11944418 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

春ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

帯ドラマ劇場『やす… New! レベル999さん

タイで、猫に出会え… New! らぶりーたわ子さん

劇場鑑賞「空母いぶ… New! BROOKさん

トップページを変更… みやさとver.さん

Keyword Search

▼キーワード検索

全7件 (7件中 1-7件目)

1

小説&マンガreview

2012.12.31
XML
カテゴリ:小説&マンガreview
手塚治虫『ブラック・ジャック』のムック。

11月に発売されたものなので今更なんですが
ちょこっとだけ感想を書いてみます。


手塚ファンだと言いながら最新情報は全く仕入れていないので
このムックのことも全く知らなかった私…

本屋さんにも、しょっちゅうは行かないし
映画をレンタルするのも最近は本屋を併設していない店が主流だし

なのにこの時は偶然、発売直後に本屋さんに行ったんです。
しかもTU○AYAに!

何故それが重要かというと
ネットで検索してみて知ったんですけど
付録(小冊子)が付いているのと付いていないのと二種あって
私の地元で付録付きを売っているのはTU○AYAだけなんです。

その付録は『ミッドナイト』の最終回を
原画の雰囲気そのままに小冊子にしたものです。

ミッドナイトと呼ばれるタクシー運転手をしている若者の物語で
ブラック・ジャックも何度かゲスト出演しています。
最終回では主役状態になっています。

内容が衝撃的過ぎるとのことで単行本化されず
幻の最終回と呼ばれているものです。

前に一度読んだことはあるんですけどね
また読めて嬉しい(^^)


手塚作品って、こーいうことよくありますよね。
作者自身も、単行本化のたびに手を加えるので
元の作品とはだいぶ変わってしまっているものが少なくないです。

個人的に、直に目にしてビックリしたのが『奇子』。
最終回が載せられた雑誌を古本屋さんで見つけて読んだ後で
単行本を読んだんですが「180度変わってるじゃん!?」って感じで(笑)



『ブラック・ジャック』は手塚作品の中でも1~2位を争う好きな作品で
ムックに書かれていることは知っていることばかりだけど
纏められてるのが嬉しくて
未公開原画集も嬉しくて
手塚治虫の写真付きの記事があるのがまた嬉しくて
申し分ない!と言いたいところなんですけど…

スミマセン、一つだけツッコミを入れさせて下さい。

キャラクター紹介ページで
主要キャラや
他作品にも出ている(いわゆるスターシステムの)キャラ達の後に
「ブラック・ジャック オリジナルキャラクター」のコーナーがあるんですが

私が分かるだけでも
「これって鬼丸大将じゃないの?」
「これは和登さんだと思うんだけど?」
「この2人は『空気の底』の2人じゃん!」
「これはトリトンだよ!髪型が違うのはアニメ版の髪型にしてるからじゃん!」
…etc.他にも沢山あるんですけど…


それから、これはツッコミじゃないけど
色んなマンガ家達によるリメイクも沢山出てるんですね。
知りませんでした(^^;)

でも…

たまたま目にする機会があったら目にしてみようと思うけど
ワザワザ手に取ってみる気にはならないな。
スミマセンスミマセン。


話はズレるけど

あの大林宣彦監督による実写版『ブラックジャック』@『瞳の中の訪問者』では
宍戸錠がブラック・ジャックを演じているので
「先生の宍戸錠!」(byピノコ)
という台詞がマンガの中に入っているのは有名だけど>まあ私は映画は未見だけど

TVドラマでは何と加山雄三主演のもあるのだ。
これまた未見だけど>ダメじゃん

写真で見る限りでは、ビジュアル的には宍戸錠と良い勝負なんだけど
(つまり、オッサン過ぎるしイメージに合わないし傷跡や白髪等がワザトラシイ)
普段は傷も白髪もない姿で別の職業に就いている設定らしいし>何ちゃそれ?
コートはマントだし…ナンダカナ度はずっと上みたい(^^;)




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/874-998d9878


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ            blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

☆映画&ドラマ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち



↓最近('11年)の実写版>岡田将生主演


↓全巻セット







Last updated  2012.12.31 16:06:32
コメント(3) | コメントを書く
2009.07.14
カテゴリ:小説&マンガreview
最近、映画化されて話題の『MW』(手塚治虫著)を再読しました。
ず~っと前に読んだきりなので、もう随分忘れてるなあ…と思ってたのですが
意外と覚えているもんですね。
画面の一つ一つが懐かしいというか、「あーこれこれ」って感じでした(笑)

