2092333 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

全78件 (78件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

共に生き、共に育つ

2019年10月27日
XML
​​​最近、またアドラー心理学の本をよく読んでいます。

アドラーは、自己啓発の源流と言われているそうで、、、

自己啓発の有名どころと言えば、『人を動かす』や『7つの習慣』でしょうか。

僕が大事にしているのは、「成長」なので、自己啓発は大好きで、よく読んでいます。

アドラーを学んでから自己啓発書をもう一度読むと、同じことが書いてあったりして、「や … [続きを読む >>]





最終更新日  2019年10月27日 11時12分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月12日
​​​豊中の「原学級保障」には以前から興味を持っていました。
その取組の経緯をまとめたものが本になっています。
著者は大学の研究者です。非常に多くの文献・資料に目を通され、多くの関係者に取材されています。


『インクルーシブ教育の源流 一九七〇年代の豊中市における原学級保障運動』(二見妙子、現代書館、2017、2000円)​
「原学級保障」とは、今風に言えば … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年08月12日 09時00分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年12月16日
少し前に読んだ本に感銘を受け、ブクログやアマゾンのレビューに投稿しました。


特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編 義務教育でつける「生涯幸せに生きる力」 (THE教師力ハンドブックシリーズ) [ 西川純 ]

特別支援教育の対象になる子どもたちの進路に関する本です。将来の進路を見据えてどんな教育が必要かが書いてあります。

タイトルには「特 … [続きを読む >>]





最終更新日  2017年12月16日 11時06分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月21日
「障害理解教育」の第4回です。「理解教育」に使えそうな絵本をもう少し紹介しておきます。 
『十人十色なカエルの子 特別なやり方が必要な子どもたちの理解のために』
(落合みどり)この本は僕は授業で使ったことはありませんが、同僚の先生が使われていました。おそらく、世間一般ではよく使われている本のような気がします。
 
『どんなかんじかなあ』 
(中 … [続きを読む >>]





最終更新日  2015年08月21日 21時11分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月20日
いわゆる「障害」というものについて、周りの子どもたちの理解を得るための教材について。第2回からずいぶんあいてしまいましたが、今回が第3回です。第1回と第2回にリンクをはっておきます。 第2回の最後に、
「次回は、僕が通常学級の3年生に紹介した、『いろんな物差しがあっていい』というメッセージの込められた歌を紹介します」
と書いていました。そういうわけで … [続きを読む >>]





最終更新日  2015年08月20日 17時25分49秒
コメント(1) | コメントを書く
2015年07月05日
 
障害児が描いた絵本『にわとりさんはネ…』/福井達雨/止揚学園園生 かなりあいてしまいましたが、前回の続き。
いわゆる「障害」というものについての、周りの理解を得るための教材について書きます。

今年の4月に新しい学校に異動しましたが、こちらの図書室でかなりの掘り出し物をみつけました。

冒頭に示した絵本『にわとりさんはネ・・・』。おお … [続きを読む >>]





最終更新日  2015年07月05日 06時48分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月13日
学校にはいろいろな子どもたちがいます。その中には、障害を持っていたり、様々な事情を抱えていたりする子どもたちがいます。また、全体の中では少数ながら、特別支援学級に在籍している子どもたちもいます。
授業時間のうち、少しの時間だけ通級教室に通って授業を受ける子どもたちもいます。「通常の学校」ではなく、「特別支援学校」に通っている子どもたちもいます。そう … [続きを読む >>]





最終更新日  2015年06月13日 09時49分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月06日
古本屋で100円で買った本を、我が家の朝の読書で読み終えました。本のカバーにバーコードがない時代の本です。amazonで検索しても出てきません。『共に育つ Part1 教育のあるべき姿を求めて』
(中小企業家同友会全国協議会編, 1988, 当時1000円)「共に育つ」という言葉が好きなので、買いました。そういえば、「共に育つ」と書いて、「共育(きょういく)」と読みますね。 … [続きを読む >>]





最終更新日  2015年06月06日 08時57分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月30日
 
『連携と協働の学童保育論
ソーシャル・インクルージョンに向けた「放課後」の可能性』
(三好正彦、2012、解放出版社、2000円)年の瀬ですが、この本の読書メモを書いている途中なので、
そのまま続きを書きたいと思います。今回で6回目。本の最後まで、ダーッと行きます。(^^) 第1回読書メモはこちら。======================== … [続きを読む >>]





最終更新日  2013年12月31日 00時23分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月25日
  
『連携と協働の学童保育論
ソーシャル・インクルージョンに向けた「放課後」の可能性』
(三好正彦、2012、解放出版社、2000円)この本の読書メモを書いている途中です。第1回読書メモはこちら。===============================
『連携と協働の学童保育論』

(p39~69 第1部 第2章より。
 ・以降の太字は本の内容。 … [続きを読む >>]





最終更新日  2013年12月25日 23時18分35秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全78件 (78件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

次は地球外? 2019.… New! 森3087さん

コメント新着

 日本海ファクトリー@ Re[2]:学習内容を好きなことに関連付けて、本人にとって意味ある学習に(11/29) にかとまさんへ 迅速に、また適切に対処…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.