858490 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

家曜日~うちようび~

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

Q輔とU子と「この場をお借りして」

2022.05.17
XML
平日のお休み。


予定が急遽なくなって時間が空いたので


シン・ウルトラマンを見てきました。




これイケてる!


ウルトラマンは小さい頃、弟が見てたけど


私はほぼ見たことなし


ちーと不安はあったけど


シン・ゴジラが大好きなU子


シン」シリーズの作とあらば絶対見たかった!


感想


自衛隊シーン最高!


シン・ゴジラを感じさせる所も沢山あった〜!


細かい仕掛けが沢山あるみたいなので昔のウルトラマン見てみたい!


ウルトラマン全然見たことない私でも面白かったです。


もう少し細かいシーンとかじっくり見たいからDVD出たら買おーっと♪





!?


シン・仮面ライダーもやるんだってー♪

絶対見に行かねばーー!






最終更新日  2022.05.17 16:17:44


2022.05.12




 あの人は頭が良い。

 そう他人にバレている時点で、その人って、実はそんなに頭が良くないんじゃないの?

  僕のあまたある「なかなか理解を得られない持論」のひとつです。

 いや、まあ、僕が勝手に思っているだけなので、いいんすけどね。

 あの人はやり手だ!

 切れ者だ!

 才気が迸っている!

 いやいや、それを見抜かれている段階で、どうなの? って話です。

 逆に、仕事はいつも他人任せで、どこか抜けていて、周囲からいじられてばかりいて、

 それなのに業務成績は良く、先輩からも後輩からも慕われ、優秀な人材を多く育てている。

 そんな人に出逢うと、僕は相手に非常に興味をそそられる。

  この人は只者ではないぞ。一筋縄ではいかないぞ。と細心の注意を払って接する。

 いったいどういう生態の生き物であろうかと、熱心に観察をしてしまうのだ。

 また、そういう佇まいが、社会人としての僕の秘かな理想のスタイルだったりする。

 ちゅーか、ここでこんなことを得意げに述べてる時点で、

 僕のような俗物には、その資格がないのだけれどね。

 世間はそういった人を「天然」の一言で片づけがちだが、それは浅はかというもの。

 変な日本語だが、世の中には「計算しない計算をする人」が稀にいる。

 いわゆる巷に跳梁跋扈する「ニセ天然系の人」ではなくてね。

 自分という人間は、気取らず、飾らず、自然体でありたい。あるべきだ。

 そんな風に、自らを、自らの意志で、懸命に仕立て上げている人。

 そんな人が、稀に存在するのです。

 芸人さんで言えば、例えば、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんのような……。


 竜ちゃん、聞いてないよー!

 ショックです。

 ショックで、どうにもなりません。




にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村






最終更新日  2022.05.12 17:24:57
2022.04.22


 長い年月を経た樹木や石や池、海、山、大地には何かが宿っていると云う。

 成程、大自然が僕たちに語りかけてくることはあまたあるし、

 逆に気が付くと自分が大自然に語りかけていることもあったりする。

 宿っているのだ、確かに、何かが、ね。

 でさ。

 実は、それは自然に限ったことではなくて、

 愛着のある家具や家電や雑貨や衣類なんかもそうだよね。

 あ、宿ったな。 

 あ、こいつ、ただの物ではなくなったな。

 長らく愛用しているうちにそんな瞬間に出くわしたりするよね。

 でもって、でもって、そんでもって、ブログなんかもそうなのです。

 あ、ただのインターネットツールではなくなったな。

 くっそダラダラであっても、長らく続けているとそんな瞬間に出くわすよね。

 だださ、ブログが生き物みたいになるとさ、無下にも扱えねーじゃん。

 そうすると、途端に世話が面倒になるのよね、正直なところ。

 いや、まあ、さぼらずに、たまにゃ、ちゃんと、書きますけどね。

 そんなこんなで、我が手を離れてもなお、

 勝手に躍動している「家曜日」を、

 これからもよろしくお願いしゃーっす。

 そして、この場をお借りして、U子ぴゅる、ありがとう。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村






最終更新日  2022.04.23 08:32:01
2022.04.12
こんにちは読者さま。

Qスケ氏忙しそうでブログ全然書いてくんないのでまたまた来てしまいましたU子です。

近況

Q→
仕事仕事仕事!
あと少しでやってくる健康診断に向けて短期集中ダイエットを実施中。ボクサー並みにストイックゆえピリついている。

GS(ゴールデンシスターズ)→
姉、思春期突入!いちいち反抗的な態度!母のメンタル逆なで中。絵がたまげるほど上手になっている。

妹、まだまだ幼さ残るがとにかくよく喋る!我が家の中でダントツ女子力高し~おねしょが治らないのはご愛嬌。

ウリ→
1か月前にヘルニアになりご飯も食べれないほどになるが通院し数日で回復。ヘルニアとはこの先も付き合って行かねばならない予感。
ヘルニアが良くなった途端右手の肉球にイボ出現!
病院に駆け込むも良性との診断でホッ
信じられないほどカワイイ!

