3975494 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あしたの風

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

スリランカ・モルディブ

January 4, 2018
XML
テーマ:海外旅行(5101)



こんな海を眺められるのがうれしい朝…

まだ冷たい白砂をトコトコと歩いて波打ち際へ

この日はちょっと雲多めかな

午後スコールの予報が出ていたもんな~ 降るかな




細長い魚?ヤガラみたいな魚が泳いでました




この日はランチにタイレストランへ

ビーチがすぐそばってこともあるのか

プールは小さめ、ほぼここではみなさま

お風呂のようにプールに入りながら浸かりながら

プールの中にあるバーに飲みに来る場所みたい




ビーフのバッタイとソムタムがおいし~

タイ資本のホテルだけあって

タイ料理は評判のおいしさです




アイスは何だったんだろう、ちょっとリキュールっぽかった




ビーチにはこんな張りだした場所があって

もちろん有料だけどプライベートサンセットディナーを

盛大にお勧めしてましたよ

ハネムーナーが多いみたいなので需要もあるらしく…

でもこれ見て、バブル時代を思い出したのは世代かしらね 




・・・・と、突然のスコール

部屋に逃げ込んだのだけれど

直ぐ先の水上コテージすら見えなくなってる(@o@ !!




いや~これはサンセット無理じゃね?って昼寝しちゃった


らば… さすがにスコール1時間ほど後には止んでいて

明るくなってるやんっ!

急いでサンセットスポットの水上バーに向かったけど

さすがに外のソファはベチャベチャで座れず

屋内から眺めることに




確かに雲は多いけれどオレンジが美しい

ワインも美味しいけどね… 




日が落ちてからしばらくしたときの

一瞬濃くなるオレンジがビューティフォ




最後の晩餐はアラビアン

砂漠に建つテントをイメージしていて

海も見えないところにありました

カーペット敷きになっていて

靴を脱いで裸足っていうのもアラビアン?!?




こちらのレストランはオールインクルーシブには

入っていないのだけれども

一人40ドルのクレジットがでるので40ドルまではタダ

けれど、サービス料等は別なのでちょっとだけ高いかな

飲み物はタダなのですけどね




チョイスしたのは… やっぱりフムス!!!

前菜の盛り合わせにもフムスが入っていたのだけれど

ひよこ豆好きなのでフムスはウェルカム!!

野菜のマリネもおいしかったあ




で、メインはコレっ

ラムチョップですっ

ミルキーなラムは柔らかくてジューシー

これは赤でしょ、と赤ワイン すすむ~~




もう最終日… 

深夜便なのでほぼ一日ありますが

この早朝の景色も見納めです




部屋の利用は12時までですが

オールインクルーシブプランは

それ以降も、ランチ、ディナーと出発まで利用可能

バーで飲むアルコールだけは有料になるとのこと

ただ、レストランでいただくランチ、ディナー時には

アルコールフリー …バーもフリーにしてぇなんてね(ρω< )⌒☆


パッキングも終わったので、最後にバーで飲もっ

っと、ハイビスカスを愛でつつ きれいよね




ゲゲゲって思うくらい密集している

お魚ちゃん達を通り過ぎバーへ




最後のビール いっとく!




こんなに美しい海を見ながら

カクテルを飲めるのは… 次はいつだろう




はいはい… またまたやってきましたタイレストラン




お魚のサテがあったのでおつまみにしてみれば

これがスパークリングワインにあうこと(≧▽≦)ゞ

まあさ、夜まで暇だからゆっくりしちゃうもんね

ソムタムもおいしいし…




ガパオライスで〆といたしましたあ

それにしてもよく食べたっ!飲んだっ!!




シャワールームもあるので帰国時に便利です

さすがに汗かくもんね~

すっかりと帰国仕様になってロビーで待機していると…

すんごいスコールやってきて… 二重の虹ですっ




スコール後のせいか揺れる揺れるのスピードボード

ちょっと気持ち悪くなったわヾ(。>﹏<。)ノ

短い距離でよかったあ…

22時30分香港に向けて離陸

上空から「島の花輪」が光っているのが見えました

・・・機内食はモニョモニョ

ハーゲンダッツのアイスが付いてくるのは良いんだけど

チョコって(・Д・`) チョコは食べられな~い




ということで、帰国時も香港のラウンジで

ヌードルアゲインでした

こんなに機内食食べなかった食べられなかったのも珍しいわ




曇天の成田にはほぼ定刻着…でした




3泊という短いバカンスだったけれど

南国の美しい海を眺めて命の洗濯してきましたっ

バヌアツも好きだけど…

ニューカレドニアも捨てがたいけど…

タヒチもとーっても良かったけれど…

モーリシャスも素晴らしかったけれど…

モルディブもめっちゃステキな楽園でした

比較的近いし、短くても楽しめるリゾート

また行きたいな… と切に思う次第です

今回も旅行記とは言えない食べるだけの記事を

お読みいただきありがとうございました

また次回 …は明後日から    ......fin.

2017年12月:インド洋に浮かぶ「島々の花輪」モルディブの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


Instagram 始めました(^^♪

☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:24:16 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 3, 2018
テーマ:海外旅行(5101)



小さな島にあるホテル

一周歩いても10分かかんないよね… 

くらいちっちゃい

そこに140室くらいあるのだから

どんだけ過密なの?って思うかもですが

ほとんどのお部屋は水上コテージで

20部屋くらいがビーチヴィラになっています

島には4つのレストランとロビーバー

プールとプールバーがあり、水上にもバーがあります




島内は全て白砂で

そこから繋がる真っ青な海がどこからでも眺められます

しかも水族館もビックリなくらいのお魚が泳いでいます




右奥に見えているのが水上バー

海の中にもテーブルとパラソルあるし…




魚だけじゃなく鳥もいまして…

なにいやら大きな鷺のようなのが飛んできて着地




プールサイドまでトコトコ歩いて行ったかと思うと

首をすくめて威嚇しているというか狙っているというか

何をしているのかと上を見てみると、プールバーの屋根にも白鷺




デコイかと思ったぜぇい…

こっちは興味津々なのか、首を長ーく伸ばしてました




早速水上バーのヴューバーへ

木製の魚のオブジェが迎えてくれます




円形の建物の周囲にはソファベッドのような

大きなソファがおいてあり

ドカッと座って眺める景色はビューティフォ




ソファがおいてある回廊のさらに先にはネットが

貼ってあって、これがまた良いんです

もっともサンセットの時間にはカップル専用って感じで

ぽっち組は全然及びじゃないって感じでしたが…




海の上なので涼しいし、間近に海が見れちゃう




ビールで乾杯 …朝だけど

リゾート来ちゃうとコレが楽しみなんだよね(о♡∀♡о)/




ビールの後はもうランチ

このホテルにはビュッフェレストランの他

イタリアン、タイ、アラビア料理のレストランがあり

アラビア料理はディナーのみ

これは巡るしかないわね… と、まずはイタリアン




外は暑いから屋内のテーブルにしましたが

プールが見えていて涼し気

前菜、メインとも5種類くらいからチョイスできる

コース仕立て

バルサミコが沈んでいるオリーブオイルとパン




前菜はほうれん草がたっぷりと包まれている

チーズトロトロでトマトソースも美味しいカネロニ

大きいぞぉ(⦿_⦿)

パスタは薄くてほぼほうれん草を楽しむって感じ

後ひく美味しさでついつい食べすすんじゃった




メインはタコのグリル …なんですが

添えられているリゾットの方が多いくらい

パルミジャーノたっぷりでこれまた美味いのなんの

タコがイイダコみたいでおいしいけど

だけど、多すぎだよね




デセールのパンナコッタは海外っぽいというか… 甘っ!




