32425871 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

Walk in the Spirit

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ アーサさん 周波数治療は3年前、杉田歯科でひどかった…
アーサ@ Re:おなかの回復中は節食を(06/18) 私も下痢が1年半も続いていて血液・尿・…
tt555@ 森の奥からさん 始まりましたね、 USSアイゼンハワーが燃…
森の奥から@ Re:日丸屋製作所のシャワーヘッド(06/ ....WHO 決まりましたね。 検閲も かな…
tt555@ フーチさん JAL機の乗務員にもクエン酸をしっかり摂取…
フーチ@ Re:6度あることは7度ある(ざるそば&逆流性食道炎)(05/26) 下記はNOTE 中村クリニックです。 <small…
わはは@ Re:病み(腹痛)上がりは胃にやさしい食事で(04/03) いつもの名前でコメしようとしたら、なん…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2024年05月01日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​Update3(Drコワン追記)
Dr.サムベイリーの解説、​


イベルメクチンゲーム(2024/4/30 動画22分)​
(​英語版​)

COVID-19時代には、特に2020年と2021年、イベルメクチンについて何度も質問されました。

2021年3月のCOVID FAQsのプレゼンテーションでも取り上げましたが、その理由はヘルスフリーダムコミュニティの人々が、なぜ私がイベルメクチンを普及させないのかという問い合わせをしてきたからです。

私たちにとって基本的な問題は、COVID-19が新規の疾患ではなく、2020年のビデオ「COVID-19症例とは何か」で説明したように、症例は非診断的検査(PCR)によって定義されるということでした。

私たちが20年間医療システムに携わってきた間、マークも私もイベルメクチンを処方したことはなかったし、それがCOVID-19や幻のウイルス「SARS-CoV-2」の治療薬として疑われるようになったのはいつも奇妙に思えました。

しかし、「研究所のリーク」説のように、イベルメクチンは誰もが知っているような代替説として認められてきました。

このビデオでは、イベルメクチンが「抗ウイルス剤」であると主張した2020年の主流ウイルス学論文を含め、世界で最も売れている医薬品の1つであるイベルメクチンの歴史を振り返ります。

その論文は何千万回もシェアされましたが、それとは対照的に、ウイルス学者たちの実験について論じた私たちは、ビッグ・テックのプラットフォームでストライキを受けたり、禁止されたりしました。

いまやイベルメクチンの神話は、がんの治療薬になりうるという新たな主張とともに拡大し続けています。

​以下、動画の文字お越しの翻訳から、

COVID-19の時代。

COVID-19の時代には、政府や企業メディアによる圧倒的なメインストリームの物語があった。

これらの許容された代替シナリオは隠蔽であると主張されているが、どういうわけか世界中の誰もが知っていることになる。

生物兵器や実験室流出のガスライティングは、確かに非常に顕著であり、私たちは過去数年間、これらの主張の背後にある科学的根拠の完全な欠如を明らかにするために、数多くの対応を行ってきた。

もうひとつ、イベルメクチンをめぐる代替的な物語も大きな注目を集めている。

このビデオでは、1980年代に獣医学の超大作として始まり、長い間宣伝されてきた薬の歴史を見てみる。

多くの健康自由戦士とされる人々が2020年にイベルメクチンのプロモーターとなり、詐欺的なパンデミックとウイルスの物語を支持するようになった。

そして、製薬業界のいわゆる驚異の薬が、なぜ今、ガンの潜在的治療薬として宣伝されているのだろうか?

