3879627 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あしたの風

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

メキシコ・ベリーズ・グァテマラ・ホンジュラス・エルサルバドル・コスタリカ・パナマ

February 15, 2019
XML
テーマ:海外旅行(5000)



エクアドルの首都キトからメキシコシティまでは

5時間のフライト

ホテルで朝食をきちんと食べていたので

機内食の2度目の朝食はスルーしました

着陸一時間前にはドリンクサービスがあったので

ビールをいただき …あれ?これがランチになっちゃった






メキシコシティでのトランジットは

復路も12時間 omg again.....

その時間を利用して市内の観光へ


広大な湖に浮かぶ小島に築かれたアステカ帝国の

首都テノチティトランだったメキシコシティ

16世紀にスペインによって征服され

街は破壊され、湖は埋め立てられ

コロニアル調の都市が建設されました

ジャカランダの花が咲いています 春ですね




「メキシコシティ歴史地区とソチミルコ 」として

1987年に世界遺産に登録されています


アステカの民が首都を決めるために

ウィツィロポチトリ神の神託により

「サボテンの上に蛇を食らう鷲がいる土地」を探して

200年の間彷徨ったアステカ伝説から

国旗の紋章にも使われているデザインの像




スペイン統治時代から続く歴史ある建物に囲まれている

アステカ時代も街の中心だったソカロ(中央広場)




アステカ帝国を征服したスペインの

エルナン・コルテスが自身の宮殿として建設した

国立宮殿の半分は大統領官邸として使われています




市庁舎や




歴史のありそうな建物が並ぶ広場の一角




大聖堂脇に遺跡があります

1913年に大聖堂の裏で発見されたアステカの遺構

1978年には太陽の石(アステカ・カレンダー)が

発見されたことによってテノチティトランの中央神殿

(テンプロ・マヨール)の跡と判明

・・・という遺跡ですが 想像力必要です




メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂(カテドラル)は

エルナン・コルテスの命によって建てられた巨大建造物




ファサードも巨大で… カメラに収まらない




大聖堂の向かって右側には18世紀半ばに

メキシコ・バロック様式で建てられた

エル・サグラリオ教会 …ファサードが立派




大聖堂の中に入ります…

直ぐにそのお姿が現れる黒いキリスト像

毒に侵された信者から毒を吸い取ったため

肌が浅黒くなったと言われています




1573年に建設が始められ300年を経て1818年に完成

ハプスブルク家出身の皇帝マクシミリアン1世が

1864年にここで戴冠式を行っていたり…

プルタルコ・エリアス・カリェス大統領による

カトリック教会迫害で教皇ピウス11世が大聖堂を閉鎖

1930年に再開するも、1962年には火災にも見舞われ

と、明るい話題も暗い歴史もあるカテドラル




ウルトラ・バロック様式という超過剰装飾は

スペイン侵略後に教会の建立に従事した

先住民の美的感覚が混じって生まれた建築とされています

それにしても ゴテゴテ&キンキラ







ウルトラ・スーパー・バロックとでも言いたい

装飾過剰ですが、天井高があるので

あまり圧迫感は感じませんでした




外に出ると やっぱりホッとするあたり…

ハシラサボテンと共にテキーラの原料

リュウゼツランもニョキニョキと…




民芸品が集まっているというシウダデラ市場(メルカード)




色の洪水の中、欲しくなっちゃうものがわんさか

でも決められないのよね… こんだけあると






30分ほどしか滞在できなかったのが残念…

それと、メキシコペソ持ってないやん(^_^メ)

なもんでUSドルとの価格交渉でイマイチ調子出なかった…




テオティワカン、マヤ、アステカ

トルテカ、オアハカ等の遺跡からの発掘品が

世界でも有数の規模と内容を誇る国立人類学博物館




中庭にある大屋根を支えている一本の柱は

岡本太郎氏が大阪万博の太陽の塔を作るのに

インスピレーションを受けたという太陽の像の柱




アステカ室正面にはソカロ広場の大聖堂の

修復工事中に発見された直径3.6mもある

太陽の石とも呼ばれるアステカカレンダー




中心は太陽の口から出ているのは人身供養用のナイフ…

アステカでは過去に4つの太陽の時代があったと考えられており

第1はジャガー、第2は大風、第3は火の雨、第4の時代は

洪水によって滅んだと考えられていました

太陽の周りにある4つのレリーフはその原因となった

ジャガー、風、火の雨、水を表しています

2番目の輪にはナワトル語の20の暦名

3番目の輪には装飾模様

4番目の輪には春分・夏至・秋分・冬至の

シンボルが描かれています(ガイドさんの請売り)




広大な博物館には様々なレプリカも…






2tもあるオルメカ特有の巨石人頭像はオリジナル




バカル王のヒスイの仮面もオリジナルです




王の遺体はこのような姿で埋葬されていたそうです




ケツァルの緑の羽が美しい王の被り物




以上、急ぎ足のメキシコシティ観光でした

人類学博物館の近くにあるタコスレストランで

早めのディナーです

まずはやっぱりビールよね 乾杯っ




野菜がたっぷり入ったスープ




タコスは盛り合わせになっていて

もちもちとした小さなトルティーヤに

ビーフ、ポーク、チキン、ピリ辛のソーセージ、野菜

チーズ、ワカモレが盛り合わせになっています

サルサやハラペーニョソースはタワーのように

別盛で供され、味変しながらパクリ&ビールぐびっ

久しぶりに美味しいタコスをいただきました



El Fogoncito
49 Leibnitz, Mexico City, Mexico

空港に行くまでまだ2時間ちょっとあるので

ホテルに向かい、シャワーを浴びる時間があったのが

うれしかったわ~ 

高地とはいえ、やはり一日外にいると ね


帰国便もANA 14時間半のフライトはさすがに堪えます

深夜1時のフライトに関わらず

しっかりとサンドイッチを出しちゃうANAさん

サービス良いけど …寝いっす ←と言いつつ飲んでるやんか






帰りはかなり混雑していたのでゆっくり寝られず

うつらうつら… 疲れました

最後にホットミールも出ました 

NYより時間がかかるって …長かったぁ




朝日が昇るころに成田に到着いたしました




ぜひぜひ行ってみたかったガラパゴス諸島

アオアシカツオドリには出会えなかったけれど

ペリカン、あしかには飽きるほど…

ゾウガメ、イグアナにもこれでもかと言うくらい

出会うことができて大満足の旅となりました

1年半前にガラパゴス&エンジェルフォールの予定を

立てていたのにベネズエラの暴動で前日キャンセルをくらい

ずるずると行く機会を失っていたガラパゴス諸島

ベネズエラの状況は相変わらずよろしくないので

エンジェルフォールはしばらくおあずけ

もしかしたらこれで南米は卒業かなぁ~と思っています

今回も長い旅行記にお付き合いいただきありがとうございました

今月は海外はお休み、明日から国内ですが出かけてきます .....fin.

