4487388 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

南風のメッセージ

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

2020/04/12
XML
カテゴリ:
今年はソメイヨシノが早くから咲きました。
そして、ずいぶんと長持ちしました。
それでも、別れの時はきます。





桜吹雪。








桜が散ったもの・・・波のように見えました。








八重紅枝垂れ。








かわいいお花です。








バックの緑に似合います。








これは、「仙台枝垂」。








枝垂れは八重のほうが好きかも。(#^.^#)








風で落ちたものを水に浮かべて。






最終更新日  2020/04/12 06:00:06 AM
コメント(10) | コメントを書く


2020/04/08
カテゴリ:
「京都ぶらり歴史探訪」の会いたい仏像の七番目は、黄檗山萬福寺の十八羅漢です。
その中のらごら尊者がすごい。
おなかの中を開いていて、そこに如来さまがいらっしゃるのです。
これには驚きました。
このお寺にも何度か行っています。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




昨夜はスーパームーンでした。2020年最大の満月「スーパームーン」だそうです。
月が地球に近づくため1年でもっとも大きく明るく見えるとのこと。
あまり実感はなかったけれど。('◇')ゞ

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いよいよ7都府県に「緊急事態宣言」が出ました。
いろいろとわからない部分もありますが、とにかく今できることをやるしかないですね。
みんなが生き延びるためには、今なにをなすべきかをしっかり考えないと。

そんな時に(あるいはそんな時だからか?)、テーブルの上にあるスズメが落としていったソメイヨシノの花と、風で落ちた八重紅枝垂れの花が気になっています。

先日見た「生中継!京都のサクラ 令和を彩る桜の絶景」(BSプレミアム)の中で、桜守第16代佐野藤右衛門さんがソメイヨシノについてお話をされていました。
「ソメイヨシノは種で増えるわけではないので、オシベもメシベも退化して蜜もない」というものでした。

しかし、これまで多くの方がソメイヨシノの蜜はあると思ってきていて、その蜜を味わうという実験が学校で行われたり、野鳥の種類によってソメイヨシノの吸蜜の仕方が異なるなどの論文等も出ています。
いったい、ソメイヨシノには蜜があるのかないのか、とても気になってきました。

そこで、拾ってきたソメイヨシノと八重紅枝垂れの両方を少しだけ観察してみました。




スズメが落としていたソメイヨシノです。
どちらも蜜があると思われる子房(黄緑の丸いもの)が下に出ています。
この花以外でも、その部分が空っぽのものも多くありました。






しべの方はあまりはっきり撮れていませんが、オシベの真ん中にメシベが1本あって、その根元がこの黄緑の子房のようです。








ひとつの花をカッターで切って開いてみました。
すでに子房がないもののようでしたが、真ん中の下の方に少し水分(蜜?)があるような感じがしました。

花によっては下の横に小さな穴が開いているものもありました。
それらは、シジュウカラのしわざという​叶内拓哉氏の文章​​があります。


一方、以下は八重紅枝垂れです。



左は切り開く前のもの。
花の下のふくらみは、ソメイヨシノよりも長く大きいです。
右は開いたところ。






開いた花の根元にはいくつもの子房(黄緑色の部分)がありました。
もしかしたら、ソメイヨシノよりも八重紅枝垂れのほうが子房が多いからより蜜が甘いとか???

桜についても、まだまだ謎が多くてわからないことばかりです。"(-""-)"






最終更新日  2020/04/08 05:50:04 AM
コメント(9) | コメントを書く
2020/04/01
カテゴリ:
昨夜のアクセスカウンターは「3990903」でした。
400万アクセスは、いつごろかな?
うーん、まだまだですね。('◇')ゞ
(特にキリ番のプレゼントは行っておりません。)


  ・・・・・・・・・・・・・・・


いろいろな桜があります。
ソメイヨシノの他は特に山桜、枝垂れ桜、オカメ桜が好きです。
今年はオカメ桜は見ることができませんでした。




以前、撮ったオカメ桜。(京都長徳寺)




ここからはヤマザクラです。



「もろともにあはれと思へ山桜 花よりほかに知る人もなし」(百人一首から行尊)
この歌のように、昔は桜といえば山桜をさすことが多かったようです。








ソメイヨシノは花が終わるころから葉が出ますが、ヤマザクラは花と葉が同時に見られます。








少し赤みを帯びた葉と、白い花がとても美しくて。









透過光で。
ヤマザクラの花言葉は、「あなたに微笑む・純潔・高尚・淡白・美麗」などです。






最終更新日  2020/04/01 05:40:05 AM
コメント(10) | コメントを書く
2020/03/23
カテゴリ:
ソメイヨシノ以外の桜も、あちらこちらで咲き誇っています。

何を見たらよいのか、迷うくらいですね。(#^.^#)





ソメイヨシノにちょっと似ていますが、エドヒガンです。









白い花と葉っぱが特徴のオオシマザクラ。








一重の白い枝垂れ桜。








淡いピンクの枝垂れ桜。








紅枝垂れ。
一重のかわいい桜です。







もう一枚、紅枝垂れ。








まだ咲き残っている十月桜。






最終更新日  2020/03/23 05:07:30 PM
コメント(11) | コメントを書く
2020/03/22
カテゴリ:
このところ、早咲きの桜、そしてソメイヨシノが次々に開花するのでなんだか落ち着かない日々となっています。
それにしても、暖かい日が多くなりました。
今年も花々ははやいです。




陽光(ヨウコウ)は、明るいピンク(濃いめ?)の桜です。
寒緋桜と天城吉野との交配種だそうです。








アップで見るとこんな感じ。









メジロさんが来てくれました。\(^o^)/









短いレンズなので大幅にトリミングしています。
見上げる。







なんとなくお花見を楽しんでいるような?(#^.^#)