そのせいか、
「禁断の傑作」という最近のキャッチコピーには
「何を今更」と思ってしまいます>ぉ

手塚治虫には白手塚と黒手塚がいるのですよ、明智君! ←古

ていうか、
手塚ヒューマニズムの代表作なんて言われてる『鉄腕アトム』でさえ
暗くて重いエピもあります。
手塚治虫の本性って、物凄くニヒルなんじゃないかと思います。

そーいや昔、知り合いのオバサンが
「マンガでも手塚治虫作品だけは子供に安心して見せられる」とか
ほざいて…じゃなくて、言ってたことがあったなあ…
んなわけねーだろ」と
心の中で呟いた私でした(笑)

いや、さすがに声に出しては言えません。
悪いイメージつけちゃうのも嫌だし。
ファンとしては多くの人に手塚作品を読んでほしいですから。
読んでから理解してほしいな、って思います。

でも、理解され難いだろうな、とこの作品等を見ると思います(^^;)


主人公の結城は良心というものが欠落した人間で、
平気で次から次へと犯罪に手を染めていきます。
誘拐、殺人、レイプ…といった、いわゆる“犯罪”から
同性愛、獣○…といった、“道徳”面での悪まで。
その裏には、過去の大きな事件があって…
というのが大まかな話なのですが>大まか過ぎだろ

結城が、その事件の関係者を追い詰めていくのが復讐のためだったら、
少しは彼に感情移入することも出来たでしょうが
彼は、そんな人間的な感覚すら持ち合わせてはいないのです。
そこが凄いところだと思います。


で、そんな“絶対悪”とも言うべき主人公と対比させるのに必要なのは
単に人間愛とか警察とかいう曖昧なものではなく、やはり“”でしょう。
だから、彼が唯一心を許す親友(&男恋人)の賀来が神父というのが面白いです。

“神”と言っても、ここで本物の神を登場させては意味が違ってきてしまうので
神を信じると唱える神父…というのが良いです。
ルックスも正反対なのも絵的に面白いし、
自信満々な主人公に比べ、
どんなに頑張っても結局は主人公の色香に騙されてしまう賀来の弱さが面白いです。

しかも、過去の出来事が起きた時は、その神父の方が悪の側でした。
主人公は無垢な存在であったわけです。
ここの図式が面白いです。

まあ、武器を掲げる結城に信仰心を説きながら近付いていった司教は
実にアッサリと撃ち殺されてしまったわけですけれども。



自分が女のせいか、以前も今回も、印象が強かったのは澄子の存在です。
彼女は結城の目的に利用されたわけではなく、むしろ後半は邪魔な存在でした。
邪魔と言っても結城を阻止できるわけはなく、ウザイという程度ですけど(笑)

彼女を「おもちゃ」と結城は言っていたけれど、
動機は賀来の心を捉えた彼女への嫉妬だろうなあ…と思うのですけども
ともかくもレイプで始まって、口封じにまたレイプして、
彼女の心まで奪ってしまう手口は何ともはや…です>ぉ

これが他の作者による他の作品だったら、「女を舐めるな」と思うところですけど
手塚治虫が描くと妙に説得力があります(^^;)

でもって清純可憐だった彼女が、
良く言えば強く、悪く言えはちょびっとハスッパに変わっていくところが
興味深いっていうか…手塚治虫ったらシビア(笑)


ともあれ、
賀来をなくした後の結城の行動を見てみたかったです。
手塚治虫、カムバック!


TVドラマ版のレビューは右矢印『MW-第0章 悪魔のゲーム-』


下矢印クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気映画・TVBLOG人気映画・TVBLOG

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

下矢印ドラマ&映画感想、K-POP歌詞訳、イラストetc.色々置いてあります
やっくんちやっくんち

MW(ムウ)(1)

全巻セット!ご購入は当店で!期間延長!全商品 送料無料です!【漫画】手塚治虫漫画全集(全400...
Cut (カット) 2009年 07月号 [雑誌]






Last updated  2009.07.14 23:10:33
コメント(4) | コメントを書く
2008.09.30
カテゴリ:小説&マンガreview
大島弓子著『グーグーだって猫である』第一巻を読みました。

線は細~く、空白も多いのに立体感や密度を感じさせる絵。
知的で個性的で、繊細だけどタフで、何だかとても切なさの漂う世界。
大島弓子の作品には一時期とてもハマっていました。
『夏の終わりのト短調』『綿の国星』『バナナブレッドのプディング』が特に好きでした。