いやいや食べ過ぎました っす

さすがにちょっと散歩するざます…

ポーチュラカがきれい





プルメリアや夾竹桃も…





午後はまったりと… 海を眺めながらの読書

考えてみたら、クルーズにいっても

リゾートに行っても本読んでるなぁ~

最近日本にいると電車にあんまし乗らないから

読書してないんだよね… って、家では読まんのかいっ

今、司馬遼太郎さんにハマってまして

ゆっくりと読んでおりまする


・・・で、読書していると寝落ちするのも常でして

あっ!サンセットじゃんっ

ってことで、いそいそとまたバーに向かう母娘




ちょっと雲が邪魔?だけど…

やっぱり海に落ちる太陽って美しい




からの・・・ ディナータイム また食べるんかいっ

プールサイドにイタリアンと並んでいるタイレストラン

夜になるとソコソコ涼しいので外のテーブル




といっても…

ランチをどど~んと食べてしまったので

サテやイカの炒め物をお願いして軽く…

さすがに食べ疲れです(ノ◇≦。)




母を部屋に送って、もう一杯…

ロビーバーからはボーっと首都マーレの光が

見えてるんですよね

なので雰囲気がまた違っていて良いんだ~




Instagram 始めました(^^♪

続きはこちら 3. スコールもありましたが概ね晴天のバカンスは飲んで食べてであっという間に終了 ~帰国

2017年12月:インド洋に浮かぶ「島々の花輪」モルディブの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:24:44 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 2, 2018
テーマ:海外旅行(5101)



2017年最後の海外はモルディブ、90か国目になりました( ๑❛ᴗ❛๑)

サンスクリット語で 「島々の花輪」を意味するモルディブ

珊瑚礁の島々が輪を描くように浮かんでいて本当に花輪みたい


実はモルディブ旅行を計画していたことをコロッと忘れていて

11月に直ぐ近くのスリランカに行っちゃったんだよね…

そのままスリランカで待機していたらよかったかも(´艸`)

なああんて思っちゃった

ま、何はともあれ成田でビールを飲みつつ旅スタート




モルディブまでは直行便が無いので

香港、スリランカ、もしくはシンガポール経由が一般的

一番安かったのはドバイ経由だったけど …さすがにね 遠っ

キャセイパシフィックで香港経由です

あんまり気がすすまなかったのは、機内食不味いんだよね

飲めれば良いかと諦めて…




香港のラウンジでヌードル食べて満たすんだ~ みたいな…




機内食は美味しくないけれど… 

今回はサプライズというかプチっとハプニング

CAさんが「ハッピーハネムーン♡」と

ケーキとシャンパンが届けられたのです

こちとら母娘旅… ヲイヲイ、誰かと

間違えているんじゃないかと確認するも

名前もあってる… 

でもね~ こっぱずかしいぞ

って言いつつシャンパンいただきました~




香港まで5時間、そこからモルディブまで7時間のフライト

けっこうな遠さだったのは否めないけれど、到着!

今回の宿泊先は空港のあるマーレから近く

こんな高速ボートで20分ほどのところにある島です




スリランカ南西のインド洋に浮かぶ26の環礁

そこに約1,200もの島が存在するモルディブ

無人島が多く、人が住んでいるのは約200島

1153年にアラブ人がイスラム教を伝えて以後イスラム教国家です

空港のあるフルレ島に首都マーレがあります

そんなマーレの光を後に… 高速船 速っ




北マーレ環礁にあるホテルに到着したのは午後11時前




ロビーはサンドカーペットになっていて南国というか

ビーチリゾート来たっ!!って感満載

同じ飛行機だった人は4人だけだったので

チェックインもスムーズに進み、お部屋へ…

ってことになったのだけれど

「ホテル内のバーは全て23時にクローズしちゃうので

飲むならロビーバーで一杯どうぞ」と言われ




スパークリングワインで乾杯っ

こちらのホテルオールインクルーシブなので

例外もあるけれど、飲食ほぼ全てフリーです

クローズ直前だったので、一杯しかいただかなかったけれど

「後はお部屋で飲んでね」と

赤ワインくれました♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪




実際には飲む元気もなく、爆睡でしたが… ( ˘ω˘ )…

翌朝、お部屋の前にはこんな景色が広がっていました

右側に見えているのは水上コテージ






シンプルなお部屋は清潔で十分な広さ

ベッドの頭の上の窓は… バスルームにつながっています




オーシャンフロントでビーチベッドとパラソルも専用




さあて朝食に行くわよっ

ビーチヴィラは平屋でこんな感じです

島全体が一つのホテルになっていて

敷地内は全てこんな感じの白砂が敷き詰められています




ロマンチックなブランコが置いてあったり…




イグアナさんもご挨拶に現れてヾ(◕ˇoˇ◕ℒ)

影が恐竜っぽくてかわゆい





朝食はオーシャンズというビュッフェレストラン




中はサンドカーペットになっていて

イルミネーション風のところや

オープンテラスっぽいところがあったり






フルーツもたっぷり…




天井からは不思議なフォルムのランプが下がっていたり

なんだか楽しいレストランだわ





野菜も新鮮… 清潔感溢れるビュッフェなので

安心して生野菜も食べちゃいました




パンも豊富に揃っていたけれど…




オムレツを焼いてもらってチーズをのっけたり




麺の種類が選べるヌードルバーでフォーを食べたり…

このお出汁がクリアなお醤油ベースで美味しかったよん




はたまたタジン料理も並んでいたので

カレータジンとアラビア系のお料理を食べたりと

朝食のバリエーションが豊富でおいしかったわ




ヨーグルト&フルーツは毎朝食べてたけどね




そんなこんなで束の間のリゾートライフ始まりました

Centara Ras Fushi Resort & Spa
North Male Atoll, North Male Atoll, MALDIVES

続きはこちら 2. 飲んで・食べて・ボーっとして… 何もしないリゾートライフ

2017年12月:インド洋に浮かぶ「島々の花輪」モルディブの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


Instagram 始めました(^^♪

☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:25:09 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 16, 2017
テーマ:海外旅行(5101)



今回宿泊したホテルは12歳以下のお子様はお断り

という、大人のリゾートでした

なので、静か…

もっともハネムーナーも多いので

彼らは総じて賑やかです

立派なカメラで四六時中奥様撮ってる…みたいな

どんだけ好きなん って突っ込みたいわ


年配の方も多くてみんなのんびり

水上バーに集まってきては

いっぱい飲んで…

またビーチや海への繰り返し

シュノーケルしなくても魚と遊べるとこでした

詳しくは旅行記で… 本日夜中の便で帰国しまーす

Instagram 始めました(^^♪


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:25:35 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 14, 2017
テーマ:海外旅行(5101)



モルジブに来ています(((o(*゚▽゚*)o)))

