000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

全て | カテゴリ未分類 | 馬籠より | 中津川より | 恵那より | 木曽より | 美濃の旅 | 飛騨の旅 | 名古屋より | 愛知、三重の旅 | 滋賀、奈良の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 神奈川の旅 | 東京の旅 | 温泉 | 韓国旅行 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | 旅のいろいろ | 歴史、伝統 | 行事、地域 | 四季の移ろい | 夕焼け | 花、植物 | 自然 | ペット、動物 | グルメ | 喫茶 | 菓子 | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び | 中日ドラゴンズ | スポーツ | 芸術、文化 | テレビ、映画、音楽 | ニュース、時事 | ヒューマン | 懸賞 | ブログ、リンクス、ネット | パソコン、電化品、車 | 買い物、主婦業 | 子ども | 家族 | 日々の暮らし

東京の旅

2018年10月17日
XML
カテゴリ:東京の旅


​さてさて先週末は、前回のブログでも紹介した
NHKの音楽番組の公開録画の観覧ペア招待と
上野のフェルメール展を目当てに、姉と二人
1泊2日の東京旅行のご報告です




もう何度も出かけた東京ですから、お上りさんが
出かけるような観光スポットもあらかた出かけて
いるので、ここはやっぱりアートな秋という事で
この時期に開催されている美術展に出かけようと
考えまして、やってきたのは東京ミッドタウン




防衛庁本庁檜町庁舎跡地の再開発事業として、平成
19年に開業した複合施設で、中核のミッドタウン・
タワーは地下5階、地上54階、高さ248.1メートルと
東京都庁舎第一庁舎に代わり、東京都内で最高層の
ビルである。もともとは萩藩毛利家屋敷であった




ここにサントリー美術館があり、京都の醍醐寺展が
開催をされており、かなり大きな仏像なども展示を
されている。醍醐寺は何度も出かけており、昨秋も
見に出かけて宝物館も拝見したばかりだが、なにせ
大きな歴史のあるお寺だけに、国宝、重要文化財を
含む宝物も山ほど




今までに見る事がなかった宝物などの展示も
あると思われるので出かけてみる事にした

京都・醍醐寺展 真言密教の宇宙 公式サイト




今夜はNHKホールに出かけるし、渋谷の
ホテルも、午後3時にはチェックインが
出来るので早めに渋谷駅へ。ここって
いっつも工事をしているような・・・




このNHKの観覧募集を応募をした時に、渋谷駅
近くのホテルを押さえており、徒歩10分程で
NHKホールに行く事ができる。もし落選しても
その時点ならキャンセル料が必要ないし、当選
した人がスグに予約もするだろう




なんだか、女子力の高いホテルのようだ。
ここで夕刻までテレビを見ながらノンビリ
してから、NHKホールに向かう事にした
前のフォークの時には、並んだ順に前から
つめていったが、今回は抽せんみたいで
早く並んでも3階席になる事もあるみたい




1夜に比べ、2夜の出演者は誰でも知って
いる人も幾人もいたので、若い人が多いとは
いえ、年齢の高い人もおり並んでいても
浮く心配は全くなかったし、私の前の方の
人は最後の関ジャニ以外は立つ人がおらず
ゆっくり座って見る事が出来て良かった




今回の音楽番組はNHKワールドジャパンから
世界に発信されるので、1階の前の方は外国
からのお客様が占めており、一般の来場者は
1階後方と、2階、3階で、うちは2階正面
中央あたりからの観覧となった




ステージの上部に大型スクリーンも設置を
されているので、各々の表情もそれで見る
事も出来るが、大人数だったりステージを
いっぱいに、ダンスをする事が殆どなので
2階席で、かえって良かったかも。番組は
ネットで近々配信をされるが、テレビでは
来年お正月に放送するそうだ




ロビーで大きな中華まんを購入し、夕飯
代わりにする事も出来た。出演者だけども
石川さゆり、内田真礼、ゴールデンボンバー
関ジャニ∞、DA PUMP、乃木坂46、三浦大知
といった面々で、各々が3曲位は歌ってた
生USAが見れて大満足だ




歌やダンスもいいが、合間のトークもまた
楽しみだ。今回は
DA PUMPと三浦大知の
師弟関係などもよく判った。ゴールデン
ボンバーは予想通りにお笑いコント付き
石川さゆりは艶っぽいどどいつも




やはり中華まんだけではお腹も空くので
帰り道にガストでハンバーグ。ご飯とか
重いので、ホウレンソウを姉と二人で




西側から渋谷駅方面。明日は早いので
朝食時間も勿体ないので、コンビニで
おにぎりを購入してホテルで食べる事に
した(素泊まり) 朝までよく眠れて




BS放送で7時半からのNHKの朝ドラ
「まんぷく」を見てから、チェック
アウト。フェルメール展の開催地で
ある上野の森美術館へGO。日時限定
チケットは、朝9時半から10時半
まで




9時前には到着すると、入館の行列はまだ
30名程だったかな。時間になっても全員
ずらずら入れるのではなく、たぶん50名
程度ずつ時間をあけて入る事が出来るので
私は一番最初に入れたが、開館時間近くは
すごく長い行列となり、これから並ぶ人が
「そんなにかかるの!?」と係員に言ってた




9時30分に入館開始。誰もが足早に一番
最後のフェルメールが8点(入れ替えあり)
並ぶ、展示室に向かった。最初の50人程
しか入館をしてないので、人気のある絵
でも数人程で囲み、人気のないものなどは
たった一人で鑑賞。徐々に人も増えてきたが
どの作品も一番前でじっくり見る事が出来た




なにせフェルメールは庶民の注文絵画など
小さな絵も多いので、一番前で目を凝らす
必要があるのだ。フェルメールを堪能して
他の絵を見ようと最初の方に戻ると、満員
電車のような混みようで、最後にもう一度
フェルメールを見ようと思ったが何重もの
人だかりが出来ていて近寄るのも躊躇した




ほんと朝一番の日時チケットで、開館の
40分位前から並んだだけの価値は十分
あった。外に出ると11時からの入館の
行列も出来ており、その横をJR上野駅へ
さすがにオニギリ1個じゃお腹も空くし
構内のお寿司屋さんへGO




数量限定のまぐろ丼(味噌汁付)は880円
姉はお寿司のランチで、二人で2千円以下の
お会計なのだけど




席に置いてあったチラシを見たら、上野の
様々な入館券の半券を持っていくと、店に
よって様々なサービスがあり、ここは炙り
トロを貰えるというのを知って、行った
ばかりのフェルメール展の半券を姉と見せた
口の中に入れるとほろ~と溶けるようだった




お腹もいっぱいになったので、娘に注文
されていたお土産も先程のフェルメールの
半券で10%引きで購入してから、上野
から向かったのは、JR四ツ谷駅。そこに
かかる四ッ谷見附橋は大正2(1913)年
9月架設した橋で




東宮御所(現迎賓館)の近くなので、橋の
装飾にフランス式手法を採用し、豪華な橋
でした。平成3(1991)年に、親柱や
欄干などを旧橋と同じデザインのまま架け
替えられた新しい橋です




といった訳でやってきたのは迎賓館。私は
前に娘と来た事がありすが、昨秋に姉にも
見せようと思ったのに臨時休館中で断念し
今年、リベンジです




なにせ大きなものが大好きな姉ですから
昨年は国会議事堂で、今年はここならば
堪能も出来るに違いないです。西洋諸国に
負けないようにと、明治時代に建てられた
東宮御所(現迎賓館)ですから




迎賓館については、前にここに載せた時の
日記をご覧くださいませ。あのときはよく
晴れているので写真も映えますね

巨大シャンデリアが輝く迎賓館赤坂離宮と、明治村での華麗なる宮廷家具




正面玄関の上部には、日本らしくお侍の鎧が
飾られていた。日の丸がたなびく




更に建物両翼の屋根には、天穹(てんきゅう)と
空想の動物である霊鳥の飾りもあった




建物の裏側の噴水もまた、建物と同様に
国宝に指定をされているそうだ




これはグリフィンといい、鷲(あるいは鷹)の
翼と上半身、ライオンの下半身をもつ伝説上の
生物で、日本では、「鷲獅子(じゅじし)」と
言うらしい




そうそう内部もしっかりと見学しましたが
前回同様に撮影禁止なので、写真は無くて
下記リンクからご覧ください

「迎賓館赤坂離宮」内閣府




前回は千円だった入館料が、ぬぁ~んと
1500円に値上げされたかわりに、豪華
パンフレット(内部写真付き)がおまけに
付いていた。来年春まで朝日の間は改修で
内部は見れないのも残念だ




来日した要人の記念植樹




遠くに見えるのはやはり国宝の衛舎




前庭にはキッチンカーがやってきていて
飲食も楽しめるのだが、数量限定で二人で
4200円もするアフタヌーンティーも
提供をされ、それを楽しんでいる人もいた




その日は隣接をする学習院初等科の運動会を
していて、玄関先には不審者を寄せ付けない
受付もあったが、出入りをする父兄の方が
皆様、上品なスーツをお召しになっていた
のは流石だなぁ~と




4200円もするアフタヌーンティーなどは
頼めないので、帰りには四ツ谷駅のカフェで
一服




そこからの景色には、やはり工事中の
ビル。今回思ったのはどこに行っても
新しいビルを建てていたような




東京駅に戻り、午後2時台の新幹線に乗り
家には午後6時台には帰宅でき、休む間も
なく家族の夕飯を作る主婦だった




生憎の天気で、富士山は雲の中




お土産は娘のリクエストで上野駅構内にある
ラ・ブランジュリ キィニョンでスコーンを
本店は国分寺にあるらしい




そしてゴージャスな赤坂離宮のパンフレット
というより写真集だな、これは




フェルメール展は早期特典で、おまけに
マグネットのブックマークを貰った




更に、気に入ったフェルメール作品の
マグネットを購入したが、よくよく
見れば右端のって今回無かったような
これって、来年の大阪展のみの公開と
なる「恋文」じゃあ。まぁ前に見た事
あるからいいけど・・・




昨年あたりから展覧会に出かけると、土産に
マグネットを購入するようにしているので
少しずつだが溜まってきた。見ての通りで
印象派とかよりも、写実的なクラッシックな
絵画が好きだ




      平成30年10月12&13日に東京で撮影

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村







最終更新日  2018年10月19日 10時52分56秒
コメント(53) | コメントを書く
2017年10月23日
カテゴリ:東京の旅


国の行く末を決める衆議院選挙の
あった次の朝なのに、各局のトップ
ニュースは列島各地で被害を出した
台風だった。うちの旦那も今日は
関東への出張が予定されていたので
交通の乱れを警戒




家族で選挙を終えた午後には出発し
前日夕刻に現地入りをしてた。案の定
今朝は在来線はどこも安全確認の為に
運転見合わせとなった。そんな台風の
目になるのではと言われたのが、小池
都知事の希望の党であるが、排除だ
踏み絵だと大失速




