することで、これまで紙の伝票などで確認していた業務が不要になります。
いわゆる「消し込み」と呼ばれる作業が、これで不要になります。

通常の商取引では、商品代金などは掛取引になっています。
大体が1ヶ月単位でまとめて、請求書を発行します。

納品件数などが多いと、月のうちに何回も掛け売りが発生します。
また、相手先の複数の部署と取引がある場合なども、何件もの掛け売りが発生します。

通常は本社で10万円、A支店で5万円の取引があったとしても、15万円が本社から入金されてくることが多いです。
入金された企業では、15万円の売掛金を、本社分10万円、A支店分5万円と確認して、両方を消し込みます。

ここは結構時間と手間がかかる業務です。
また、代金支払いの際に、相手方が債権を相殺して支払う場合などもあります。
こうなると、相殺される代金の一覧や金額のチェックも必要となります。

今回のこの動きが実用化されると、これらの消し込み作業はほぼなくなると思います。
是非とも早期に実現してほしいものです。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2021年02月25日 18時16分55秒
コメント(0) | コメントを書く
[業務改革] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X