先月行ったスリランカとは目と鼻の先…

スリランカにずっといれば良かったかしら

なああんて思わずもがな…

Instagram 始めました(^^♪


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:26:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 11, 2017
テーマ:海外旅行(5101)



起きたらちょうど朝日が昇る時間 ヾ(◕ˇoˇ◕ℒ)`*:;,。・★

それにしてもこのホテルというかこの部屋

微妙に朝日も夕日も見れない場所だわ




海も空もパステルカラーってビューティフォ




この日は最終日、夜の便で帰国予定

なので、これが最後のカレー

いやはや6泊8日の旅だったので

6回朝カレーやっちゃったわね

ここのも美味しいカレーだわ ってことで

追カレーをスープのごとく ゴクゴクと




せっかく来たんだものリゾートホテル

ってことで、外にでてみた…

なああんかここで数日ボーっとしていたいわ




インド洋にも足をつけてみたわよ




この青空の下でゴールの街を散策し直したい気分




ビーチから見るホテルはピッカピカ☆彡☆彡☆彡




ロビーからの眺めもワンダフォだし

どこをどうとってもモダンなリゾートホテル




お部屋も広くてよろしいのだけれど…

実はお部屋の設計には?なとこありました




バスルームの扉がピッタリ閉まらず

湿気ムンムン …なのに、スーツケース置き場も

クロゼットもバスルームにあるんだよね

ってことで、使えね~ な場所

その場所をバスタブにして欲しかったなぁ(・Д・`)

と思った次第、ま、ちっぽけな愚痴です




もちょっと居たかったゴールですが致し方ありませぬ

一路スリランカの最大都市コロンボに向かいます

内戦終結後の2012年にスリジャヤワルダナプラコッテに

遷都してしまったのだけれども

今でも国会議事堂はコロンボにあるんだよね

1979年に完成した国会議事堂は

スリランカの有名な建築家ジェフリー・バワの設計




こちらもジェフリー・バワ設計の

ベイラ湖に浮かぶシーマ・マラカヤ寺院(1978年)




国会議事堂と違ってこちらは入れます




青瓦がきれいな本堂 …黒く映ってますが青です




その右側にも浮かぶ小さなお堂 …には入れません




四方を仏像が守るように並んでいる本堂の

この木の造りが素晴らしすぎ …電球が邪魔やんかっ




もちろん内側もステキ

こんなにおしゃれなお寺って見たことないかも…

まるで美術館にいるかのような気分になります






自然と調和しているジェフリー・バワの建物ですが

周りはどんどんと都市化しているので

こんな光景になっています …これはこれで良いのかな




左側にはストゥーパと菩提樹 は、写ってないか




4隅にヒンズーの神々が祀られているんです

象さんはガネーシャ神だったっけ

スリランカでは仏教とヒンズー教の混合は普通のことだとか…

日本の神仏混合みたいなものかしら?






不思議な寺院でしたが、帰り際に振り返って

も一度見たくなるような美しいお寺でした




最後に立ち寄ったのはこれまた

ジェフリー・バワのカフェ




こちらも美術館クラスです

完全にスリランカにいること忘れた時間




チョコ&チーズケーキとセイロンティ

ノーチョイスだったのでしょうがないですが

チョコが食べられないのでパス

セイロンティは普通に美味しかったですが

やっぱりどうしても「おいひ~」って感じは無くて

我がバカ舌を呪うわ




空港に向かうときに見えたのは

建設中の蓮の蕾形のコロンボタワーや

モスクそれとも元モスクのお店?

なんだか新旧取り混ぜの混沌とした街でした






着いた時にはまたしてもスコールだった空港

それでも直ぐに止んで最後にこんな夕焼け見れちゃったわ




ラウンジにはカレーもあったけれど

久しぶりにコロッケやハンバーグなんて

食べたくなっちゃって… 

しかも2時間以上暇だったんで

やっちまったワイン1本(^ω^ ≡ °д°)

さすがに機内食は遠慮しておきました






ほぼ定刻の20時に離陸したフライトは8時間弱

翌朝無事成田に到着いたしました

漠然とインドと似た国かなと思っていたスリランカ

全くもって似て非なるオリジナリティ溢れる国でした

何と言っても美しい!清潔!生野菜が食べられる!!

ジュースも飲める!と驚きました

歴史が長く、遺跡も多く、文化も多様で、自然もいっぱい

それ故世界遺産も多く登録されていて魅せられる国でした

シギリヤ・ロックはしんどかったけれど

登頂できたことも良い思い出です


そして何より

サプライズで誕生日を祝ってくれて

何をしゃべっていたのかも忘れるほど飽きずにしゃべり倒し

どんだけ呑むんだ~と言いつつ、毎日一緒に飲み続けてくれた

友人に感謝感激の旅でした

そして読んでくださった皆様

今回も長い旅行記にお付き合いいただきありがとうございました

次回の旅は今年最後の旅になります  ......fin.

Instagram 始めました(^^♪

2017年11月:世界遺産と美しい自然が残るスリランカの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:26:30 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 10, 2017
テーマ:海外旅行(5101)



この日はキャンディから南端のゴールを目指します

…の前に、毎日おんなじ写真使ってね?と言われそうな

朝ごはん with ダールカレー ちょぴっとヌードルも追加




朝からバスで向かった先はキャンディから西へ30kmほど

キャーガッラという街の郊外にあるピンナワラ

ここに象の孤児院があるんです

途中、昔走っていたという列車が並んでいるところを通り…




ジャングルで親を亡くしたり、はぐれてしまった子象

けがをして野生に戻れなくなった象などを保護しています

大きくなったら野生に返すの?と聞いてみたら

一度人間に慣れてしまうと、野生の象とは馴染めなくなるそうで

返すことはできないんですて… ちょっと切ない(´;δ;`)

朝9時半から毎日行われているという子象のミルクフィーディング

哺乳瓶からミルクを飲む子象って愛らしい~




のんびりとタムロ?している象さん達…




の~んびり…

なんて眺めていたら行進しだした象さん達(⦿_⦿)

目の前をゾロゾロと…




一頭だけ 「やだもん」とゴネテテ

飼育員さんの頭をガブリ ってやって怒られてた(´^ω^`)




で、どこに向かっていくかと言うと

こんな商店街を通り抜け…





おとなしいとは言え

こんな近くを象さん達通るってちょっとビックリよね

暴れん坊君には鎖が巻かれていて それがちょっと切ない




商店街の突き当りにはあったのは大きな川

飼育員さんが強烈な水圧で水をかけている中

うれしそうに象さん達戯れてます




水が止まった後ものんびりと水遊びをする象さん達

でもさ… 暑っいのよっ

ってことで、川が見下ろせる絶好のロケーションに

あるんですよね~ 飲めるカフェが…

「象を狙うライオン」ってとこかしら?

花より団子じゃないけど、象よりビールだわ




象の孤児院を後に一路ゴールを目指します

途中から高速道路ができていて快適快適

こんな近代的なSAもありました




建物だけ見ているとここってどこ?

くらい日本みたいなんだけど

ワンコが寝ているのは日本じゃあり得ないわね





ちょっとというかかなり雲行きが怪しい中ゴール到着!


