157439 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

家曜日~うちようび~

2019.08.18
XML
テーマ:暮らしを楽しむ



このお盆は、静岡県掛川市の「掛川花鳥園」で遊んで、

同県御前崎市のペンションでゆっくりしてきた。

ペンションで一泊した早朝のこと。

一人海岸線を散歩していると、奇妙な石を見つけました。



堤防にポツンと佇む石。

どの角度から見ても、人がビックリ驚いているような顔をしている。

まったく、奇妙奇天烈な石であるよなあ。

僕は、この石を「びっくらこいた石」と名付けた。



さて。

びっくらこいた、と言えば。

先日、いつも楽しく読んでいる「h+and」のすずひさんのブログを読んでいたら、下記のような記述がありました。

「母を嫌いな息子なんていませんよ。 いるもんか。」

楽天ブロガーさんの。 昨日、寝る前に読んだ、男性ブロガーさんの日記。温かい日記。 
まっすぐなこの言葉が強く胸に突き刺さり・・・心が震えて、昨夜は 眠れなくなりました。 

頑張って生きよう、と思った。

そして寝坊しちゃった!!   起きたら9時だった(笑)!!

(原文抜粋)


・・・僕じゃん。

僕のじゃん!

あら、びっくらこいた、おでれーた。

海の向こうから黒船がやって来てよお、デッカイ大砲をドッカーン!

オラぁ、小便ちびったあ。 こんれが噂の「すずひ砲」ぉぉぉ。

すずひさん、この度は 誠にありがとうございました。

よくぞまあ、私の駄ブログに目を留めて下さった、よくぞ目を通して下さった。

んで、ブロガー冥利に尽きる、ありがてえコメント。

くうー、まったく、あんたの活字が、目に沁みやがるぜ。

飛び上がるほど嬉しかったこの一件、実は、今回は静かに心の内にしまっておこうかと思ったのです。
「じいちゃんはな、すずひという超人気ブロガーを朝寝坊させたことがあるんじゃあ。」
と、いつか孫に自慢するぐらいで、留めておこうとも思ったのです。
だって僕が下手な反応をしたことで、すずひさんに思わぬご迷惑をお掛けしたらどうしよう、なんつってえ。
んが、しかーし!
おめーよー、嬉しい時きゃあ手放しで、アホ丸出しで喜ぶのが男っちゅうもんちゃうんかあ?
おめーの人生流儀に、反するんちゃうんかああ?
おめーの心に住む「中二男子」に、顔向け出来るんかああああああ?
・・・と、思い直し。
今回は、いっそ思いっきり「すずひさん」について書きまーす。(ナンかアレだったら、即削除します。)

二年前、僕がブログを書き始めた時、僕はブログの文章の書き方に、非常に戸惑いました。
それまで仕事で会議のレジメなどは作成していたので、活字の読み書きには慣れているつもりだったんすけどねえ。
レジメでもない、小説でもない、ポエムでもない、かといってエッセイやコラムとも、ちと違う。
「ブログ文」やっべえ、書けねー。
んで、多くのブロガーさんの日記を拝読しながら、モデルとなる文体を探していたのです。
まあ、僕にとってブログとは「楽天ブログ」のみなので、ヒジョーに狭い世界なのですけど。ははは。
そんな時、すずひさんの「h+and」に出会い、成程この書き方だな、と思い、即学習っすわ。
すずひさんの日記をよく読むと、書きたいテーマ、見せたい画像、伝えたい想い、挑戦したい表現法等々、
ひとつの日記に、だいたい主題が三つぐらいあるんすよね。
んで、それらの主題を、いったん切り絵のようにバラバラにする。
んで、切った部材をグシャグシャッとシャッフルした後、いい感じに貼り合わせていく。
んで、それを読者様を自宅に招いてお茶でも出して、一対一でおしゃべりしているような口語体で記す。
これ、僕、そっくりそのまま模倣してます。(まあ、僕の場合は、場末の居酒屋のカウンターっすけど)
ですから、剣の流派があるように、もしブログに流派があるならば、
僕は間違いなく「すずひ流」ってことになりますな。
これ、おべんちゃらではなくて、読む人が読めば、笑っちゃうほどすぐ分ることなので、はい。

んで、唯一マネ出来なかったのが、あの「ノーガードな文章」っすね。
まるで防御というものをしない、丸腰で相手に飛び込んでくるような文章。
まさに、あの文章こそが、すずひさんの人気の秘密なのだと思います。
ありゃ大変だよー、ブログ書いてる人なら分かると思う。
巷には、一読して、正直な文章・歯に物着せぬ文章は数あれど、
あの手の文章、よく読むと、ちゃっかり防御策を施してますからね。
僕なんか確信に迫るところはいつも「うんこ・しっこ」等、下品なワードで誤魔化す。
肝心なところは、野暮なギャグで、逃げ道をつくる。
本当に伝えたい事は、難解な表現法で、何故かボヤかす。わはは、クズっすわ。

僕はミニマリストではありませんし、
洋服など女子のオシャレがテーマの回などは、さっぱり解読出来ず、頭から煙がシューシュー出ますが、
それでも毎回欠かさずに読んでいるという、かなり健気な男性読者の一人です。
そんな僕が、「h+and」で、とても印象深い日記があるんすけどね。

とある日の食卓で、
なんだか家族がギスギスしていることを、おとーさんが知ってか知らずか、
「メゾンキツネ」というブランドのことを「何だっけあれ、タヌキ!タヌキ!」と間違ってみせて、
すずひさんが「やっだー、おとーさん」なんつって笑って、
おとーさんも、一緒に笑っていて、
それを見ていた息子さんが、ニコッと笑った。

という、

まあ、実に何でもない話なのですけど・・・

僕、この話が、すっごく好きなのです。

ここから浮かんでくる食卓の風景みたいなものが、

すずひさんの「h+and」の根底に流れるテーマのような気がします。



長く拝読していますと、

時に、僕のような弱小ブログには分らぬ、様々の事があるようにお見受けします。

でも、

どうか書き続けておくんなさいよ。

だって、すずひみたいな、いい女が、このブログ界からいなくなったら、

オイラ、さみしくて、死んじまうぜベイビー!




びっくらこいた石。

いったい誰が、こんなところに置いたのか?

それとも、大波に流され、奇跡的にこの堤防に乗ったのか?

はたまた、宇宙から降って来た、流れ星のカケラか?



てゆーか、ひょっとして、

こんな堤防や道路が出来る何億年も前から、

君は、ずっと、そんな顔して、

ここに存在していたんじゃないのか?


あら、びっくらこいた、おでれーた。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村








最終更新日  2019.08.21 18:09:38
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.