聞いた事はあっても意味はいまいち
わからなかったリベラル。残された
人らが作った立憲民主党が第二党に
なる勢いではあるが、今の安倍総理の
政権維持は確実のようだ。保守王国
岐阜県(5区)は野田聖子議員を含め
今回も相変わらずオール自民だった




そんなベテラン、中堅、新人の議員
先生を待ち構えている国会議事堂の
衆議院本会議場。姉と9月に出かけた
東京で、大きなものが大好きな姉の
観光先にと選んだが、私も初めてだし
予約も無く、無料で見学ができる




大理石のゴージャスな玄関や、廊下の
ポストとか、あちこちを見学ができたが
室内の撮影は、傍聴席からの本会議場
のみ。参議院と衆議院とどちらの見学か
迷ったが、やっぱ衆議院がいいなっと




現在の議事堂は昭和11(1936)年に
竣工。鉄骨鉄筋コンクリート造りの
建物は左右対称で、向かって左側が
衆議院で右側に参議院がある

ウィキペディアによると↓




>外装は3種類の花崗岩を使った石積みで
>内装には33種類の大理石、2種類の
>蛇紋岩をはじめ、沖縄県宮古島産珊瑚
>石灰岩、橄欖岩、黒髪石、尾立石、
>日華石などが使用されており、こうした
>石材は日本全国から取り寄せられた




>建築材料や設備の素材のうち、郵便ポスト、
>ドアノブの鍵(マスターキー)、ステンド
>グラスを除き、すべて純国産品を使用して
>造られた新議事堂の総工費は、完成当時の
>金額で2573万5977円にのぼり、工事
>従事者は延べ254万人に達した




これはニュースでもよく出てくる議員会館
なかなか立派だ。この後は姉の好きな大きく
立派な宮殿の迎賓館に行こうと思ったのに
残念ながら休みだったので行先を変更して
丸の内で展覧会を見る事にした




歩いて行けない事もないが、地下鉄を使って
最寄り駅で降りて、てくてくと向かうと脇に
クラシカルな建物があった。国の重要文化財に
指定をされている「明治生命館」で、古典主義
様式の最高峰として昭和9年に竣工をされた




設計は岡田信一郎と捷五郎の兄弟で、構造
設計は内藤多仲。太平洋戦争直後には連合国
軍最高司令官総司令部(GHQ)に接収をされて
アメリカ極東空軍司令部として使用をされた
そうである




平成9年に昭和の建造物としては初めて
国の重要文化財の指定を受け、平成13年
からは改修工事が行われて、全面保存が
実現した




こうして到着したのは東京駅にもほど
近い丸の内ブリックスクエア。ここの
雰囲気っていい感じなので、東京駅の
付近に来た時にはよく立ち寄っていた
けど、特に何を食べるとか買うとかも
なく、ただ、のんびり座っていたり




新しく建てられた平成の高層ビルに
囲まれた一角にあるのが三菱一号館
美術館で、ここが次の観光目的地だ
実は、ここでの美術鑑賞はした事が
なかったのだが、ミケランジェロと
レオナルド・ダ・ビンチの作品が来て
いるというのでルネサンス好きと
しては素通りできない




三菱一号館は、三菱の建築顧問であった
コンドル(他に鹿鳴館も)によって設計を
されたイギリス・クィーンアン様式の
レンガの建造物で、明治27年に竣工
日本初のオフィスビルであった。この後
丸の内にはレンガの瀟洒な建物が増え
一丁倫敦とも呼ばれたそうだ




しかし関東大震災によってレンガの建物の
倒壊が相次ぎ、太平洋戦争の空襲や戦後の
高度成長による再開発で赤レンガの建物は
丸の内から姿を消していった。三菱一号館も
その時期に解体をされてしまったのだが
平成になって、資料などを基に当時の外装
構造、材質を再現した建物だ




一丁倫敦、どんなだったんだろう。浅草に
あったという浅草十二階(凌雲閣)とかも
今の高層ビルを見上げても得られない
ようなワクワク感とかあったんだろうな
まっ、これも時間の流れというもので
そんな意味からも天才発明家でもある
レオナルド・ダ・ビンチも魅力的だ




かつてカプリチョーザの懸賞でイタリアペア
旅行が当り、小学生の息子と出かけたミラノの
フリータイム。念願だった最後の晩餐も見て
近くのレオナルド・ダ・ビンチ記念国立科学
技術博物館で彼の発明品なども見てきたのを
覚えている




最も美しい素画とも言われるのが、向かって
左側のレオナルド・ダ・ビンチの少女の肖像/
〈岩窟の聖母〉の天使のための習作で、かたや
ミケランジェロの〈レダと白鳥〉のための頭部
習作の大きなパネルが並べられ、ここは撮影が
出来た




更にミケランジェロの十字架を持つ
キリスト像はオリジナルですが撮影が
出来まして、このように大きな彫刻が
展覧会に貸し出される事はまずない
そうですよ




制作中に左ほほに亀裂が出来てしまい
ミケランジェロは途中で放棄してしまった
そうで、17世紀に別の彫刻家が仕上げた
みたいです。ある意味、合作のような
形になった訳で、どこがミケランジェロ
なのかは不明




レトロな窓が彫刻にぴったりでした
この美術展、チラシを見た姉が近隣の
岐阜市にも来るに~と言ってましたが
私的には岐阜市より東京の方が便利
岐阜県の反対側の岐阜市には10年に
1度位しか行かないもん

レオナルド×ミケランジェロ展




お昼には娘が静岡にいる時に、時たま
食べた沼津魚がし寿司でお得なランチ
汁も付いていて千円位だったのかな?
姉が奢ってくれたので価格までは実は
あまり覚えもないし。あまり高くは
なかったんだけど




食後は東京駅。日本橋で金魚を見に
行こうと思ったけど、ちょうど東京駅で
私の好きなシャガールの展覧会を
してたので、移動もしなくていいし
これは便利だと美術展をハシゴする
事になった




こんなところに美術展の展示室がある
とは思わなかった。東京駅ステーション
ギャラリーでのシャガール三次元の世界展
では絵画の他に彫刻とか陶芸など展示品も
かなりあり見ごたえがあった




でも、これって次は名古屋に来るんだ(汗)
世の中では名古屋飛ばしとか言われても
いるが頑張ってるんだ名古屋、岐阜・・・

公式Hp「シャガール三次元の世界」展




さて今回の姉との上京の目的は、日曜日
深夜にNHKプレミアム(BS放送)で放映
されたザ・フォークソング青春のうたの
収録の観覧に当選した為で、収録が終わる
のが深夜になるので、渋谷のホテルに
泊まったのだが




その前日には、早朝に出発し上京し
千葉県に住む次兄宅に昼には着いて
1泊をさせて貰った。お昼ごはんには
趣味の多い次兄が名人になりたいとか
いって、自分でうったお蕎麦




遠方なので千葉の次兄宅には、数年に
1回位しか行かないが(前回は3年前)
行くたびに次兄の趣味が増えている。
一番最初はマラソンで、次にピアノ、
そして蕎麦打ち、英会話。今度はボイス
トレーニングが増えていた




なんでも若い時に天ぷら屋でもバイトを
してた事があるらしく、天ぷらも自信が
あるようだ。間もなく65歳になるんじゃ
ないかと思うが会社勤めも続けているし
朝から晩までよく動き回っているもんだ




夜には近くにあるお店に連れて行ってくれ
コース料理を食べさせてもらった。前にも
フランス料理店でランチ食べさせて貰ったし
あまり行かないのか、他に連れて行く所も
ないのか美味しいものを食べさせてくれる




ここの会員になっている兄嫁のお誕生日会
コースには特典の選べるドリンクもついて
いたので白ワインを頼んだ。次兄の息子の
嫁さんも白ワイン




次兄夫婦は他に身寄りのなくなった兄嫁の
高齢の母親と同居して入り、近所には長男
夫婦と孫二人も住んでいるので、今夜は長男
一家も夕食にやってきたのだが、そこの孫
二人が愛嬌がある。まだ会って間もないのに
3才の子は、抱っこして~と、久しぶりに
小さな子供を抱っこ




更にもう一人の親族にあったのだが、東京で
一人暮らしをしている80歳になる従妹の
おばあさん。私や姉は伯母のお葬式に会った
位で20年位はご無沙汰であったのが、私
たちが千葉に来るので、わざわざ次兄の家に
訪ねてきてくれたのだ




私は一番上と17歳位年が離れているし
私の父もその姉(従妹の母)と、かなり
年の離れた姉弟なので、従妹とは言えど
かなり年も離れてるが、とてもお元気で
楽しそうに昔話を姉としていた。そんな
次兄宅で1泊をさせて貰い次の日は渋谷




NHKのザ・フォークソング青春のうたの
収録が夜遅くまでになるので、徒歩圏内の
ホテルに宿泊して、収録前の早い時間に
バーミアンでお食事。ここは100円で
お酒が飲めるのがなかなか良い




今回もホテルは外国人が大多数であった
スマホの充電器を家から持ってきたが、
こんなんがホテルの部屋に置いてあった




ビジネスホテルなのにとろろまであって
なかなか充実した朝食ブッフェだった。
ワッフルがあるのは私は初めて




最近の多いパターンは、コーヒーなどを
紙コップで持ち出せるサービス。高そうな
ヨーグルトがあるのに気づいたので、結局
食堂のテーブルで飲んだけど




東京のお土産は原宿の東京三大「大福」の
瑞穂に立ち寄って豆大福。ホテルの近くの
原宿駅(地下鉄)のコインロッカーに荷物を
預けてから観光に出かけたので、最後に
それを取りに来たのだ




二つ買った豆大福は、新幹線の中でおやつに
ひとつずつ食べた。急きょ決まった東京旅行
とっても充実したものだった。だって前から
ずっと行きたかったあそこも、観光に行って
いるのだし。次回はその観光レポートです




        平成19年9月中旬に東京、千葉で撮影

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2017年10月24日 06時52分58秒
コメント(40) | コメントを書く
2017年03月02日
カテゴリ:東京の旅


さてさて何度か紹介をしてきた、1月下旬に娘と
出かけた2泊3日の東京旅行、いよいよ最終回と
なりました。迎賓館と上野での展覧会、椿山荘で
お泊りといったメインイベントも既に終了




最終日は予定もないんで、帰りの高速バスにも便利
なので新宿に近いエリアに出没でもしようとやって
きたのは久々の原宿駅。二代目となる現在の駅舎は
1924(大正13)年に竣工した木造建築で、都内で
現存する木造駅舎で最も古いものだ




ますやって来たのは、横綱になったばかりの稀勢の里が
奉納土俵入りをしたばかりの明治神宮だ。ここには加藤
清正の井戸というパワースポットも存在をするが、有料の
お庭の一番奥にあり遠いので今回もパス。1度だけ行った
事がある




明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする明治神宮は、お正月の
初詣では例年、日本一の参拝者数を誇るそうだ。かつては
肥後藩藩主加藤家の別邸があり、後に彦根藩藩主井伊家の
下屋敷となっていたものを、明治になって政府に買い上げ
られて南豊島御料地となっていた




なんだか、その日はおめでたい日であったらしくって
紋付き袴の花婿と、白無垢姿の花嫁が参拝者の注目を
集めていた




内苑と外苑に分かれており、内苑には日本各地や朝鮮半島
台湾からの献木、365種約12万本が植樹をされている

うつせみの代々木の里はしづかにて
       都のほかのここちこそすれ  明治天皇




神社に奉納された酒樽はよくあるが、ここではワイン樽も




てな事で次にやって来たのは、世界の原宿である。週末で
周辺地域からやって来た若い子たちもいるけど、海外からの
観光客の方が多かったような




おばさんは銀座程は興味を引くお店もないので
素通りで中も入らず、覗かず。竹下通りもほんの
数分程の滞在時間か?




