408438 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

全86件 (86件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

潜在意識・引き寄せ

2011.06.23
XML

例えば、古い古いレコードに50年位前のクラッシック音楽が録音されていたとします。?レコードは保存状態も良くてベストな音をグッドなステレオで奏でたとしても、今の時代に聞けば、ひどい音質なんです。どうしても荒れているのです。

なのに、多くの人が、そのレコードから再び生まれる音に感動します。
これって、不思議ですよね。高品質だけを人が求めたら、デジタル録音のCDの方が数段素晴らしい、というはずなのに。

音楽などの感動も、表面的な気持ちでなく、潜在意識が動いているのだと思いました。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com







最終更新日  2011.06.23 22:51:58
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.22
 先日、「堀江貴文収監」について私はブログ記事にしましたが、どうも詰めが甘かったようです。 彼の一連の行動には、成功するための秘訣が凝縮されていたのです。

 6月20日に堀江が取った行動は、奇行とも若しくは単なるパフォーマンスとも受け取れました。
 刑務所に入る当日の朝からニコニコ動画で全国生中継を謀り、モヒカンという反体制な髪型をし、同じように粉飾したのに罪に問われないのはおかしいというメッセージのシャツを着たり、派手な記者会見をしたり・・・到底、これから刑務所にはいる人がする行為とは思えない映像には「とんでもないヤツだ」という感想が多かったし、私もそう感じました。
 ちなみに、この一連の行動について精神科医の香山リカ先生はテレビの番組内で 「心理学的にいうと、不安解消行動。刑務所にいく不安や恐怖を隠そうとして馬鹿騒ぎや高笑いをする。痛々しい感じがした」と分析しました。流石、専門の方なので鋭い診断だと思います。
 しかし、私は彼の行動から、違う局面を発見しました。

 これから記する文章は、もしかしたら、堀江貴文から粉飾被害に遭った方には不愉快かもしれません。それならば、堀江とは別人の話として聞いてください。
  ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
 世の中には、成功する人と成功出来ない人が居ます。幸せに成る人と不幸な人生で終わる人と言い換えても良いかもしれません。
 日本の教育(特に昭和期)では、学歴が良ければ良いだけ成功出来ると教えられました。だから子どもは一生懸命受験勉強をしたのです。決して○○大学に憧れて目指したのではありません。○○大学卒業というレッテルが欲しかっただけです。なぜなら、その卒業証書が成功へのパスポートになっていた時代があったからです。学閥とかです。(今の若い人は学閥って知らないかもしれません。)
 時は流れ、学閥とか、年功序列とか、イエス・マンとか、消えました。そして真の実力社会と言われた時代が来ました。
 当たり前です。「Aさんは幸せになるのが当然、なぜなら高学歴だから。Bさんは学歴が低いので低収入で苦労するのが当然」こんな考え方が異常だったんです。「医者の息子は医者。鳶は鷹を生まない」こんな変な事が平気で言われていた時代があったのです。
 しかし、20年ほど前から徐々に、そうでない考えをする人が増えてきたのです。
「人の幸福は血筋として受け継いだものではなく、自分の思考次第でどうにでも成る」
 運動体力的なものは、多少は血筋があるかもしれません。しかし、幸福に成るために必要なのは生まれ育ちではなく、思考なのです。
 これが当たり前な話だと感じる方は、必ず幸福に成る人です。もしくは既に幸福なのでしょう。
 「言っている意味は分かるけど、なかなか難しくてねー」と思ってしまった人はもう少しです。
 今だに、「鳶が鷹を生むわけないだろ!」とか言っている人は・・・どうなんでしょう。

 さて、堀江貴文。
 彼の人生は、最後に収監という最悪な結果になってしまいました。でも、この時だけの彼を見ずに、彼が大成功していた時期が長くあったのを思い出してください。一時はもの凄く成功したんです。それが正しい事でか否かは別としてですが、とにかく、本人にとっては大成功だったし幸福だったんです。
 では何故、彼は大成功できたか。勿論、商才も有ったんでしょう。
 しかし、彼が大変長けていたものは別にあったのです。それは、
「究極のプラス思考」です。