でも、このところご無沙汰してました。
他の本を探しに入った書店でこの本が目に入り、
映画化されたためタイトルはお馴染みだったけれど、表紙絵を見ると、
上記の作品とはタッチが少々異なるのに少々戸惑いを感じました>エッセイだからね
でも、何だか読まなければいけない気持ちになって(笑)すぐ購入しました。

壊れた冷蔵庫を廃棄した時
「ありがとう、さようなら」と何度も言ったという大島さん。
古い洗濯機を労って、手を入れて回るのを手助けする大島さん。

そんな大島さんが長年飼っていた猫のサバを亡くした時のエピです。
サバの目を見つめていたら催眠術にかかったように眠くなってきて
ほんの5分眠っている間に、サバは息を引き取ったそうです。


「あの五分は わたしにくれた五分間だったのだ」


この言葉に泣けました。

一昨年、我が家の愛犬も亡くなりました。
医者に見放されて、一週間後のことでした。
最後の日、どうしても済ませなければならない用事だけして
後はずっと付いているつもりだったのに
ほんの少し傍を離れている間に、静かに逝ってしまいました。

その何年か前にも、同じような事が、当時飼っていた猫に起きました。
その猫の場合は、戻った時にもう冷たくなってはいたけれど
耳元で大きな声で名前を読んだら、一回だけ息をしてくれました。

考えたら結構、動物の死は経験してきました。
息を引き取る瞬間まで見守ってやれたことは、ほとんどありませんでした。

こういうことって物凄い罪悪感が残ります。
そもそも病気になるのを防げなかったこと、早くに気付いてやれなかったこと、
適切な治療や世話を受けられるよう配慮してやれなかったことに、
いつまでもいつまでも悔いが残っています。

「あの五分は わたしにくれた五分間だったのだ
死ぬ瞬間に立ち会っていたら、もっと辛かったに違いなかった」


この言葉に、救われた思いがしましたよ。
ありがとう、大島弓子。



下矢印映画&ドラマ感想、イラスト、K-POP歌詞訳etc.載せてます
やっくんちやっくんち

下矢印クリックしてもらえると嬉しいです
人気映画・TVBLOG

グーグーだって猫である
大島弓子セレクション
まんがキッチン






Last updated  2008.09.30 17:07:27
コメント(0) | コメントを書く
2007.07.30
カテゴリ:小説&マンガreview
久し振りに赤川次郎を読みました。

簡単に言うと―
4人の女子大生が自分達の罪を隠蔽するために無関係の人物を犯人に仕立て、
彼と彼の両親の3人を自殺に追い込んでしまいます。
数年後、それぞれの人生を歩む4人の前に、自殺した人物の名前で手紙やFAXが届き始め…
―というような内容です。

長編なのですが、さすがに赤川次郎、軽くサラッと読み終えることが出来ました。
発端の事件は、あまりにも自己中で冷酷で、かなりムカつきます。
だから、張本人である4人の女性に嫌悪感を抱いても良いはずなのに…
その後の彼女らの人生が描かれていくにつれ、妙な親近感が湧いてきます。
そこがまた赤川次郎っぽいかなあ、なんて思います。

女王然としていた一人が平凡な男性との結婚に幸福を見出すようになったり
目立たなかった一人が政界の大物の愛人となったり
…彼女らの人生は思いもよらなかった変化を遂げていきます。
それにつれ4人の中の力関係も微妙に変化していきます。
それが、それぞれ本人の視点で描かれているので感情移入しやすいです。

自殺した人物の影が4人を脅かすようになり、
恐怖の予感や謎解きの興味を含めた適度な緊張感をもたらすものの、
それが主体というよりも、彼女らの人生の変遷が中心に描かれているようです。

途中の、殺し屋を匿うことになるエピは、非常に赤川次郎っぽいなあと思いました。
(こんなことばっかり言ってるなあ)

「償いは、私が幸せになること」
4人の内の一人が何度か呟く台詞です。
あまりにも傲慢で、人の命の重さを理解できていない人物の言葉です。
同時に、どこかで聞いたような…
お涙頂戴で終わるような安っぽいドラマなんかに出てきそうな
似非ヒューマニズムって感じの言葉ですよね。

だから、この台詞を出したことで、重いテーマを打ち出してるな…と感じました。

この言葉を吐いた人物は、自分自身の立場は変わらないままでしたが
個人的には、あまりにも多くのものを失ってしまいます。
結局、一番重い罰を受けたことになるのだろうと思います。