そんな都会の喧騒から一歩、裏手に回るとそこに
あるのが東郷神社だ。明治期の日露戦争でロシアの
バルチック艦隊を破った英雄、東郷平八郎をご祭神と
しており、勝守は勝ち運がつくと人気のお守りだ




こんな硬派な神社なはずなのに原宿にあるキディランドの
ゆかりで、日本初のキティちゃんのお守りもこの神社から
だったそうだ。流石に流行最先端地にある神社だ




おめでたい日みたいで、こちらでも赤毛氈を境内に
敷いて、お祝いの準備にも余念がない




すぐ近くにはスシニンジャとコラボした公衆トイレ
などもあった。う~む、原宿は奥深い




表参道に出たら、そのような若者文化も一変して突然
おしゃれな大人の街になってしまうのも面白い。ここ
なんか海外の街角みたい。東京駅近隣の丸の内と並び
こじゃれた通りだと思う




1923(大正12)年に発生した関東大震災の復興支援の為
設立をされた財団法人同潤会が、昭和初期にかけて東京や
横浜などに建設をした当時としては先進的な設計や装備が
された鉄筋コンクリート造(RC造)の集合住宅を同潤会
アパートと呼ぶそうだ。ここでは一部を再現しての表参道
ヒルズとなった




渋谷川を暗渠化して整備がされた遊歩道のキャット
ストリートもぶらぶらお散歩




この界隈にあるお店とかもおしゃれだが、個別のお店は
余計に用もなければ入りづらい




とは言っても歩き疲れたので、カフェで一服
足を休ませようと思い・・・




やってきたのは、洋服や雑貨などを取り扱うブランド
「niko and... TOKYO」に入っている、系列カフェの
「niko and... COFFEE」




頼んだのは、詳しくは忘れましたが温かなのと冷たい
スムージーで、二つでも千円しなくって安いなぁ~と
感じました




トイレも少なくコンビニ出店でも話題にもなった、新宿
バスターミナルは、トイレはやっぱ並ばなきゃいけないので
近隣のデパートを使った方が良いかも。新宿高島屋入り口に
ベルサイユのばらのオスカルの衣装が展示してあった。帰途は
新宿から高速バスで4時間半、4000円程とお得な価格だ




さて今回のお土産は、旦那に頼まれたイギリス紅茶で
名古屋でも買えるとは思うけど、1707年創業、英国
王室御用達のフォートナム・メイソン。土岐のアウト
レッドでも買えるけど半額だったのでウェッジウッド




更に前回紹介をした銀座の中国工芸茶に、生活の
木のハーブティー。ノンカフェなので娘が喜ぶだろうと
思ったけど、ここのはブレンドしてあるんで甘酸っぱい
ローズヒップ?が配合されているのか、どうも口に
合わないみたいだ




土産じゃなけど旅行で役立ったのが、ユニクロのウルトラ
ダウンジャケットを入れる袋が、靴下とかホテルの持ち
帰る事の出来るアメニティグッズなど、細々したものを
入れるのにすごく便利で愛用しています




さてさて昨秋は岐阜県を舞台にしたアニメ映画の君の名は。
聲の形、ルドルフとイッパイアッテナと、たて続けに公開
されたが、何でも来年春スタートのNHKの朝ドラは岐阜県
しかも東濃地方の架空都市が舞台になるそうだ。脚本家は
岐阜県出身の北川悦吏子さんだそうで、今から楽しみだ


呉をゆく4

また岐阜県ではないけども、昨秋からロングヒットを続け
大きな画面で見たいなぁ~と、思っていたアニメ映画を
娘と、1200円のサービスデーに見に行く事が出来た
キネマ旬報で昨年の邦画ナンバー1に、となりのトトロ
以来、アニメで選ばれたという「この世界の片隅に」だ


呉4

既にご存知の方が多いとは思うが、戦時色の強い瀬戸内
軍港呉に広島から嫁いだ若いお嫁さんや、その家族らの
物語だ。くすっと笑えるような漫画っぽい要素も多いが
流石に呉と広島だけあって、決して避けられない戦争の
暗い影がひたひたと家族に迫ってくる



映画は早ければ2週間程しか放映されず、余程の
ヒット作でないと長くは観客を呼び込めないのだが
この映画は昨年11月に公開をしながら、観客の
口コミなどでその勢いは衰えず。その日も平日で
あったが多くのシニア層で一杯だった




呉は戦艦大和が建造をされた港でもあり、娘と数年前に
旅行で出かけた事があるが、その日は忘れもしない東日本
大震災の起きた日であった。当時の軍港呉の様子なども
以前に日記で紹介をした事があるので、↓リンクから
お暇があればご覧下さい

今、目覚めずしていつ救われるか。

海軍さんの呉鎮(くれちん)をゆく

春遠からじ、呉の海の煌めき


大和ミュージアム23

昭和20年春、戦意喪失を狙って都市部を狙った空襲が
相次ぐ。3月10日東京大空襲で僅か2時間で10万人が
亡くなった。12日名古屋大空襲、翌13日大阪大空襲
17日神戸大空襲。BS放送で今夜は東京大空襲の番組を
やっている。すべてを焼き尽くす焼夷弾などが投下された
沢山の屋根の下には沢山の人が日々の暮らしをしていた


大和ミュージアム4

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2017年03月03日 10時11分55秒
コメント(28) | コメントを書く
2017年03月01日
カテゴリ:東京の旅


もう3月となって梅の花も水仙もさすがに
咲きだし、あとひと月もしないうちに桜の
花の日記も紹介しなきゃいけないという
のに、まだまだ1月下旬の娘と出かけた
東京旅行の旅日記、3回目かな




2日目の夕刻にいたのは、GINZA。日本一
地価が高い、高級クラブやら一流デパート
なども立ち並ぶ銀座、週末恒例の歩行者
天国をやっていた




特にどこに行くという予定もないが、今晩は
銀座のビジネスホテルに泊まる予定なので
とりあえず、てくてく・・・




すると、以前に懸賞だか何だかで2度程
飲んだことのある中国の工芸茶のお店が
あったので、美しいディスプレイに誘われ
立ち寄ってみた




前から工芸茶を買いたいなぁ~とかデパ地下
とか、横浜中華街でも気を付けてはいたけど
全く無かったけど、流石にGINZA。こういった
変わったものは専門店すらあるのか

公式HP「クロイソス」




お店の方が試飲されますか?と声をかけて
下さったので遠慮なく、ご厚意に応えたら




なんとお茶の他に、そのお茶に合うという
茶菓子まで用意してくださって、恐縮する
ばかり




旅先なので、沢山は購入出来そうもないが
土産にと、ちょっぴり購入させていただいた




話は前後するが、お台場からはゆりかもめを
使ってやってきたのは汐留。ここには旧新橋
停車場駅舎が復元されており、鉄道関連の
無料展示などがされている




新橋と言えば明治5年、ここから横浜まで
鉄道が開通したという日本の鉄道発祥地
高層ビルの谷底にレトロな駅舎の存在が
面白い




その日の夜は、カレッタ汐留の中にある
新潟の郷土料理のリーズナブルな店で
お魚を食べた




新潟のお酒も1杯、娘となかまでいただく




もう1月も下旬だが、冬のイルミネーションが
楽しめる所を探したら、カレッタ汐留でまだ
やっていたので見に来たのだ




キラキラと色鮮やかな青いイルミネーションが
キレイだ




上部から全体を眺めると、こんな感じ




色など変わると、また雰囲気も変わる
この方がロマンチック




さてさて、前回の日記の追記をここで紹介
します。娘が大学の学費分として200万円
ぶ~ぶ~言いながら、家に返してくれたと
いう件です。大学の費用は考え方や家計の
事情で人それぞれな訳ですが




うちの場合は、家を継ぐ息子は地元で就職
(男子)ならば、工業系高校での推薦の方が
良いというので、他の多くの友達同様に高卒
就職で、当然のように18歳から毎月、光熱費
などを家に入れてくれてました




そして家を建て替えるにあたり、旦那は貯金を
切り崩しましたが、将来も住むという大前提で
息子も1000万円を超える住宅ローンを組んで
くれています。ですから




ずっと住むかどうかは別にしても、1円も
払わず大学も出してもらった娘が、新築の
家に入るという事は息子の手前出来ない
相談だったので、学費の返却という形で
まとまったお金を返して貰った訳です




娘は大卒という肩書も手伝って、地元に戻り
中小企業とはいえ、中途の再就職で事務系の
正社員の仕事を得ることも出来ました。やっぱ
兄弟間で不公平感だけは与えたくはないです




ホテルからではありません。カレッタ汐留の
無料の展望室からは東京の夜景を眺める




ホテルの方は春節で思うような所がなかったが
カレッタ汐留にも近いからと銀座のビジネスホテル
窓を開けたら、隣のビルの壁だったって感じ




とは言っても昨秋にオープンしたばかりの
新しいホテルだったので、開業記念にメモ
貰ったし。他のお客さんはオール外国人と
いう感じだった




3日目の朝、天下の☆GINZA☆というのに
お得なモーニングもある喫茶店が幾つもあり
どこにしようかと迷ったが、ワッフルが美味しそう
だったので




NOACAFE銀座店にした。銀座のど真ん中で
ワンコイン(飲み物の値段で多少前後する)で
このようなモーニングがいただけるなんて




このようなお店を探せたのもひとえに、スマホで
銀座 モーニング 人気とかの語句で検索して
簡単にたどり着けた。行楽好きな人間には昨今の
スマホ機能は欠かせないものだ




そうそう、前回の水族館の写真の発色が良いと
コメントをいただいたが、あれにしても東京旅行
ではスマホで写真を撮っている。荷物が減って
助かっている




旦那が東北に出張に行ってきたので、いつもの
萩の月の他にすんだ餅をリクエスト。日本酒は
ホテルで飲むつもりだったのを、そのまま家まで
持ち帰ったみたいだ




          平成29年1月下旬に東京で撮影



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2017年03月01日 18時27分13秒
コメント(32) | コメントを書く
2017年02月27日
カテゴリ:東京の旅


