3720962 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スコシフシギな世界-藤子・F・不二雄ブログ

PR

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

アバター

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まつもとネオ@ ジョージ織原 さんへ コメントありがとうございます。 そして、…
ジョージ織原@ Re:もしも他人の心を読めてしまったら… SF短編「耳太郎」(09/18) 耳太郎は、印象に深く残っている藤子作品…
まつもとネオ@ 空塚絶人さんへ 空塚さんは、東京メトロのメルマガまでも …
空塚絶人@ 秋はAの季節・・・autumn 東京メトロのメルマガは、映画のチケット…
まつもとネオ@ happy-gai さんへ Fの月、よかったですか。 ありがとうござ…

バックナンバー

2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月

購入履歴

2011年11月01日
XML
10月31日、世界の人口が
ついに70億人を超えました。
その日に生まれた赤ちゃん全員に
「70億人目の赤ちゃんの1人」として認定し
祝福を送るというニュースがありました。
少子化の日本では、微笑ましいニュースではありますが
世界的には、喜ばしいことばかりではありません。

アフリカでは、500万人の子供たちが5歳未満で亡くなっています。
幼稚園に通える年齢にも満たず、人生を終えてしまうのです。
他にも、学校にも通えず虐待を受け働かせられる子供や
自国の無政府状態のため、貧困や病気で苦しむ人々が
70億の大半に含まれていることを見過ごしてはいけません。

さて、人口増加について少し考えて見ましょう。
『季報 エネルギー総合工学』というサイトで
分かりやすいグラフを見つけました。





1600年代から1800年代は、なだらかに上昇しています。
ところが、1900年代に入ると、異常ともいえるスピードで
人口が爆発的に増加しています。
人類の生態系に悪影響は起きてないでしょうか?

世界人口増加に潜む問題に目を向けた
藤子・F・不二雄先生のスコシフシギな
SF短編『間引き』を読んでみましょう。


 < 『間引き』 ストーリー >

主人公の年配の男性は、妻と二人暮しであった。
そして、いつものように仕事へ出かける。


■ 満員電車で通勤する男性
SF短編 間引き 電車 通勤ラッシュ.jpg


■ 人がどんどん増えているように感じる
SF短編 間引き 人口が増えた 駅階段.jpg


■ 臭いのチェックは日課だった
SF短編 間引き コインロッカー においをかぐ.jpg


■ 男性の仕事はコインロッカーの管理人だった
SF短編 間引き コインロッカーの管理人.jpg


■ 辺りをキョロキョロとうろつく人物がやってくる
SF短編 間引き コインロッカー キョロキョロ うろつく.jpg


■ 新聞記者であった
SF短編 間引き 新聞記者 取材.jpg


■ 特ダネ写真を狙っている
SF短編 間引き コインロッカー 流行の事件 現場写真.jpg

コインロッカーに赤ちゃんが捨てられる事件が多発していた。
しかし男性は、写真を撮るのは簡単ではないという。


■ 赤ん坊が捨てられる事件は日常茶飯事だった
SF短編 間引き コインロッカー 赤ん坊を捨てる.jpg


■ 赤ん坊を捨てる事件は 救いの手になっている!?
SF短編 間引き 救いの手 新しい面.jpg

記者は、不思議な発言をする。


■ 問題は氷山の一角でしかない
SF短編 間引き 氷山の一角 巨大な存在.jpg

人間は、もしかしたら見えないものによって
操られているのかもしれないと、記者は推測する。


■ これらの事件の根源は 人口爆発だと記者は指摘する
SF短編 間引き 人口爆発 45億.jpg


■ 人口増加に伴い 食糧が足らなくなる問題も・・・
SF短編 間引き 人口増加率 食糧の増産.jpg

本作品では、日本でも食糧不足が起こり
多くの人々が食に困っているという設定になってます。


■ 記者は 人口増加について語る
SF短編 間引き 個体数上限 平均増殖率.jpg

動物などは、人間が手出しをしない限り
極端な増減は起こらず、個体数のバランスが保たれている。


■ しかし人間の数は 調節されていないのでは・・・
SF短編 間引き 生物界の異端児 調節機構.jpg

人間だけが、生き物の中で均衡を破り
どんどん増殖している状態にある。


■ 今まで 病気 飢え 戦争などが人工調節を取ってきた
SF短編 間引き 疫病 飢饉 戦争 新薬 農業 増殖率.jpg

命を奪うウイルスや、大飢饉、そして戦争などが
人口の増加を抑えてきた。


■ 男性は 笑って反対する
SF短編 間引き 人口抑制 コインロッカー.jpg


■ まだ見えない問題が潜んでいる・・・
SF短編 間引き コインロッカー 赤ん坊殺し 氷山の一角.jpg


■ この世から愛が失われている・・・
SF短編 間引き 異性愛 肉親愛 隣人愛 友情.jpg

男性は、何もいい返せなくなる。
そして夜になり、記者は去っていった。


■ 男性の妻が差し入れを持ってきてくれた
SF短編 間引き 夜食 奥さん.jpg


■ 男性は嬉しそうにおにぎりを食べ始めた
SF短編 間引き おにぎり サイレン.jpg


■ ついに世界人口が45億人に!!
SF短編 間引き 総人口 45億 サイレン.jpg


45億人到達を知らせるサイレンが、日本中、そして世界中に響き渡る。
そして、1つの事件が起きます。
思いもよらない恐ろしい犯罪が・・・
しかし、それは世界的に見れば小さな事件なのかもしれません。
地球規模で見れば、なんでもないことなのかもしれません・・・


作品の中で、記者が「40年代後半から・・・」という言葉は
「昭和40年代」を指しています。私はまだ生まれていませんが
コインロッカーに赤ちゃんを捨てるという事件が、当時
社会問題になっていたと聞きます。
F先生はいち早く、このネタを作品の題材にしました。

『コインロッカー・ベイビーズ』という
当時ベストセラーになった本などもあります。
こちらの小説は、1984年出版ですが
F先生の『間引き』の発表は、1974(昭和49)年です。
そして、作中では、時代が「昭和55年」となってますが
少し先の未来、という設定で描かれたのだと思います。

作品では、赤子の置き去りはいけないだとか
そんなことをする両親は悪人であるとか
ありきたりな批判や評論は出てきません。
F先生は、社会問題から人類の問題へ
さらには人口問題から地球規模の目線へと結びついていきます。

短編が描かれた時代、コインロッカー事件に人々が騒いでいる頃
F先生だけは、社会問題を超越した、大いなる想像を
めぐらしていたのですね~ 『間引き』も感嘆してしまいますが
F先生の想像の飛躍にも感嘆してしまいます。

30年後には、世界人口は100億を超える計算になります。
そのとき私たちは、一体どこへ向かうのでしょうか・・・


■ SF短編『間引き』収録


藤子・F・不二雄「異色短編集」1巻ミノタウロスの皿






最終更新日  2011年11月01日 22時41分08秒
コメント(18) | コメントを書く
[『藤子・F・不二雄 先生』 SF短篇 Perfect] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.