14世紀ごろにアラビア商人たちの東方貿易地として繁栄し

1589年にポルトガル人によって砦が造られたゴール




それをきっかけにしてゴールは外国人による支配が始まります

1640年にはオランダが砦を拡張し

その中に街を造ったのがゴールの原形




世界遺産に登録されているこの砦は

2004年に起こったスマトラ沖大地震のときの大津波から

周辺の街は壊滅したにも関わらず砦の中の街を守ったことで

奇跡の世界遺産と呼ばれているんだとか…

あの時… プーケットにいて津波を目の前で見たワタクシ

13年経ってもあの時のことは忘れられそうにはありません

一人この景色を見ながら黙祷




旧市街地を取り囲むように砦が築かれていて

中に入るとまるでタイムスリップしたような景色




支配されていたオランダ、ポルトガル、イギリスの影響が

建物にも現れていてマチマチなのがまた味があって飽きないのです




学校から覗くのは白い制服がかわいい少女






プロテスタントのメソジスト教会?は石造り




アンティーク、インテリアやアクセサリショップが

並んでいて、入りたいっ!!なんだけど

空模様が怪しすぎて先を急ぎますぜっ ちっ

こんなキンピカ象さんも




かわいいカラフル象さんもいるぜ~

寄りたいけれど… 雨の前に海岸っ




ポルトガル時代の名残かな?アズレージョも




瓦屋根がすんばらしいっ






着いた~ インド洋




晴れていたらさぞかし青い海と青い空なんでしょうけど

右を見ても左を見ても どんよ~~り 残念だわ




イギリスの植民地時代の1848年に建てられ

火災で焼失したため1938年に再建された

高さ18mのゴール灯台 …青空なら(ノ◇≦。)




旧市街に住んでいるのは、アラブ人が多いんだそうで

モスクもありました …モスクっぽくない気がするけど




・・・・降ってきた─・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!

オールドゲートの旧市街側に残る東インド会社の紋章




なんですが、外側は大英帝国の紋章なんですよね




もうもうダッシュでバスに乗り込むものの

土砂降りのスコールで前が見えないほど

海辺のホテルもこれでは景色NOTHING

飲むっきゃないかと部屋飲みしてたら ば

たらば… 雨やんだっ!




しかも… 夕焼けっ

とくれば… バルコニーで乾杯っ




リゾートホテルのディナーは豪華で美味~

なんだけどビールが高かったわ プン




Amari Galle
523C Colombo Road, Ginthota Galle

Instagram 始めました(^^♪

続きはこちら 7. リゾートホテルで過ごすゴール ~スリランカ最大の都市コロンボ ~帰国

2017年11月:世界遺産と美しい自然が残るスリランカの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:26:56 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 9, 2017
テーマ:海外旅行(5101)



夜のうちに上がったスコール
 
ならばとホテルの屋上にでてみたらば




雲海のように雲が眼下に広がっていました

いや~ 爽やかで涼しいっす@高地

雲はあるもののキャンディ湖が右の方に確認できます

湖の左側奥に仏歯寺、とキャンディの街一望




朝日が昇ってきました 

…今日も良い一日になりそ (*´∀`*)ノ




またしても朝からいただくカレー&オムレツ

ちなみにスリランカはコーヒーがイマイチだったの

やっぱり紅茶の国なのかしら…




この日はお休み日というか予備日? …みたいな雰囲気でして

標高1,868mの高原地帯にあるセイロンティーの里

ヌワラ・エリヤに行くことに┏( ・_・)┛

もちろん高速道路もないので、山道を片道3時間




緑の茶畑が広がり、紅茶の精製工場もあるティーファクトリー

のどかな田舎の美しい風景&涼しいしで身体が休まります




工場で働いている女性がチップを求めてモデルやってます

ガイドさんいわく、モデル料のほうが儲かるんですって

ワタクシせこく、遠くから何気なく撮ってしまった(ノ_ _)ノ




こんなに青々とした茶畑からは




滝も見えています

なんだか熱帯の国にいることを忘れそう

実際ヌワラ・エリヤは西岸海洋性気候に属していて

年間の平均気温は16℃

冬は霜が降りるくらい寒いところなんです




カフェでセイロンティーをいただきました…

これはブロークンオレンジペコ

恥ずかしながらオレンジペコって茶葉の種類のことかと思ってたんです

紅茶あんまし飲まないし詳しくないし と言い訳してみる

紅茶の等級のことだったんですね

オレンジ・ペコ(OP)は芯芽(ティップ)を含む一番茶葉が大きくて

以下、ペコー(P)→ブロークン・ペコー(BP)

→ブロークン・オレンジ・ペコー(BOP)となり

BOPが色も濃く香りもあるので需要が一番多いんですって

茶葉の小さなBOPファニングス(BOPF)はブレンド用

→ファニングス(F)→ダスト(D)と小さくなるそうです




全ての種類を試飲できるので購入される方はぜひ確かめてください

で、併設されているショップに誘導されるわけですが…

そんなにお安いものでもないので早々に退出

ガーデン散策です




太陽ポカポカで涼しいもんだから飽きずに

ボーっと皆様のお買い物が終了するのを待ってました






エンジェルトランペットがボーボーと咲いていました

赤幹の椰子の木なんかをみるとやっぱり南国なのね~






時間が余りまくっているらしくby ガイドさん

本来スケジュールされていなかったヌワラ・エリヤの街へも

行ってくれるということになりました ラッキ

車窓の茶畑が美しい(´∀`@)♪




1846年にサミュエル・ベーカーによって造られたヌワラ・エリヤ

当時スリランカを支配していたイギリス人にとってこの地域の

穏やかな気候はさぞやすばらしかったんでしょう

入植者達はハンティング、ポロやゴルフ、クリケットを楽しむため

ヌワラ・エリヤを訪れたり、居住する人も多かったため

リトル・イングランドと呼ばれていたそう





その代表的な建物が現在も営業しているグランドホテル

クラシカルなホテル、イギリス来た!みたいな…




建物もステキなのだけれど

とにかく花が咲き乱れていて

ヨーロッパを散歩しているんじゃね?な感じが

ぷちっとします …と言いたいけれど

さすがに暑くなってきたから汗ばむのと

南国の花も咲いているので「ここはスリランカよ~」って

どうにかこうにか認識してました(゚∀゚ゞ)

ダリア でかっ




アジサイはさらに巨大っ! 