 よく、「思考が現実をつくる」とか言われます。成功の鍵は「プラス思考」だとも言われます。私もその通りだと思います。なぜなら幸せな人や大成功をした人を見ると必ず「プラス思考で幸福を引き寄せている」からです。
 あなたの周りのとっても幸せな人や大成功を修めた人を見てきてください、必ずプラス思考ですから。
 もし、周りに幸せな人が居なかったら(それは問題な事ですが)、 堀江を見れば分かります。
 これから自分が刑務所に入るのは変えられない事です。しかし、それをどう想うかで幸せか不幸かは変えられるのです。今回の生中継もモヒカンもシャツのメッセージも記者会見も、全て彼の「プラス思考」の結果なのです。
 もし私が刑務所に入る事になったらシュンとしてしまいますね。もうダメだと想ってしまう。そういう風に想うから、もうダメに成るのです。しかし、堀江は「究極のプラス思考」を続けてきたからこんな絶体絶命の時でもプラスな行動に出ることが出来たのです。

 彼のふてぶてしい表情と行動からも学びはあるのです。

 全ての人には必ず絶望的にも思える事件が起きます。大きな病気、親しい人の死、破産、災害など。「何で俺ばかりがこんなにも不運なんだ!」と言う人もいるでしょう。でも そうではないのです。幸福な人は、絶望にも思える事をプラス思考でキャンセルしているのです。



 追伸:今回の私の発想には、浅見帆帆子さん著作「あなたは絶対!運がいい」廣済堂出版の影響があります。帆帆子さんありがとうございました。
あなたは絶対!運がいい


横尾けいすけ Yokoo Keisuke






最終更新日  2011.06.22 20:57:04
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.19

潜在意識の授業
山田浩典「世界一わかりやすい潜在意識の授業」(きこ書房)

内容紹介
京セラ在職20年間で学び、作り上げた、
潜在意識を活用して、最高の自分を引き出す方法

本文で説明いたしますが、潜在意識は人間の夢や願望をかなえるために存在していると言っても過言ではありません。
夢や願望をあきらめる前に、本書によって潜在意識のスゴイ力を体験していただき、
皆様の潜在能力の素晴らしさを少しでも確認出来て、それにより人生観が変わり、前向きに生きるお手伝いが出来れば、
こんなにうれしいことはありません。-まえがきより


 眉唾な潜在意識の世界を 基本から丁寧に説明してくれています。
 潜在意識の驚くべき力を実証するために、10の実験をしてくれています。これが面白いです。
 例えば、「潜在意識は自分の命を守ってくれている」という実験。それは、その人の命に良いものと良くないものを潜在意識は知っているという実験です。
 左掌を上に向けておきます。右の腕は肩より少し上に挙げておきます。その右腕を他人が指2本で押し下げるのですが、天然の塩が入ったものを左掌に乗せているときは右腕が簡単には下がりません。しかし、タバコを左掌に乗せていると、力が抜けたように安易に右腕は下がってしまいます。
 凄いですね!
 ちなみに、タバコと塩を別々の封筒に入れて、被験者に左手に乗った物が何だか分からないようにしても、潜在意識は同じ答えを出します! 隠しても潜在意識には見えているのです!
 凄いですね!!

 第三章ではユングの集合的無意識についても説明してくれます。集合的無意識というとなんだか難しそうですが、実は心温まる法則なのです。我々人間は、元々支え合うように出来ている。そう理解出来ると、とても嬉しいですね。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.06.19 21:22:45
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.06
宇宙飛行士の古川聡さん(47才)の夢の花は、遅咲きであった。

外科医であった彼が飛行士候補に選ばれたのは1999年。その後はトレーニングを着実に積み重ね、念願の宇宙飛行に備えていた。その甲斐もあってか2004年にはスペースシャトルに搭乗することが内定したのだ。素晴らしい!努力は報われる。思えば、数年前の日本で外科の当直をしていた空き時間に、スペースシャトル搭乗員募集のニュースをテレビで見た時、戦慄を覚えるほど興奮してしまった。自分のしたいことはこれだと感じたのだ。そしてもうすぐ念願の宇宙へ行けるのだ!