2019年1月:エクアドル、生物の楽園ガラパゴス諸島、首都キトとメキシコシティ立ち寄りの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


Instagram 始めました(^^♪

☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  February 15, 2019 03:00:06 PM
コメント(2) | コメントを書く
November 12, 2017
テーマ:海外旅行(5000)



ケイマンを出航し翌日にはメキシコ、コスメル島に寄港

その前に… 朝食です

この日のスペシャルに、ディルパンケーキなんてのがあったの

甘くないパンケーキならウェルカム

スモークサーモンを添えてあってお食事系 かおり良くてgooo




ついでに… ってことでもないけれど

他の日にいただいた朝食メニュ

豆とソーセージのキャセロールはピリ辛で

ポーチドエッグを崩しながらいただくとまろやか~

右のパンはトマトとナスのシチュサンドになっていて

これもちょいピリ辛 おいち

メキシコっぽいのが多くて良かった 良かった







朝10時には着岸

桟橋は長くて屋根もないので暑いけれど

歩いて上陸できるのはやっぱり楽です




カリブ海の最西部、メキシコのユカタン半島の

東に浮かぶCozumel(コスメル)島




有数の観光地ですが島には見るところは取り立ててなく

マリンスポーツを楽しむ観光客が世界中から訪れるトコ




なのでエクスカーションは

ほぼ全てマヤ遺跡のある本土まで行くツアーだったの

しかも歩くツアーばっかし…

最近、歩行困難に陥ることの多い母には無理だと諦め

コスメルの近場を散歩することに

見えないけれど対岸のプラヤ デル カルメンまでは約10km 

高速船で45分って、遠いのか近いのか




コスメル島は地図では小さく見えるのだけれど

南北約48km、幅16kmあってメキシコで3番目に大きな島

石灰岩でできた平坦な島の海抜は最高点で15mほどで

その大部分は多くの固有動物種の生息するジャングルなんだそう

上陸したところは巨大なショッピングモールになっていて…




お店を冷やかしながら歩いているだけで小一時間かかる規模

ようやく雨上がりのサン・ミゲルの街に出られたわ




もっとも街にでても、あるのは相変わらずジュエリー屋さん

しかもダイヤモンドとタンザナイトばっかり

それとお土産物屋さん …他に何かないんかいっ




店頭のオブジェがいろいろあっておもしろいけど




お店に置いているものはほぼ同じ

なんでだろうね~ オリジナリティ全くありませぬぜ

多かったのはスカルとか魔女とかトカゲ?イグアナ?だらけ




カラフルでポップな街並みだけれど

色褪せてるので寂寥感半端ないわね~




時計台のある広場がきっと中心部 なのかな




7-11もありました




どこにでもあるハードロックカフェ

だけど、これって廃墟?

クルーズ船も多数寄港する中、観光客に飽きられたのかしら…




やっぱりカリビアンブルーの海を眺めている方が好きだな




どこにも国旗掲揚がなかったコスメル

ようやく見つけたメキシコ国旗カラーのモニュメント




海岸沿いには様々なオブジェが配置されていて

ここのは… 海の生物がいろいろ




こんなオブジェも…




この船が本土を結ぶ高速船

かなりの頻度で出ているようです

空港もあるんだけど、船が一般的に利用されているのかしら?




これだけお土産物屋さんが多い中

購入したのはホットソースのみ…

この海の色がお土産よ




母の足の調子も悪くなってきたので船に戻ることに…

からの…

ビール ぷっっっふぁ~~~




アーティチョークピッツァがあったので パクッ

ロールキャベツやコロッケもあってうれしくなって

食べてしまっちゃったランチ …食べ過ぎ決定






でもって、昼寝をしつつ読書していた午後

なのに…

ディナーにノコノコ行ってしまうあたり

でぶ一直線なクルーズ旅行

タコサラダとリブローストは正直

あまり感動はないお料理だったので

ワイン飲んで 終了っ




翌日は終日航海、次の日に最終寄港地バハマ、ナッソーへ

Instagram 始めました(^^♪

続きはこちら 6. 最後の寄港地は20年ぶりに訪れたバハマ …ピンクの建物が並ぶ南国の街

2017年10月:カリブ海クルーズとフロリダ、キーウェストの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 3, 2018 12:15:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 21, 2015
テーマ:海外旅行(5000)

cabo san lucas
cabo san lucas posted by (C)nana


また終日航海日をのんびりと過ごし…

バハカリフォルニア半島最南端に位置し

セレブが別荘を構えるというビーチリゾートなカボサンルーカスに寄港

ここがとうとう最後の寄港地

この海域は「世界でいちばん海洋生物が棲みやすい」と言われていて

海亀の産卵、アシカやマンタの生息地としても有名

この時期(冬)は鯨が訪れるのでホエールウォッチングを目的に来る方も多いみたいね


気温24度と下がってきたし、カラッとした空気で抜けるような晴天

気分上がるぅ上向き矢印


今回初めてテンダーボートでの上陸 …救命ボートがテンダーボートになっちゃうの

cabo san lucas


2時には出航してしまうので滞在できるのは数時間…

テンダーボートの場合、上陸するのに時間がかかるので

ツアー参加は諦めて、港周辺のオサレなカフェで

wifiとマルガリータな時間を過ごそうと


サボテンがいっぱいどきどきハート


cabo san lucas

cabo san lucas

cabo san lucas

cabo san lucas



ヨットが多数係留されていて賑わう港をそぞろ歩き

お土産を買うのに露店を覗き… 

ホエールウォッチング等の現地ツアーの客引きのオニーサンに

手をつかまれそうになるのを振り切り…

cabo san lucas


あらあ ペリカンがのんびり

デコイかと思っちゃうくらい動かない …しばらく見ていたら瞬きしてくれた

cabo san lucas


wifiほすいなぁ~ wifi飢餓状態…

船でwifiが速いというお店を教えてもらっていたので

迷わず入店した一軒

コロナビールが5本10ドルなんてうれしいプライスだったものの

やっぱり…

cabo san lucas


マルガリータ!! 

と、特大サイズでびっくりしたナチョス!! 

