23166074 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

前日比▼456,642円 New! かぶ1000さん

日本軍勝利。万歳! New! CASHFLOW101さん

底を探る New! slowlysheepさん

メモ2 New! 4畳半2間さん

7296FCC(時価総額9位… New! わくわく303さん

日経マネー掲載!! New! reformer21さん

ユニリタ(3800)---連… New! 征野三朗さん

どうポジションを動… toms2121さん

雑記 6月17日 らすかる0555さん

日本も核武装が唯一… ペタジーニ昭さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Mar 14, 2018
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト69位





 投資家のヨットはどこにある(フレッド・シュエッド・ジュニア著、パンローリング社)





 の最終回第3弾です。














 今日も、78年の時空を超える、シュエッドの金言を見ていきましょう。






 
 古き良き時代には「偉大なる投機家」が何人もおり、武勇伝が少なからずいまに伝えられている。




 基本的現実を把握する能力の欠如は、小物か大物かにかかわらず、投機家に共通する顕著な精神的欠陥である。




 投機家は治療不能なロマンチストであり、たいていうぬぼれが強い。頭の回転が早く、活動的で、機知に富み、抜け目がないかと思えば、抜けていたりする。









 最後の1文、完全に自分のことでした。(滝汗) シュエッド先生、すいませんでした。今日から、もっともっともっと謙虚に市場で戦っていこうと思います。










 
 英語で最もいいかげんな使い方をされている代名詞を選ぶとしたら、私は「彼ら(they)」を指名する。




 この用法はウォール街でも盛んに行われている。「彼らは銅を買いあさっている。」、「彼らが利食いをしている。」、「彼らはクライスラー株を額面まで下げようとしている。」、「彼らは共和党が選挙に買った後までこの相場が続くのを黙ってみちゃいない。」など、、、、。










 現代日本だと、「彼ら」は「筋」と呼ばれます。より厳かに「資金筋」と称されることもあります。シュエッドの言葉の続きを見ておきましょう。











 
 ここ10年間は偉大なる投機家や相場師はひとりも現れていない。ところが、「彼ら」の使用は衰えを見せていない。となると、「彼ら」というのはいまでは悪魔でしかあり得ないということになる。




 ​投資と投機は別物だと言われる。そして、どちらか一方だけを実行して、もう一方には手を出さないのが賢明な人間のやることだとアドバイスされる。これは悩める若者に「恋と情欲は別物だ」と説くのに似ている。​




 投機は、少ない金を大金にしようとする、たいていは失敗する試みである。



 投資は、大金が少ない金になるのを防ごうとする、成功するはずの試みである。







 


 太古の昔から多くの投資家が、投資と投機の違いが何か?について議論を交わしてきました。そして私もそんな「彼ら」の多くの言葉を様々な書籍を通じて読み続けてきました。






​ ただ個人的には自分の中ではもう何年も前にこの問題は「すっきりきっぱりくっきり」解決しています。それは尊敬するスイス人投資家




 マックス・ギュンター







 の以下の言葉を読んで「その通りだな。」と得心したからです。​











​​ (投資と投機には)実際には、何ら違いはない。率直に話をする 



 ジェラルド・ローブ







 が言い表したように、







 ​すべての投資は投機である。唯一の違いは、ある人はそれを認め、ある人はそれを認めないこと​




 だ。
​​




















 さて、これでこの本の紹介は終わりです。78年という時空を超える不思議な魅力に満ちた、「全然古くない」素晴らしい1冊です。未読の方は是非。


 

​​​






Last updated  Mar 14, 2018 06:21:14 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.