ところが、2003年にコロンビア号の事故が起こり、宇宙計画は見直されてしまう。古川さんが搭乗する予定であった2004年度の計画は中止となってしまったのだ。
数年後にスペースシャトルは復帰するが、搭乗員は別の飛行士が決まっているので古川さんは乗れない。古川さんは不運となった。
同期の星出彰彦さんは2008年、山崎直子さんも2010年には先に宇宙へ旅立った。それを地上から応援する年月であった。歯がゆい日々であったかもしれない。

しかし、ここからが古川さんの素晴らしいところで、彼はこう考えたのだ。
「自分でコントロールできないことを悩んでも仕方がない」
彼は知っていたのだ『一生懸命努力を積み重ねているのに僕はなんて不運なんだ!』とか愚痴をこぼしても、『僕でなくてアイツが選ばれるなんて!』とひがんでも、人生が好転しない事を。
彼は、今の自分が出来ることだけを地道に続けた。
ソユーズの作業訓練やロシア語の勉強など、今の自分が出来ることを続けた。
宇宙から帰ってきた仲間が世界中から英雄として迎えられるのを横目で見ながら、語学の勉強なんかするのは地味なことだ。しかし、彼はその小さな努力を悔やまずにむしろ楽しんで続けた。
自分自身を信じて。

そして、明後日の6月8日、彼は宇宙に行くのだ。

もし、途中であきらめてしまったら、6月8日というチャンスは絶対に訪れないのです。
また、自分が搭乗出来ないことをNASAの上司に抗議したり愚痴ったりしたら宇宙へ行ける効果はあったでしょうか。いや、逆効果だったはずです。そういう姿は夢を与える宇宙飛行士に適さないので、永遠と宇宙へは行けなかったでしょう。
これは宇宙飛行に限らず、すべてのチャンスにいえることです。人は出来ないことを出来るようになろうと努力を積み重ねます。それは良いことなのですが、すべて出来る人などいないのです。そして、すべてに恵まれた人などいないのです。
だからこそ、「できないことではなく、できることを考え、それを行動に移す」それだけなのです。不足しているものを心配しても意味はありません。

参考資料: 石井裕之「ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム」


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.06.06 13:23:18
コメント(2) | コメントを書く
2011.06.04

今回のお話はある意味で、前回の「岡本真夜さん」と重なる部分があるのですが、真夜さんのように何十年も一流歌手として君臨し続ける人と、そうでない人との違いは何かを考えてみたいと思います。
言い換えれば、ビックスターに成る人と、路上ミュージシャンで終わる人との違いは何だろうということです。
歌唱力でしょうか。それも優れていた方が良いでしょうけど、絶対に必要な条件ではなさそうです。なぜなら歌が上手いとはいえない人でもニューミュージック界の大御所で君臨している方がいらっしゃるからです。
ルックスでしょうか。これも絶対条件ではなくて、もちろん根性ではありません。

大御所が持っていて、路上ミュージシャンで終わる人に足りていないもの、それは幾つかあるのですが、そのひとつは、
人のために歌うということです。自分のためでなく、人のために歌えることです。
そんなの当たり前だと思う方もいるでしょうが、その当たり前が出来ないミュージシャンが多いのです。どれだけ良い歌唱力でもどれだけ見てくれが良くても、自分のために歌っている人に感動はしないのです。
路上ミュージシャンの多くは人のために歌うのを忘れ、自分のストレス解消のために歌っていませんか。ちょっと売れたプロのミュージシャンは、自分の生活のためにコンサートをしていませんか。自分の作った曲を盗作されたら感情的になっていませんか。
そうだから、超一流に成れないのです。自分のためでなく人を潤そうと常に思って歌っているでしょうか。ディナーショウは一生懸命で刑務所の慰問なんか馬鹿らしいと思っていないでしょうか。真似をされたとか言って裁判を何年も繰り返していないでしょうか。
これらは全て正当な権利です。だからそうしても良いのです。
しかし、権利を主張すればするほど、人のためにならなくなると思わないか。