 寄生虫駆除の画期的な新薬の登場だ。

 イベルメクチンだ。

 重要な寄生虫を見逃してしまう既存の寄生虫駆除剤に頼っていたところ、このイベルメクチンはより多くの種類の寄生虫を駆除する。

 ホウ素を使えば害虫を駆除できる。

 イベルメクチンは、吸血シラミ、ダニ、グラブを1回の処理で殺す画期的な薬剤です。

 イベルメクチンだ。

 販売店または獣医師からお求めいただけます。

 イベルメクチン。

 画期的な薬だ。

夫のマークは私より数歳年上で、1980年代に盛んに上映されたイベルメクチンのコマーシャルを今でも覚えている。

さらに、彼の父親は獣医師だったので、この製品が獣医学や農業分野で爆発的に使用された当時の興奮を覚えている。

ウィキペディアにあるように、メルク社は1981年に動物用抗寄生虫剤としてイベルメクチンの販売を開始した。

1986年までにイベルメクチンは46カ国で使用登録され、牛や羊などの動物に大量に投与された。

1980年代後半には、イベルメクチンは世界で最も売れている動物用医薬品となった。

イベルメクチンは自然界には存在しないため、人工的に合成する必要がある。

このモデルでは、Streptomyces avimatilisという細菌が生成する天然の発酵生成物である2種類のイベルメクチン化合物を出発点とする。

これらの分子は水素化され、つまり水素が添加され、このモデルで表されるイベルメクチンが形成される。

ウィキペディアのイベルメクチンのページによると、動物用抗寄生虫薬として大成功を収めた後、メルク社のもう一人の科学者モハメド・アジズは世界保健機関と共同で、ヒトにおけるオンコサイシスのイベルメクチンの安全性と有効性をテストした。

その結果、非常に安全で効果的であることが判明した。

安全である。

私のビデオ「安全で効果的な昔と今」を見れば、このよく再利用されるキャッチフレーズに用心する必要がある理由がわかるだろう。

ウィキペディアの「COVID-19パンデミック時のイベルメクチン」という興味深いページがある。

興味深いというのは、このページが非常に大きく、100以上の文献があるからである。

というのも、参考文献が100以上と非常に多いからである。

実際、第2文にはこうある。

そこで許可されたすべての物語は、『ウイルスは実在し、新種の病気があった』というショーにつながる。

ページにはこう続く。

COVID-19パンデミックの初期に、実験室での研究からイベルメクチンがCOVID-19の予防や治療に役立つ可能性が示唆された。

そして参考文献が掲載されている。

この参考文献について話す前に、ジョー・ローガンのインタビューから生物学者ブレット・ワインスタインが2021年6月に行ったインタビューの短いビデオをお見せしよう。

この両名とも、COVID-19はウイルスによる新種の病気であり、治療薬としてイベルメクチンが抑制されていると主張している

 緊急ポッドキャストをすることになったのは初めてです。

 最近はイベルメクチンという薬を中心とした外来治療プロトコールがあります。

 私はグループの一員である肺とICUの専門医です。

 私は進化生物学者です。

 私のグループは5人で、最前線のCOVID-19クリティカルケア同盟と呼んでいます。

しかし、この細胞培養モデルでは、イベルメクチンをこれらの細胞(実際にはサルの腎臓細胞)に投与すると、ウイルスは48時間以内に実質的に駆除されることが示された。

参照した論文のタイトルは...

FDA認可薬イベルメクチンはin vitroでSARS-CoV-2の複製を阻害し、ケリーらのオーストラリアのチームによって2020年6月に発表された。

そう、オーストラリアでCOVID-19と診断された最初の患者からSARS-CoV-2を分離したと主張したレオン・ケリーである。

マーク(夫)はウイルスが分離されなかった理由を説明し、ウイルス学に別れを告げた。

今回はイベルメクチンの論文を扱うが、なぜ彼らの分離疑惑の論文にすぐに戻る必要があるのかはすぐにわかるだろう。

イベルメクチン論文のメソッドのセクションに直行しよう、

SARS-CoV-2に対するイベルメクチンの抗ウイルス活性を調べるために、我々はVero H SLAM細胞にSARS-CoV-2分離株AustraliaVic01-2020をMOI 0.1で2時間感染させた。