明るくユーモラスで軽い…というイメージの強い赤川作品ですけど、
実は、暗くて切なくて重いテーマが隠れていたりするのですよね。

一方、私生活で数々の不幸を舐めた一人は、
理不尽な関係の中にも幸福を見出すことが出来たかと思った時に
それが偽物であったことに気付きます。
でも、それを壊す事ができませんでした。
幸福なのか不幸なのか…考えさせられる結末です。
でも、今ここで決定的な不幸に彼女を陥らせなかった赤川次郎に
そこはかとない優しさを感じてしまいました>反面、残酷とも言えるかも

ツッコミどころも色々あるんですけどね(笑)
あの人はどこ行っちゃったんだよ?
ってのもあるし。
ラストも余韻を残す終わり方とも言える反面、
枚数がなくなっちゃったので適当に端折っちゃいましたあ!
って感じも(^^;)

ま、そこがまた赤川次郎っぽい気がするんですよね。



やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG

闇が呼んでいる






Last updated  2007.07.30 16:17:27
コメント(2) | コメントを書く
2007.01.01
テーマ:お勧めの本(4900)
カテゴリ:小説&マンガreview
『猫丸先輩の推測』
作:倉知 淳


ダイヤ     ダイヤ     ダイヤ     ダイヤ     ダイヤ     ダイヤ     ダイヤ     ダイヤ

久しぶりに読みました、大好きな猫丸先輩シリーズ。
何年か前、図書館でふと目に留まったのが、第一作『日曜の夜は出たくない』
たまの曲『かなしいずぼん』のワンフレーズじゃん!?
何てフザケタ題名をつけとるんじゃ!!
と思って興味を持って読んでみたら、
話は勿論、語り口もキャラも素敵で、すぐにファンになりました。

とにかく猫丸先輩が良いの。
小柄で童顔、ふっさりと垂れた前髪の下は猫のようなまん丸な目、
「天然脳内麻薬分泌患者みたいな躁状態」な先輩は、カワイイのひと言(笑)

この『猫丸先輩の推測』6本の短編から成っていて、
そのどれもが大事件でも深刻な事件でもなく、アクションもハラハラ展開もないのですが
先輩の推理はポン!と手を叩きたくなるような痛快さです(^^)
パズルがピタッとはまったスッキリ感と、ほのぼの暖かい雰囲気と、
思わずにんまりしてしまうユーモアが魅力です。

『夜届く』
連続して届く差出人不明の電報の謎
―ぶかぶかエプロン姿の猫丸先輩がカワイイ!

『桜の森の七部咲きの下』
花見の場所取り中の新入社員に接触してくる3人の男の謎
―足をバタバタさせる猫丸先輩がカワイイ!

『失踪当時の肉球は』
行方不明になった日の丸猫の謎
―丁寧にお辞儀をして自己紹介する猫丸先輩がカワイイ!

『たわしと真夏とスパイ』
商店街のイベントを邪魔する「北の工作員」の謎
―ひよこに大騒ぎする猫丸先輩がカワイイ!

『カラスの動物園』
居直る引ったくり犯の謎
―猫耳カチューシャを付けた猫丸先輩がカワイイ!

『クリスマスの猫丸』
クリスマスの夜、全力疾走するサンタの謎
―喫茶店で突然踊りだす猫丸先輩がカワイイ!



人気映画・TVBLOG

やっくんちやっくんち

猫丸先輩の推測
日曜の夜は出たくない
たま セレクション






Last updated  2007.01.02 00:52:01
コメント(0) | コメントを書く
2006.12.18
カテゴリ:小説&マンガreview
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
(Harry Potter and the Half-Blood Prince)
作:J.K.ローリング
訳:松岡 佑子



ようやく読み終わりましたっ。

読み始めたのも遅かったんです>秋頃だったかな?
大好きなシリーズなのに、今回は何故か気持ちが入っていかず、挫折していました。
雰囲気が暗いからかな…重要人物の一人が死ぬという情報も入っていたし…。
そして、ついこの間やっと読む気が起きて、
ページを開いたら、今度はすぐに引き込まれていきました。

下矢印ネタバレ注意です!