これが激ウマダブルハート 

ジューシーで熱々なチキンとネットリアボカドとトロトロチーズ

この旅で一番か二番の美味しさだったわね


cabo san lucas

cabo san lucas



あっという間に時間が経ち

というか滞在時間短いのよパンチ

船に戻るときにドルフィンはテンダーボートに挨拶をしに来てくれた ふふ

cabo san lucas



周りにドルフィン、クジラが…

何頭もクジラを見たっ! って言っていた人がいたけど

全然発見できなかった(というか、探しとらんか)

cabo san lucas


美しい湾を出て太平洋に戻ります・・・

cabo san lucas



ランチに巨大なナチョ皿を平らげたのにディナーもしっかり

絶対太ってる自信ありあり …事実3kg超過ムカッ

ワインを飲みつつ …このメニュでなぜか赤ワイン

さらりとしたマヨ和えの蟹サラダ


cabo san lucas

cabo san lucas



酸味がアクセントの海老のセビーチェ、サラダで …プチ?ダイエット気分


cabo san lucas

cabo san lucas



ダイエット気分だったのに

そんな時に誘惑がやってくる…

「テキーラ呑みませんか」のお誘い 行くっ!! の即答

意志弱いもん(自慢?)

cabo san lucas


レモンを10個分くらいギュギュっと絞ってテキーラ んまぁっい赤ハート

しかもバッファローウィングとか食べちゃってるし

美味しいものの前には意志がさらに弱くなる らしい


cabo san lucas

cabo san lucas




続きはこちら 10. クルーズ最後の晩餐はイタリアン ~33年ぶりのロサンゼルス ~帰国

2015年2月:パナマ運河を通過するクルーズ旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 12:16:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 20, 2015
テーマ:海外旅行(5000)

Acapulco
Acapulco posted by (C)nana



ウアトゥルコを出航た翌朝の日の出は

こんな…

線香花火の先っぽのような太陽が顔をだしました

線香花火みたいに落っこちるんじゃなく昇っていくんだけどね

Acapulco



夜が明けるころにアカプルコに接岸

アカプルコ、海岸沿いに大規模なリゾートホテルや豪華な別荘が立ち並び

世界中から観光客が訪れるという古くからのビーチリゾート

1963年のプレスリーが主演した映画「アカプルコの海」や、その他のロケ地として

多く使われているせいか名前だけは知っていた

Acapulco


250年間、アカプルコとマニラ間に出没する海賊から

スペインの貿易船を守っていたサンディエゴ要塞

1776年に地震で崩壊してしまい、現在は博物館

この目の前が港になっています

Acapulco


この日も船会社のツアー参加

有名なリゾート地という割には見どころがあまりないらしい…


2000年代に入ると麻薬がらみの犯罪や抗争が爆発的に増え観光客が減少

大手のホテルも撤退したみたいで

あのホテルは元○○っていう説明ばっかりのガイドさん

また観光客も戻りだしているけどまだまだ目標半ばってところかな


確かにメキシコの高級リゾートって言えばカンクンな気が…



この街では古いVWビートルが現役タクシー!

いったい何年車なんだろ

Acapulco



バスが止まった先には切り立った崖 ゲブラーダ

Acapulco


なになに目

上の写真の真ん中あたりにブルーの祠が見える?

そこから… 海にダイブ

ちなみに祠の中にはマリア様 アーメン

どくろのダイブと言われる訳です

ダイブしたっ!! すごっ


Acapulco右矢印

Acapulco



近くからも見物 …足がすくむ

Acapulco


お祈りの火の踊り …炎炎の上に足があるぅ

Acapulco


45mの高さからダイブ!


Acapulco

Acapulco



今度は背面ジャンプ

Acapulco


ひょえーーーっ

としか言いようがない

これで今まで死亡事故がなかったというのが不思議なくらい


Acapulco

Acapulco




このクリフダイビングが唯一の見どころってのも寂しいけど

死のダイブを後にビューポイントへ向かいます

Acapulco


アカプルコの海岸は椰子の木がぎっしり

なかなか素敵なビーチじゃないこと?


走り抜け到着したところで湾を一望

ここでいただいたブラックビールがおいし …ってまたビールチェック


Acapulco

Acapulco



有名人の別荘も多いというアカプルコ

風光明媚なビーチリゾート …でもやっぱりカンクンかなぁ(まだ言う)

Acapulco




ディナーは予約を入れておいたフレンチビストロに

Acapulco


鴨の燻製のサラダ

ホタテを軽く炙ったもの

どちらも盛り付けは大雑把パンチだけれど

味はなかなか美味しかったのでグッド


Acapulco

Acapulco



ブイヤベースというか… 魚介のトマトスープはスープとしてはまあまあ

メカジキのグリルはちょっとパサパサだけどレンズマメがぐっじょぶオーケー


Acapulco

Acapulco



ワインワイングラスが美味しくいただけたので幸せダブルハート


続きはこちら 9. ババカリフォルニアのリゾート地 カボサンルーカスでマルガリータとナチョス

2015年2月:パナマ運河を通過するクルーズ旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 12:17:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 19, 2015
テーマ:海外旅行(5000)

huatulco
huatulco posted by (C)nana


コスタリカを出航してまた翌日は終日航海

北上してます… 

けど、まだまだ30度くらいある南国モードでのんびりクルーズ継続ちう


クルーズ中は東西のみならず、南北の移動も多いので

2~3日毎に時計を合わせ直す必要があったり 

…そして温度も湿度も刻々と変わっていく感じ


明るくなったころにメキシコ南部のウアトゥルコに寄港

海岸沿いにかわいい教会?が見えている可愛らしい街の模様

huatulco


よっこらしょと下船 

気温は高いけれど、カラッと空気の乾いている良いお天気


すぐに可愛らしいビーチと 

お土産物屋さんやカフェが並んでいます


huatulco

huatulco



ウアトゥルコは16世紀のスペイン植民地時代に発展した商業港でしたが

海賊に乗っ取られゴーストタウンになってしまったということです

80年代にメキシコの政府がビーチリゾートとしてに再開発し現在では

メキシコでも人気のあるビーチリゾートとなっています



青い花がきれいなんだけど

この~木何の木気になる木~ 


ピンクの花も…なんだろお~なんだろお~


huatulco

huatulco



サボテンいっぱい 

花も咲いてるし…

メキシコに来た気分盛り上がるぅ

って

サボテン=メキシコって我ながら貧困な想像力雫


huatulco

huatulco



船から見えていた教会へ

huatulco


南国っぽくオープンエアー

huatulco


青空に映える原色のハイビスカスとプルメリア …でますます南国モード


huatulco

huatulco




暑っ かなり気温も上がってきたみたい

こりゃ焦げるぜぃ …カフェの1軒に駆け込むのは

wifiも使いたいしもあるけど

…それよりなのより呑みたい 

フローズンマルガリータ音符 んまっ

wifiは遅すぎで用を足さなかったけれど、ま、いっか

huatulco


一旦船に戻ります …ブーゲンビリアもきれい

huatulco



午後からは船会社のツアーに参加

リゾートホテルの建ち並ぶタンゴルンダ湾

それにしてもチリ一つ落ちていない

きれいに整備されている芝と木々 …あまりにも人工的に美しいその様にびっくり

huatulco


旧市街に向かいます 

グアダルーペ聖母の教会はスペイン時代の面影のピンク色

huatulco


入ってビックリ目

天井画は色鮮やかなこと!