0.1で2時間感染させ、その後5マイクロモルのイベルメクチンを添加した。

つまり、この研究は始まる前から偽科学的なエーテルの中に消えてしまったのである。

オーストラリアVic 01 2020は、最初の自賠責研究の成果である。

この研究では、SARS-CoV-2の診断検査という項目で、58歳の男性の体液をPCR検査したところ、中国のファン・ウー(Fan Wu)らのチームがすでにウイルス性であると発表していた塩基配列が検出されたことから、SARS-CoV-2、すなわちウイルスであると判断した。

この最初のPCRテストに続いて、ケリー・チームは男性の鼻水を採取し、ヴェロ・モンキーの腎臓細胞株と混ぜた。

補足資料を見ると、細胞病理学的効果を調べる前に、またしてもウイルスが存在すると宣言していることがわかる。

図3は、引用した感染培養における細胞病理学的効果あるいは細胞破壊を示すと称している。

しかし、感染していない培養液には見られない。

典型的な例であるが、ウェルの何パーセントがCPEを示したかについての情報は提供されておらず、引用の非感染培養実験の詳細も開示されていない、

非感染培養実験の詳細は明らかにされていない。

我々は何年もかけて、ウイルス学者のゴールド・スタンダードとされる分離技術の反科学的な要素をすべて検証してきた。

さらに、マークの論文『Virology's Event Horizon』には、この方法論の致命的な論理的欠陥が概説されており、なぜこの方法論が生体内でのウイルスの存在を決定するために決して使用できないのか、その理由は独立変数として提案されているウイルスが再定義誤謬によってもたらされるからである。

いずれにせよ、彼らはナノ空間周辺をスキャンした細胞培養物を電子顕微鏡で観察し、これが彼らのウイルスであると宣言した。

2020年、これは一般の人々からよく送られてきた画像の一つである。

電子顕微鏡で生きた生物を画像化しようとする際の通常の問題はさておき、ウイルス学者の技術ではこの粒子の生物学的な役割や重要性を判断することはできない。

研究チームは、RNAが混合物のごくわずかな成分であることも心配せず、系統解析のセクションで、「単離株(quote)」を扱っていると宣言した。

すべてのRNAをDNAに変換する逆転写ステップの後、30サイクルのPCRで混合物を増幅する必要があったようだ。

大量破壊兵器はどこかにあるはずだ。

続いて、疑似科学的なウェット・ラボ・プロセスで、生物学的混合物から約3000万個の75塩基対リードを生成する。

ここからドライラボに移り、Snippyを含むコンピュータープログラムによって配列がピックアップされた。

Snippyとそのアルゴリズム仲間は、インシリコでSARS-CoV-2ゲノムと99.99%以上の配列同一性を示すものを作り出すことに成功した。

ケリーたちは、彼らが見つけようとした遺伝子配列の出所や関連性については事前に何も考えていなかったが、細胞培養スープに含まれるこれらの粒子の一部から得られたものだと断言した。

さらに、彼らはそれがウイルス性であると断言した、

しかも、その粒子はウイルス性であり、58歳の男性に感染し、病気の原因であると断言した。

彼らの実験では、そのような主張の根拠となるものは何も得られなかった。

言い換えれば、これも古典的なウイルス学の論文である。

そこで、この論文の分析を離れて、カリのイベルメクチンの論文に戻ろう、それは、SARS-CoV-2に対するイベルメクチンの抗ウイルス活性を調べるために、我々はVero H slam細胞にSARS-CoV-2分離株Australia Vic 01 2020を感染させた。

この引用分離株がどのようにして入手されたかがわかったところで、それが無意味であることがわかるだろう。

彼らは最初の実験で得た生物学的混合物を用いて実験を開始したに過ぎない。

その回路がやってきた。

彼らはこの混合物を再びベロ猿の腎臓細胞に加え、その後数日間かけてウイルスRNAを定量した。

今見たように、これらの配列がウイルス由来のものだとは断定できなかった。

しかし、ちょっと待った!

