651389 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの地方・1口馬主ブログ

ミノルロドリゴの地方・1口馬主ブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023.12.05
XML

ノルマンディーOCの懇親会の主役はやはりこの馬でした☆彡


日曜日のノルマンディーOC懇親会2023。今日で3日連続の投稿となるが、まだ書いていないネタが沢山ある。ま、でもそろそろこの話題も打ち止めにして、次へ行かないといけないな。

懇親会レポートの最後を飾るのは、やはり出資馬、アルヴァレス号とノーブルロジャー号。この2頭について関係者から聴取した内容で締めたい。2日前なので既に記憶がぼやけているが、何とか思い出しながらキーボードを叩きましょう。

まずは出資馬アルヴァレス号(父ビーチパトロール)。管理されエいる奥村武調教師さんと面談することが出来ました。アルヴァレス号は10月下旬よりジョイナスファームにて調整中で、最新の近況によれば課題だった体力不足も徐々に良化傾向、そろそろ帰厩のようで、調教師さんも目標だった年内は無理だったがなんとか年明けにはデビューさせたいとの由。

ただ、まだ距離や芝、ダート適性については正直、心底掴みつかねているとかなり悩んでおられる様子。口ぶりからおそらくデビューはダート、短距離戦になりそうかなという感触でした。

「何とか1勝出来ますかね?」と私が意地悪で答えにくい質問をぶつけたところ、「その1勝が大変なんですよね。」と正直にお答えを頂きました。ノルマンディーOCの馬で結果を出していないと奥村師はかなり恐縮されておられました。この馬には派手な活躍など全く望んでいません。丈夫で地方でも良いから息長く走って欲しいなと、それだけです。

そしてトリを飾るのはやはり岡田将一社長
かつて高額に設定した募集馬(クイーンズトゥルー)が未勝利を脱出できず、その年のその他の3歳馬も散々な結果で遂にスキンヘッドにされたわけですが、そのスキンヘッドは今年も健在でしたウィンク。出資馬のノーブルロジャー号について社長のご意見を伺ったところ、なんと、。。。。

このノーブルロジャー号はフロリダのトレーニングセールで仕入れられたのだが、多数いる候補馬の中から日本の競馬に適性がありそうな馬(2頭)を見つけたのは社長にとって難しい話ではなく、ある程度走るのは分かっているとのコメントがあり。そして、ここからが本題といった感じで話していただいたのは、4次募集用として仕入れた2頭の内、実際期待しているのはもう1頭のオルゴーリオ号の方なんだとか!!

「(オルゴーリオは)長い距離もこなせますからね。ノーブルロジャーは短距離向き。完成度の高さで勝ちましたが実際それほど頂(いただき)🏔は高くないと思っています。できれば2、3勝クラスあたりで勝ち上がらずに稼いでくれるのがいい。万が一重賞で勝つか2着になってしまうとゆくゆく会員さんに(負け続きで)嫌な思いをさせてしまうかもしれません。」となんか拍子抜けのコメントが返ってきましたしょんぼり

確かに後級制度が無くなった現在、早い段階でOP馬になってしまうとその後の成長度合いで苦労するパターンがあるというのは分かる。吉岡調教師さんも期待されているのが分かったし、どうしてもハイテンションになってしまうところ、この社長のおかげで冷静に見ていくことが出来そうです。な~に、短距離でもダートでもどこかに適性を見つけて生きていけますよ。社長の御見立ても外れることが多いしね!!

ノーブルロジャー号、この評価、良い意味で裏切ってください☆彡





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.12.05 21:49:21
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.