岡村真夜さんは、けっして抜群の歌唱力でもないし、ルックスはスター性の欠片も無いのだけれど、人のために歌うという心とその表現力が凄いのだ。
自分のためでなく人のためにという思いが募れば、盗作にも寛大になれるのだ。


横尾けいすけ






最終更新日  2011.06.04 23:53:14
コメント(2) | コメントを書く
2011.05.27
福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの山下俊一長崎県大学教授が、就任以来地元住民とトラブルが続いています。
OurPlanet-TV : http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1037
これだけを読むと、山下教授は冷酷なロボットみたいな人に感じられます。
しかし、3月21日、震災が起こって10日目の福島市内での講演会ではこういう発言をしているのです。
週刊文春6月2日号34頁より抜粋
「放射能の影響は実は、ニコニコ笑っている人には来ません。クヨクヨしている人には来ます。これは明確な動物実験でわかっています。酒飲みのほうが、幸か不幸か、放射能の影響が少ないんですね。笑いが皆さまの方の放射能恐怖症を取り除きます。」


この発言も読む人によっては狂乱的に感じるだろうけど、僕は内容は正しいと思うのです。現地の人にいきなり過激な事を言うから反感されるのであって、本当は山下教授には愛が有るのだと思います。ただ、愛の表現の仕方がちょっと不器用かな。

身体の治癒力とか抵抗力、生命力というのは抜本には感情が強く影響しています。例えば楽しく笑いながら食事をした方が、つまんなそうに食べるよりもインスリンがしっかり分泌されて血糖値が下がるのです。また、長寿の人のほとんどが明るい性格です。
データを取る方法がないのですが、おそらく発ガン率も明るい感情の方が低いと思います。
笑っていれば全ての病が治るとは言いませんが、イライラしているよりルンルンしていた方が体調が良いのは誰もが分かると思います。
放射能に恐れを抱く気持ちはもっともですが、恐怖心は敗北を約束するのです。政府から賠償金をガッポリ貰えたとしても世界中の同情を得たとしても発ガンしたらどうかしら。
被災者の真の希望は健勝だと思うのだけど。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.05.27 23:20:25
コメント(2) | コメントを書く
2011.05.21
news_sound.jpg
チャーリーとチョコレート工場

内容(ウィキペディア ”チャーリーとチョコレート工場”より引用)
ウィリー・ウォンカ製のお菓子は世界中で大人気。しかしその工場の中は完全非公開。ある日ウォンカは「生産するチョコレートの中に5枚だけ金色のチケットを同封し、それを引き当てた子供は家族を一人同伴で工場を見学する権利が与えられ、さらにそのうちの一人には想像を絶する素晴しい副賞がつく」という告知を出した。世界中がチケット争奪で大騒ぎとなる中、運良く引き当てたのは、食いしん坊の肥満少年オーガスタス、お金持ちでわがままな少女ベルーカ、いつもガムを噛んで勝つことにこだわる少女バイオレット、テレビ好きで反抗的な少年マイク、そして家は貧しいが家族思いの心優しい少年チャーリー。
彼らはウォンカの招待のもと、工場の中で夢のような不思議な光景を体験していく。ところがその途中で、まるであらかじめ仕組んであったかのようなさまざまなハプニングが起きて、子供たちは一人、また一人と消えていく…果たして、最後まで工場を見て回れる子供はいるのか。ウォンカの「副賞」とは、そして彼の過去とは?