U→
更年期障害があるような気がして漢方をのみはじめ調子が良くなる。
肉体労働のパートゆえ帰宅後あしたのジョー並みに燃え尽きるがなんとか家族のご飯を作る毎日。

先日、GS長女の反抗期とQスケの意味不明発言と生理前のホルモンのバランスが崩れ「私は家政婦かーーーー!」と叫びプチ家出。
家出したもののママチャリで行く先は近所のイオン。
鼻息荒いまま入ったお店でズボンを試着しセレブの様に色違いで購入!!!
やってやった気持ちとクレジットの支払いの事を考えながらドーナツ屋さんでカフェタイム。

家政婦かーーー!と啖呵を切った私でしたが服屋で散財してドーナツ食べて帰宅。家族にはどうせイオンだろうと思っていたかのように自然に受け入れられU子のプチ家出は幕を下ろしました。
残ったのはクレジットの請求のみ。支払いの為に今日も仕事に行く毎日です。

そんなこんなで笑いあり涙ありな毎日を送っております。

Qスケ氏が始めたこの家曜日。なかなか更新できないので、作文も苦手、「、」「。」の使い方もいまいち謎な私ですがたまに書こうかなぁと思っております。
書くと言ってもU子の周りで起こったことが全てですので平凡な文章ですが温かい目で見て頂けると嬉しいです。


Qスケの文章が好きだったわという方がおられたら申し訳ありません。私がブログを乗っ取った事知ったらブログ取り返しに来るかもしれないので乞うご期待です!






にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村






最終更新日  2022.04.13 19:45:37
2022.03.01


 普段家庭ではあまり料理をしない僕ですが、そもそも料理が苦手なわけではない。

 僕は、10代から20代前半の長いフリーター時代に、

 勤務中にこっそり酒が飲めるといういう理由で、深夜まで居酒屋でアルバイトをしていた。

 そこで、キャベツのみじん切りから、魚のおろし方から、炒め物や煮つけや揚げ物など、

 基本的な料理を学んだのだ。

 そんな経験を経て、料理が今でも大好き! 料理が得意! というクッキングパパに、

 なっていれたら、妻からの評判もよろしいのだろうけど、僕はそうならなかった。

 特に理由はない。ただ、あの時は仕事として料理をしていた、今はしていない、とう感じ。

 それでも、年に数回、がんばって数十回、やむを得ない理由で、家族に料理を作る時がある。

 やむを得ない理由とは、

 妻が何かしらの用事で、不在である。

 妻が何かしらの病気で、寝込んでいる。

 妻が何かしらの理由で、家事をする気が失せている。など。

 このように妻に何かしらの何かしらがあった、家庭の緊急事態であっても、

 僕の腹はいつものようにいつもの如く無慈悲に減るし、

 子供らは、飯はまだかと、当たり前のように、保護者である僕に食い物をねだる。

 だもんで、まあ、そんな時は、流石の僕も、快く飯を作り、家族に振舞い、

 食卓で、子供や、調子の悪い妻と一緒に、みずからの手料理を食するわけだけれど。





 んでもって、まあ、こんなこと言ったら世間の主婦の皆さんに、

「てめえ、なめてんのか!」って怒られちゃうし。

 まあ、この際、怒られる覚悟で、たまに料理をする夫の本音を言いますとね。

 自分で料理を作って、家族に振舞いつつ、自分も食している時って、

 なんつーの? 

 自分一人だけ「まかない飯」を食べている感じっつーの? 

 食べている最中も、ずっと作業中な感じっつーの?

