2940354 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

パパング♂@ Re:ミスジミバエ(12/03) 2020年はミスジミバエの出現が遅く、気を…
白根不動尊@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 白石みずほ 佐々木華奈
伊関あゆみ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) 藤田征也 川原誠也
田中あさみ@ Re[7]:セイヨウミツバチ(03/06) 赤羽自然観察公園さんへ
ミツバチ@ Re:セイヨウミツバチ(03/06) ミツバチ 品川区
Noripapa@ Re:ハナアブの幼虫(オナガウジ:尾長蛆)(05/21) 正月を迎えるため 近所の神社の掃除を町内…
henry@ Re:チャドクガ(成虫)(10/19) こんにちは。 うちの家も今年の夏は茶毒蛾…
2010.12.11
XML


 今日は、前々回の「オオタバコガの幼虫(3齢)」に引き続いて、その4齢幼虫を紹介する。

 体長は約9.5mm、3齢の写真では約9mmであったから大差なく、脱皮後間もないものと思われる。尚、今日の4齢幼虫は、前々回掲載の3齢幼虫とは別個体で、3齢と同じ日に撮影したものである。



オオタバコガの幼虫(4齢)1


オオタバコガの4齢幼虫.脱皮直後らしく頭と胴の幅がほぼ同じ

3齢とは異なり、オオタガコガの幼虫らしくなった

(写真クリックで拡大表示)

(2010/10/14)

 上の写真に示した姿を見た途端に、オオタバコガ(Helicoverpa armigera)の幼虫だと思った。理由は我ながら良く分からないが、多分、この横から見た形と、何となく表皮がザラザラした感じがしたからだと思う。3齢までは、表皮はすべすべして光沢があったが、この4齢にはそれがない。


オオタバコガの幼虫(4齢)2


上から見たオオタバコガの4齢幼虫.花弁が邪魔して少し斜めに

なっている.花弁を避けるのが面倒だったらしい

(写真クリックで拡大表示)

(2010/10/14)

 この個体は、3齢幼虫のところで書いた様に、最初に掲載した2齢幼虫(10月12日撮影)が成長したものと思われる。僅か2日半で2齢が4齢になるとは信じがたいが、この個体は3日後の17日には5齢(何時5齢に脱皮したかは不明)で、19日には6齢に脱皮し、23日には土に潜ってしまった。2齢から前蛹化まで僅か11日、6齢期が長く、2齢から6齢に脱皮するまではたったの7日である。若齢ほど齢期が短い様なので、3齢位までは1齢を1日で終わるとしてもおかしくはない。


オオタバコガの幼虫(4齢)3


上の状態を横から見た図.かなり体が伸びている

(写真クリックで拡大表示)

(2010/10/14)

 この4齢幼虫、3齢とは随分外見が異なる。3齢までは赤っぽい色をしていたのが、濃い焦げ茶色(もう少し緑がかっていた様な気がするが、白いコスモスの花を白になる様に現像するとこう云う色になる。赤味がかるか緑を帯びるかは非常に微妙で、極く僅かの調整で色が違ってしまう)になっているし、硬皮板や頭部の黒っぽい部分が殆どなくなり、頭部には褐色の斑がやや筋状に残っているだけである。

 その他に、表皮の構造に大きな違いが生じている。


オオタバコガの幼虫(4齢)4


オオタバコガ4齢幼虫の胴部.テレプラスで超接写したもの

背中やその他の表皮に突起状の構造が認められる

(写真クリックでピクセル等倍)

(2010/10/14)

 最初の方で、何となく表皮がザラザラした感じがすると書いた。保育社の「原色日本蛾類幼虫図鑑」に拠ると、オオタバコガの属すタバコガ亜科(Heliothinae)の幼虫は、胴部の表皮に微細な顆粒を密布する、とある。

 胴部を超接写した写真を上に示した。露出不足を増感しているのとピクセル等倍なので酷い写真だが、背中に白い棘状の突起が認められ、他の部分にも、写真自体のザラツキで見難いが、突起状の構造があるのが分かる。これが故に、ザラザラした感じがするのである。

 この細かい突起は3齢幼虫には見られないもので、終齢になると見事に発達する(大きくなるので撮り易いせいもある)。


オオタバコガの幼虫(4齢)5


テレプラスで超接写したオオタバコガの頭部.頭幅は1.1mm

(写真クリックでピクセル等倍)

(2010/10/14)

 尚、始めから4齢幼虫と書いているが、一応、その根拠を示しておく必要があろう。上の写真は、頭部をテレプラスで超接写したもので、スケールと比較すると頭幅は1.1mm。先日紹介した「大豆を加害するハスモンヨトウ及びオオタバコガ各幼虫の齢期を判定するための頭幅測定ゲージ」に掲載されている、齢と頭幅の一覧表を以下に転載する。


  幼虫の齢   頭幅最頻値(mm)  最小値-最大値
   1齢      0.25    0.2 - 0.3
   2齢      0.35    0.3 - 0.45
   3齢      0.60    0.55-0.75
   4齢      1.05    0.85-1.25
   5齢      1.70    1.3 - 2.0
   6齢      2.60    2.4 - 3.0


 頭幅1.1mmは4齢の範囲にあることが分かる。頭と胴体の幅に大きな違いがないのは、脱皮して間もないからであろう。3齢では体長9mm、この4齢では9.5mmと大差ないが、頭幅は3齢では0.72~0.73mmだったから、4齢は3齢よりかなり大きくなっていると言える。


[追記]以下に、以前及び以降のオオタバコガ成長記録の一覧を示しておく。

    内容     掲載日       撮影日       備考
   2齢幼虫   2010/11/26   2010/10/12
   3齢幼虫   2010/12/01   2010/10/14   他とは別個体
   5齢幼虫   2010/12/15   2010/10/17
   6齢幼虫   2011/01/17   2010/10/21
   蛹と成虫   2011/01/31     -        2個体








最終更新日  2011.02.01 12:17:36
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.