もう殆ど新築ネタを日記に書いてはいないけど、惰性で
にほんブログ村の住まいカテゴリーをよくのぞいており
その中で、私もかつて冬に暖かそうだなぁ~とちょっぴり
興味を持った一条工務店が何だか大変みたいだ




ここの建材などは、フィリピンの関連工場で作られたものを
輸入して組み立てているみたいだけど、その工場が大規模な
火災に見舞われて、断熱材などの納期が大幅に遅れてしまう
みたいで他の断熱材に替えたり、差額は値引き、エアコンを
どうのとかいった補償で、施主さんに納得して貰っている
ようだ




このハウスメーカーにほれ込んで注文した建て主さんには
寝耳に水の出来事で、ご同情申し上げるばかりだ。更には
既に1年以上前からネット等で問題化し、私もその会社の
壁紙を使用予定だったので、ネット検索をして知っていた
不良品の壁紙(今は改良済みだそうだ)が一条の標準品で
あったそうで




ある一時期に一条工務店で建てたお宅では、補償があるとは
言え、家中の壁紙の貼り換えを余儀なくされているみたいだ
なんか大変・・・。私も改良されたとはいえ使うのを躊躇して
同じ会社でも他のシリーズの壁紙を使用をした。よくよく調べ
納得してハウスメーカーなどの業者を決めても




下請けの大工さんの腕がイマイチだとか、ご近所さんが
なんだか・・・とか、思わぬトラブルに巻き込まれる事も
ある意味で運不運としか言いようがないかもしれないが
どうしようもない時はすっぱり気持ちを入れ替えて、今
自分が出来る最善の道を探すしかないと思う




住宅ローンの控除がらみでネット検索をすると、家を建てたが
離婚したので家を処分したいとか、なんか大変なご家族も多い
みたいだし。しかも奥さんの実家の横だとか・・・・。最終回を
間もなく迎える今シーズンのドラマでも新築中の家族がボロボロ
修羅場なのがあったりで、就活家族や、お母さん、娘をやめても
いいですか?とかは家づくりどころじゃない(笑)と思う程で
果たして、新しい家に住む家族はいるのだろうか?




だいたいが定年間近になって家を買うのがやばいんじゃ
ないかと・・・あっ、うちもだった。まぁ、うちの場合もドラマも
同居の子供がそのまま残ってくれるんじゃといった前提だし
息子も共同名義で住宅ローンを組んでくれてるが。それでも
定年と年金支給時期に空白期間がある現状で、大きな貯金切り
崩しは不安も多いのも確かだ




まぁ、こればかりはなるようになるなんて行きあたり
ばったりとはいかないので、明確な人生設計も必要で
家族の理解と協力も必要になる。だから娘との外食も
ワリカン。とは言ってもこの旅行とか車の車検とかも
こちらがかたままで、車の費用や諸々でその金額など
膨らむばかり




そんな訳で、娘がそのお金を子供の頃から貯めていた
お年玉や大学時の光熱費用に使ってた郵便局の通帳を
解約して払ってくれるというので、二人で出かけたのに
定額貯金をしたらもれなく貰える粗品に、私がつられて
下ろすつもりの通常貯金を、娘の名前でそのまま定額
貯金にしてしまったんで自滅




家から出した娘の大学の学費分として200万円。昨夏
外構の費用などが必要となり、娘が就職をして5年間に
渡って、松本などで一人暮らしをしながら貯めた貯金を
切り崩し、家に返金をしてくれたばかりなので、あまり
家にお金を入れろとかは、強くは言えない訳ですよ




まぁ、娘から大学の学費を家に返却して貰ったカタチには
なりますが、嫁に行くときに結婚費用としてその200万を
援助してあげると言ってます。その予定も相手も全く無い
訳ですが・・・(汗) 




最近は、奨学金の返済が大変な新社会人も多くなっており
娘の前の会社の同僚などは東京の私立に行き、大学院まで
1000万近い借金が出来て、親が半分を返済してくれたと
いう人もいたそう。家の資金の次に子供の教育費は大きな
買い物だなぁ・・・・




そんな訳で、ダイオウグソクムシ・・・いや2年ほど前に
クロマグロが謎の大量死したニュースで、全国を賑わした
葛西臨海水族館に、1月下旬に出かけた娘との東京旅行の
2日目にやってきました~。クロマグロも元気に泳いで
ましたよ~っ




イルカやアシカショーなどの派手な演出はない代わりに
入館料が安いのがやっぱり魅力の一つ。そして先程の
勢いの良いマグロの大群の他に人気があるのが




元気に泳ぎ回るペンギンじゃないかと・・・・




なんか、ぐるぐるぐる~~し始めちゃったよ。なんで?
とか思ったら




餌の時間が近づいて、興奮状態?(わかんないけど)




陸上にいる違う種類のペンギンたちは、横でちょこんと
頭下げて待ってたし




その横で、沢山の餌の魚をどば~~と投入。上にいる
ペンギンは種類が違うみたいで、後から餌貰える模様




もう入れ食い。大興奮




よっしゃ~。ゲットだぜ!




なんて、迫力のある餌付けショーの後には




世界で一番小さなフェアリーペンギンの餌タイム




こんなんを触るコーナーもあれば




サメの玉子らしい




土産にはマグロのぬいぐるみなんかもあって




コウノトリなども展示されてました




それなりに楽しめた葛西臨海水族館からは、遠くに東京ディズニー
ランドも見えますが、最近は行っていないなぁ・・・・




昼頃には台場に移動。今回はイタリアあたりの街並み
感じられる、商業施設のヴィーナスフォートにやって
きました




噴水を模した広場や




昼間っから、夕焼けの街角




海外のお客様も多いようで、京都の物産もいろいろとあり




日本らしい手頃な土産に良さそうだ




空に星はないけれど、夜の街。なんて所をウロウロしてから




次にやって来たのは日本には夢もあった、昭和40年頃
東京オリンピックや大阪万博、0系新幹線、東京タワー
などなど、高齢の皆さんには懐かしい街角が広がって
いるのは、台場の商業施設のデックス東京ビーチだ




ここには東京だけど、大阪名物のたこ焼きの名店が
一堂に会したお台場たこ焼きミュージアムがあって
どこで食べようかな




山芋を入れたたこ焼きに興味があったので、芋蛸のを
食べてみた




ど派手なたこ焼き戎神社もあった。少し早いけど2日目
今日の宿泊先へ向かうとするか・・・・




         平成29年1月下旬に東京で撮影

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2017年03月01日 12時23分20秒
コメント(42) | コメントを書く
2017年02月20日
カテゴリ:東京の旅


前回に引き続き、先月末に娘と出かけた東京旅行の報告です
初日は新幹線の車窓から富士山を楽しみ、東京に着いた早々
タイ料理のランチを食べて、迎賓館赤坂離宮を楽しみました
まだ午後も早いので、もう一つ観光しようとやってきたのは




昨年9月にもやってきた上野、東京国立博物館です。この
エリアって東京で一番多くリピートをするので、今までに
20回位はきているんじゃないかと・・・明治33年に当時の
皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念し計画され、明治42年
開館をした日本初の美術館である表慶館は国の重要文化財に
指定されてます




今回の訪問の目的は、春日大社の千年の至宝展の為でして
東京でどこに行こうかネット検索をしていて見つけまして
春日大社に所蔵をされる国宝の数々、その中でも鎧や刀の
コレクションを見たい!とコースに入れました。春日大社
にも宝物館があるがテーマ毎の展示だったりで、このように
お宝が一堂に会すことはない




確か私が奈良に出かけた時はお能のお道具や衣装が並んでいた
無論、特別展示は撮影禁止なので、撮影OKだった春日大社の
灯篭コーナーをパチリ。今回は槍や弓など武器の展示が印象的
だったなぁ。特別展の内容についてはリンクから公式HPをご覧
下さい。3月12日までやっているので興味のある方はどうぞ

「特別展 春日大社 千年の至宝」の見どころ




あっ、これは撮影が殆どできる常設展示の鹿です。奈良と
言えば鹿。それにしても特別展のチケットってお高いです
よね。昔は1200円位だったと思うけど今回の場合には
1600円ですよ。もっと高いところすらあるし(汗)




そんな訳で春日大社の特別展じゃなくても国宝も重文も多いし
常設展でもいいんじゃない?って事で、娘の方は620円の
常設展のみのチケットで、私が特別展を見ているうちに本館や
東洋館とか、うろうろ




後から合流して、娘がまだ見ていなかった残りの本館二階と
法隆寺館を一緒に見ることにした。やっぱここは圧巻だなぁ




更に今回の旅でもう一つ私が楽しみにしていたのが、お隣に
ある東京都美術館で開催をされていた「ティツィアーノと
ヴェネツィア派展」(4月2日まで開催中)だ。先程の
春日大社の特別展チケットを持参すると、100円引きを
してくれた上、ポストカードも貰う事が出来た




私が初めて本物の絵画展を見たのが高校生の時に、名古屋で
イタリアルネッサンス展で、一緒に行った友達はラファエロ
私はティツィアーノが好きになった。その後に懸賞の招待旅行で
イタリア行けて、バチカンの絵画や、ミラノの最後の晩餐や
フィレンツェのウフッツィ美術館とイタリア美術の至宝を
じかに見れて




ティツィアーノやボッティチェルリ、リッピとかが繊細で
華やかで特に好きです。てな事で展覧会についてはリンク
貼っておきます。娘の方は全く興味がないのでロビーで
スマホしてました。もう外は暗くなり娘は初めてだという
上野アメ横をてくてく街歩き

「ティツィアーノとヴェネツィア派展」




知らないという事は怖いです。上野御徒町のJR駅から秋葉原で
乗り換えてJR飯田駅で降りで、地下鉄有楽町線で江戸川橋下車
ってルートにしたけど、地下鉄大江戸線なら乗り換えもなく
飯田橋に行けたし、なんで思いつかなかったのかなぁ~とか
後から思ってたんだけど




後で夕ご飯でホテル近くを歩いていたら、すぐ近くのバス停
まで、上野松坂屋から乗り換えなしで来れる都営バスを発見
娘、更に機嫌悪い。乗り換え2回。夕方で混んでたしなぁ~
今回の旅の唯一の痛恨ミスだ




そんな訳で意外に交通の便も良かった、この大きな
ホテルはホテル椿山荘東京だ。お庭などもあり部屋も
広くて、以前から泊まりたいと思っていた高級ホテル
高級だけにお値段が高めなのがネックだったけど、何か
4年位前に外資系ホテルとの業務提携を解消したみたい




そのあたりも宿泊料金に影響でもあったのかな? まっ
スタンダードなお部屋でも広いし、従業員のサービスも
間違いのないホテルだったが(素泊まりだけども・汗)
ネットのホテル予約サイトで、一部の高級ホテルのみで
利用が出来るという3000円割引も使えてたのも大きい