細胞培養にイベルメクチンを加えると、ウイルスRNAが約5000倍減少したのである。

しかし、この細胞培養モデルは、イベルメクチンをこれらの細胞(実際にはサルの腎臓細胞)に適用すると、ウイルスが48時間以内に実質的に根絶されることを示した。

おとり商法は図1のAとBに描かれている。

細胞から発現したRNAの量に関係しているとしか言えないのに、彼らはこれがウイルスの活性を表していると主張している。

図Gでは、細胞内のメカニズムが推測されているが、これは完全に誤った前提に基づいている。

彼らが結論できたのは、試験管の細胞培養(猿の腎臓組織)にイベルメクチンを加えることで、測定しようとした発現RNAの量が減少したということだけであった。

そして、彼らが測定しようとした配列は、オリジナルのCormann-Drosten PCRプロトコルに基づいていた。

実験での比較対象はDMSOであった。

しかし、もう一度言うが、問題は研究者たちがどのサンプルでもウイルスを証明できなかったことである。

さて、イベルメクチンが奇跡の抗ウイルス剤であるという話を耳にした時、彼らがこれらの論文の方法論に目を通したことがあるだろうか?

我々は見たことがない。

単に論文のタイトルや要旨を報告しているだけである。

イベルメクチンは抗ウイルス剤ではないが、試験管内で高濃度の抗代謝作用を示す。

もちろん、イベルメクチンはミミズやダニを殺すことが知られており、酒さなどの症状に外用薬として使用される場合には抗炎症作用がある。

つまり、この論文のタイトルは、FDA認可薬であるイベルメクチンが試験管内でRNAの発現を阻害するというものであるべきだった。

しかし、誤解を招くタイトルのこの論文のインパクトは大きく、論文の指標は科学雑誌としては桁外れになった。

引用回数はほぼ1500回、フェイスブックでのシェアは3900万回。

相対的なパフォーマンスを確認すると、この論文はこのジャーナルにとって3年間ナンバーワンのパフォーマンスであり、フェイスブック上を駆け巡った正真正銘の超大作であることがわかる。

同じ時期に、アンディ・カウフマンや私がこのようなウイルス学論文について論じたビデオをアップロードしようとすると、しばしばフェイスブックから即座に削除されたことを覚えておいてほしい。

私が自分のYouTubeチャンネルにアップロードしようとしたウィルスなしの動画のいくつかは、5分ほどで削除されてしまった

研究所のリーク事件と同様、イベルメクチンはいたるところで話題になっている。

Google Trendsでは、特にコリーとワインスタインのインタビューの後、イベルメクチンの検索数が急増した。

この疑惑の論争は、パンデミックの推進に適した形で組み立てられている。

例えば、『Virology Journal』誌に掲載された2022年の論文『Ivermectin Under Scrutiny』には、次のように書かれている。

病気の初期段階にあるほとんどの患者に対して、公的医療機関が承認した確実な治療法はないが、ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシン、レムデシビルなどの薬物療法が、COVID-19の可能性のある治療法として採用されている

イベルメクチンは安価で使いやすく、広く入手可能な抗寄生虫薬である。

FDA認可の抗寄生虫薬であるイベルメクチンは、COVID-19患者の治療薬として提案されている薬剤のひとつであり、パンデミック開始以来最大の論争の火種となっている。

このパンデミックが、ウイルスを検出しない検査によって作られた症例数で、演出されたパンデミックであったという厳然たる現実は無視してよい。

その代わりに、私たちは体制側全体と、自由コミュニティーのメンバーであるとされる何人かの人々を巻き込み、無防備な一般大衆に投与するためにどの医薬品を使用することができるか、そしてどれくらいの速さで投与するべきか、ということに議論をすり替えたのである。

