21876896 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アンチエイジングの鬼

PR

Profile


korrida

Free Space

ブックマーク

私のフェイスブックです。
鬼のフェイスブック

私のインスタグラムです。
鬼のインスタ

私のツイッターです。短文が苦手でほとんどつぶやきません(笑)
鬼のツイッター

私の施術院です(現在ご新規の受付はしておりません)
ナチュラルカイロプラクティック

Recent Posts

Category

Archives

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

2006年03月08日
XML
昨日書いたローヤルゼリーの山田養蜂場から、もうお礼メールが来ました。
信じられない!どうして書いた事を知っているの?最近私が書いた事がすぐに知られるのでびびっています。
お名前間違えたようですみませんでした。所じゃなくて場でしたね(汗)


ところで、女が化粧品を変える時って勇気がいりますよね。
特にライン使いをしていた場合、別のブランドに移行するのはよくよくの事。
特に長い期間使っていて、効果があった時期があればなおさらの事です。
もう今は別段効果もなく、むしろ肌に合わなく感じてマイナスな気がしていても腐れ縁の彼氏のように(笑)なぜか簡単には別れられない感じ。

でも新しい化粧品に出会い、腐れ縁の彼氏を捨てようとまで思った場合、今度は多大なる期待とトキメキ、そしてそのメーカーが持つ「コンセプト」や「効能」は時には、、


まるで宗教のように(笑)信仰心まで芽生えさせてしまいます。


前にも書きましたが私は化粧品にあまり「効果」を期待をしていません。
肌を大気汚染や紫外線から守ってくれて「害」さえなきゃ良いと思っています。
よって何かをライン使いした事がほとんどなく、このメーカーのあれはいい、こちらのブランドならこれ、、ってな感じでバラバラ。
実際ライン使いにあまり意味のある場合は少ないらしいです。
なので、このブログに~のファンデがいいと書いていても、同じメーカーのクリームは×と思ってる場合も多々あります。

最近出会ったフランシラのファンデにシルクパウダーを軽くつけると、ほんのりマットになり最高ですが、そこにマイエッセンスのルースパウダーをつける日もあります。

このマイエッセンスはオーストラリアのオーガニックメーカーなのですが、すばらしい事に界面活性剤を天然のレシチンのみでやってのけています。
しかも配合量も物によって違いますが、0.5%~3%内です。
ハウシュカのクリームが5%ですから、界面活性剤だけを見ればさらに肌に優しい処方というわけです。

ただ、こちらのファンデはほとんど薄付きで、塗ってる意味なしとの@コスメの評判でしたので、ルースパウダーとコンシーラのみを個人輸入しました。
ちょうどファンデを探してる時期だったので、メイク用品ばかりになりましたが、今後スキンケアラインも試してみたいとは思っています。
ルースパウダーはこの手の自然派には珍しくほんのりキラキラしてて派手な肌になれますよ。コンシーラは正直硬すぎかな。ロゴナのほうがいいかも。


もう一つ、友人からサンプルをもらいこの10日間ほど毎日ライン使いをした化粧品があります。
その友人は使って1年半でノーファンデになったそうです。
名前はサンダースペリーというメーカー。
元は1947年に作られたイギリスのナチュラルコスメでしたが、今は日本の企業がライセンスを買い取って国内生産しています。


ここの売りは、最終的にはノーファンデに耐えられる美肌になれるという事です。


そのためにはライン使いが効果的であると。
うーーーむ、いわゆる神話ものですな(笑)
でも実際ノーファンデになっている方がいるわけなので、私の中の「信仰心」が揺らいでおります(笑)
しかも10日使ってみて、かなり肌のきめが細かくなり、何かやみつきにさせる魅力を持っています。


しかし、ここは変わっていて会員になるか、はたまた会員からしか買えないという狭き門。
よく知らないのですがいわゆるネットワーク系のようで、こういう系が苦手な私の二の足を踏ませます。
よって興味のある方がいましたら、買い方は本社に問い合わせて下さい。

基礎化粧品にはココイルアルギニンエチルPCAという合成界面活性剤が0.5%程度とフェノキシエタノールが同じく0.5%程度入ってますが、この合成界面活性剤は乳化剤の意味合いではなく防腐剤として入れているようで、乳化はなんと寒天とレシチンです。
ほかは植物油と精油と植物エキスのみというシンプル処方。
ただしシャンプーとかには合成界面活性剤が入ってますから(きっと微量でしょうが)私は使いたくないかな。


なぜ防腐剤が入るかというと、いわゆるナチュラルコスメはエタノールなどのアルコールで防腐効果をある程度出していますが、ここはそれを肌刺激として嫌って、ノンアルコールを実現しているのです。

実際今までいろんなナチュラルコスメを体験して、エタノールがきつく感じるメーカーもあったので、その考えは、なかなか魅力的であります。
うーーーーむ、悩みどころですね。


ほんとに化粧品って女の宗教だわ!!



アンチエイジングランキングに参加中!
応援よろしくお願いします。
blogランキングに1クリック下さいな






Last updated  2006年03月08日 12時14分14秒
[安全できれいになる化粧品] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.