huatulco

huatulco



上ばっかり見ちゃう

宗教画なのだけれどどこか何か…

ヨーロッパとはやっぱり違うデザインです

huatulco


そんなに広くないのだけど天井画

壁画はぎっちり描かれていてお腹一杯になってしまった


面白い形の扉も印象的


huatulco

huatulco

huatulco

huatulco





最後にビューポイントに連れて行ってもらい崖の上からパチリ

huatulco



続きはこちら 8. メキシコ(元?)高級リゾート地アカプルコで死のダイビングを観る

2015年2月:パナマ運河を通過するクルーズ旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ




☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 12:18:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 18, 2015
テーマ:海外旅行(5000)

Costa Rica
Costa Rica posted by (C)nana


パナマ運河を通過してまた1日航海を続け

翌朝コスタリカのプンタレナスに入港 


コスタリカ共和国は、1949年に常備軍が廃止され軍を持たない国…

中米では長い民主主義の伝統を持ち、政治的に安定が続き

経済状態も良好な「中米の楽園」と呼ばれるほどの国家だったらしいのですが…

1990年代以降は麻薬の横行により治安の悪化が進行しているというのは残念



接岸後こんな列車で海岸までシャトルしてくれる …みたい

Costa Rica


どんだけ遠くに海岸が …って思ったら、こんな距離をポッポー

ええ、乗りませんでした

けど気温30度超えの熱帯地帯なんでこの距離でも歩くと …暑っ 汗っ ダラダラ~

Costa Rica



船会社のオプショナルツアーのジャングル・クロコダイル・サファリに参加

ターコレス川をこんなボートでサファリです

ワニだけじゃなく様々な鳥を探して乗船

Costa Rica


船から多くの客が参加しているのか

前にも後ろにもボートがワサワサなラッシュ状態

この川にクロコダイルいるぅ?

Costa Rica


ワニの前に…

かわいいトカゲ 

目 鳥がいた

このエリアでは50種以上の鳥が観察することができるらしいけれど

難しいです… 撮影は… 

そして船長さんがこの鳥は●●って教えてくれるのだけど

メモれない雫


Costa Rica

Costa Rica



ジャングルクルーズの様を呈してきた かな

Costa Rica


やっと出会えたワニさん …デコイじゃないよ

それにしても動かないんで飽きてきたころ

Costa Rica


ズズズズッと動いて体勢反転したよ

で…

口開けた

で…

今度はこの姿で、このまんま固定 …あらら口の中乾かないかい?

Costa Rica


さすが鳥天国

形様々、色様々… でも名前が分からない雫

色のきれいな鳥は飛んでいるのが多くて全然写真は腕がなく撮れませぬ …無念

Costa Rica

Costa Rica



飛ばないものなら… 撮れるわとワニを狙うもあまりいないんだよね

クロコダイルサファリと銘打つ割にはうじゃうじゃいるわけじゃないのね

アフリカのクロコダイルうじゃうじゃな川を見てからこっちを見ちゃうと

ちょっと物足りない気も…


結局この日最もかわいかったのは

振り向き美人ならぬ振り向きトカゲきらきら

Costa Rica


これぞジャングル的マングローブ林を戻ります

Costa Rica


トロピカルフルーツが用意されていました

パイナップルが美味~ダブルハート
 

でもやっぱりコレが良いわねと見つけたのは 

缶のデザインがシャープなコスタリカビール

お味は南国系、さっぱり系… 

Costa Rica



サファリとしては少々物足りない思いも残ったものの

緑美しいコスタリカの山間を抜けていくドライブは爽快でしたちょき



船に戻り… 今日も美しいサンセット

Costa Rica



ノルウェイジャンの船に2度以上乗るとリピーター認定されてしまい

リピーターパーティなんてものに招待されちゃいました

ま、飲めるからイイかと会場に向かってみると

すごい…

人数が…

半端ない…

この船ってリピーター多いのねと感心


色の悪いダッシュイチゴつきのスパークリングワイン

Costa Rica


レバームースはまずまず美味しいのだけれど

なぜにブリオッシュ?

炙りまぐろはハムみたいなビジュアルの割には美味しかったわね


Costa Rica

Costa Rica



続きはこちら 7. メキシコ南部の古都ウアトゥルコ 9つの美しい湾と澄み渡った美しい

2015年2月:パナマ運河を通過するクルーズ旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 12:21:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 17, 2015
テーマ:海外旅行(5000)