素泊まりでツイン一人あたり1万円程ならば、私でも
手が出く金額だし、東京への目的も定かではない中で
以前から泊まりたかったホテル椿山荘東京に、お得な
価格で泊まれるのならという訳で、東京旅行を決めたのだ
それにしても東京のホテル絵図も、東京オリンピックに
向けてまだまだ変わっていくのかも




ずっと前に家族で、たぶん大阪万博に合わせてた当時の有名な
モダニズムの設計家がたずさったホテルに泊まったけど、階段
一つにとってもこじゃれたデザインだった。そのホテルも今は
低価格で有名な某温泉旅館チェーンになっているらしいし。昔
みたいな宴会や、団体旅行目当ての大型宿泊施設は経営も大変
なんだろうなぁ~と思うし




ちょうど春節の始まった頃で、このホテルも次の日のビジネス
ホテルもアジア方面の訪日観光客ばかりだったけど、日本旅館の
浴衣と勘違いをしているのか、バスローブとスリッパ姿で館内を
うろうろ歩いている女性二人に遭遇したのには驚いた




今回もヴィキペディアの記事による椿山荘の説明をすると

>武蔵野台地の東縁部にあたる関口台地に位置し神田川に
>面したこの地は、南北朝時代から椿が自生する景勝地
>だったため「つばきやま」と呼ばれていた。江戸時代は
>久留里藩黒田氏の下屋敷だった。




>明治の元勲である山縣有朋は西南戦争の功により年金
>740円を与えられ、1878年(明治11年)に購入、自分の
>屋敷として「椿山荘」と命名した。山縣は椿山荘において
>趣味である作庭を行っている。




>1918年(大正7年)には大阪を本拠とする藤田財閥の
>二代目当主藤田平太郎男爵がこれを譲り受け、東京での
>別邸とした。戦災で一部が焼失したが、1948年(昭和
>23年)に藤田興業の所有地となり、その後1万余の樹木が
>移植され、1952年(昭和27年)より結婚式場として
>営業を開始した




まだ旅行にも慣れていない頃、ネットでのホテル検索なども
なくて旅行会社の窓口で、ホテルパンフレットの写真と少ない
情報だけで予約。東京銀座のホテル、荷物を置く場所もない程
狭っ~!と、価格に伴わない宿泊にがったりした時代もあった
けど・・・




今はネットで、宿泊料金の比較はもちろん、部屋の大きさや
お風呂の形態も、アメニティのブランドまで簡単にわかるし
口コミやブログによって、実際に利用した人の感想なども
あるので、昔のようなこれはないなっ・・・といった失敗も
なくなり、お得に素敵なホテルに泊まる事も出来る




お風呂場にもテレビがあるのはなかなかないし。ここはシャワー
ブースがバスタブと別にあったので、体をシャワーブースで洗い
後から、のんびりと綺麗なお湯のお風呂に浸かる事が出来るのが
良かった



そして何より高台からの東京の夜景。ギリギリでお隣の
部屋の窓越しにスカイツリーも見れるし、ビルの隙間には
東京タワー。東京駅周辺や新宿副都心などなど東京の中心
部分の夜景を見ることが出来た




そんな素敵なホテルもお得に素泊まりなので、夕飯を食べに
近場に出かける事にする。娘と近くのリーガロイヤルホテル
東京に前に泊まったのでこのあたりのお店や地理はばっちりだ

名前はロイヤルやプレミアムなんだけど・・・数年ぶりに電源を!




なにせ早稲田大学のおひざ元、大学生相手の美味しいお安い
飲食店も多い訳だし。前の宿泊では高田馬場で行列のできる
とんかつ屋で夕飯を食べたので、リーガロイヤルホテル東京の
真ん前にあった行列のできるラーメン屋には行けなかったので
今回、リベンジ




店の前に来たら中に二組、外にも二組の客待ちがあり並ぶと
すぐ後ろにまたまた人が並んで、やっぱ人気がある店なんだと
認識。ネット検索をすると阪豊中の有名店である豊中麺哲で
修業してきた店主らしいが、やっぱ美味しいですわ。スープも




あんな高級ホテルに泊まりながらラーメン店で夕食。まっ、その
ギャップが我が家の取柄でもあります。豊中と言えば義姉の
実家もあり、昔、次兄が住んでいたので何度か行った事もある
けど、そんなカリスマなラーメン屋があるとは。そこも行って
みたくなった




という訳で、朝焼けです




このガラス張りっぽいコーナーが良いです




娘は東京で暮らしたかったというけど、東京は暮らすのでは
なくて年に2度位、遊びに来れば私は十分だけど




田舎には田舎の暮らし、都会には都会の暮らしがそれぞれ
あるのだし




人にってそれぞれだけど、それぞれに良いところも
困ったこともあるのだろう




でもでも住めば都って事で、順応するしかない




朝、ホテルをチェックアウトしてやってきたのはホテルの
近くにあるパン屋の「関口フランスパン」で、やはり前も
ここのイートインに食べに来ようと、候補には入っていた
お店だ




なんでも創業100年以上の老舗らしくって、日本で初めて
フランスパンを製造販売したお店であるみたいだ。焼き立て
バケットも次々と買われていくのだが




私の好きなデニッシュとか美味しそうなパンもいっぱいあるんで
そこでパンを選んで飲み物も買って、イートインで朝食といった
お客さんも多い




それにしても昔はお屋敷街だったのか、この周辺のお宅って
ゴージャス。このお店に来られる方もまるで芸能人?って
感じの朝からばっちり決まったお高そうな服装の方もいるし




うちは、こちらもモーニングセットにした。500円位の
もの(飲み物による)だけど




ふわっふわの食パンが分厚いしっ、これは食べごたえがあった




無論、大好きなデニッシュもひとつずつ買って持ち帰り
お昼の軽めのランチ兼おやつにした。デニッシュ生地を
ボロボロ落とすのを期待してか、足元には鳩ぽっぽっ
前回の日記のコメントのお返事ですが、ログアウト状態
だったみたいでお返事をしたいお相手の名前を、書いた
人のところに入れてしまいましたので、ご注意下さい




      平成29年1月下旬に東京で撮影


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2017年02月20日 10時26分44秒
コメント(49) | コメントを書く
2017年02月15日
カテゴリ:東京の旅


ここ最近は諏訪湖の彼方、甲府の山の向こうに小さく見えた
富士山も、その日の朝は間近に見えた。とは言ってもそれは
一瞬の話であって、1月下旬に娘と二人で名古屋から東京へ
向かう新幹線の車窓から見た富士だが。昨年は関西方面に
ばかり娘と出かけていたが




昨年7月以来の娘とのお泊り旅行先は、特に目的もないまま
東京となった。とりあえず東京に行けば何かを見れて、何か
食べれて楽しむ事が出来るに違いないという不確かな希望を
持っての上京だ。冬場は雪も降るので高速バスが通行止めで
運行中止の不安もあるので、安いので帰りには使うにしても




行きは新幹線。しかもお得なぷらっとこだまも、指定列車に
乗り遅れたら即アウトなので、高くなってしまってもリスク
回避で普通に新幹線のぞみ指定席を予約。これなら乗り遅れ
ても当日の新幹線の自由席に乗る事が出来る。それいしても
朝の名古屋駅。新幹線は数分程で4本も運行しているのには
驚いた




いつもより少し早いが7時半に、旦那が会社に行く車で
駅まで送って貰って、名古屋で乗り換えて11時過ぎには
もう東京駅だ。とは言っても将来リニア新幹線が出来たら
うちから1時間ちょっとで東京だと思うと、もっと早くに
完成してくれたら良かったのに




ランチタイムは昼前が勝負。東京駅から電車で最初の
目的地のある駅まで移動。スマホで駅周辺の飲食店の
情報をゲットし、平日ランチを食べに出かけたのは
タイ政府認定レストランである「ジャスミンタイ四谷店」だ




金曜日のランチメニューから娘は好きなカオマンガイの定食
松本にもタイや東南アジアの料理の店もあったけど、大学に
タイ人留学生がいたそうで彼女が国に帰る前に、食べさせて
くれたタイの手料理が、一番おいしかったと娘は言っている




私はグリーンカレー(タイカレー)。このお店は曜日に
よっていくつかランチが用意されておて千円以下でお安く
利用できたのだが、12時には席は満席になっていた




やっぱランチは11時台に入店するのがポイントだ食後に
ジャスミンティーもあったので、食後にすぐに席を立たず
のんびり出来たのも良かった




お店の外には長~い行列。あわよくば私も購入をして
みたいと思ってた都内でも有名のたい焼きや「わかば」
やっぱ侮れない。12時を過ぎてランチ前よりより列が
倍になっていた。さっきのはまだ短かったんだ




という事で腹ごなしも出来たので、今回のメインともなった場所は
このユリノキ並木の先にあります。どこも行く予定のなかった
東京。とりあえずガイドブックなどを見てみるかとペラペラ
めくったら、巻頭ぼ見開き特集ででかでかと載っていたのが




迎賓館赤坂離宮である。かつては期間限定で特別公開をされて
いたのが昨年春から通年での一般公開になったのだが、それでも
一日に入場できる人数が決まっており整理券が必要だったので
私も行きたいとは思っても、なかなかチャンスがなかった




ところが内閣府のホームページを見たら2月まで、内部参観を
整理券なしで1000円を払えば出来るとあって(ただし和風
別館やガイドツアーは事前申し込みが必要) これは行くしか
ないでしょ!と、突如、旅のメインイベントになった




週末は参観者も多いだろうし、旅の初日の金曜に出かけた方が
ゆっくりできるのでは?と考えたのだけど、案の定、のんびりと
ユックリ参観が出来たのだが、残念ながら内部は「撮影禁止」で
あるので、ゴージャスな内部をご覧になりたい方は現地に行かれ
その目でご覧下さい




そうそう、今までは行楽先でカバンの中から大きな一眼レフ
カメラを取り出して撮影をしてましたが、昨秋にアイフォンの
スマホにしたら写真も綺麗だったので、今回の旅行ではカメラ
持っていきませんでした。かわりにスマホの充電器は忘れない
ようにして、写真はみんな「スマホ撮影」です




言われなきゃ一眼レフカメラか、スマホか気が付かない
くらいじゃありませんか? とは言っても起動させるの
面倒なので電車旅とか、娘との都会での行楽はスマホでも
車での行楽は今まで通り一眼レフカメラを持って行く予定




迎賓館の建物の紹介をウィキペディアから転載させていただくと

>東京の元赤坂にある現在の迎賓館の建物は、東宮御所として
>1909年(明治42年)に建設された。鹿鳴館などを設計した
>お雇い外国人建築家ジョサイア・コンドルの弟子にあたる
>宮廷建築家片山東熊の設計により、元紀州藩の屋敷跡(明治
>6年宮城火災から明治21年の明治宮殿完成までの15年間、
>明治天皇の仮御所が置かれていた。)に建てられた