 食べ終わたあとの片付のことが気がかりで、飯にじぇんじぇん集中できないし。

 挙句の果てに、自分が頑張って作った料理に対する、家族の反応が薄かったり。

 あろうことか、作ってもらっておきながら、家族が味付けに文句言いやがったり。

 まったく、やりきれんよ。

 飯を喰っている気がせんよ。

 だから僕は、そういう時は、先に家族に飯を喰わせて、

 その後、自分だけ、ゆっくり晩酌したりします。ぶはは。

 ひるがえって言えば、妻は年がら年中このような心境で家事を続けているわけで、

 なおかつ、そこに掃除や洗濯など、多くの家事が混在しているわけで、

 いやはや、頭が上がらんね。なんだかもーすみません。

 以上、たまに料理をする夫の、甘ったれた本音でした。


 とりとめのない日記で、ごめんなさい。とほほ。

 今日のところはここまで。では、また。

 ばいなら。ばいなら。ばいなら。



にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村






最終更新日  2022.03.01 18:16:18
2022.01.02


 あれ? ひょっとして明けてる? あら、いやだ、すっかり明けちゃってる!

 ということで、今回は仕事のこと、家族のこと、ブログのことを、徒然なるままに書きまする。

【仕事のこと】

 いち選手として現場をこなしていくことに、もう何の恐れも感じない。どんな困難な仕事であれ、絶対に何とかなるという自信があるし、実際に何とかしてきたという経験値がある。それよりも懸念されるのは、やはり会社運営に係る諸雑務や人材育成に関することだ。コロナ以降の社会通念の激変は我々建設業界にも著しい影響をもたらしている。ほんの数年前の当たり前、2.3年前までの社会人としての常識が、いまではまるで通用しなくなっている。徐々にナンセンスになりつつある。何故毎日会社に出勤なければならないのか? 何故印鑑が必要なのか? 何故直接会って相手に顔を見せて商談するのが誠意なのか? 何故電話の着信にすぐ対応しなければならないのか? 何故メールではダメなのか? 何故残業しなければならないのか? 何故忘年会があるのか? 何故仕事にコミュニケーション能力が必要なのか? 何故指導に感情が必要なのか? 何故声を荒げる必要があるのか? そもそも何故愛社心が必要なのか? そういった問いかけに真向から返答をしかねる。現在、新時代における自分なりの仕事のスタンスを模索している最中である。時代と共に自分もバージョンアップして行かねばならないと痛感している。


【妻のこと】

 もう少し二人の時間を設けたい。設けてあげたい。

 最近は、ブログをさぼっていることを、ずっと注意されている。

 趣味の時間が充実しているようで何より。このまま没頭し続けて、趣味がただの趣味でなくなる時期がきたならば、幾ばくかの投資をしてあげたいなと、漠然と考えている。

 相変わらず何事も手を抜くということを知らぬので、感心する反面、時々心配になる。





【長女のこと】

 最近家族で赤飯を食べた。これから急加速で心身共に大人になって行くのだろう。勉学については、僕的には上出来だと思う。不思議なほど成績がよい。保育園の頃、この子はきっとおバカだ。それがどうした。気立ての良い子に育てばそれでよい。と常々思っていたので、僕のハードルが低すぎるのかもしれん。妻の見立ては厳しく、まだまだ勉強させるつもりらしい。偏屈で理屈っぽいところ、読書好き、この二点が僕譲り。あくまで私見として、女子は可愛げが大切であると思うので、性格面がやや心配。


【次女のこと】

 こいつはもう無茶苦茶だ!

 モンスターだ!

 妻も僕もこいつの天真爛漫さには辟易している。

 



【ブログのこと】

 まあ、ブログとの距離感も家族や友人との人間関係と一緒で、疎遠になる時もあれば、またいずれ親しくなる時期もあるのだと思っている。そういったことも長く続けているとだんだん分かってくる。モノゴトを「やるか? やめるか?」「白か? 黒か?」「ゼロか? 百か?」の二択で明確に捉えるのは実は簡単だ。その中間で日々目盛りを微妙に動かしながら継続することの方がはるかに難しい。書くことについては、実は去年から別の試みをこつこつ始めていたりするのだけれど、だからと言ってこのブログをやめるつもりはないです。楽天ブログが存続する限り、ここで継続します。アクセス数とかはもうとっくに度外視していますよ。「家曜日」。しかしまあ、我ながらよくぞこんな素晴らしい屋号をつけたものだ。ああ、惚れ惚れする。あはははは。文字通りここが僕のホーム。帰る場所はここ。今年も、ぼちぼちやりまする。

 
 ちゅうわでえええええええええ!

