000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ベルリンマジック

2020/11/14
XML


世界各国、いろいろ独自のやり方でコロナと戦っている、まさにチグハグ
でも、だれもが待っているのはただ一つ、世界を救うスーパーヒーロー、ワクチン様!
しかも「信頼出来る」とされる、「欧米製」、、、誰が決めたんだろう?

しかし、これだけ世界がチグハグでも、やっぱりグローバルはグローバル
人々が欲しがるものは世界中同じ
スマートフォンも車もプレイステーションもワクチンも
そして儲かるのはやっぱり一つか二つの企業、一つか二つの国、グロテスク

各国政府がそれを真っ先に買うためにおカネを用意している、ドキドキ
おカネが用意できない国は国民の不満爆発、、、
接種を受ける人の順番がまた見もの、ワクワク
なかなか自分に順番が回ってこない人々はイライラ

トイレットペーパーを買いあさり、新型アイフォーンを買うのに並ぶ狂気
ワクチン欲しさにまだまだ何が起きるかわからん、こわー

さて、わからん、といえばドイツのコロナ対策、ぜんぜんわからん
レストランも映画館も劇場も、美術館さえも閉鎖、でも「学校は続けます」
もちろんそれはありがたいし、よいことだと思う

でもね
ドイツで30万人の子供たちが自宅隔離、学級閉鎖も増えてる
クラスに一人でも疑いのある生徒がいたら学級閉鎖、幼稚園なんかもう言うまでもない
コドモツーの隣のクラスはもうとっくに学級閉鎖、担任の先生も隔離
兄弟のある生徒は、兄弟の誰かが隔離になったら本人も隔離、親も隔離
生徒の「便乗ずる休み」、先生たちの「便乗欠勤」(ずる休み)が目につく

コドモツーの国語(ドイツ語)の先生はもう2週間以上休んでいる
昨日はいよいよ代わりの先生が見つからず、美術の先生が代行、、、何だそりゃ
算数の先生も休み、英語の先生も休み、宿題もろくに出ない、テストもない
学校というより、保護者の自宅隔離が来るまでの「子ども預り所」

子供を預かってもらってる間は保護者は働けるでしょ?ということ
経済を回さなきゃ、というのもわかるけど
勉強を教えない学校ってのも何だかねぇ、、、もう行かなくてもいいかも

気をつけよう

写真【大波どどーん】






Last updated  2020/11/14 11:40:55 PM
[世界平和と理想の社会] カテゴリの最新記事


PR

X

Free Space

終了・ベルリン
ロックダウンショーウインドー展
2020年12-21年3月、コロナのバカ

中止・ベルリンアトリエ展
2020年11月、コロナのバカ

中止・京橋メゾンドネコでグループ展
2020年4月、コロナのバカ

終了・京橋金井画廊で個展
2019年6月1-10日

終了・ベルリンアトリエ展
2018年11月24、25日

終了・絵描き20年記念アトリエ展、最終回
2018年10月4日ー7日

終了・絵描き20年記念アトリエ展、第2回
2018年6月30、7月1日

終了・松江親子二人展
2018年6月7日ー13日
一畑百貨店

終了・アウグスブルク個展
2018年2月24日ー3月17日
Galerie UNIKAT

終了・ベルリンアトリエ展
2017年11月11、12日

終了・京橋金井画廊で個展
2017年4月13-22日

Category

Calendar

Archives


© Rakuten Group, Inc.