(引用終了)
ウォンカからの想像を絶する素晴しい副賞を受け取るチャンスは、この物語の主人公のチャーリーが獲得する。それは生涯好きなだけウォンカ社製のチョコを食べられるというのだ。(正確には、ウォンカの後を継ぎ工場を運営出来るという事だった。)


この映画は、2005年 ジョニー・デップ出演のファンタジー・コメディ。
で、注目したいのは、何故、チャーリーが跡継ぎに選ばれたのかということです。
他の4人の子ども達も運に恵まれていたからこそ工場見学まで来られたのですが、最後に選択されたのはチャーリーだったのです。
何故でしょう。
4人の子ども達もチャーリーも、チョコレートが大好きという事では共通しています。みんなチョコを愛しているのだ。
しかし、チャーリーは他の子と違い、“好きなチョコを多くの人にも食べさせたい”という心があったのです。ここが他の子との大きな違いです。ストーリーでは度々己の幸せよりも家族を大切にしようとするチャーリーの行動が表現されています。その点、他の子は自分がチョコを得ることばかりなのです。
そういえば、ウォンカは変わった雰囲気の人ですが経営者として大成功しています。ウォンカはチョコを世界中のみんなに楽しんでもらいたいという考えの人です。勿論自分も美味しいチョコを食べたいのだけれど、同時に心底、みんなに美味しいチョコを食べさせたいと思っているのです。

チャーリーとウォンカと、他の4人の子の違いはここなのです。

分かりやすくベタな表現をすれば、お客さんを心底愛しているか否かなのです。だって考えてもみてください。あなたが客の立場の時、供給する人から愛されるのと愛されないのとどちらが良いでしょうか。あなたの事なんか何にも考えず自分の収入や生活を考えて商売している現場に快適を感じるでしょうか。人から手売りされるより自販機とかネットで購入した方が気楽で良いと言う人もチラホラ居るけど、こういう事言う人が居る社会にしたのは販売側にも問題があったのかも。

自分だけが、ロウソクよりも明るい夜を過ごしたいと思っても電球は発明されなかったでしょう。もっと強力な炎を自分の部屋だけに沢山増やそうという発想しか生まれないですから。みんなの部屋を明るくしたいという気持ちが有るからエジソンは電球を実用的に改良したのです。
自分だけがスポーツカーに乗りたいと思ってもフェラーリは出来なかった。自分が金儲けをしたいという発想ではなかったのです。みんなが素敵に思える夢ある車を作りたいと思ったからこそエンツォ・フェラーリはフェラーリ社を創立できたのです。
「お客さまは神様です」という言葉も死語になりつつあります。なぜなら三波春夫さんの名台詞を猿まねしていた経営者は実は心の底からそう思っていなかったから淘汰されちゃったんです。本当に、心底から人を愛している経営者は、神様だなんて野暮な事を言わないのです。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.05.24 11:26:52
コメント(2) | コメントを書く
2011.03.27
このブログもお陰様で10万アクセスを超えることが出来ました。
ありがとうございます。

思ってみれば、アクセス数というのは、どんなに良い文章を書いてもどんなに素敵な写真を掲載しても、つまりどんなに良いパフォーマンスをしても、それだけでは成し遂げられないのです。
アクセス数を増やすためには、自分のブログを他人から見て貰う事が必要です。
とても当たり前の事を言っていますが、ここに幸せになるヒントが有ると感じるので、今日は10万アクセスの感謝を込めて、あなたに幸福になるテクニックを紹介します。

どうしたら幸福に成れるでしょうか。
お金持ちに成ることでしょうか、権力を持つことでしょうか、健康であることでしょうか。それらも幸福の材料にはなると思います。でも、大富豪でも不幸な人生の人を知っていますし、孤独な王様も知っていますし、五体満足な人が恵まれた体に幸福感を忘れている人も知っています。
金銭とか社会的な立場とか健康や美貌は、幸せになる材料にはなりますが、材料を山積みしていただけでは何も作れません。それを自分で加工しない限り、幸福という城は築けないのです。