次はどの花を狙おうか。








はい、吸蜜中です。
なんだか花をかぶっているみたい。(#^.^#)







「あら、花かぶりを見られちゃった。( ^)o(^ )」






最終更新日  2020/03/22 06:00:07 AM
コメント(10) | コメントを書く
2020/03/16
カテゴリ:
13日に数輪開花したソメイヨシノですが、15日にはさらに咲いていました。
晴れの日の桜は、とてもうれしいです。





急に寒くなって雪まで降った14日をはさみ、心配しましたが順調に開花していました。








ランプシェードのような。
次にひかえるつぼみたちもかわいくて。









つぼみはやさしいピンク。








これぞソメイヨシノという色合いです。








コロナコロナで世の中沈みがちな時に、早い桜の開花を見ることができてとてもうれしい。\(^o^)/






最終更新日  2020/03/16 05:50:04 AM
コメント(12) | コメントを書く
2020/03/14
カテゴリ:
思いのほか、早かったです。
いつものように高い高い桜を見上げたら・・・咲いている。
ほんの数輪ですが、確かに見えました。
3月13日の開花は例年にないはやさですよね。




朝、見つけました。
大トリミングしています。






午後からまた見てみました。








午前中は一か所(数輪)のみでしたが、午後からは咲いている箇所も少し増えました。









桜の近くで懐かしい知り合いに出会いました。









「桜が咲いてますよ。」と言ったら、「えーっ、もうですか?」とびっくりしているので、教えてあげました。








高すぎて小さすぎて・・・最初はわからなかったようですが、何とか見えたようで喜んでいました。
( ^)o(^ )






最終更新日  2020/03/14 05:20:05 AM
コメント(12) | コメントを書く
2019/05/01
カテゴリ:
いよいよ平成から令和に。
元号が変わるのに立ち会えるのは、歴史の証人になっているみたいでうれしいですね。
ただ、西暦の方が使いやすいかな。('◇')ゞ


海禅寺の帰りに青梅駅で下車しました。
青梅駅から歩いても間もない梅岩寺に寄るためです。
ここには今年の2月にも行きました。



道なりにのぼっていくとまず一本目の枝垂れ桜が目に飛び込んできます。








本堂を覆うかのように。







近くで見れば、一重のピンクのかわいいお花でした。








同じ枝垂れ桜ですが、このように花が手毬のように見えるものもありました。








左が上の枝垂れ桜、そして右奥にもさらに大きな枝垂れ桜があります。








奥にどんどん進んでから振り返ってみました。
とても大きな枝垂れ桜なのです。
赤い服を着た人と大きさを比べてみてください。







戻って来て本堂に近い方から撮ってみました。








それをバックにミツバツツジを前に入れて。








もう一本、まだ大きくはないのですが八重紅枝垂れもありました。
こちらは、ふんわりかわいいお花でした。






最終更新日  2019/05/01 06:00:09 AM
コメント(12) | コメントを書く
2019/04/30
カテゴリ:
4月上旬、何年振りかで海禅寺に行ってみました。
海禅寺は、青梅市二俣尾にあります。




瑞龍山海禅寺は、寛正年間(1460-1465)に益芝永謙が長勝庵と号する草庵として創始されたそうです。







花まつりの少し前でしたが、もう飾ってありました。
右手前にはアマチャをお持ち帰りくださいと並べてありました。
とってもうれしいサービスでした。(^O^)






残念ながら大きな白い枝垂れは見ごろ過ぎとなっていました。
左はハナモモです。






ソメイヨシノはちょうど見ごろ。
手前のシャクナゲと素敵なコラボを見せてくれて。






このくらいの時のソメイヨシノが好きです。(*'▽')







ソメイヨシノの向こうには陽光も。







陽光に近づいて。
かわいい桜ですよね。






見下ろせば、菜の花と桜と青梅線の電車(青梅~奥多摩間で本数が少ない)が。







小山のようなところにはツツジ、そしてかわいい枝垂れ桜。







まだあまり大きくはないのですが、これから次第に立派な枝垂れ桜になっていくことでしょう。






最終更新日  2019/04/30 05:50:07 AM
コメント(11) | コメントを書く
2019/04/29
カテゴリ:
先日、世界卓球選手権・個人戦のミックスダブルス決勝を見ました。
吉村真晴さん(男性)と石川佳純さん(女性)のペアが中国の許キン選手、劉詩ブン選手とたたかい、ゲームカウント1ー4で敗れましたがとても見ごたえがありました。
中国側のものすごいボールに唖然としたり。('◇')ゞ
シングルスと違ってスピードや技だけではないものも見せてもらいました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「桜だけではない京都」をやっている間に、季節はうつろってしまいました。
東京の桜は取り残されてしまって。('◇')ゞ
思い出編みたいですが、まずは3月末の東郷寺。



「聖将山東郷寺」と書かれた巨大な石碑。(左)
ここは東郷平八郎ゆかりのお寺。(日蓮宗)
東郷の別荘があった場所で、彼の死から5年後の1939年に建立されたそうです。






以前にもご紹介していますが、黒澤明監督の映画「羅生門」のセットはこの山門をモデルにしてつくられたそうです。
今年はどの枝垂桜も咲いていて、見ごたえがありました。






さらに山門にちかづいて。







右側の大枝垂れ。
足元にもいろいろなお花が咲いていました。






見上げてみれば。







急な階段をのぼって振り返るようにして見下ろしたところです。








さらに山門をくぐってかなり離れてから撮るとこんな感じに。







ここの枝垂れは白い一重の桜のようでした。
今回は初めてご朱印もいただきました。






最終更新日  2019/04/29 06:00:09 AM
コメント(10) | コメントを書く

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.