35485191 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

踏ん張り New! slowlysheepさん

ダイキン工業(6367)-… New! 征野三朗さん

メモ New! 4畳半2間さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

9273コーア商事(時… わくわく303さん

ワクチン接種率が高… モンゴル2008さん

日銀買わない fuzzoka085さん

前日比▼1,768,600円 かぶ1000さん

アミューズ(4301)… lodestar2006さん

第362回 「ニンフレ… ウォール街からさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jun 6, 2018
XML
カテゴリ:優待株について
 ​いやあなんだか相場環境が悪いですね。バリュー株は指標的に割安でもそのまま放置、グロース株は成長力を維持してはいてもマーケットが期待している水準には及んでいなくて続落というところが多く、かなり経済的・精神的に消耗・摩耗してきている個人投資家の方も多いのではないでしょうか? 






 さて皆様、是非ここで思い出してください。





 ​困ったら、行き詰ったら、優待バリュー株投資​





 ですよ。​










 具体的には、総合利回りの高い優待バリュー株を1枚ずつ多品種仕込んでPFの防御力をどんどん、どんどんと上げるのです。100万あれば楽に10銘柄買えますし、1000万円あれば100銘柄は行けますね。これは勝てるかどうかは別として、市場での生き残りには無類の強さを発揮します。








 尚、詳しいことは以前の超人気記事である









​ 優待バリュー株穴熊投資法 2018年版​​​














 
 を御覧下さい。

 








 さて優待株投資の宣伝はこれくらいにして、(笑) 今日も元気に2018PF概況シリーズです。

 

 

 

 

 

104位 9799 旭情報サービス  (東2、3月優待) ○

 

 

 

 

 

 PF104位は、独立系情報サービス会社の旭情報サービスです。前回は2014年に75位で出ていました。その頃から較べると株価は上昇しているのですが、私のPF内の銘柄数が当時と比べて激増している影響が大きく、ランキングを下げてここで登場してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在の株価は1184円、時価総額98億円、PBR1.23、自己資本比率は81.8%、今期予想PER14.39、配当利回り2.9%(34円)、総合利回り3.3%(34+5=39円)で、優待は1000株保有で5000円相当の郵便局の「選べるギフト(月コース)」です。

 

 

 

 

 



 

 

 ところで私はこの手の「カタログギフト」が大好きなのですが、なぜかというとそこに「自由」があるからです。そもそも私が長年投資家をしているのも、それが「自由な世界だから」というのが非常に大きいと思います。







 どの株を買っても売ってもよい、何をしてもよい、しなくてもよい、努力してもよい、怠惰なまま夢だけを求めてもよい、幸運を願わず日々最悪を想定しながら悲観的に過ごしてもよい、自らに幸運が来ることを毎日祈りながら日々微笑んでいてもよい、そしてそれらの結果、大きな果実を手に入れて常夏の南の島に引っ越すのも、戦いに敗れ涙ながらに暖房の無い部屋で凍えながら市場から静かに去るのも全て自由なのです。

 

 

 

 


 

 

 すいませんまたもや脱線しました。話を元に戻すと、カタログギフトには2つの長所があります。1つはもちろん送り手の愛情が伝わることですが、もう1つは「受け取った後に物語があること」です。元々欲しかったアイテムを手堅く選んだり、見ているうちに思ってもいなかった品物を選んだり、自分でお金を出すのなら絶対に選ばないようなチャレンジングな行動に出たり、とそこには「小さいけれど確かな自由」があるのです。

 

 

 

 

 

 

 そして、その「自由度」はカタログギフトの金額が上がれば上がるほど増します。それは会社で出世すればするほど裁量権が増して自由になっていくことや、投資家として資金力が付けば付くほどPFにやんちゃな株を組み入れて楽しく好きなように遊べる、と言う感覚と似ていますね。その意味で、この「旭情報サービス」の高額ギフトは「カタログギフト界の雄」に相応しいものです。具体的に内容を見て行きましょう。

 

 

 

 

 

 


 

  早速、実際の選択品をいくつか見てみましょう。






 

 2017年はケーキドームを選びました。







 



↑ なんだか摩訶不思議な形をしています。一体何に使うものなのか? 私には良く分かりません。この世に何故こんなに不思議なアイテムが存在するのか、謎ですね。(汗)










 2016年は鎌倉彫のお箸を選びました。














 

 

 

 

 旭情報サービスは指標的には妥当なところと思いますが、好財務、まずまずの総合利回りで、PF上位銘柄としてホールドしていくのに特に不足はないと考えています。これからも「自由度満点の珠玉のカタログギフト優待」を楽しみにしながらのんびりとホールドしていく予定です。







Last updated  Jun 6, 2018 04:27:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
[優待株について] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.