280563 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

たいちゃん(福山型筋ジス)と私の物語

PR

Recent Posts

Category

Favorite Blog

弟、外泊です ももたろう1108さん

世界音楽療法大会 syuichi6780さん

あっちゃんのつぶやき 信ちゃんママさん
三男のたいちゃんは、1歳のときに先天性福山型筋ジストロフィー症と診断されました。
たいちゃんが15歳くらいのときからのブログです。
ゆっくりとですが進行していく病気と親子で向き合っていく様子を綴っていきます。

たいちゃんが加入している会
ふくやまっこ家族会
全国重症心身障害児(者)を守る会
バクバクの会 
NPO医療的ケアネット
重心ラーの会
神戸市重度心身障害児(者)父母の会

ホームページです。2017年6月30日~
たいちゃん物語
2017.07.18
XML
カテゴリ:いろいろ
キセキの葉書

17日は1日限りの西宮での上映会でした。
すごい満席!!

そして、映画が始まった最初からウルウルときちゃって・・・
絶対泣くだろうと思ってたけど、最初からとは。
会場のみなさんもそんな感じでした。


映画の中で実の母が言った「そげな子は、自分で育てられるわきゃないき!こっちはこっちの生活があるんやけん!」という言葉に捕らわれてしまうところ。

そんな時にご近所の方に言われた「全ては自分やからね…」の言葉に気付いていき、自分らしい生き方を取り戻していく過程。

母が認知症とうつ病を併発し最初は手を差し伸べる気がおきなかったが、小さい頃のことを思い出し毎日葉書を出すことで母を救う決心をする。

母に向けて大笑いでなく「くすっ」となるネタを書き続ける。ネタがなくなれば家族にも協力してもらう。13年間5000通も。



ネガティブな感情は周りに伝染する。
自分がネガティブでなくなった時、ポジティブな人が集まってくる。(脇谷さんの言葉)
一人で抱え込まず、くすっと笑えることを書き続けたことが母と娘にとって奇跡を呼んだのでしょう。

映画に引き込まれ、泣いたり笑ったり、会場にいる人たちの心を捉えていく。

会場にいる人たちにも奇跡が起きるような映画でした。
感動的な作品でした。






Last updated  2017.07.18 00:52:23
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.