>しかしそのネオ・バロック様式の外観があまりにも華美に
>過ぎたことや、住居としての使い勝手が必ずしも良くなかった
>ことから、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)がこの御所を
>使用することはほとんどなかった。嘉仁親王が天皇に即位
>した後は離宮として扱われることとなり、その名称も赤坂
>離宮と改められた




>1924年(大正13年)、大正天皇の皇子・皇太子裕仁親王
>(後の昭和天皇)と良子女王(後の香淳皇后)との婚儀が
>成ると、その後の数年間、赤坂離宮は裕仁親王一家の住居
>たる東宮御所として使用されたが、裕仁親王が天皇に即位
>した後は離宮として使用されることも稀になった




>第二次世界大戦後、赤坂離宮の敷地や建物は皇室から国に
>移管され、国立国会図書館、法務庁法制意見長官、裁判官
>弾劾裁判所、内閣憲法調査会、東京オリンピック組織委員会
>などに使用された。その後国際関係が緊密化して外国の賓客を
>迎えることが多くなり(途中略) 1962年(昭和37年)に当時の
>池田勇人首相の発意によって新たに迎賓施設を整備する
>方針が閣議決定された




>1967年(昭和42年)に決定された。こうして5年の歳月と
>108億円(工費101億円、内装費7億円)をかけて、本館は
>村野藤吾、和風別館は谷口吉郎の設計協力により、田中角栄
>政権当時の1974年(昭和49年)3月に現在の迎賓館が完成
>した。新装なった迎賓館に迎えた最初の国賓は、1974年11月に
>現職のアメリカ合衆国大統領として初来日したジェラルド・
>フォードだった




>2006年(平成18年)から2008年(平成20年)にかけて
>大規模な改修工事が行われている。2009年(平成21年)
>12月8日、旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)として国宝に
>指定、明治以降の文化財としては初の国宝となった。
> 2016年 (平成28年)4月から一般公開、12月にはライト
>アップが行われた。

と、ウィキペディアから転載させていただきました




内部撮影禁止なのは残念だが、とにかく「絢爛豪華」という
言葉がこれほど似あうとは。天井からはフランス製の1200キロの
巨大シャンデリア。日本唯一のネオ・バロックの宮殿である
そうだが、ほんとヨーロッパ旅行気分に浸れます




とりあえず↓に、内閣府の公式ホームページの内部写真の
ページをリンクしました。各々の小さな写真を「ぽちっ!」と
すると大きな写真が見れます

内閣府HP「迎賓館赤坂離宮写真集」リンク




中は自由拝観となるのが、要所要所に係官が配置されており
来館者が粗相をしないように見張ってくれていた。テープに
よる説明の他にも、詳しく説明をしてくれる方もいるので
質問などにも答えてくれる




美しい庭園を保つ為に、庭師さんたちがせっせと剪定中
という訳で2月いっぱい、整理券がなくても千円の拝観料で
迎賓館の本会内部の拝観が出来ます。それ以後は整理券が
必要になるので内閣府のHPで拝観方法をご覧下さい。一見の
価値はあります




片隅に建っているのは旧衛士詰所で、これも本館同様に国宝に指定
されているそうだ。そうそう最初に紹介をした噴水もまた国宝なん
だとか




1月下旬に出かけた東京旅、最初は迎賓館赤坂御所の拝観で
あったが、まだ今日は時間もあるので、もう一つまわって
しまいますか。という訳で東京旅2回目につづくっ! と
その前に・・・




< ここからは赤坂離宮関連のおまけ編です >

昨年3月に娘と出かけたときの写真となりますが、愛知県
犬山市にある明治時代の貴重な建物などが、日本各地から
集められた「博物館明治村」で赤坂離宮の関連という事で




赤坂離宮の正門両脇の内外に、創建当初から警護の為に設け
られていた四基の哨舎 のうちの一つである赤坂離宮正門哨舎で
国の登録文化財だそうです。やっぱ帝都東京あたりからの
建物とかも沢山あります。ライト設計の帝国ホテル玄関とか




そして、かつて赤坂離宮で実際に使われていた宮廷家具の
数々も、ここ明治村で保存展示をされています




布張りの優雅な家具は、やはりフランスあたりからの輸入品
なのでしょうか?




普通ではなかなか見られない、いかにも宮殿で使われたと
いうような革張りの椅子は、花鳥の間で使われていたそう




これはおまけのおまけ。赤坂離宮ではなく、かの鹿鳴館で
貴婦人らが座られたと思われる長椅子です。この明治村の
数々の写真もこのブログで紹介される事なくお蔵入りに
なっていたものだが、いつか紹介できたらと思うのだが




  平成29年1月下旬に東京で撮影。(明治村は昨年3月)

そうそう、昨日は地元自治体の確定申告の期間が始まり
住宅ローン減税の相談会&申告があったんで息子と行って
きました。必要な書類も揃えて、今年からマイナンバー
カードかその通知カードがあれば、住民票の提出の必要が
ないので住民票を収得する手数料分が安く済みました




20番位待ちましたが1時間弱位で申告も出来て、来年からは
息子の会社の年末調整で済むそうで、これから10年にわたって
年末のローン残高の1%が控除されるそうなので、息子の場合は
10年総額だと予想では100万近い減税になります。写真は最近
娘と最近食べに行った、中津川駅前にある「五十番」の焼きそば
ソースやラー油、酢などで味を好みに整えます






にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2017年02月15日 10時17分00秒
コメント(48) | コメントを書く
2016年11月11日
カテゴリ:東京の旅


前の日記に秋のドラマを見ていると、天海祐希さんの
ドラマを紹介しましたが、それだけではありませんよ
夏枯れのドラマと違って、今秋のドラマは面白いものも
評判だといいますので、録画できそうなのはとりあえず
全部録画して、面白くないとなれば見なければいいやと




日本のドラマで面白かったなぁ~というのは、最近は
朝ドラの「あさが来た」とか、春の「重版出来!」の
ように、元気でポジティブな女の子のお仕事系ドラマ
この秋、一番お気に入りなドラマもそんな感じですわ




「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」
あのシンゴジラで舌足らずな感じの米国の高官を演じて
いたとは思えない石原さとみさん、裏表のない一直線
イケイケ元気ガールですよ。地味な校閲部のメンバーも
良いですが、編集さん役をしている青木崇高さんが愛嬌
あって良いですね~。「この~っ、タコ!」と主人公に
言われまくってます




「ドクターX~外科医・大門未知子~」4シーズン
やっぱ強いですね。秋ドラマでダントツな人気ですわ
あきらさんのスキップやお決まりのメロンとか、もう
お決まりのメンバーとか水戸黄門のワンパターンさが
安心感ありますが、どんどん手術料上がってますが!
ミチコの親父の借金っていくら?と考えちゃいますわ




「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」
こちらもかなり型破りな女医を吉田羊さんが演じてて
います。ある事故のトラウマで優秀な外科医なのに
手術が出来ないとの事、今後がどうなるのだろ。女医
ばかりでいじめでもあるかと思ったら和気あいあいで
助かった




「黒い十人の女」
すごい設定ですよ。今年はやったゲスですわ。おっさんな
敏腕プロデューサーには女優、脚本家、メイクさんなど
9人のも愛人がおり、愛人たちが飲み物を掛け合ったり
頭からパスタの修羅場を繰り広げながら、仲間意識を形成
しつつあるコメディドラマです。女のパワー感じます




「砂の塔~知りすぎた隣人」
これはコメディではなくサスペンスで、虐待やネグレクトを
受けていた子供たちが次々といなくなる現代のハーメルン事件
明確なカーストに苦しめられるタワーマンションの母親らの
陰湿ないじめや陰謀で、主人公が追い詰められていくのが
苦手でもう脱落寸前ですわ。やっぱ女は怖いし




ここからはメンズ編

「相棒」シーズン15
上質な大人の推理モノって感じで、脚本家の違いなども
ありますが安定した楽しさです。それゆえに以前出てた
レギュラー女優の不祥事で、再放送が見れなくなったら
相棒ファンとしては泣くに泣けないですよ。煙草の話も
物悲しかったですし、妙にコメディタッチの出来心なんて
脚本家調べたらゲゲゲの女房とか八重の桜やってた方で
びっくりしました




「家政婦のミタゾノ」 
もはや、家政婦は見たはものすごいコンテンツですよね
米倉さんのメガネでおかっぱの家政婦もすごかったけど
まさかミステリアスな行動派の家政婦をトキオの松岡君が
演じるなんて。浮世離れした主人公が秋ドラマには多い
ような気もしますが、その最たるものです




玉木さんや唐沢さんのドラマもありましたが1話目の録画
出来なくて、アクション系も苦手なので見ませんでした
あと、好評だという星野源さんのも少し見たけど、恋愛系
苦手なのでパス。織田裕二さんのも、カインとアベルも
1話見て、なんかあわないからパス




NHKドラマでは
「夏目漱石の妻」(4回・終了) 
短期のドラマなのがもったない位のドラマでした。漱石を
演ずるにあたって、長谷川博巳はかなり研究したのでは
漱石の妻は悪妻だといわれているけど、そりゃあんな旦那
ならば悪妻にもなるよ。というか小説イコール作家の人柄
とは思ってはいけないなと。金目当てで突然に現れた養父も
もの悲しい人でした。雨の中のシーンがよかったし




「クィーン・メアリー愛と欲望の王宮」(海外) 
絶世の美女であったという、スコットランドの悲劇の女王
メアリーが取り巻きの若い女性たちを含めて、現代女性の
ノリノリ感覚で、中世フランス王朝で青春劇を繰り広げる
切り口が面白いです





そんな感じですかね~。あとスカパー!無料視聴デーで
古いドラマとかをしてた中で、2時間サスペンスの人気
シリーズ「タクシードライバーの推理日誌」の初期のが
見れて、1992年の第一話なんて遠藤憲一がチンピラ
高島礼子がホステス、相棒の川原和久がやっぱ刑事でと
ちょい役で出てて感動。なんか得した気分でした




BS放送なんて昼間は韓国ドラマばっかやっていたのが
批判があったのか、視聴率も悪くなったのか最近は古い
時代劇とかドラマやってて、もはや昭和50年くらいの
ばっかでレトロすぎて私でも見る気が失せるけど、やっぱ
著作権とかいろいろあるんだろか。いいとこ見れるのは
平成までかも





写真の方は引き続き、というか今回が最後になりますが
9月下旬に出かけた東京国立博物館の撮影が殆どOKな
常設展示品。アジアから海を渡ってきたと思われる美術品
後半のここからは、日本絵画です





昨夜、久しぶりになんでも鑑定団を見て、箱から出した
大きな壺は、見るからに勢いもあって絵も美しくこれは
本物の美術品だと思ったら、鑑定額は700万円でした
やっぱ後世に残るような本物の美術品は、人に何かしら
感じさせるを備えてます





とは言っても値段があってもないようなもの。言い値に
納得すれば買うような商品だけに、安物を高値でつかま
されたり、絵画など印刷物で価値は千円なんてとんでも
ない結果に、呆然とする持ち主を見てたら気の毒すぎて





