000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2009年09月23日
XML
カテゴリ:本の紹介

昨日ちょっと紹介したさだまさしの小説。

『アントキノイノチ』

1日で読むには長い、厚みのある本ですが、
昨日の午後4時から読み始めて、夜までずっと読んでいました。
夜22時ぐらいに読み終わりました。

途中から、姿勢を正して読みました。
最後のほうは、続きを読まずにいられなくなりました。

『美しい朝』のCDがまず「いのち」をテーマにしており、
そのつながりで読んだ本ですが、
CD収録曲とはまた別のアプローチがされており、
この本を読むことで、また別の人生を生きられた気がします。


アントキノイノチ
(さだまさし、幻冬舎 、2009、1400円)

 

(参考リンク)
この本の中で出てくる「遺品整理業」のモデルになった会社
キーパーズ

上の会社サイト内の『アントキノイノチ』紹介文
===========================

アントキノイノチ あらすじ

21歳の杏平は、ある同級生の「悪意」をきっかけに2度、その男を殺しかけ、高校を3年で中退し、それ以来、うまく他人とかかわることにできない心の病を抱えていた。
彼を心配する父の口利きで、遺品整理業"CO-OPERS"の見習い社員になった杏平は、亡くなった方のため、ご遺族のため誠実に働く会社の先輩たち、そして同い年の明るいゆきちゃんと過ごすことで、少しずつ心がほぐれてゆく。
けれど、ある日ゆきちゃんの壮絶な過去を知り、「生命」の本当の意味を初めて知ることになる......。
爽やかな涙が流れる感動の青春小説。
===========================

 

☆以下のブログランキングに参加しています。
応援していただける方の1日1クリックをお願いします!(^0^)
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ  にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ  







最終更新日  2009年09月23日 10時41分21秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

エシカルファッショ… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.