 *     *     *     *     *     *     *


誰が亡くなるのか、何となく想像はついたんです。
っていうか、もはや“あの人”しかいないよね。
でも、実際にその場面を読むと、がっくり力が抜けてしまいましたよ…。


私が、このシリーズに興味を持ったのは、ある雑誌の書評に
「今は、書店のベストセラーの棚に置かれているけれど
いずれ、『ナルニア国シリーズ』等と並んで、普及の名作ファンタジーの棚に
置かれることになるだろう」
というような意味のことが書かれていたのを読んだから。
C.S.ルイスの『ナルニア国シリーズ』は、私の幼い頃の愛読書で、勿論今でも大好きで
物凄~く影響を受けている本なのです。

で、読んでみたら、成程とても面白い。
ストーリーは勿論、それを支える世界がしっかり構築されていますし、キャラも多彩。
お菓子から乗り物から、細かい部分も作り込まれており、かつユニークです。
何より私は、彼らの学校生活にとても魅かれます。


…その学校生活が…後一年は残されていると思っていたのに…


先回、フレッドとジョージが学校を去り社会人になったのが、ある意味ショックでもありました。
そして今回はハリー。
まあ、学校自体がどうなるか分からない状態になってしまいましたが。

スネイプもマルフォイも去ってしまいました。
確かにマルフォイは意地悪で嫌な奴なんだけど、何故か嫌いにはなれませんでした。
そして今、彼は非常な苦悩のうちにあります。
ハリーが彼を救い出す、という展開になれば良いのになあ。

それにスネイプも。
ダンブルドアは最後まで彼を信じていたようだし
私も彼が心底“悪”だとはイマイチ信じ難いものがあります>根拠無し
ダンブルドアが間違っていたなんて思えないし、思いたくないから
彼は本当は信頼に値する人物なのだと信じたいです。

では、あの時のダンブルドアに対する行為は…!?

何か意味がある、という展開なら良いのになあ。
私って甘過ぎるかしら?


そうそう、今回明かされた○○箱。
『秘密の部屋』の時、私も疑問に思ってたのよ>トムが記憶だけの存在にしては△△なこと
だから今回、その点が納得いって良かったです。

それから予言に関しても。
ハリーは予言に強いられて戦いに引きずり込まれるのでなく、
自らの意志で歩み入るのだ…という考え方も、私の考え方と同じで嬉しかったです。


せっかく掴んだ恋も捨てて、大人の入り口に差し掛かったハリーは悲壮な決意で歩き出します。
最終巻が今から待ち遠しくてたまりません。



やっくんち

人気映画・TVBLOG

ハリー・ポッターと謎のプリンス
【1227アップ祭10】ハリーポッター マグカップ 「ホグワーツ」
 ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版






Last updated  2006.12.18 17:03:25
コメント(2) | コメントを書く
2006.11.19
テーマ:お勧めの本(4900)
カテゴリ:小説&マンガreview
『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』
西尾維新 著 (原作:大場つぐみ、小畑健)

    トランプ(スペード)          トランプ(スペード)          トランプ(スペード)          トランプ(スペード)          トランプ(スペード)          トランプ(スペード)          トランプ(スペード)


「これはLの伝説(ノート)であり、僕の遺書(ノート)だ」

2002年7~8月にかけて、ロサンゼルスで発生した連続殺人事件。
当時は『藁人形殺人事件』だの『LA連続殺人事件』だの、ダサい名称で呼ばれていた、
3人の犠牲者を出した猟奇殺人事件を、
「旧世界のかませ犬」「犬死のベストドレッサー」と自らを呼ぶ
メロ@ミハエル・ケールが綴ったもの。


といっても本編は主に、南空ナオミの視点で描かれる。
夜神月がDEATH NOTEを拾う前の物語。

原作ではごくわずかな出番しかなかった彼女が、ここでは大いに活躍してくれる。
有能でクールで、ちょっとドジなところもあって、意外に突っ込みキャラで(笑)
なかなかに魅力的。

Lの指示に従い、彼の目や手足となって現場を捜査する様子は、
ジェフリー・ディーバーのリンカーン・ライム・シリーズを彷彿とさせる。
翻訳文を思わせる文体も、良い雰囲気を醸し出していると思う。


個人的にノベライズというのは好きではないのだけど、これは面白かった。
原作とは全く違うストーリーなのが良い。
世界観を壊してないし、単独でも楽しめる。
といっても、やはり原作を読んでからの方が面白い。
特にクライマックスのどんでん返しや、エンディングに用意された遊び心溢れるシーンは
原作が土台としてあるからこそ、のもの。



『DEATH NOTE』ファン、殊にLファンなら、きっと気に入る作品。
ミーハーひじゅには、「無私立探偵」竜崎の描写に所々、声を上げて笑ってしまった(^^)
どんでん返しも、なかなかのもの。
コーヒーを飲むシーンが2回あるんだけど、それがミソかも?


気に入った台詞は
「格好よかったですか?」
かな(爆)




やっくんち

人気映画・TVBLOG

Death note another noteロサンゼルスBB連続殺人事件
ボーン・コレクター






Last updated  2006.11.19 20:34:49
コメント(2) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.