570150 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

家曜日~うちようび~

2021.04.11
XML
テーマ:暮らしを楽しむ


僕のとある知人女性に、お孫さんが生まれた。

その女性は僕より三歳年上で、今年五十歳になる。

はやっ!

その報告を聴いた時、感覚だけで一瞬そう面食らったが、

よくよく考えたら、いたって自然な計算が成り立つ。

その女性が二十代前半で出産し、その子が二十代前半で出産すればそうなる。

知人のご両親は、まだ七十代前半という若さで、ひ孫の顔を拝めるという。嬉しいだろうなあ。

知人は、若くして離婚をして、女手ひとつで娘二人を育て上げ、いろいろと大変だったと思うが、

はやくに子育てを済ませているので、現在は悠々自適な毎日を送り、孫まで授かるに至っている。

兎にも角にも、おめでとうございます。

さて、僕はといえば、長女を授かったのは、三十五を過ぎてから。

次女にいたっては、四十の時。

仮に次女が大学に進学したとすると、卒業する時、僕は六十を過ぎている。

孫?
・・・なっげえ。
いやはや、健康って財産だなあ。僕の健康、イコール現金だ。あははは。

僕等ぐらいの歳になると、ぼちぼち同世代各個人の健康状態に大きな差が出始めるっすね。

心身の何かしらの不調で、働きたくても働けないという人の噂を耳にすることしばしばっす。

もうこうなってくると、最終的には健康こそが、持って生まれた才能ってやつではないかとすら思える。

もちろん才能は努力ありきですが。

ちなみに、僕がもっと早くに子供を授かりたかったかというと、うんにゃ、そうでもない。

まあ、すべては結果論で、今だから言えるし、

幸いにして子を授かったから言えることではあるのだが。

僕は、ある程度人生経験を重ねた上で子を授かることが出来たことは、本当に有難かったと思っている。

妻はどう思っているか分かんねーから、あんま勝手なこと言えねーんだけども。

んーでも仮に、妻と結婚する前や、結婚して間もない時期の、

あの精神状態の極めて未熟な頃の自分に子供があったとして、

僕が人並みの子育てや労働をし、妻の望む給料を家庭にパス出来たかというと、

うーーーーむ、我ながら、いささか怪しい。あはははは。

あと、同じく今だから言えるが、

正直「毒親の連鎖」っちゅうのも、個人的にはすんげー気にした。

自分に潜む、いらない血、壊れた血、ダメな血が、怖かった。

自分の子を自分は愛せないのではないか?という不安があった。

今では笑い話だが。分かる人には分かると思う。

僕たちは、なかなか子供を授からなかったが、

その十年に及ぶ妻との二人きりの生活のなかで、

この心は、かろうじて成人した。

夫婦二人であったので、家庭を顧みず、馬鹿みたいに働くことも可能で、

子供が生まれた時には、金銭にさほど苦労は無かった。

あの日々のおかげ。

あの日々よ、ありがとう。

この世のあらゆる問いは、必然的に解に向かう。

すべてのコトガラは、あるべくしてそこに立っている。

そういうことです。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村













最終更新日  2021.04.11 16:20:18
コメント(1) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.