また、これらの医薬品がすべてFDAの認可を受けていることを、まるでそれが良いことであるかのように言い続けていることにも注目してほしい

最終的にノーウイルスを理解するようになった多くの人々でも、過去2020年と2021年には、イベルメクチンの在庫を確保したと教えてくれた。

中には予防的に服用した人もいた。

彼らは、医療自由コミュニティーの中で、明らかに真実を語る者として謳われている何人かの人物に影響された。

そのうちの何人かは、商業活動の一環としてメクチンを販売している。

例えば、ピーター・マカロックのウェルネス・カンパニーは現在、イベルメクチンだけでなく、あらゆる種類の抗菌薬を含むキットを299ドルから販売している。

マカロック博士は、危険なウイルスやパンデミックに関する物語の著名な提唱者である。

我々は、彼が語ってきたウイルス学的疑似科学と明白な嘘を暴露してきた。

また、トム・コーワン博士やケビン・コルベット博士といった我々の同僚たちも、マカロック博士の戯言に反論してきた

  

ひとつはっきりしていることは、パンデミックの持続にはウイルスとさまざまな恐怖物語が極めて重要だということだ、例えば、代替治療プロトコル、イベルメクチンの販売などである。

COVID-19患者をイベルメクチンで治療した結果だけを見ている、という臨床医がいるかもしれない。

しかし、私たちがずっと前に彼らに指摘したように、彼らは何を治療していると考えているのだろうか?

COVID-19は新しい病気ではなかった。

コクラン共同計画のレビューが2020年半ばまでに結論づけたように、特定の症状や徴候がなかったのはそのためである。

確定症例は、PCR検査やタンパク質抗原検査といった形の分子検出アッセイに基づいて宣言される。

ティム・ノークス教授が新著『最後のパンデミック』の序文でユーモアたっぷりに指摘したように、これによってタンザニアのジョン・マカフリ大統領がパパイヤからCOVID-19陽性反応を返せた理由が説明できる。

ウズラ、ヤギからCOVID-19陽性反応が出た。

イベルメクチンをめぐる奇跡の物語は1980年代に始まったもので、この化合物はどの年代にも、また主要な出版物の多くでも、不思議な薬として業界によって賞賛されてきた。

残念なことに、このミラクル物語は拡大し続けており、ここ数年、イベルメクチンはガンの治療薬として提案されている。

ということは、犬や猫に有効な可能性のある新しい抗がん剤がまた一つ増えたということだろうか?

 人にとやかく言うつもりはないが、そのような気がする。

 もし私の飼っている動物たちがガンになったら、私はあらゆる代替療法を試すつもりだ。

 もし私が厄介なガンにかかったら、代替療法を試してみるつもりだ。

この獣医師が紹介している論文のタイトルは「イベルメクチン、抗寄生虫薬から派生した抗がん剤の可能性」で、2020年9月にオンライン公開された。

COVIDは一度も言及されていないのに、なぜかこの論文はPubMed CentralのCOVID-19コレクションに掲載されている。

sars-cov-2は本文中に一度だけ出てくるが、ケリーらの実験に言及した一瞥のコメントとしてのみである。

例えば、肝臓がんの約80%はB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスの感染が原因であり、子宮頸がんの大部分はヒトパピローマHPV感染が原因であるという主張である。

これらのトピックに関する私のビデオで、これが真実であるはずがない理由の説明を見ることができる。

論文の4.2節では、化学療法ががんに効かないのであれば、体内に入る薬剤を増やすべきであり、イベルメクチンはまさにその切符になりうると提案している。

著者は試験管実験を引用し、イベルメクチンが腫瘍の治療に役立つと推測しているだけである。

彼らは次のように結論づけている:

我々は、イベルメクチンが近い将来、新しいがん治療の一部としてさらに開発され、臨床的に導入される可能性があると信じている。

この論文には疑似科学的な主張が非常に多く、このような結論を受け入れるのは非常に賢明ではない。

私がイベルメクチンを服用した回数、家族に飲ませた回数、誰かに勧めた回数はゼロである。

イベルメクチン欠乏症の人はいないし、イベルメクチンを飲まなくてもまったく問題ない。

もしあなたやあなたの飼っている動物がミミズやダニ、いわゆる寄生虫の問題を抱えているのなら、いわゆる寄生虫に問題があるのなら、掃除屋として働いている無邪気な傍観者に宣戦布告するのではなく、食事や環境の要因を見直すべき時である。

自然は人類と戦争しているわけではないが、人類はしばしば自然と戦いを始めようとする。

そもそもウイルスが行方不明(証拠未確認)という問題から、イベルメクチンには抗ウイルス活性の引用はできない。

検証可能な唯一の抗ウイルス活性は、マイク・ストーンの抗ウイルスニュースレターである。

このグラフは、2019年から2021年にかけて米国でイベルメクチンが爆発的に処方されることを示している。


米国の48900の薬局から処方されたイベルメクチンの数
(​拡大​)

これが偽のパンデミックの現実であり、人々は、特にワクチンに疑問を持つ人々は、許可された代替的な物語に引き込まれ、別の大手製薬会社の製品を服用した。

残念なことに、ピエール・コリー博士のようなイベルメクチンのプロモーターがまだいる。

彼らは2020年にパンデミックが起きたと主張し続けるだけでなく、2021年にはイベルメクチンを大量に使用しなければならない致命的なデルタ波が発生すると主張している---、

パンデミックの全体的な詐欺行為と、そのすべてがかかっているウイルス学的疑似科学を維持するために役立っているだけである。

大々的に宣伝されているこの薬が蓄積し続けていると思われるその他の能力に関しても、その主張は破たんした万能薬の中にしか存在しない、

これらの主張は、壊れたアロパシー(対症療法)・パラダイムと、何が本当に私たちを病気にするのかという誤解の中にしか存在しない。

真の健康への道は、大手製薬会社の製品にあるのではない、と私たちは自信を持って言うことができる。

私たちのウェブサイト、drsambailey.comにあるすべての無料健康情報資源をご覧ください。

また、ウルリッヒ・ウィリアムズ博士の『The Timeless Wisdom of Dr.Ulrich Williamsの「正しい思考と正しい生活」(Terrain Therapy)を出版しました。

そして、絶え間ない恐怖の物語から離れる準備ができているかもしれない誰かと、このビデオを共有することを検討してください。

このビデオを楽しんでいただけたなら、supportdrsam.comをご覧ください。
(ここまで)

​​​追記)


不妊治療に関する究極のガイド 「イベルメクチン大量虐殺」:
受精力の破壊を示す14の研究
 2024年5月1日

「生殖能力に関する研究の結果、イベルメクチン療法が生殖能力に悪影響を及ぼし、対照群と比較してビタミンCのみを投与した5番目のグループを除くすべての治療グループで妊娠が阻止されることが明らかになりました...結論として:イベルメクチンは女性の生殖効率に悪影響を及ぼします。」

「イベルメクチン治療後には、異常な形態を持つ精子も増加していることが判明しました。これは、イベルメクチン投与前 (x 軸) と投与後 (y 軸) で「異常」とみなされた精子の割合の散布図です。線より上の点は、イベルメクチン投与後の異常精子の割合が高いことを示し、線より下の点は、イベルメクチン投与後の異常精子の割合が低いことを示します。」

「TanyildiziとBozkurtによるオスの羊に対するイベルメクチンの生殖能力に関するトルコの研究でも、イベルメクチン (0.2mg/kg) を皮下注射した後、精子の運動性と濃度が大幅に低下することがわかりました。」

スモーキングガン: アフリカ/中米での大量虐殺に使用

「1974年、キッシンジャーはニクソン大統領の下で「世界人口行動計画」を発表した。NSSM200は、世界人口の上限を80億人にするという政府の残忍な秘密文書にほかなりません。この脅威的な大量虐殺宣言は米国政府の公式政策であり、一部機密解除されました。」

