779344 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ〜ウルトラランナー経理部長の経理の仕事とマラソン日記〜

経理は地味だが役に立つ〜ウルトラランナー経理部長の経理の仕事とマラソン日記〜

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

ウルトラランナー経理部長

ウルトラランナー経理部長

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

aki@ Re:新プロジェクトX(04/16) この様な書込大変失礼致します。日本も当…
経理のHIRO@ Re[1]:自宅を後に(07/04) カバちゃんさんへ ありがとうございます。…
カバちゃん@ Re:自宅を後に(07/04) お疲れ様でした。 相変わらず、忙しいね。…
元上海副総経理@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) カバさん、ありがとうございます。 久しぶ…
椛澤勝典@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) お疲れ様でしま😀 今晩は、ゆっくり出来ま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024年04月11日
XML
テーマ:ニュース(99610)
カテゴリ:流通・小売業

昨日、セブン&アイホールディングスの決算発表が行われました。
営業利益は過去最高で、好調な国内コンビニ事業に加え、不採算の百貨店事業の売却が奏効したと言えます。

その決算発表の記者会見の席で、イトーヨーカドーを含むスーパー事業の将来の上場構想が明らかになりました。
既に一部報道がされていましたので、内容は知っていました。

持続的成長のための有力な選択肢、として、スーパー事業の上場の検討を始めると発表しました。
2026年2月期の黒字化に向けて構造改革を実行した上で、2027年以降の上場実現を目指します。

上場した場合でも株式の一部は保持し、食品開発などで協力関係を維持するとしています。
スーパー事業の中間持株会社を設立し、イトーヨーカドーやヨークベニマルなどのスーパーを運営する会社を傘下に置くという構想のようです。

この中間持株会社を上場させるということで、セブンは株式保有には拘らないという報道もあります。
スーパー事業、特にイトーヨーカドーの再編を進めている中で、祖業から大きく離れていく可能性もあります。


鈴木敏文 商売の原点 (講談社+α文庫) [ 緒方 知行 ]

セブンのスーパー事業は、赤字が継続しています。
テコ入れのため、イトーヨーカドーは北海道、東北、信越エリアの店舗を他社に承継し、首都圏への集中を進めています。

過去よりセブンは、いわゆる物言う株主から、不採算事業を切り離し、コンビニ事業に経営資源を集中するよう迫られています。
今回の件は、この意向を汲んだ形になったと思います。

しかしながら、どことなく違和感や、すっきりしない印象を受けているのは、私だけでしょうか。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年04月11日 18時50分17秒
コメント(0) | コメントを書く
[流通・小売業] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.