舅の兄弟が菓子折り一つで家を見に来て、養子にいった
舅の弟以外、誰ひとり新築祝いをくれなかったって話を
してましたが、舅の養子にいったもう一人の弟(故人)の
奥さんがお祝いにかけじくを2本、もってきてくれました
あっ、ちなみに舅の兄弟は本人の他、亡くなった方4名
元気な方3名と8人兄弟です。姑の方も8人兄弟で親戚
付き合いも大変ですわ





生前、母親も新聞の広告で見て何度か買ったトップアートの
掛け軸2本。なんか義叔父も生前によく買っていたみたいだが
このブログを書こうと思って、ネット検索してみたら11月に
なって倒産したみたい。そりゃ、先行き不透明な時代になり
格差は広がりお金持ちは高額なものを買うし、さほど高くない
美術品を買って家に飾るような中間層はいなくなったのかも





一億総中流だのいった日本はもはや昔の話。掛け軸だって
新築の家に和室を造るのだって仏壇や神棚と、床なんて
本式の人は皆無。洋室と変わらぬ壁クロスの壁、天井で
とりあえず琉球畳をしいちゃいました&押入れって感じ
だろうし、壁に絵よりはエコカラット





母親からもらったトップアートの掛け軸2本に、義叔母に
貰った2本。しかしお金に換算できないものがあるって
事でプライスレス。明治時代に私の実家からお嫁にいった
方の息子が日本画家になって、うちの地域などで襖絵や
掛け軸などを書いていた。その方の描いた襖絵とか色々
実家にあるが





その息子さんも日本画家になって、母親に言わせると父親程
ではないとかそれなりに美しく。その私と血のつながった方の
掛け軸3本ほどを貰ってきているので、地方の名もない画家の
ものだから価格はさほどしないかもしれないが、本当に美しく
品よく、なにより私といくらかは血のつながっている親戚の方
なので大切にしたいものだ





やはり絵というものは値段ではなく、その人が良いと思えば
お金には菅さんが出来ないお宝であるような気がする。さて
この絵であるが人の足にも見えるが・・・





お猿さんの足だった。南宋時代の伝毛松筆による猿図で
重要文化財に指定をされている。武田信玄より曼殊院覚如に
寄進されたと伝わっている





ここからは浮世絵。東京国立博物館には海外の方も多く
見学に来ているが、浮世絵もやっぱ熱心に見学をされて
いた。明治時代以降、かなりの浮世絵が海を渡ってかの
地の画家にも影響を与えている





ゴッホやモネ、マネなど。更に音楽家のドビュッシーの代表曲
交響曲「海」は、葛飾北斎の「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」に
影響を受けて作曲されたんだとか





浮世絵と言えば美人画。中でも歌麿は人気ですよね~
色っぽい
。役者絵とか、風景画、文明開化のとか
いろいろあるが





こんな遊び心のあるものや




ひょえ~。スペインのゴヤみたい。って事で秋の夜長に
東京国立博物館のほんまもんのアートを堪能できましたで
しょうか?





        平成28年9月下旬に東京国立博物館で撮影

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2016年11月11日 22時34分15秒
コメント(50) | コメントを書く
2016年11月10日
カテゴリ:東京の旅


きのうは朝からアメリカ大統領選挙の特番ばかりで
私はビデオの日(11月3日)に借りてきた、DVDだが
レンタルビデオを8本も借りてきていたので、それを
見てましたけど、今回のはなんか不発が多かった





中には、視聴中に3度も寝てしまったものまで2本
もはや、ここまでくると100円でも借りてきた意味が
あるのか。時間の無駄でしかなく。それに比べたら
まだテレビのドラマとかの方がマシなのかなぁ~




スカパーの無料視聴10日間も重なっていたので
そちらで撮りためたのもある。中には集中放送のも
あったので1話目から10話分くらい、日本のならば
1クール全部見れてしまうというので、3つも録画を
してみた。正月前までに見れるのか・・・




あまり普段は見ないが、天海祐希さんが主人公の三ツ星
シェフの秋ドラマを見ているが、スカパーの再放送の方は
離婚弁護士。やっぱ似たような出来る女の女王様キャラ
だけどこっちの方がいいかなぁ~。三ツ星シェフのは映画
「シェフ三ツ星フードトラック始めました」を、なんとなく思い
出してしまったし。給食だけでできなかったのかなぁ~





なんて感じで、トランプ優勢で日本の株価は先行き
不透明で一時は千円も下がってしまったけど、お家元
ニューヨークダウはトランプへの期待で上昇したそう
なので、レーガンみたいに変身するかもとも言われても
いるんで、世界巻き込むような政情不安だけは招かぬ
ように願いたい





黒人大統領の次は女で?みたいな白人男性の反発や
今のアメリカ政府に対する不満が今回の結果に繋がった
そうで、日本でも宇宙人みたいな人がトップになった事
あるし、フィリピンでは故マルコス元大統領を英雄墓地に
葬りたいと現大統領がいっているそうだし、何が何だか




女大統領の下で、女友達や元ホストやジムのお兄ちゃん
たちが国を動かしていたなんて隣国のスキャンダルもある
くらいなので、もはや政治不信は国境を越えて、庶民の
不満はあふれんばかり。イギリスのEU離脱も南の島を
隠れ蓑にして、世界の金持ちらが脱税行為が横行してた
ってのも影響を与えたみたいだし





この脇差は石田治部、こと三成のものであったそうだ
今回の大河では主人公の上司でもあり、ストイックで
ありながら非常に有能な人物として描かれていたけど
ホント、仕事ができるだけでもダメ。人を引っ張る力や
信頼されたりとか、裏での駆け引きなどなどと様々な
要素がないと国のトップは務められないんだろう





まっ、とりあえずは今日は日本の株価もダウの結果を
受けて全面高のようなのでとりあえずは一安心。冷戦
時代も今は昔、経済では世界は一つの市場となって
安い商品や安い労働力が海外からとめどもなく流入し
モノの値段は下がり続け、国内の雇用も維持できず
末端労働者の給料は下がり続けるばかり




世界がどうなろうとかまっちゃいられない。今の自分の
生活が少しでも豊かになれば。といった多くの国民の
切なる希望が、昨今の既成政治への不信、否定へと
繋がっているように思える。とにかく今を変えたいんだと
それだけ切迫をしている人が増えているんだと思う
先進諸国でも





太平洋戦争の空爆で焼けてしまった名古屋城の古写真
戦後に建て替えられたコンクリートの天守閣も、老朽化に
伴い、今の城を補強するか、新たに木材で建て直すかを
議論をしているが、そのかじ取りをしているのが名古屋弁を
話す河村たかし市長




そのご先祖は尾張藩の書物奉行というお家柄で、国学者
なども輩出しており、父親は初代名古屋市長であったらしい
国会議員から名古屋市長へ転身。その時の市長選では
市民税を10%下げる。名古屋を日本で一番、税金の安い
街にするといっていたけど実現できたかはわかんない。ただ
三選しているので、とりあえず市長として市民からの信頼は
あるようだ





今回の大統領選においてもアメリカの国政に対する
州などの反発,ワシントンへの不信と分析されている
ように、日本国内でも日本という国の指針も重要で
あるが、抜本的な住民サービス、医療や教育、福祉
などといった、地方自治体の重要性がより深まって
いる。国の行く末より自分たちの生活




前に日記でも書いたけど日本の人口は減少の一途を
たどっており、超高齢化によるひずみはますます大きく
なっている。平成の大合併などによって地方行政の
効率化なども図ってもきたが、そのスピードには追い
つかない有様だ





公共交通機関は採算が合わず路線を減らし、地方の
住民の足は奪われ、高齢だろうが自家用車を運転を
せねば生活もままならない。工場なども生き残りをかけ
海外へと出てゆき、地方の雇用は減り若い人は都会へ
出てゆかねばならない





前にも書いた地域のコンパクト化も、既に実施されて
いる富山市や青森市など、市中心部に必要な機関を
集約し公共交通機関を充実し住みやすくしているそう
だけど、うまくはいっていないようだ。郊外の消滅する
ような古い集落の脇にニュータウンが形成され、車
などで生活しているみたいだし





机の上で日本や地域の今後を語ろうが、実際に住んで
いる人たちのそれぞれの人生感、価値観、利便性など
まちまちなんだし。伊那谷が都市部からの移住先として
人気があるのもそれだけの理由があるはず




娘もスーパーすらもなくなる田舎のうちよりも、程よい都会と
リゾート気分すらも味わえる松本暮らしの方が、住むのには
いいけど、いかんせん冬が寒すぎる。雪が降るとやばいと
いうのと仕事が仕事だしって事で。何に重点を置くかって
いうあたりも大きいですよね





今頃、旦那から電話。名古屋に戻ってきたみたいだし
そのまま会社に直行するみたい。やっと帰れたか・・・
そうそう、第19回全国農業担い手サミットの開会式
ご臨席をされる為、岐阜県に皇太子殿下と雅子様が
ご公務で、おいでになって郡上八幡の用水をご覧に
なったそうだ




全国農業担い手サミットとは、意欲ある農業者が一堂に
会し、農業経営の現況や課題 についての認識を深めると
ともに、相互研鑽・交流を行うことを目的としているそうだ
農業も農地が必要なので、地盤を受けつぐ議員同様に
世襲制みたいなもんだし、意欲があってもおいそれと
始められるもんでもない





農業も機械化でお金もかかるし、気候にも左右されるし
子供は近くの工場勤めで、親は高齢化って農家も多い
現状だろうし。都市部にあって倉庫や駐車場に貸したり
山間部は機械化もままならず荒れ放題。これもケース
バイケース。一律にどうこうもいえないし





TPPを逆にチャンスととらえて日本の美味しい安全な
農産物を海外へ売り込もうと意欲を持ったブランド化
農家も、トランプさんはアメリカ産業を守るためにTPP
否定的みたいだし、海外まで振り回すような政策は
打ち出してもらいたくはないけど




国政にはかかわる事はないが、日本国の象徴天皇で
あられる天皇陛下と美智子様。ご高齢になられて
ご公務も大変だと思われるが、来週は私的な旅を
楽しまれるそうで、愛知県の農業用ため池である
入鹿池って・・・ご公務との違いがいまいちわかんない




はぜのご研究もされている陛下だから、入鹿池なども
私的にご興味があるのだろう。そしてメナード美術館は
美智子様? メナード化粧品の創業者夫妻が収集した
印象派や日本の近代美術の良品がコレクションされて
いるそうで一度、私も行きたいとは思いながらかなわず
小牧城はいったんだけどね




更に愛知県から足を延ばし、お隣の飯田市のりんご並木を
ご覧になって、長く手入れを続ける地元中学生らとご交流も
されるそうで、やっぱ公務との違いがわからないけど、なにか
りんご並木に対してご興味があったに違いない。この並木は
昭和22年の大火で焼けてしまった市街に復興のシンボルと
して植えられたものだそうだ





