000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

2010.04.19
XML
カテゴリ:読書
結城五郎の「心室細動」を読んだ。
第15回サントリーミステリー大賞受賞作。
(この記事はネタバレあり)

     

主人公である上原は内科の大学教授。
アレルギーの研究で成果があり、次の教授が確実視されている。
だが彼には人に言えない医療ミスという過去があった。

この小説、医療過誤をテーマにしたミステリー。
作者の結城五郎は千葉大学医学部を出た。
そのため、医療に関する記述は考えさせられる部分が多い。

当たり前だが医師は人間だ。
機械でもなく、もちろん神様でもない。
時にミスをするし、医師は医師をかばうこともある。

医師にも背景がある。
病院がまだ3年目と新しかったら。
理事長が国会議員を目指していたとしたら。
ミスをした看護師と医師に大きな期待が寄せられていたとしたら。
死んでいる患者を生きていることにするかもしれない。
遺体に向かって必死に治療しているように演技するかもしれない。

フィクションにしても上原はひどい。
秘密を共有した看護婦が白血病で生命の危機。
にもかかわらず、病院へ見舞いにも行かない。

この作品に疑問点があるとすれば。
ストーリーにいろいろ詰め込みすぎ。
人があれだけ死ぬ必要があったのか?
探偵が院長婦人の死について上原に話すのはおかしい。
いくら多忙な大学教授でも、かつて勤務した病院の院長婦人については情報が入る。

せっかく教授になった上原が終盤、家に侵入するのも解せない。
脅迫者に大金を払い、手に入れた教授の座が危うくなるマネをするだろうか?

医師がその気になれば、完全犯罪が可能。
それをこの小説は証明して見せた。

上に書いたように、結城の出身大学は千葉大。
千葉大医学部と言えば、「チーム・バチスタの栄光」の海堂尊がいる。

解剖がしにくい現状で、Ai(オートプシー・イメージング)普及を目指す海堂。

同じ千葉大でなくても、海堂はこの作品を読んでいるはず。
海堂の作品に、この小説が大きく影響しているのかもしれない。

※トラックバックは管理人が承認した後に表示されます。

バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2010.05.22 21:23:28
[読書] カテゴリの最新記事

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


りゅうちゃんミストラルさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
旅行  ペット  カメラ  読書 

バックナンバー

2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

2017年の紅葉狩り(… リュウちゃん6796さん

ローカルバスでカン… Lamyai_daengさん

八丈島 ゲストハウス… 豊年満作さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
韓国ソウル便り 私の… whitebear319さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.