 新年明けましておめでとうござりんす。

 本年もよろしくでごじゃるおじゃる。

 Q輔とU子とP子とOちゃんとウリより。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村






最終更新日  2022.01.03 18:36:20
2021.12.19



 12月12日(日)。ポートメッセなごやの2・3号館で開催された「クリエーターズマーケット」っちゅうイベントに家族で行ってきたぞい。

 クリエーターズマーケットとは、たくさんのクリエーターや、ものづくりに興味がある方々が一堂に会する巨大なイベントです。出展ブースの数は約1500。出展されるジャンルは幅広く、アクセサリー・雑貨・服・クラフト・家具・アート・写真・イラストまで様々です。

 僕と妻は、こういったイベントで、その作家さんの作品が、自分たちの「心の琴線に触れた」場合、何かしらの作品を購入するようにしています。後々の実用性というよりは、出逢いの記念というか、感動の記録というか、そんな意味合いでの買い物をするわけです。

 さて、今回は上記のイベントで、僕たち夫婦の心のお琴を、べべーんと鳴らした、とあるクリエイター様をご紹介させていただきます。



 これは「minaco sakamoto」さんというイラストレーターのカレンダーです。

 このカレンダー、よく見ると、日付の下のイラストが全て「ひとふでがき」で描かれ繋がっています。minacoさんは、十年前から一日一枚「ひとふでがき」の作品を書き続けているのだそうです。

 いやはや、お見事。

 繊細で、大人しい感じの、長女や次女にも気さくに話しかけてくれた心優しい方、という印象のminacoさん。

 ↓詳しくはこちらから。

https://minaco-sakamoto.com/




 
 ちなみに、こちらは6月のカレンダー。

 僕のこの写真では、絵の素晴らしさの十分の一も伝わっていないのが、何とも悔しい。





 更に、このカレンダーのイラスト、な、なんと、全て「しりとり」でも繋がっているのです。

 もちろん随所にその季節ならではのワードをチョイスしています。

 まさに驚きのデティール。

 半日ほどかけてイベント会場を一周した後、僕と妻がそれぞれ気になった作家さんのブースをバラバラで回るというフリータイムを設けだのだけれど、結局最後は夫婦でminacoさんのブースに集合していたという。あはは。




 
 この日、カレンダーを購入した人には、後ろ姿を「ひとふでがき」で描いてもらえるという企画がありました。

 せっかくなので、僕たち家族四人の後ろ姿を描いてもらいましたよ。

 所要時間、1分。

 ちょ、おま、神かよ!

 何だかなあもう、良い絵だなあ、まったくもう。

 僕、この絵を手にした時、あまりに感動して、思わず会場内を歩く人たちに、無理矢理見せて回ったもん。

 ほら、見て! ねえ、ほら、これすごいでしょう! なんつって。





 宝物が、増えました。

 ありがとうございます。

 あの日、あの時の、家族より。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村






最終更新日  2021.12.19 19:34:25
2021.12.13



 あら、かわいい。

 長女が次女に作ってあげた朝ごはん。

 長女のやつ、次女にこれだけかわいらしい料理を作った達成感に浸りながら、

 自分は黙々と納豆ぶっかけご飯を掻っ込んでいました。



 
 さて。

 そんな長女が、十一歳になりました。

 これはその誕生日パーティーの模様。

 てか、うちはいつもこんな感じっす。

 パーティー感覚、日常ちゃ飯事。

 わーわー、ぎゃーぎゃー。

 おんな三人揃えば、毎日が女子会っすわ。
 




 んで、女子会終わったら、こんな感じっすわ。

 だらっだら、だらっだら。

 リビングに、僕の居場所なんて、ありゃしない。

 ちなみに、妻の内股にめり込んでいるのが、うちの愛犬っす。

 冬場は、妻の股が、温かくて最高らしいっす。




にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村






最終更新日  2021.12.13 22:11:34
2021.10.07
​​

 
とあるデパートのガス機器販売スペースで見つけた食品サンプル。



チャーハンの量、
​​
尋常じゃねえ。


 