イベルメクチンの大量投与

「メルク社の記事によると、メルク社はイベルメクチンの一種であるメクチザンを40億回分、貧しい国の人々に出荷したとのことです。

このプログラムは年間4億人以上の人々に提供されています。1987年のMDP創設以来、40億個以上のメクチザン[イベルメクチン]3mg錠剤がメルクによって流行国に出荷されてきました。」

寄付されたイベルメクチンの総投与量は44億回を超え、メルクからイベルメクチンの寄付を受け取っている、または受け取ったことのあるすべての国のリストは次のとおりです。」

アメリカ領サモア、アンゴラ、ベナン、ブラジル、ブルキナ、ファソ、ブルンジ、カンボジア、カメルーン、中央アフリカ共和国、チャド、コロンビア、コンゴ、クック諸島、コートジボワール、コンゴ民主共和国、エクアドル、エジプト、エチオピア、フィジー、ガーナ、グアテマラ、ギニア、ガイアナ、ハイチ、インド、インドネシア、ケニア、キリバス、リベリア、マラウイ、マレーシア、マリ、マーシャル諸島、メキシコ、モザンビーク、ニジェール、ナイジェリア、ニウエ、パラオ、パプアニューギニア、セネガル、シエラレオネ、南スーダン、スリランカ、スーダン、サントメ・プリンシペ、タンザニア、タイ、東ティモール、トーゴ、ツバル、ウガンダ、バヌアツ、ベネズエラ、ベトナム、ウォリス・フツナ、イエメン

「イベルメクチン」と呼ばれる人口削減剤によって毒殺されているこのグループと、キッシンジャーの標的国リストとの間に明らかな関連性があることがわかりますか。
(ここまで)

巷では、VAX後遺症やガンに効く等、
流布されているが、要注意、


イベルメクチン(メクチザン)

​​追記2)


イベルメクチンの致命的な代償:神経毒性、遺伝毒性のある毒によって
引き起こされる失明、昏睡、死亡
 2024/5/4・Tim Truth
​​​

​+オオコウモリ イベルメクチン中毒:突然の失明、麻痺、死亡

DNCの数百人の昏睡患者がイベルメクチンの受動報告システムに報告​:
  
イベルメクチン治療後に報告された重篤な副作用:
  594件の昏睡状態
  235件の重度の頭痛
  13件の麻痺
  476件の神経系統のダメージ

イベルメクチンの重篤な有害事象の分析
  年齢層別の報告数の分布で、ピークは15-30歳と30-45歳です。
  症状の上位10位は、起立または歩行の困難または不能、発熱、頭痛、
  全身性筋肉痛または関節痛、疲労/無力症、下痢、めまい、呼吸困難、
  そう痒症、吐き気または嘔吐でした。

疥癬のイベルメクチン治療を受けた高齢者の32%が死亡
 老人ホームは恐怖

​事例が多すぎるので以下略、

追記3)
Drコワン、


https://x.com/purplep76858690/status/1796427551675674826


https://x.com/purplep76858690/status/1796771940096684518

ウイルスの存在が証明されない中で、
「抗ウイルス剤」とは神話に過ぎない、

様々な症状が回復したと言う話が出てくるが、
一時的回復は、必ずしも継続的回復とは限らない、

キホン、対動物用薬物(駆虫剤)であり、
(それも副作用を伴う!)
神経性の毒を有する化学物質である、

​参考)
​​メモ:駆虫薬
イベルメクチンを入手した人は多いようです。
ご自分の飲む薬であればどういうものかをしっかりと知っておきましょう。
薬効分類名:駆虫剤
規制区分:劇薬
処方箋医薬品:注意−医師等の処方箋により使用すること
有効成分の名称:イベルメクチン
含量:イベルメクチンとして3000μg






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年06月02日 12時55分58秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.