一方、収入も減り、社会的な立場も皆無に等しく、年々体は衰え白髪も増え続け、幸福の材料は全く持ち合わせていなくともハッピーな人を僕は知っています。彼は年々幸福が増しています。幸福って数値化出来ないものなので曖昧なのですが、本人がそう感じているのですから それは真実なのです。
たとえ話ですが、彼の周りにろくな材料が無く思案したとします。「材料が無いから出来ない」と諦める人は別の人で、彼は地平線の彼方に見える岩石で建築しようと考えました。時間は大変に掛かりました。でも出来上がったピラミッドは永遠に存在し続けるのです。

もし、あなたに材料が不足していると感じても 必ず出来ます。
何故なら幸せになる力をあなたは持っているから。

絶対に出来るのです。


横尾けいすけ







最終更新日  2011.03.28 07:11:41
コメント(3) | コメントを書く
2011.03.16
現時点でこの日誌を読む人は被災者よりも災害に遭っていない人が多いかもしれません。
今日はそんな人にメッセージです。

東日本大震災で、東北地域を中心に大きな被害が出ています。
支援が必要です。募金する人も居ます。救援活動をする人も居ます。みんな素晴らしい。人のために成ってこそ人生です。

でも、もしあなたが、何も出来ないとしても そういう自分を責めないでください。
お金が本当に無くて募金出来なくても、救援活動をする余裕が無くても、色々な事情で何も出来なくても、自分を責めないでもらいたいのです。
確かに行動が有った方が良いのですが、それが全く無くても「思う」だけでも良いのです。
考えているだけでは無意味だと言われるかもしれませんが、そうではありません。
あなたが強く強く思うことは成るのです。
災害に遭った人が助かって笑顔で居るところを想像してみてください。強く、迷い無くイメージし続けてください。
あなたの思いは結果を生むのです。


横尾けいすけ






最終更新日  2011.03.17 00:44:32
コメント(2) | コメントを書く
2011.02.27
今日は、一部の人にとっては夢を壊す話題をひとつ。


それでは問題です!「古今東西、大金持ちが買わない物、なあに?」
答えは、宝くじ。裕福に成ればなるほど宝くじなんか買わない。宝くじを買うのは一般庶民だけである。
金持ちは、宝くじは買わないが株取引はする。一部の金持ちは趣味で競馬をするがロトなんかしない。
なぜか? それは宝くじには思考も作戦も無いからだ。金持ちには面白くも何ともないのだ。
当たりやすいという有楽町のラッキーセンターに並ぶとか・・・しない。縁起担ぎでラッキーは訪れないと知っているからだ。
まだ競馬の方が血筋とか体調などの考慮が有るが、富くじには何にも無い。ただ単に運試しだ。
ポーカーに作戦と思考はあるけど、ババぬきには何にも無いのと同じだ。

それともうひとつ。
金持ちは一億円を稼ぐ自信があるが、一般庶民は生涯掛けて一億円を稼げないと思い込んでいる。
手に入れられないと思い込んでいるからジャンボ宝くじが魅力的に感じる一般庶民。
近いうちに稼げる自信がある富裕層。
心情がこれだけ違えば、宝くじに対する魅力も違って当然。

これって、両者とも勘違いしている。正確には未来のことなんか分からないのだから、金持ちも そうでない人も「思い込み」なのだ。

しかし、この思い込みが人生を左右する。
Goodな思い込みをしている人は、チャンスに気づき、ネガティブ思考の人は屁理屈をこねてチャンスを見逃すのだ。
だから、裕福な人はいつまでも裕福で、そうでない人はいつまでも苦しい人生を過ごすことが多い。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to keisuke450@gmail.com






最終更新日  2011.03.02 23:31:59
コメント(0) | コメントを書く

全86件 (86件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.