​チャーハン、

昇り龍の如し。


……いくら何でもあり得ないよね。

……サンプルじゃなかったら、この後大惨事だよね。

これ作ったサンプル職人、

製作中にガーッっとテンション上がって歯止めがきかなくなっちゃたんだろうな。

分かる分かる。そういう時って誰しもある。

てか、展示に至るまでに、誰か指摘せーよ。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村​​






最終更新日  2021.10.07 20:58:59
2021.07.28



 例えば、あなたがある集団の親睦会の幹事を任されたとする。例えば、学校の保護者の親睦会の幹事とかね。始まる前から、飛び切り美味しい店を探せ!とか、フランス料理のコースがいい!とか、口だけで自らは何も協力しない者たちが、あなたに一方的に要望ばかりを浴びせる。コロナ禍とか、いろいろな規制やトラブルの中で、それでも日取りを決め、店を手配し、料理の内容にこだわって、あなたはあなたなりの最善を尽くして何とか親睦会を開催することが出来た。ところが当日招かれた者達は、店に入るなり「何この安っぽい店」「ショボいんですけど」などと、幹事であるあなたや、店の人に聞こえる大声で、当たり前のように不平不満を漏らす。挙句の果てに前菜を食べ終えただけで「不味い! がっかり! 来るんじゃなかった! 金返せ!」と喚き散らす。

……いやいやいや。

……おいおいおい。
​​​それ、今言うことか?​​​​​

 すみません。ごめんなさい。何だかもう、至らぬ幹事で申し訳ありません。私は私なりに最善を尽くして催したつもりですが、どうやらあなた方の舌には合わなかったみたいです。でもね、不平不満は、せめてコースを最後まで召し上がってからでよいのでは? 悪口は、せめて今も厨房で料理を作ってくれているお店の人に聞こえないぐらいの音量でよいのでは? てゆーかさあ、あんたら、​デリカシーないんか?

 と、あなたが幹事なら思いませんか。
 
 僕が当事者なら、きっとそう思います。
 
 ほんと、あんたら、デリカシーって言葉知ってる?

 僕が出演者やスタッフなら、伏し目がちにきっとそう呟く。
 
 
先日の東京オリンピック開会式のことである。

 それにしても、おでれーた。まったく心ないコメントがSNSをに賑わしている。ここ日本だよね。てか自国のオリンだよね。出演者もスタッフも選手団も、世界の最果ての地の名も知らぬ国の人達じゃない。他の星からやってきた宇宙人じゃない。同じ島国の僕たちの同胞だ。労いの言葉とかねっすか。僕はね、思った時に、思ったことを、思ったまま、言いたい放題言える人が苦手です。嫌いです。あれ、今の僕がまさにそうか? いやいや、なんつーの、いつ何時も人を思いやる気持ちは大切ですって話です。それはネットでも一緒です。むしろ匿名で人物像の見えないコミュニケーションだからこそ入念な配慮は必要かと思います。そもそも我々日本人は、そういった配慮に長けている筈なのだが……。
 言いたい放題の罵詈雑言の後で「出演者やスタッフや選手に罪はない。悪いのは組織委員会」なんて辛うじてフォローされても、傷つくものは傷つくっつーの。開会式そのものが酷評されたのだから、それに係わった自分が酷評されていると普通に思うっつーの。国民の皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいになるっつーの。百歩譲ったとしても、それ今言う?と思う。酷評ならオリンピックが終わってからとことんしてくれ、と思う。開会式にはアスリート達だって参加しているんだ。始まる前のドタバタも、始まってからの酷評も、すでに耳にしているだろう。どうか競技に影響しないでほしい。
 僕の妻は、はじめからアラ探し目的の者や、半信半疑でチンチン掻きながら何となく観ている者と違い、「さあ、かかってこいオリンピック!ぜってー楽しんでやる!」という胸が張り裂けんばかりの想いで開催を待ち望んでいました。したがってあの開会式は、いやぁ~楽しめた楽しめた! もう百点満点中二百三十点! って感じの大興奮で、はじめの三十分だけ観て仕事疲れでグーグー爆睡してしまった僕に意気揚々と報告してきましたよ。やっぱ催しを観る時は自らが参加してやるぐらいの気合がなきゃ駄目だね。他人事のように観ていちゃあ、そりゃ楽しめないよ。楽しめないのは誰のせいでもないよ。楽しめないのは自分のせいだよ。ほんと観る側のスタンスが全てだね。根本はそこ。
 オリンピック反対のスタンスの人は、これからオリンピックを観なければいいと思うのです。一番の制裁は無感心、これに尽きます。自分の人生の貴重な時間を、つまらない、くだらない、腹立たしいだけの放送に費やす必要は絶対にありません。今すぐ観るのをやめましょう。観ていないのだから、文句の言いようもありません。アスリートたちものびのびと競技が出来るというものです。
 兎にも角にも、開会式に係った出演者の皆さん、スタッフの皆さん、先ずはお疲れ様でした。
 そんでもって、がんばれニッポン!
    
 
にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村









最終更新日  2021.07.28 17:30:52
このブログでよく読まれている記事

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.