panama canal
panama canal posted by (C)nana


入ったときには青々とした水を湛えていたガツン湖

しばらくすると

どんどんと濁ってきて、周りもジャングルっぽい様相に変わってきます

panama canal


バオバブなのかな? それっぽい木

・・・それにしてもだんだんと岸が近づき


panama canal

panama canal



こんなに大きな船がこんなに岸に近づいていいのかしらん? って思う

岸からこの距離で喫水12.5m 

…だもんね、ちょっとでも土が流れ込んだらアウトな気がする

panama canal


ガツン湖から細いゲイラードカットという水路を3時間の航海後

ペドロ・ミゲル水門へ ココで1段下がります

panama canal


結構ダレテきている運河航行見物 …何せ長時間

デッキに上がるのも面倒になってきて 左矢印コラッ

ってか、横から見るのも楽しいことに気づいて

ってか、部屋のバルコニーでビール片手に運河を眺める楽しさに気づいてしまったの


水門は2列あるので隣のレーンがばっちり見えるんだよね

乗っている船が左側のレーンをアサインされ

部屋が右舷側だったのでラッキーちょき


panama canal

panama canal



あっという間にペドロ・ミゲル水門通過~ …って思うでしょ

けど、1段下がるだけでも30分近くかかります

閘門を開けて、閘室に入り、牽引車をつけ、閘門を閉めて、放水して… 

手間のかかる工程を水門毎に繰り返します

panama canal



通過すると

そこはミラフローレス湖… 

なんだけど、すぐに最後の水門

ミラ・フローレス水門に入ります

ここで2段下がり大西洋の水位に戻るわけ

panama canal


もう慣れた?手順で進みます


panama canal

panama canal



ミラ・フローレス水門では通過する船を眺める観光客の人が窓に鈴なりだったわ

手を振ってくれたの… そんなツアーもあるのね

けど、やっぱりパナマ運河は体験するほうが面白いわよ

panama canal



とうとう海面、0mまで下っていきます

panama canal



朝8時前から運河に進入し、ここまで9時間

ほぼ定刻通りの通過となりました


待ち時間が長くなることも多いそうで遅れるときはこの時点で真っ暗なんてこともあるそう


運河横断橋アメリカ橋が見えてきました

panama canal


この橋を渡ると太平洋 …やっぱり感無量というか感動だったわ

panama canal



近代的なパナマシティーの街を眺めて太平洋へ抜けました

panama canal



パナマ運河を通過できる船の最大のサイズはパナマックスサイズと呼ばれており

通過する船舶のサイズは、全長294m、全幅32.3m、喫水12m以下に制限されていますが

現在拡張工事が進行中で完成後は、それぞれ最大366m、49m、15mまでの航行が可能となり

通過可能船舶の範囲が大幅に拡大するそうです

本来なら100周年の2014年完成予定だったみたいだけれど、今年完成予定 らしい・・・


なのでこの方法での運河通過はもうすぐ味わえなくなってしまいます

もっとスムーズに進めるように

観音開きのゲートがスライド式になったり


コストのかさむ電気機関車による牽引車もタグボートになったり…

ペドロ・ミゲルとミラ・フローレスの水門は統合されるという

このアナログな運河を通過することができてよかったわ



太平洋に沈む夕日がことさら美しく感じたパナマ運河後

って感じかしら・・・

panama canal



続きはこちら 6. コスタリカでジャングルクロコダイルサファリ ~リピーターパーティ

2015年2月:パナマ運河を通過するクルーズ旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 12:19:40 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 16, 2015
テーマ:海外旅行(5000)

panama canal
panama canal posted by (C)nana


コロンビアを出港して翌朝

日の出前にパナマ運河のカリブ海側コロン湾に入ります

panama canal


パナマ運河は全長約80km、最小幅91m、最大幅200m、深さは一番浅い場所で12.5m

10年にも及ぶ難工事を経て1914年に開通

年間14,000隻もの船舶が通過する開運の要衝です

ちなみに通航料は、1トンにつき1ドル39セントとか… 

ってことはこの船13万ドルの通行料 ・・・1500万円也~


右の水路に入っていきます

カリブ海 → ガツン閘門 → ガツン湖 → ゲイラード・カット → ペデロ・ミゲル閘門

→ ミラ・フローレス湖 → ミラ・フローレス閘門 → 太平洋

と、ここから始まる約9時間の感動とスリルの航行

panama canal



朝食もそこそこに最上階デッキ前方の特等席を確保 …トイレも我慢よ

ガツン閘門が見えてきました

ここには閘室が3つあり、船は海面の0mから一気に26mにまで上昇します

順番待ちをしている船の前方では、すでに前の船が上昇中

panama canal


前の船が上昇終了したので、いよいよ進入っ

panama canal


閘門まで入り停止、ようやく準備段階に入ったってところね

panama canal


前の船が第2閘室に進み閘門が閉まり

panama canal


第1閘室から水がすごい勢いで放出されてきます

水位が下がりました


panama canal

panama canal



車も通行止めとなり、可動橋がしまわれます

panama canal


閘門が開き…

実は船はこんな6台の牽引車に曳かれています


panama canal

panama canal



ゆっくりと進みます

panama canal


閘門まで進みストップ

見えないけど…

ここで後ろの閘門が閉まります

panama canal


第2閘室から放水され第2閘室は水位が下がり

その分こちら側の閘室の水位を上がる仕組み

閘門が開いて第2閘室へ進みます


panama canal

panama canal



ここまで来るとガツン湖が見えてきます

先に行っていた船はすでにガツン湖に入っていったみたい

panama canal


パナマ運河はスエズ運河を拓いたフェルディナン・ド・レセップスの手で

開発に着手されたものの、難工事とマラリアの蔓延により放棄

その後パナマ運河地帯としてアメリカによって建設が進められたため

長らくアメリカによる管理が続いてきたのだけれど

1999年12月31日正午をもってパナマに完全返還

パナマの国旗も誇らしげ?にはためいています

ガツン水門の管理棟には100周年の文字


panama canal

panama canal



同じ工程を繰り返します


panama canal

panama canal



3つ目の閘室 …目の前には人工湖とは思えない青々としたガツン湖

panama canal


とうとう26mも昇ってきたのねと感慨深いものが…

panama canal


パナマ運河の最高地点である海抜26mのガツン湖に到達したのは3時間後のこと

ちょっと休憩 が必要なり~

panama canal



続きはこちら 5. パナマ運河を無事通過し、アメリカ橋をくぐれば太平洋 …もう夜です

2015年2月:パナマ運河を通過するクルーズ旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 12:19:04 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 4, 2014

0214.5
cancun posted by (C)nana


ベリーズを後にアトランタに戻ります飛行機

3時間弱という距離 …近いのよ


あ、この写真はベリーズじゃなくて機窓から見えた… たぶんカンクンあたり

あまりにも色がきれいなのでパチッてしまいました 投げキッス



ベリーズの国際空港も、ご想像通りのコンパクトさ

それでもアメリカ国内からの直行便が多く

飛行機は遅れているのに人はどんどん入ってきて、座るところもないくらい

そんな時はカフェを見つけて、ビールとチップス

ようやく搭乗です …本当にバイバイベリーズ ばいばい


0214.1

0214.2



カリブ海の真っ青な海ともお別れ雫 …次回はもうないかも


0214.3

0214.4



短距離路線なのに、ランチがでました

パストラミとチーズのホットサンドイッチ …けっこうイケてるお味でした(お腹空いてたし)


0214.6

0214.7




あっという間にアトランタ上空

やっぱり大きい …巨大空港 ショック

0214.9



今回トランジットは上手くいかず、ホテル泊

空港の側のビジネスホテル …しかもホテル内にレストランなしムカッ

そんでもって近くにあるのはマックとファミレスのみムカッムカッ

なんだかわびしい最後の晩餐だわ


でもまあ、この母娘は下矢印コレがあれば文句は言うまい


0214.10

0214.11




アトランタ空港の国際線ターミナルはめっちゃ新しくてきれいだったわ

0215.1



さてと・・・・・

ラウンジにあったチーズかけのポップコーンにハマリ(黄色いやつ)

キャラメルかけは母に食べてもらい(茶色いやつ)時間を潰し搭乗飛行機

0215.2


本当にこれで帰国しちゃうのね雫

海老とパイナップルのグリルとレタスのウェッジサラダ トマトとブルーチーズ添えをつまみに

のんびりと映画を観る機内


0215.5

0215.6



メインはマヒマヒのタタキって書いてあったからチョイスしたけれど

これはどう考えても「タタキ」じゃあなかったわね

パッサパサの固い身を切ってみて …フォークを置きました ためいき


0215.7

0215.8




デルタだったけれど、さすが日本行便 …プレモル積んでたダブルハート

0215.9


アトランタから14時間

やたら食事が運ばれてくる・・・

そんなに食べられるわけじゃないけれど、その度に飲んじゃってしまう

いい感じのおつまみなんだよなぁ お腹いっぱい


0215.10

0215.11



そんなわけでまたしてもフォワグラの如く食べていた&飲んでいた11日間

それでも調子悪いのをちょっと引きずったまま行っちゃったので、今回体重減のまんまでした


ブルーホールを観たいがためにもう行く機会もないかもしれない中米に

エイヤッと行ってしまい、ブルーホールを堪能したのは勿論だけど

世界遺産の遺跡、アンティグアの古都、フローレスやコパンの旧市街を存分楽しむことができました


今回も長い長い旅行記、お付き合いいただき本当にありがとうございました ぺこり

また近々・・・ ただ今ビザ申請中  ...fin



2014年2月:ベリーズの宝石ブルーホールとグアテマラ・エルサルバドル・ホンジュラスの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ




☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 12:11:40 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 3, 2014

belize


ブルーホールを堪能した後、ベリーズシティの観光 くるくる回る

ベリーズシティはベリーズ最大の都市で

総人口(約27万人)の4分の1近くの人口があると言われている

度重なるハリケーンの被害によりベルモパンに首都が移されるまでベリーズの首都でもあった

カリブ海に面し、ベリーズ川の河口に位置する港湾都市でクルーズ船の停泊スポット サングラス




ダウンタウンを走ると 

…あっという間に抜けちゃう距離だけど悪路だし信号無いしで結構ノロノロ

街に信号は3個しかないそう


こちらでは学生は制服着用が普通のことらしく

グループごとにかわいい制服を着た少年少女達が下校中 やったね

右側は郵便ポスト 細長いわね 


belize

belize




セントカテドラル教会、マヤの教会とはちょっと趣が変わりました

ベリーズはマホガニーの産出国(国木でもあります)

belize


マホガニーの立派な扉

中には入れなかったのだけれど、バラ窓もある感じ …入りたかったぁ雫


belize

belize




1884年から英領ホンジュラスだったベリーズ

1950年代に入ってから独立の気運が高まり、人民連合党(PUP)が誕生

1954年に憲法が定められ、1957年には自治権を獲得

1960年は総督のもとに行政院と立法会議が設立され、1963年には自治政府が認められたが

あくまでも自国領を主張するグアテマラとイギリスとの間で独立について交渉が決裂した

1972年以降、この「ベリーズ」問題は国連総会の議題に上るようになった

その独立は、1980年の国連総会、1981年9月まで持ち越された

最終的にイギリス連邦加盟国として独立した

1986年11月、グアテマラは、ベリーズの領有権放棄と独立の承認を宣言し

1991年には安全保障協定について基本的な合意が成立し、グアテマラとの国交が回復した


中米の複雑な歴史… 

その総督官邸あと(トップ写真)、現在は博物館になっています

イギリスっぽいというより、むしろアメリカの東海岸っぽい

belize


ベリーズの国旗は国章が中央にあり、上下の赤線が描かれている

国旗に白人と黒人が両方描かれている珍しい構図 うんうん


belize

belize




街を走っていると  …ピンクリボン あーあ どういう施設なのかな

belize



一大観光スポットのツーリストヴィレッジにやってきました

ここはパスポートがないと入れない、免税店の集合体のようなもの

クルーズ船が入ってくるので、かなりの観光客でごった返してました

belize


水辺は気持ちいいっ ぼーっとする

belize


でもって、買い物に全然興味のない母娘 

この日はかなり暑くなってきたし…目指すは


あったぁ おしりぺんぺん これよこれ

「ハズバンド デイケアセンター」このネーミング抜群のセンスだわ

belize


まあ、中では「夫」だけでなく、女性もいっぱいいたけれど…

どの世の中でも、女性のお買い物に付き合いきれない男性は多いってことね がははは笑う


belize

belize





ベリーズにすっごく貢献したイギリス人が建てた有名な灯台なんだけど… 忘れたしムカッ

belize




さてさてベリーズも最後の晩餐

ベリキンビールの上矢印さっきの灯台バージョンとプレミアム

やっぱりプレミアムビールがダントツおいしかった


belize

belize



お野菜いっぱいのトマトベースのスープ

ビーフとお豆をトルティーヤに挟んで食べる …メキシコ料理みたい

アメリカサイズで量は多いけれど、ココもお味はグッドでしたダブルハート


belize

belize



旅もこれでもうそろそろお終い・・・

朝日が昇ってきました

belize


バイバイベリーズです

続きはこちら 15. カリブ海の青い海にバイバイ ~アトランタ経由で帰国

2014年2月:ベリーズの宝石ブルーホールとグアテマラ・エルサルバドル・ホンジュラスの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 12:12:40 PM
コメント(2) | コメントを書く

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

Recent Posts

Category

◆食べ歩き徒然◆

(14)

銀座・有楽町・日比谷・新橋

(246)

新富町・東銀座・築地・八丁堀

(101)

丸の内・八重洲・京橋・日本橋

(135)

人形町・馬喰町・水天宮・浜町

(24)

御茶ノ水・秋葉原・神田・新日本橋

(24)

上野・御徒町・湯島・稲荷町

(188)

谷中・日暮里・鶯谷

(7)

浅草・田原町・蔵前・浅草橋

(186)

北千住

(4)

本所吾妻橋・押上・青砥

(7)

両国・錦糸町

(4)

神楽坂・飯田橋・曙橋・四谷

(16)

新宿・代々木・練馬

(119)

六本木・麻布・乃木坂

(27)

赤坂見附・半蔵門・溜池・虎の門

(16)

渋谷・青山・表参道・恵比寿

(60)

品川・五反田・高輪

(17)

京王線沿線・成城学園前

(229)

◆旅たび徒然◆↓旅行記はFreePageへ↓

(40)

カナダ

(23)

アメリカ・ハワイ

(58)

メキシコ・ベリーズ・グァテマラ・ホンジュラス・エルサルバドル・コスタリカ・パナマ

(31)

キューバ・バハマ・カリブ海に浮かぶ島国

(26)

エクアドル・ペルー・コロンビア

(26)

ボリビア

(19)

ブラジル

(14)

アルゼンチン・チリ

(19)

タヒチ・パラオ・バヌアツ・パプアニューギニア・ニューカレドニア

(31)

ニュージーランド

(28)

ロシア

(21)

モルドバ・ウクライナ・ベラルーシ

(16)

リトアニア・ラトビア・エストニア

(14)

フィンランド

(15)

ポーランド

(16)

ドイツ

(24)

オーストリア・チェコ・スロバキア・ハンガリー

(20)

ベルギー・オランダ・ルクセンブルグ

(22)

フランス

(43)

スイス・リヒテンシュタイン

(35)

イタリア・バチカン・サンマリノ

(81)

マルタ

(11)

スペイン

(40)

ポルトガル

(20)

ブルガリア・ルーマニア

(23)

クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ・モンテネグロ

(17)

アルバニア・マケドニア・セルビア・コソボ

(29)

ギリシャ

(16)

トルコ

(6)

イスラエル・ヨルダン

(14)

