4371171 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

光圀の西山荘

光圀の西山荘

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

光右衛門0106

光右衛門0106

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

真心タロウ@ Re:23/320 らーめん 藪づか:味玉チャーシュー担担麺(12/23) こちらのお店、店主さんが同郷(群馬県太田…
真心タロウ@ Re:23/160 東池袋大勝軒:特製もりそば(小) 、味つけ半熟玉子(06/19) 前期だけとのこと承知しました。もし来年…
真心タロウ@ Re:23/160 東池袋大勝軒:特製もりそば(小) 、味つけ半熟玉子(06/19) 根城である池袋によく来られているのです…

Recent Posts

Archives

Category

カテゴリ未分類

(69)

ラーメンの食べ歩き:高田馬場、早稲田

(383)

ラーメンの食べ歩き:足立区

(72)

ラーメンの食べ歩き:荒川区

(27)

ラーメンの食べ歩き:板橋区

(24)

ラーメンの食べ歩き:江戸川区

(11)

ラーメンの食べ歩き:大田区

(126)

ラーメンの食べ歩き:葛飾区

(295)

ラーメンの食べ歩き:北区

(36)

ラーメンの食べ歩き:江東区

(34)

ラーメンの食べ歩き:渋谷区

(82)

ラーメンの食べ歩き:品川区

(23)

ラーメンの食べ歩き:新宿区

(186)

ラーメンの食べ歩き:杉並区

(48)

ラーメンの食べ歩き:墨田区

(23)

ラーメンの食べ歩き:世田谷区

(20)

ラーメンの食べ歩き:台東区

(125)

ラーメンの食べ歩き:中央区

(109)

ラーメンの食べ歩き:千代田区

(606)

ラーメンの食べ歩き:豊島区

(152)

ラーメンの食べ歩き:中野区

(28)

ラーメンの食べ歩き:練馬区

(9)

ラーメンの食べ歩き:文京区

(980)

ラーメンの食べ歩き:港区

(106)

ラーメンの食べ歩き:目黒区

(19)

ラーメンの食べ歩き:東京23区外

(12)

ラーメンの食べ歩き:千葉県

(888)

ラーメンの食べ歩き:埼玉県

(17)

ラーメンの食べ歩き:神奈川県

(10)

ラーメンの食べ歩き:関東

(6)

ラーメンの食べ歩き:中部、関西

(57)

ラーメンの食べ歩き:中国、四国、九州

(15)

ラーメンの食べ歩き:北海道、東北

(1)

ラーメンの食べ歩き:催事、イベント

(68)

ラーメンの食べ歩き:一条流がんこ

(363)

ラーメンの食べ歩き:自家製中華そば 勢得

(5)

ラーメンの食べ歩き:支那そば きび

(44)

ラーメンの食べ歩き:天神下大喜

(157)

ラーメンの食べ歩き:兎に角

(133)

ラーメンの食べ歩き:バッソ ドリルマン

(20)

ラーメンの食べ歩き:丸長大勝軒系

(72)

ラーメンの食べ歩き:ラーメン二郎

(30)

ラーメンの食べ歩き:横浜家系

(235)

光圀の食べ歩き:そのほか

(67)

光圀の食べ歩き:台湾

(213)

光圀の諸国への旅

(96)

光圀のスポーツ観戦の旅

(82)

光圀の勉強生活

(170)
2023.11.13
XML
 月曜日なら飯田橋界隈の職場へ出勤するが、少し事情があって、今日に限って飯田橋駅周辺を避けたい。ちょうど気になる情報を手に入れたので、出勤の前に小伝馬町界隈へ寄り道。



 少し歩いたら、「​REGISTA 日本橋店​」を見つけ。本店の「SPORTS DINING REGISTA」は三郷にあり、昼はつけ麺、夜はスポーツバーって形で営業しているという。あのつじ田出身の店主によるつけ麺ならレベルが高いと考えられるが、本店は禁煙ではないということもあり本店へ訪問しようと考えていない。しかし、ここは禁煙。ということで今日に訪問を実行。開店直後だがすでに先客がいた。特製濃厚つけ麺の食券を購入してから着席。



 しばらく待ったらご対麺。



 濃度と粘度がかなり高い豚骨魚介系のつけ汁だ。展開前のつじ田に行ったことがあれば、修行先の今の味ではなく、展開前の味だと飲んだ時にすぐわかるのだ。ネギだけではなく、刻み切とコロチャーシューとメンマも入っている。



 三河屋製麺によるストレート中太麺はもっちりして、つけ汁との絡めがよい。途中に修行先と同じ、黒七味を麺に振りかけ、つけ汁を食うのだ。ただし、次は修行先のような酢橘ではなく、レモン酢を麺にかけて、つけ汁を食うのだ。バラチャーとロースチャーはいずれも大判で歯ごたえがよく、つけ汁とも合う。



 最後はスープ割。魚介清湯による割りスープが魚介味をさらに強めてくれたのだ。

 おいしかったね。流行ってきた魚粉で濃厚に仕立てた豚骨魚介系のつけ麺とは言え、その草分けとも言える昔のつじ田の味が食えるとは思わなかった。醤油味、塩味はつけ麺と異なる味なので、やはり再訪しなくてはならないね。ご馳走様。









お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.11.21 00:05:06
コメント(0) | コメントを書く
[ラーメンの食べ歩き:中央区] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.