ポピーは普通サイズでホッとした






「スリランカで一番大きな観覧車でーす」(嘘)と

言われてその方向を見たらば …これっ




整備されたゴルフコースもあったし

ヘリポート付きの競馬場もありました




植民地時代の郵便局はそのまま使われています




この建物が一番きれいでした




・・・の前で、寝ているわんこ

スリランカは場所を選ばずワンコが寝てます

踏まれないようにね… というか

車に惹かれないようにねと心配しちゃうことしばしば




ランチに立ち寄ったレストランからは

茶畑山から流れ落ちる滝が見えていました

酒シリーズ久しぶりにやってみましたヾ(⌒▽⌒)ゞ




スリランカは米食文化

山には段々畑が造られていました




また復路も3時間近くかけてキャンディに戻り

ホテルでディナーです

後ろのカクテルグラスがオサレでしょ

甘酸っぱいフルーティな前菜でした




Instagram 始めました(^^♪

続きはこちら 6. ピンナワラ、象の孤児院 ~「黄金海岸」の城郭都市、世界遺産ゴール

2017年11月:世界遺産と美しい自然が残るスリランカの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:27:17 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 8, 2017
テーマ:海外旅行(5101)



シギリヤ3泊し、この日チェックアウト

…の前に、朝食

毎朝オムレツを焼いてもらって、チーズをのっけ

ダールカレーをたっぷりかけて、マンゴーとパッションフルーツ

スイカジュースに紅茶、みごとに飽きなかったわ(*´∨`*)




この日はシンハラ王朝最後の都があった仏教の聖地として

世界遺産にも登録されているキャンディへ

標高が465mあるという高地に位置しているキャンディは

シンハラ語で山を意味する「カンダ」が転じた呼称だそう

・・・の前に、スパイスガーデンに立ち寄りです

スパイスの草木や木々が立ち並ぶガーデンには




名産のカカオや胡椒も生っていました





背の高い木々も生えていてとても気持ちの良いところ

ちょっとひねくれた?というかネジネジの木




レッドとイエローのパイナッポーもワシャワシャ




ジンジャーもあるのね~ たしかにスパイスだわ

なあんて思っていたのだけれど、この生垣がステキ




アフリカンチューリップ(花槐 カエンジュ)も至るところで満開でした




キャンディでは… かなりゆったり目のスケジュール

宝石屋さんやシルク屋さんで時間つぶし?

で、しっかりその罠にハマる女子二人でして

こんなシルク …ええ、しっかり孔雀柄

でスカートつくっちゃいました(o´艸`)
 



もちろんキャンディの街も歩きましたが…

スリランカ第2の都市というだけあって

人、車の雑踏に(@_@)~ でもゴミは落ちてないんだよね

列車はめったに通らないそうで、人が通ってるぅ~




さすがに市場は活気もあり、それ故の臭いもありますが




几帳面に並べられた野菜達を見ていると

スリランカ人の細やかさを感じます

ま、インゲンはいい加減に積み上げていて

ボロボロ落ちてたけどね




マンゴー、パイナッポーはごっそり売っております




バナナはいったい何種類あるんでしょうね…

そして小さな柑橘系のフルーツを積む男性… 几帳面じゃ




レッドバナナは美味しいよ と

試食させてもらいましたが 普通においしい甘いバナナでした( '∀' )




鮮魚はさすがに臭う~ まるで自然熟成中って感じ

乾物も多かったですね




街には縦横無尽にバスが走り回っていますが

こんなにポップなピンクのバス見っけ




さてさてそんな喧騒を抜け、キャンディ湖へ

人造湖というかもともとは貯水池だったんだとか

暑くて雨季乾季のあるスリランカでは

各地で貯水池が造られています




そしてこの辺り、とてもコロニアル調なのですよ

湖を望む高台には別荘地のような豪邸が…

街にもイギリス植民地時代の建物が多く残されていて

このクイーンズホテルのアーチ ビューティフォ




湖には人々が夕涼みに来ていましたが

にゃんこやガースケも集ってましたね~




湖に面している建っている仏歯寺は

仏教徒にとって宗教的に重要な信仰の地であり

最も重要な巡礼地の一つ

…象さんもお参りに来ています?!?




実はこの後、キャンディアンダンスという

民族舞踊を1時間ほど見に行っていまして…

その間に日が暮れちゃったの

仏陀の歯があるとされる仏歯寺(ダー・マーリガーワ寺院)




『仏歯は4世紀にインドのカリンガ国からもたらされたとされ

アヌラーダプラのダンマチャッカ(法輪堂)に収められて祀られ

王権の権威を保証する証となった。以後、王都が移動する度毎に

仏歯も移動して、現在はキャンディの仏歯寺に納められている。

仏歯は仏陀の聖遺物の仏舎利として崇拝されると共に

強い力を持つものとして神のように祀られた。』そうなんです ほー

いやいや、近すぎて全景が全然撮れませぬ




日曜日と言うこともあり

またこの日は「扉が開く日」だそうで

相当数の仏教徒が白の衣装に着飾ってお参りに来ています




もちろんここにもムーンストーンありますよ




靴を脱いで中に入ると

ファサードの真っ白と屋根の金色からは

想像のできないほど色鮮やか




こちらが本堂なのでしょうか… 象牙??

この扉?が開くのかな??でお参りするのかな???




と、思ったら「2Fに上がってください~」と声が…




渋いウッディな空間をすすみ階段を上がると…

天井がシックでキレイ!!! 




なんて、思ってる場合じゃないっ

ものすごい人の数です …床抜けない??

1時間近く待って「扉が開いて」進んでいくと

小窓が開いているところでお坊さんにナムナム

「止まらないで~」ってことで

イマイチ何をしているのかわからないまま終了っ

しかもカメラ不可なので… 何も伝えられずすみません




1Fに戻ると、先ほど閉じていたところが開いていて

その前で踊りが奉納?されていました




またまたすんばらしく神々しく鮮やかなトンネルを通り

外に出ると ・・・ゲッ 土砂降りのスコール でした




這う這うの体でキャンディ湖を見下ろすリゾートホテルに

到着したものの、雨ですもんね 視界ゼロでした

でもでも ロビーからして何だかオサレ




大股開き(´`ิิ艸`ิิ )のビックベアもいるし…




お部屋は各部屋それぞれテーマ色が決まっていて

私たちのお部屋はブルートパーズ 

サファイアがいいねんけど… (f^_^;)

シンプルだけれど、清潔で

ゆったりとしてここも良いホテルでした




ディナーはここでも安定のカレー

でもさ、おしゃれなリゾートホテルらしく

どことなくお料理もオサレでした 




Hotel Topaz
Anniewatta Kandy 20000

Instagram 始めました(^^♪

続きはこちら 5. セイロンティーの里ヌワラ・エリヤ ~茶畑の広がる郊外とコロニアルな街

2017年11月:世界遺産と美しい自然が残るスリランカの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:27:45 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 7, 2017
テーマ:海外旅行(5101)



この日は朝からスリランカ観光のハイライト

5世紀後半にシンハラ王朝の王カッサパ1世が築いた都城

シギリヤ・ロック登頂?!です

完成からわずか11年でその短い歴史を閉じたシギリヤには

カッサパ1世の野望と悲しい親子の物語が残されている とか

暑いところゆえ、朝早くだけども早朝ってこともない時間に

チケット売り場に到着です …既にかなりの人出 さすが観光地

厳しい陽射しが照りつける中、1200段の登山です・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!