UAE・カタール・オマーン

(13)

チュニジア・モロッコ

(19)

エジプト

(11)

モンゴル

(6)

エチオピア

(14)

ケニア・タンザニア

(22)

マダガスカル・モーリシャス・セイシェル

(30)

南アフリカ・ジンバブエ・ボツワナ

(25)

ウズベキスタン

(8)

インド・ネパール

(20)

スリランカ・モルディブ

(18)

マレーシア・インドネシア・ブルネイ

(30)

ミャンマー

(17)

カンボジア・ラオス

(22)

フィリピン・台湾

(21)

北海道

(20)

青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島

(49)

新潟・富山・石川・福井

(12)

栃木・群馬・埼玉・茨城・千葉・山梨・神奈川

(45)

東京

(68)

長野・岐阜・静岡・愛知

(14)

滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・三重・和歌山

(28)

鳥取・島根・岡山・広島・山口

(4)

徳島・香川・高知・愛媛

(9)

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

(19)

沖縄

(11)

◆その他徒然◆

(137)

ジェルネイル

(121)

読書

(21)

お取り寄せ・レビュー

(65)

バセドー病・外傷性てんかん

(25)

◆はじめに & 乳がんのこと◆

(1)

1:告知前&告知…そして現在

(20)

2:術前化学療法

(60)

3:全摘手術 ~ホルモン療法

(38)

4:乳房再建

(71)

乳がん番外編:坊主ネタ

(37)

乳がん番外編:医療費と保険 &オフ会

(24)

