37068461 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

きらきらとギラギラ New! slowlysheepさん

安田倉庫(9324)---荷… New! 征野三朗さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

2872セイヒョー(時… New! わくわく303さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

前日比▼1,530,300円 かぶ1000さん

【重要なお知らせ】… 楽天ブログスタッフさん

国恥地図?これが中… モンゴル2008さん

KDDI reformer21さん

RC四階建て物件購… CASHFLOW101さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Sep 11, 2021
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト120位





 アルファフォーミュラ (クリス・ケイン+ローレンス・A・コナーズ著、パンローリング、2020年)







  

 の第4弾です。






 今日も、 第3章 トレンドフォローがうまく機能する理由 から。











 ​
 どうして株はトレンドを形成するのか




 ここまでで、トレンドは市場に付きものの特徴であり、何百年にもわたって存在してきたという定量的証拠が数多くあると納得したはずだ。

 

 この研究から当然生まれる疑問は、どうしてそういうことが起きるのかだ。。。効率的市場仮説によれば、過去のパフォーマンスは将来のパフォーマンスについて何も語らないはずだが、研究と実世界では相反する結果が出ている。



 多くの専門家は現在、これを説明するために行動ファイナンスに目を向けている。次は、市場でトレンドが生じる傾向に人間の行動が果たしている役割について、前に述べたAQRの論文から直接引用した文章だ。



 「価格にトレンドが存在するのは、アンカリングや集団行動などの投資家による長年の行動バイアス、それに中央銀行や企業によるリスクヘッジなどの非営利目的の取引にもよることを多くの研究が示している」












 トレンドフォロー投資が有効なやり方であることは多くのエヴィデンスから明らかな訳ですが、ではなぜそれが有効であるのか?には多くの謎があります。




 その疑問に対するコナーズの答えは簡潔で分かりやすいですね。(続く)









Last updated  Sep 11, 2021 02:24:01 PM



© Rakuten Group, Inc.