カッサパ1世(在位477~495年)時代の宮殿・要塞跡がある

シギリヤ・ロックの標高は200m ふぅ~ 

なにゆえこんな高いとこに作っちゃうんだろうね 人間めっ




ちょっと長くなるけれども引用しておきます

『5世紀後半ダートゥセナ王の長男カッサパには

王族の血筋を持つ母から生まれた弟モッガラーナがいました。

カッサパの母は平民の血筋であったため

モッガラーナに王位継承を奪われるのを恐れ

モッガラーナをインドへ追放し父も殺害してしまったのです。

父を殺すという仏教徒として最大の罪を犯したカッサパは、罪を償うべく寺院を建立

そして弟からの復習におびえる日々を送ったのです。』

それにしても日差しと急でツルツルの階段には悪戦苦闘




岩の階段を登りきると少し開けた場所に着くのですが

岩肌に取り付けられたらせん階段が見えてる ひぃ~

あのらせん階段の先に創建時には500体も描かれていたという

「シギリヤレディ」の壁画があるんです

かなりボロイ(すんまそん)らせん階段、中々スリルあります

ちなみに壁画は写真不可(○`дノ´)ノ

らせん階段を降り、元のルートに戻るのですが…




谷側にあるオレンジの壁が「ミラーウォール」

そ、鏡壁というか回廊

シギリヤレディ達がここに映って倍増ってことらしいです

なんだか感想に困るというか存在意義が良くわからないです




弟の攻撃から身を守るために建てられたシギリヤ・ロック

ミラーウォールからもう少し!!上るとようやく中腹




弟のいる南インドを威嚇するように見据えていたとも言われる

巨大な獅子像(手足の部分のみ現存)のあるライオンテラス

かつてはライオンの顔もあったそうで

そのがお~って開いた口の中に階段があったそう



ライオン(シンハ)の喉(ギリヤ)がシギリヤの名前の由来なんですって

この辺りで、すでにかなりの達成感(≧▽≦)




が、しかし・・・・

頂上までまだまだ続く長い階段

ここからは手摺があるので危険度は下がる気がするけれど

急な階段で、ところどころガタガタ音がするのがなんとも厳しい




だんだん「高さ」を感じるようになってきて

さすがに下を覗くと ちと ちと ぶるっ 




そんなときは遠くを見るに限りますが…

ほんとうにジャングルのまん真ん中

どうしてこんなんに巨大な岩山が一つだけあったんでしょうね




登頂成功。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

苦節?45分 …暑さもあってかなりしんどかったあ




建物らしいものは基礎部分しか残っていないので

なんだか達成感は「登山」ってとこだけでして… とほ

遺跡見た!感はあまりありません

思いは… なんでこんなとこに建てたあ?

建築するだけでも大変だろうに

居住するにしても、水はどする?とか ね

労働者は大変だよ

そして結局11年後にはインドから戦いを挑んできた

弟モッガラーナにあっけなく敗れて

カッサパ1世は自ら命を絶ったのでした …あらま




ここは沐浴場 …泳いでいる人いました




ちなみに、この階段 一通じゃないんだよね

ライオンテラスに降りるにも

増え続ける登頂者とすれ違うの怖いよ




ということで、かなり個人的にはハードな苦行?でしたが

現地の方はこんなにドレッシーなサリーとサンダルで登頂だものね




ライオンテラスから下界へは下り専用の階段があったので

比較的楽に降りれますが、それにしても雨だと辛そうな

ツルッツルな階段であることには違いありません

途中イグアナさんに出会ったり




お堀?には魚を器用に取るカワセミさんに出会えたり




オリジナルのシギリヤレディは写真不可ですが

敷地内にある博物館にレプリカがありました




全体像はこんな感じだったんだろうな~

というシギリヤレディ




こちらが一番有名?な王妃様だったかな




オリジナルよりも鮮やかな色合いですが

雰囲気はこんな感じだったので、載せておきます






スリランカの中央部にあるアヌラーダプラ、ポロンナルワ

キャンディの3都市を結ぶ三角形の中に位置する

世界遺産や古代遺跡が集中する文化三角地帯と呼ばれるエリア

その中にあるボロンナルワ遺跡群へ




アヌラーダプラと並ぶシンハラ王朝の古都で

11世紀に侵入した南インドのタミル人を追放後

ビジャヤ・バーフ1世が首都をアヌラーダプラから移し

13世紀までシンハラ王朝の都として栄えたボロンナルワ




12~13世紀のパラクラマ・バーフ1世と

ニッサンカ・マッラの全盛期には

壮大な城郭都市へと姿を変え、タイやビルマ

(現ミャンマー)から仏教僧が訪れるほどだったそう

菩提樹寺跡だったかな




なんだけど…

この仏教遺跡を何ヶ所かまわったんですが

遺跡の名前全部忘れた …とほ

行った場所はメモしてるんだけれど

どれがどれだか わからん という情けない状況(´^`;)




なので印象に残った写真だけ載せておきました




クオードラングルのワタダーゲと呼ばれる円形の仏塔




東西南北それぞれに出入り口があり

4体の仏陀の座像がありました




かわいいというか ちょっとおもしろいレリーフ




ムーンストーンもここのは鮮明




レンガ造りの仏像が残っているというランカーテラ




どこどこ~ と奥に進むと

寺院の高さ17mに対して頭部は残っていないにもかかわらず

高さが13mもの巨大な仏像 でかっ!!




こんな平たいストゥーパもありました




穏やかな表情の3体(+洞窟内の1体)の仏像が並ぶガル・ウィハーラ

奥から長さは14mの涅槃像はなだらかな流線形




保護のために無粋な屋根があるのがちょっとね…




高さ7mという悟りを開いた仏陀の姿を表している立像




ヒンドゥー神像に囲まれている

高さ1.4mの洞窟内の座像 …こちらにお供えがいっぱい




左側に高さ4.6mという座像 でした




あらあら子連れのお猿さん




この日は登山からの遺跡巡りでお腹いっぱい

ちょっと疲れました( ⊃Д∂)zzz・・・

Instagram 始めました(^^♪

続きはこちら 4. 世界遺産の古都キャンディ ~スパイスガーデン ~キャンディマーケット ~仏歯寺

2017年11月:世界遺産と美しい自然が残るスリランカの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 2, 2018 04:28:08 PM
コメント(2) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Recent Posts

Category

◆食べ歩き徒然◆

(14)

銀座・有楽町・日比谷・新橋

(249)

新富町・東銀座・築地・八丁堀

(103)

丸の内・八重洲・京橋・日本橋

(135)

人形町・馬喰町・水天宮・浜町

(26)

御茶ノ水・秋葉原・神田・新日本橋

(25)

上野・御徒町・湯島・稲荷町

(200)

谷中・日暮里・鶯谷

(7)

浅草・田原町・蔵前・浅草橋

(190)

北千住

(4)

本所吾妻橋・押上・青砥

(7)

両国・錦糸町

(4)

神楽坂・飯田橋・曙橋・四谷

(16)

新宿・代々木・練馬

(119)

六本木・麻布・乃木坂

(27)

赤坂見附・半蔵門・溜池・虎の門

(16)

渋谷・青山・表参道・恵比寿

(60)

品川・五反田・高輪

(17)

京王線沿線・成城学園前

(229)

◆旅たび徒然◆↓旅行記はFreePageへ↓

(40)

カナダ

(23)

アメリカ・ハワイ

(58)

メキシコ・ベリーズ・グァテマラ・ホンジュラス・エルサルバドル・コスタリカ・パナマ

(31)

キューバ・バハマ・カリブ海に浮かぶ島国

(26)

エクアドル・ペルー・コロンビア

(26)

ボリビア

(19)

ブラジル

(14)

アルゼンチン・チリ

(19)

タヒチ・パラオ・バヌアツ・パプアニューギニア・ニューカレドニア

(31)