Free Space

◇◆海外旅行記◆◇
他に下記Freepage Listにもあります

オーストリア~スロバキア
~チェコ~ドイツの旅



ニュージーランド
北島~南島縦断の旅



エクアドル、生物の楽園
ガラパゴス諸島の旅



「インド洋の真珠」
セイシェルの旅



アジアのゴージャスな王国
ブルネイの旅



マグレブのチュニジア
地中海からサハラ砂漠への旅



リトアニア~ラトビア
エストニアの旅



モルドバ~ウクライナ
ベラルーシの旅



ボスニアヘルツェゴビナ、クロアチア
モンテネグロ、スロベニアの旅



パプアニューギニア 陸の孤島
タワリリゾートの旅



ポーランド ワルシャワ~ポズナン
~クラクフの世界遺産の旅



キューバ 首都ハバナとビーチ
リゾート、バラデロの旅



ラオス 首都ヴィエンチャンと
世界遺産ルアンパバーンの旅



インド洋に浮かぶ「島々の
花輪」モルディブの旅



スリランカの世界遺産と
美しい自然の旅



カリブ海クルーズと
フロリダ、キーウェストの旅



地中海に浮かぶ
蜂蜜色の国マルタの旅



南太平洋の微笑みの国バヌアツと
ニューカレドニアの旅



ポルトガル、リスボン~
ポルト&パリ立ち寄りの旅



ウズベキスタン
蒼穹の世界遺産の古都の旅



ネパール
ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅

Nagarkot

古代文明が色濃く残る
エジプト世界遺産の旅

Egypt

モーリシャス、インド洋に浮かぶ
パラダイスの旅

Mauritius
カンボジア、アンコール遺跡と
首都プノンペンの旅

Canbodia

イスラエル~ヨルダン
イエスの足跡をたどる旅

Israel

モンゴル、ウランバートル~大草原
ブルドと世界遺産カラコルムの旅

Mongolia

マレーシア、ペナン島~マラッカの
世界遺産とクアランプールの旅

Kuala Lumpur

イタリア、ベネチア~トスカーナ
~チンクエ・テッレのドライブ旅

Burano

フィリピン、マニラで
過ごす週末の旅

manila

地中海~カナリア諸島
マディラ諸島クルーズの旅

Madeira

アラビアンナイト:カタール
UAE&オマーンクルーズの旅

Abu Dhabi

パラオ
ヨットクルーズの旅

Palau

インドの世界遺産の旅
India

アルバニア・マケドニア
コソボ・セルビアの旅

Macedonia

神秘の国エチオピアの旅
Ethiopia

フランス&スイス・アルプスに
滞在する旅

Matterhorn

ブルガリア&
ルーマニアの旅

Romania

ドイツ・ハイデルベルグと
フランス・アルザス地方の旅

Heidelberg

オランダ・ベルギー
ルクセンブルクとパリの旅

Amsterdam

タヒチ:夢の楽園ボラボラ島の旅
Tahiti

コロンビア~パナマ運河
コスタリカ&メキシコクルーズの旅

panama canal

インドネシア:ジャワ&バリ島の旅
indonesia

フィンランド:オーロラの旅
Finland

東カリブ海クルーズの旅
StMaaten

台湾:台北、高雄、九分十分の旅
Taiwan

カナダ:メープル街道&
USA:サンフランシスコの旅

canada

タンザニア~ケニア:サファリの旅
Kenya

マダガスカル:不思議の島の旅
Madagascar

イタリア:フィレンツェ~ナポリの旅
capri

ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都の旅
myanmar

グアテマラ~エルサルバドル~
ホンジュラス~ベリーズの旅

belize

ハワイ:マウイ島の旅
maui

ジンバブエ~ボツワナ~
ブルートレインで行く南アフリカの旅

victoria falls

ボリビア:ウユニ塩湖&
ブラジル:レンソイス砂漠の旅

UYUNI

ギリシャ:アテネ メテオラ&
エーゲ海の島の旅

Santorini

アルゼンチン:パタゴニア氷河&
チリ:イースター島の旅

patagonia

ハワイ:マウイ島の旅
Hawaii 2012

スペイン:マドリッド&
バルセロナの旅

Segovia

ロシア:サンクトペテルブルグ
スズダリ&モスクワの旅

Sergiyev Posad

フランス:ニース&マルセイユ~
イタリア:ミラノ~マラネロの旅

Marseille

ブラジル:イグアスの滝~
ペルー:マチュピチュ&ナスカの旅

マチュピチュ

ハワイ:マウイ島の旅
honua kai

フランス:パリ~ロワールの旅
凱旋門

トルコ:アンカラ~サフランボル
カッパドキア~イスタンブールの旅

トルコイスタンブールブルーモスク1


↓メッセージはこちらから↓
メッセージはこちらから


↓ブログランキングに参加しています
ポチッと応援クリックしていただければうれしいです↓


にほんブログ村


人気ブログランキングへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

Freepage List

◇◆ 海外旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10★チェコ・ハンガリー 〜 ドイツ


'10★ハワイ:ハワイ島~マウイ島


'11★イタリア:ローマ〜ベネチア・ミラノ


'11★トルコ:カッパドキア・イスタンブル


'11★フランス:パリ~ロアール古城めぐり


'11★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'12★南米:マチュピチュ~イグアスの滝


'12★南フランス~モナコ~北イタリア


'12★ロシア:Stペテルブルグ~モスクワ


'12★スペイン:マドリッド~バルセロナ


'12★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'13★南米:パタゴニア氷河~イースター島


'13★ギリシャ:アテネ~エーゲ海の島々


'13★南米:ウユニ塩湖~レンソイス砂漠


'13★ジンバブエ・ボツワナ・南アフリカ


'13★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'14★中米4か国:グアテマラ~ベリーズ


'14★ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都


'14★イタリア:フィレンツェ~ナポリ


'14★アフリカ:不思議の島マダガスカル


'14★アフリカ:タンザニア~ケニア


'14★カナダ:メープル街道 & USA:ナパ


'14★台湾:台北と高雄、レトロ九分十分


'14★東カリブ海クルーズ:ヴァージン諸島


'15★フィンランド:オーロラハンティング


'15★インドネシア:ジャワ島&バリ島


'15★パナマ運河クルーズ:コロンビア~


'15★タヒチ:夢の楽園ボラボラ島


'15★オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ


'15★ドイツとフランス・アルザス地方


'15★ブルガリア&ルーマニア


'15★フランス&スイス・アルプス長期滞在


'15★アフリカ:神秘の国エチオピア


'15★バルカン半島:アルバニア・旧ユーゴ


'15★インド:世界遺産12か所めぐり


'15★パラオ・ヨットクルーズ


'16★カタール・UAE・オマーンクルーズ


'16★地中海~カナリア・マディラ島クルーズ


'16★フィリピン、マニラで過ごす週末


'16★イタリア、ベネチア~トスカーナ


’16★マレーシア、ペナン島~マラッカ


'16★モンゴル、ウランバートル~カラコルム


'16★イスラエル&ヨルダン、イエスの足跡


'16★カンボジア、アンコール遺跡とプノンペン


'16★モーリシャス、インド洋のパラダイス


'17★エジプト、古代文明の世界遺産


'17★ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産


'17★ウズベキスタン、蒼穹の世界遺産の古都


'17★ポルトガル、リスボン~ポルト~パリ


'17★ニューカレドニア & バヌアツ


'17★地中海に浮かぶ蜂蜜色の国マルタ


'17★西カリブ海クルーズとキーウェスト


'17★スリランカの世界遺産と美しい自然


'17★インド洋の「島々の花輪」モルディブ


'18★ラオス ルアンパバーンとヴィエンチャン


'18★キューバ、首都ハバナとバラデロ


'18★ポーランド ワルシャワ~クラクフ


'18★パプアニューギニア 陸の孤島の楽園


'18★ボスニア~クロアチア~スロベニア


'18★モルドバ~ウクライナ~ベラルーシ


'18★リトアニア~ラトビア~エストニア


’18★チュニジア 地中海からサハラ砂漠へ


'18★ゴージャスなアジアの王国ブルネイ


'18★「インド洋の真珠」セイシェル


’19★エクアドル ガラパゴスと首都キト


’19★ニュージーランド 北島から南島縦断


’19★オーストリア~スロバキア~チェコ~ドイツ


◇◆ 国内旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10☆北海道(夏) 十勝~知床~紋別


'11☆岩手・秋田・山形・新潟・石川・富山


'12☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'12☆東北~北陸 山形~青森~秋田~新潟


'13☆高知~山口~長崎~鹿児島~熊本~大分


'13☆神戸・大阪


'13☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'14☆北海道(冬) 登別~函館


'14☆東北4大祭り 青森~秋田~山形~宮城


'14☆金沢と白川郷・五箇山


'15☆神戸異人館と伊勢神宮


'15☆愛媛、松山と今治


'15☆熊本城、黒川温泉と大分、由布院温泉


'16☆宮城・山形蔵王の樹氷


'16☆岐阜、白川郷と飛騨高山・郡上八幡


'16☆信州長野、桜を追いかけ高遠へ


'16☆滋賀、彦根城、信楽、比叡山と古都京都


'16☆京都、兵庫、鳥取、島根と姫路城


'17☆愛知の3城、岡崎城~名古屋城~犬山城


'17☆みちのく3大桜 弘前~北上~角館


'17☆古都奈良と京都宇治、平等院


’18☆秋田犬に会いたい!秋田から青森へ五能線


'19☆鹿児島、奄美大島


’19☆沖縄、石垣島・西表島・由布島・竹富島


◇◆ プチ旅~お散歩・日帰り・1泊温泉 ◆◇


東京いろいろ神社仏閣・美術館etc. 街散歩


泊まらなくてもちょっと遠出 日帰り旅行


東京近郊1泊で …できれば温泉(希望)旅行


Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


nana's7

Comments

nana's7@ >yume さんへ New! 写真っておもしろいよね~( ´艸`)←そこか…
nana's7@ >maki5417さんへ コクがあっておいしいですよね。
nana's7@ >maki5417さんへ 新宮殿、サンスーシ宮殿、ツェツィーリエ…
nana's7@ >maki5417さんへ 緑も多く、花もいっぱいで本当にきれいな…

Archives

Calendar

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Headline News

Shopping List

バリリゾートで人気のおしゃれなアジアンランプ インテリアライトループルーツS 60cm 6畳 8畳 ラタン 床置き 1灯 ダークブラウン アジアン照明 間接照明 フロアライト スタンド 照明 フロアスタンドライト アジアン ランプ おしゃれ インテリア 癒し 和モダン リゾート バリ島 北欧 和風 和室 LED 寝室 新築祝い 引っ越し祝い
ナチュラル感あふれるデザインが可愛さをプラス!!ハンドメイドのバングル ブレスレット レディース エスニック アジアン ターコイズ 2連メール便対応/ブレスレット ブレスレット アクセサリー ターコイズ 石 ホワイト ゴールド 金 2連 オーバル ビーズ レディース エスニック 海 リゾート アジアン/BTAI-165/ ポイント消化 (I1-1)
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】あやかし恋古書店~僕はきみに何度でもめぐり逢う~【電子書籍】[ 蒼井紬希 ]
マラソンで使える最大777円クーポン 1本あたり499円(税別)送料無料!各国の白ワインをセットで超オトクに飲み比べ♪【マラソン中 最大777円クーポン】送料無料 白だけ特選ワイン12本+1本セット(合計13本) 81弾 白ワインセット 長S
送料無料 グルメ大賞コーヒージャンル受賞 レビューで大絶賛の初めての方や常連さんに大人気 人気の2種類のレギュラーコーヒーが合計200杯 お得なセット 珈琲福袋 2kg全品ポイント10倍! 最大2,500円クーポン 【澤井珈琲】ポイント10倍 送料無料!コーヒー専門店の200杯分入り超大入コーヒー福袋(ビクトリーブレンド/ブレンドフォルテシモ/コーヒー豆/珈琲豆) 楽天お買い物マラソン

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.