ニュージーランド

(28)

ロシア

(21)

モルドバ・ウクライナ・ベラルーシ

(16)

リトアニア・ラトビア・エストニア

(14)

フィンランド

(15)

ポーランド

(16)

ドイツ

(24)

オーストリア・チェコ・スロバキア・ハンガリー

(20)

ベルギー・オランダ・ルクセンブルグ

(22)

フランス

(43)

スイス・リヒテンシュタイン

(35)

イタリア・バチカン・サンマリノ

(81)

マルタ

(11)

スペイン

(40)

ポルトガル

(20)

ブルガリア・ルーマニア

(23)

クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ・モンテネグロ

(17)

アルバニア・マケドニア・セルビア・コソボ

(29)

ギリシャ

(16)

アゼルバイジャン・ジョージア・アルメニア

(22)

トルコ

(6)

イスラエル・ヨルダン

(14)

UAE・カタール・オマーン

(13)

チュニジア・モロッコ

(19)

エジプト

(11)

エチオピア

(14)

ケニア・タンザニア

(22)

マダガスカル・モーリシャス・セイシェル

(30)

南アフリカ・ジンバブエ・ボツワナ

(25)

ウズベキスタン

(8)

モンゴル

(6)

インド・ネパール

(20)

スリランカ・モルディブ

(18)

マレーシア・インドネシア・ブルネイ

(30)

ミャンマー

(17)

カンボジア・ラオス

(22)

フィリピン・台湾

(21)

北海道

(20)

青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島

(49)

新潟・富山・石川・福井

(12)

栃木・群馬・埼玉・茨城・千葉・山梨・神奈川

(45)

東京

(72)

長野・岐阜・静岡・愛知

(14)

滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・三重・和歌山

(28)

鳥取・島根・岡山・広島・山口

(4)

徳島・香川・高知・愛媛

(9)

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

(19)

沖縄

(11)

◆その他徒然◆

(137)

花散歩あーかいぶ

(3)

ジェルネイル

(121)

読書

(21)

お取り寄せ・レビュー

(65)

バセドー病・外傷性てんかん

(25)

◆はじめに & 乳がんのこと◆

(1)

1:告知前&告知…そして現在

(20)

2:術前化学療法

(60)

3:全摘手術 ~ホルモン療法

(38)

4:乳房再建

(71)

乳がん番外編:坊主ネタ

(37)

乳がん番外編:医療費と保険 &オフ会

(24)

Free Space

◇◆海外旅行記◆◇
他に下記Freepage Listにもあります

オーストリア~スロバキア
~チェコ~ドイツの旅



ニュージーランド
北島~南島縦断の旅



エクアドル、生物の楽園
ガラパゴス諸島の旅



「インド洋の真珠」
セイシェルの旅



アジアのゴージャスな王国
ブルネイの旅



マグレブのチュニジア
地中海からサハラ砂漠への旅



リトアニア~ラトビア
エストニアの旅



モルドバ~ウクライナ
ベラルーシの旅



ボスニアヘルツェゴビナ、クロアチア
モンテネグロ、スロベニアの旅



パプアニューギニア 陸の孤島
タワリリゾートの旅



ポーランド ワルシャワ~ポズナン
~クラクフの世界遺産の旅



キューバ 首都ハバナとビーチ
リゾート、バラデロの旅



ラオス 首都ヴィエンチャンと
世界遺産ルアンパバーンの旅



インド洋に浮かぶ「島々の
花輪」モルディブの旅



スリランカの世界遺産と
美しい自然の旅



カリブ海クルーズと
フロリダ、キーウェストの旅



地中海に浮かぶ
蜂蜜色の国マルタの旅



南太平洋の微笑みの国バヌアツと
ニューカレドニアの旅



ポルトガル、リスボン~
ポルト&パリ立ち寄りの旅



ウズベキスタン
蒼穹の世界遺産の古都の旅



ネパール
ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅

Nagarkot

古代文明が色濃く残る
エジプト世界遺産の旅

Egypt

モーリシャス、インド洋に浮かぶ
パラダイスの旅

Mauritius
カンボジア、アンコール遺跡と
首都プノンペンの旅

Canbodia

イスラエル~ヨルダン
イエスの足跡をたどる旅

Israel

モンゴル、ウランバートル~大草原
ブルドと世界遺産カラコルムの旅

Mongolia

マレーシア、ペナン島~マラッカの
世界遺産とクアランプールの旅

Kuala Lumpur

イタリア、ベネチア~トスカーナ
~チンクエ・テッレのドライブ旅

Burano

フィリピン、マニラで
過ごす週末の旅

manila

地中海~カナリア諸島
マディラ諸島クルーズの旅

Madeira

アラビアンナイト:カタール
UAE&オマーンクルーズの旅

Abu Dhabi

パラオ
ヨットクルーズの旅

Palau

インドの世界遺産の旅
India

アルバニア・マケドニア
コソボ・セルビアの旅

Macedonia

神秘の国エチオピアの旅
Ethiopia

フランス&スイス・アルプスに
滞在する旅

Matterhorn

ブルガリア&
ルーマニアの旅

Romania

ドイツ・ハイデルベルグと
フランス・アルザス地方の旅

Heidelberg

オランダ・ベルギー
ルクセンブルクとパリの旅

Amsterdam

タヒチ:夢の楽園ボラボラ島の旅
Tahiti

コロンビア~パナマ運河
コスタリカ&メキシコクルーズの旅

panama canal

インドネシア:ジャワ&バリ島の旅
indonesia

フィンランド:オーロラの旅
Finland

東カリブ海クルーズの旅
StMaaten

台湾:台北、高雄、九分十分の旅
Taiwan

カナダ:メープル街道&
USA:サンフランシスコの旅

canada

タンザニア~ケニア:サファリの旅
Kenya

マダガスカル:不思議の島の旅
Madagascar

イタリア:フィレンツェ~ナポリの旅
capri

ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都の旅
myanmar

グアテマラ~エルサルバドル~
ホンジュラス~ベリーズの旅

belize

ハワイ:マウイ島の旅
maui

ジンバブエ~ボツワナ~
ブルートレインで行く南アフリカの旅

victoria falls

ボリビア:ウユニ塩湖&
ブラジル:レンソイス砂漠の旅

UYUNI

ギリシャ:アテネ メテオラ&
エーゲ海の島の旅

Santorini

アルゼンチン:パタゴニア氷河&
チリ:イースター島の旅

patagonia

ハワイ:マウイ島の旅
Hawaii 2012

スペイン:マドリッド&
バルセロナの旅

Segovia

ロシア:サンクトペテルブルグ
スズダリ&モスクワの旅

Sergiyev Posad

フランス:ニース&マルセイユ~
イタリア:ミラノ~マラネロの旅

Marseille

ブラジル:イグアスの滝~
ペルー:マチュピチュ&ナスカの旅

マチュピチュ

ハワイ:マウイ島の旅
honua kai

フランス:パリ~ロワールの旅
凱旋門

トルコ:アンカラ~サフランボル
カッパドキア~イスタンブールの旅

トルコイスタンブールブルーモスク1


↓メッセージはこちらから↓
メッセージはこちらから


↓ブログランキングに参加しています
ポチッと応援クリックしていただければうれしいです↓


にほんブログ村


人気ブログランキングへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

Freepage List

◇◆ 海外旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10★チェコ・ハンガリー 〜 ドイツ


'10★ハワイ:ハワイ島~マウイ島


'11★イタリア:ローマ〜ベネチア・ミラノ


'11★トルコ:カッパドキア・イスタンブル


'11★フランス:パリ~ロアール古城めぐり


'11★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'12★南米:マチュピチュ~イグアスの滝


'12★南フランス~モナコ~北イタリア


'12★ロシア:Stペテルブルグ~モスクワ


'12★スペイン:マドリッド~バルセロナ


'12★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'13★南米:パタゴニア氷河~イースター島


'13★ギリシャ:アテネ~エーゲ海の島々


'13★南米:ウユニ塩湖~レンソイス砂漠


'13★ジンバブエ・ボツワナ・南アフリカ


'13★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'14★中米4か国:グアテマラ~ベリーズ


'14★ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都


'14★イタリア:フィレンツェ~ナポリ


'14★アフリカ:不思議の島マダガスカル


'14★アフリカ:タンザニア~ケニア


'14★カナダ:メープル街道 & USA:ナパ


'14★台湾:台北と高雄、レトロ九分十分


'14★東カリブ海クルーズ:ヴァージン諸島


'15★フィンランド:オーロラハンティング


'15★インドネシア:ジャワ島&バリ島


'15★パナマ運河クルーズ:コロンビア~


'15★タヒチ:夢の楽園ボラボラ島


'15★オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ


'15★ドイツとフランス・アルザス地方


'15★ブルガリア&ルーマニア


'15★フランス&スイス・アルプス長期滞在


'15★アフリカ:神秘の国エチオピア


'15★バルカン半島:アルバニア・旧ユーゴ


'15★インド:世界遺産12か所めぐり


'15★パラオ・ヨットクルーズ


'16★カタール・UAE・オマーンクルーズ


'16★地中海~カナリア・マディラ島クルーズ


'16★フィリピン、マニラで過ごす週末


'16★イタリア、ベネチア~トスカーナ


’16★マレーシア、ペナン島~マラッカ


'16★モンゴル、ウランバートル~カラコルム


'16★イスラエル&ヨルダン、イエスの足跡


'16★カンボジア、アンコール遺跡とプノンペン


'16★モーリシャス、インド洋のパラダイス


'17★エジプト、古代文明の世界遺産


'17★ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産


'17★ウズベキスタン、蒼穹の世界遺産の古都


'17★ポルトガル、リスボン~ポルト~パリ


'17★ニューカレドニア & バヌアツ


'17★地中海に浮かぶ蜂蜜色の国マルタ


'17★西カリブ海クルーズとキーウェスト


'17★スリランカの世界遺産と美しい自然


'17★インド洋の「島々の花輪」モルディブ


'18★ラオス ルアンパバーンとヴィエンチャン


'18★キューバ、首都ハバナとバラデロ


'18★ポーランド ワルシャワ~クラクフ


'18★パプアニューギニア 陸の孤島の楽園


'18★ボスニア~クロアチア~スロベニア


'18★モルドバ~ウクライナ~ベラルーシ


'18★リトアニア~ラトビア~エストニア


’18★チュニジア 地中海からサハラ砂漠へ


'18★ゴージャスなアジアの王国ブルネイ


'18★「インド洋の真珠」セイシェル


’19★エクアドル ガラパゴスと首都キト


’19★ニュージーランド 北島から南島縦断


’19★オーストリア~スロバキア~チェコ~ドイツ


'19★アゼルバイジャン~ジョージア~アルメニア


◇◆ 国内旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10☆北海道(夏) 十勝~知床~紋別


'11☆岩手・秋田・山形・新潟・石川・富山


'12☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'12☆東北~北陸 山形~青森~秋田~新潟


'13☆高知~山口~長崎~鹿児島~熊本~大分


'13☆神戸・大阪


'13☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'14☆北海道(冬) 登別~函館


'14☆東北4大祭り 青森~秋田~山形~宮城


'14☆金沢と白川郷・五箇山


'15☆神戸異人館と伊勢神宮


'15☆愛媛、松山と今治


'15☆熊本城、黒川温泉と大分、由布院温泉


'16☆宮城・山形蔵王の樹氷


'16☆岐阜、白川郷と飛騨高山・郡上八幡


'16☆信州長野、桜を追いかけ高遠へ


'16☆滋賀、彦根城、信楽、比叡山と古都京都


'16☆京都、兵庫、鳥取、島根と姫路城


'17☆愛知の3城、岡崎城~名古屋城~犬山城


'17☆みちのく3大桜 弘前~北上~角館


'17☆古都奈良と京都宇治、平等院


’18☆秋田犬に会いたい!秋田から青森へ五能線


'19☆鹿児島、奄美大島


’19☆沖縄、石垣島・西表島・由布島・竹富島


◇◆ プチ旅~お散歩・日帰り・1泊温泉 ◆◇


東京いろいろ神社仏閣・美術館etc. 街散歩


泊まらなくてもちょっと遠出 日帰り旅行


東京近郊1泊で …できれば温泉(希望)旅行


Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


nana's7

Comments

nana's7@ >makiさんへ New! そのとおり、今では観光スポットですが、…
nana's7@ >makiさんへ 個人的には好きでしたよ ちゃんと管理され…
nana's7@ >maki5417さんへ ですねー とにかく暑くて 身体が重いです
nana's7@ >maki5417さんへ 銀座7丁目のライオンのほうが当たり外れな…

Archives

Calendar

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Headline News

Shopping List

バリリゾートで人気のおしゃれなアジアンランプ インテリアライトループルーツS 60cm 6畳 8畳 ラタン 床置き 1灯 ダークブラウン アジアン照明 間接照明 フロアライト スタンド 照明 フロアスタンドライト アジアン ランプ おしゃれ インテリア 癒し 和モダン リゾート バリ島 北欧 和風 和室 LED 寝室 新築祝い 引っ越し祝い
ナチュラル感あふれるデザインが可愛さをプラス!!ハンドメイドのバングル ブレスレット レディース エスニック アジアン ターコイズ 2連メール便対応/ブレスレット ブレスレット アクセサリー ターコイズ 石 ホワイト ゴールド 金 2連 オーバル ビーズ レディース エスニック 海 リゾート アジアン/BTAI-165/ ポイント消化 (I1-1)
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】あやかし恋古書店~僕はきみに何度でもめぐり逢う~【電子書籍】[ 蒼井紬希 ]
1本あたり499円(税別)送料無料!各国の白ワインをセットで超オトクに飲み比べ♪1本当たり なんと499円(税別) 送料無料 白だけ特選ワイン12本+1本セット(合計13本) 83弾 白ワインセット 長S
送料無料 グルメ大賞コーヒージャンル受賞 レビューで大絶賛の初めての方や常連さんに大人気 人気の2種類のレギュラーコーヒーが合計200杯 お得なセット 珈琲福袋 2kg【澤井珈琲】ポイント10倍 送料無料!コーヒー専門店の200杯分入り超大入コーヒー福袋(ビクトリーブレンド/ブレンドフォルテシモ/コーヒー豆/珈琲豆)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.