そして阿智村の満蒙開拓平和記念館を見学されるそうだ

南方で戦死した人たちを慰霊をされたいと、激戦地であった
サイパン島のバンザイクリフにおいでになった事もあるし
今回の訪問も両陛下のお気持ちの中に満州で亡くなった

多くの人たち、特に子供たちの存在が大きかったのだと思う




太平洋戦争で沖縄からの学童疎開の為に、たくさんの子ども
たちが乗船した対馬丸が撃沈されて70年目の節目である
一昨年も、那覇市にある慰霊碑に両陛下が供花されている
その記事で対馬丸の沈没した
8月22日、両陛下は欠かさず
黙とうをされていると書いてあった




戦後71年、もはや戦後ではないと言われてどれ程に
なるかはわからないが、遺族と同じように両陛下も
常にかつての戦争で亡くなった人たちへの慰霊の
思いを持ち続けていらっしゃる.だからこそ今回の旅で
満蒙開拓平和記念館には是非とも訪問されたかった
のだろうと思われる





恥ずかしながら、これだけ桜だショッピングだと言い
飯田方面に出没をしながら、満蒙開拓平和祈念館に
行った事がなかった。というか存在も知らなかった
穴があったら入りたい気持ちだ。満蒙開拓団に教員
として随員した
山本慈昭住職の長岳寺は行った事が
あって、ここでも紹介をした事はあるが





そんな訳で、17日午前は両陛下ご来訪、語り部の方たちと
ご歓談があり貸し切りになるそうなので、後日、訪れて詳しく
レポートをさせていただきたいと思う。長岳寺の満蒙開拓団に
ついての日記は、下記リンクからご覧下さい


復刻版。大ていは地に任せて肌骨好し 紅粉を塗らず自ら風流




写真ですが、9月下旬に出かけた東京国立博物館の
武士文化、工芸品、沖縄の展示物を並べてみました
刀は家康ゆかりとか粒ぞろいで見ごたえがありますが
その違いなどはなかなか表現は出来そうもないです




         平成28年9月下旬に東京国立博物館で撮影


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2016年11月10日 12時49分18秒
コメント(37) | コメントを書く
2016年11月09日
カテゴリ:東京の旅


やっぱり旦那の急きょの出張は、ホテルに泊まって
今日までずれ込んでしまったようだ。果たして今日は
帰ってこれるのだろうか? 息子の方は昨日の朝は
年末調整もしていたみたい。今までは調整しようにも
何もなかった控除だが、今年は火災&地震保険を
まとめて息子が払っているから、少しは税金も安くは
なるだろう





新居の方は、旦那は現金だったので条件にも合わず
補助金などの恩恵もなさそうだが、息子の方は来年の
確定申告で、住宅ローンの控除も受けられるそうで
借りている金額の1%分に当たる金額。1000万なら
10万円分を税金から引いてもらえる。これが10年間
(2年目からは年末調整)続くのは大きい





おりしも住宅ローンは軒並み各金融機関は、今年の夏は
最低金利となっており、うちの場合はそれより少しは高い
とはいっても、優遇金利などもあり10年固定で1%以下に
なっている。という事は、先程の住宅ローン控除で金利分
位は賄えるって事なのだろうか?




だからといって低金利や住宅ローン控除を餌に、建設業者や
金融機関の言葉をうのみにして、自分はこんなに借りる事が
出来るからと大きな借金をして、不必要な大きな家や立派な
家を背伸びして購入してしまうと、後の支払いで大変な思いを
する事もあるのでご注意を。特にお子さんがいたりするとお金
かかりますよ~。教育費とか数年は赤字家計で貯金を切り崩し




最近は親にも余裕がないので、子供が奨学金を安易に借りて
息子みたいに家から通って夜勤や残業でそれなりの収入とか
あればいいですが、娘みたいに就職した先はブラックとまでは
いかなくてもグレーな職場環境で、住宅手当もなくなるからと
家に戻り、家から通勤できる企業に正社員でうまく転職したら
残業も殆どなく、人間関係も良好なホワイトな会社だったけど

給料は下がっちゃった




なんて感じで、すべてが自分の思うように人生がすすむハズが
ないし。そういった突発的な事態に陥った時に新しい家が維持
出来るのか、もしもの時に破たんしない為にはギリギリの選択と
いうのはやはりリスクが高すぎる。と、昨日は本屋で老後資金の
特集をしていた雑誌を、少し立ち読みさせて貰ってきました





貯金が多い都道府県、持ち家率が高く共働きの多い働き者の
北陸とかも有名だけど、愛知県や岐阜県もかなりの上位ですよ
企業の元気も良い地域ではあるとは思うけど、ここぞという時に
こそお金をかけたいから日頃は節約、ムダ金を使わないという
県民性もあるように思います。私も即金で家を建てたかったけど
低金利と住宅ローン控除とWの恩恵もあるので、何かあっても
返せる程度の金額を息子に借りて・・・




老後破たんの危険は避けなくならないし、65歳の年金
満額開始まで食いつなげれなきゃいけないと、退職金は
手をつけない計画で。うちの周囲は建て替えで大きな家
ばかりだから、周囲の家と同じようにあと10坪位は欲し
かったなぁ~とか、今でも旦那はいうけど、確かに息子の
借金を増やせばいいだけかもしれないが、何かあったら?




本当にそれだけの広さが必要? 6畳ではなく8畳の
座敷じゃないといけないの? 建てて半年で1回しか
使ってないのに。って感じで家づくりは男にとっては
近所や世間に対する見栄みたいなものが存在する
のが厄介ですね。決して他人の為に家を建ててる訳
でもないし。住んでいる人がそれでいいのなら




とか言いながら、テレビを見ながらやりたいからと娘が
健康器具をリビングに持ち込んでしまったり、この時期
クリスマスツリーなんぞを飾る場面を見ると、うちって
置く場所がないんじゃない?なんて、ツリーを置く予定
なくても、もう少しリビングを広くすれば良かったかもと
私も思ったりもしている。まさか娘の健康器具が部屋
占領するとは思ってもいなかったし





きゃ~壁に当たりそうと、頭上でぐるぐるまわるフラフープ
バランスボールに足踏み昇降台。やっぱ2畳分は広くして
余裕が必要だぅたかも。もっと家族の生活習慣や希望を
聞いて吟味しておく必要があったかもしれないが後の祭り
このスペースがフラフープ場になってます。パソコンの奥
ダイニングとの境に足踏み昇降台が増えました




大体がリビング10畳、家具の配置は?と図面で見ても
そこでフラフープぐらいは出来るだろうと、実際の大きさ
正確に判断が出来る訳でもないし。逆にダイニングは
図面で想像するよりも、リビングとの繋ぎもあるので広く
感じた。今や洗濯室内干し場と化している。まさかこんな
事になるとは思いもしなかった




といった訳で新築に住んでの感想と、最近の年末調整の話
などを書いてみました。その内容に全く関係のない写真は
引き続き9月下旬に出かけた東京国立博物館。今回は古代
埴輪などの写真をご紹介します。前半は古墳時代の比較的
時代の新しい埴輪ですが、ここからは縄文系の古いものです
埴輪ではなく、土偶と呼ばれています




芸術は爆発だぁ~という、太陽の塔でも有名な岡本太郎さんも
縄文文化が大好きだったみたいです。人の命の輝きというか
息吹のようなものを感じとり、パワーを貰えるという人もいるよう
ですね。八ヶ岳山麓なども矢じりに使う黒曜石も産出されるので
古くから人が住み着き、縄文遺跡も残されていました




まるで宇宙服みたいだといって宇宙人の姿をしているのでは?
なんていう人すらいます。オーパーツというその時代の技術では
作りえないような意味の分からない古代の遺物は世界中にあり
それが宇宙人の存在を示唆しているのではないかといいますが
どんなもんでしょうね。私はアニメの「海のトリトン」でのオリハルコン
思い出しました




どこかケルト神話を思い出すような遺物。人種も違う
古代の人たちは交流とかもなかったとは思うんだけど
太陽神とか、岩戸に隠れるとか、ピラミッドとかの同じ
ような言い伝えや遺物。人の本能によるもの?




この遺物だって、これだけみたら海外の遺跡から出土
したものだと言われたら、そう思ってしまうような共通性
なども感じてしまう。まっ、実際に文化や技術などの交流
この頃にはあったのは確実





東の果ての小さな日本列島で独自文化が育ったとは思えないし
何らかの人的な移動や交流があってこその今の歴史なんだろう
このあたりの古墳での遺物は、大陸や朝鮮半島に通じるもの
なんだろう




鉄や金細工といった技術のみならず、古墳の風習や思想
宗教、教育などなど、様々な文化の伝播が行われ、それが
日本で昇華されていったのだ




あきませんわ~。舅がまた姑にどなりちらしているし。何か
旦那が片付けて(捨てて?)しまったみたいで、また山から
取ってこなきゃいけないようで」、「まったく、あいつもた~けた
小僧や!!」とか怒っているが、本当にそれが必要なもの?
自分の正しい事が人にも正しいとも限らないし、なおさら人に
仕事をやらせているのに、その言いぐさはないと思う





思うように体が動かず歯がゆいとは思うけど、そろそろ
身を引いてくれたらと思う人、あの世界でもあの業界にも
いるような気もする。俺が俺がといつまでも世間の常識とは
ずれてしまった昔の価値観押し付けるだけの人。確かに
先人の知恵、過去の技術も侮れない部分もあるとは思うが
昨今の技術の革新を考えるとね




最近の真冬の寒さで寝室のペアガラス、はしっこの方は
結露を少ししていて、でも娘の東の窓は外からの結露で
内側はしてない有様で、窓の方向や部屋の湿度、窓の
位置などで結露の発生状態もいろいろ。こんな事なら
随分高くはなるかもしれなかったがトリプルガラスにしたら
良かったかなとか思いつつ、何事も予算もあるし、金の
糸目をつけず最高のものをとも言えない歯がゆさ




しっしまったぁ~、寝室でありキッチンもある舅&姑の部屋
昔の家のキッチンや居間はストーブや石油ファンヒーターを
使っていたので、かなりの結露をしていたので姑も寒くなり
結露の事を知っているとは思うし、カーテンだって朝になれば
開けるだろうし、結露があればちゃん処理してくれてるかな?
と、ふと思いついた




朝早く、まだ舅はベッドから出る時間であったが部屋に入って
カーテンを開けたら、サッシの下部がやっぱり結露をしてるよ
というか、風呂にできるような黒カビ? サッシ下部の引き戸の
ところに黒いのが点々。ほこりではなく黒カビ? ミニタオルで
ふいたら拭き取れたけど、もう少し早くに気が付けばよかった




人は人。娘がリビングでフラフープをしたいのも、結露が
出来ているのを姑が気が付かないのだって、私には予測
出来ない事だけに、きっと~だろうは舅じゃないけど通じる
ハズがない。まだ、この時期に結露に気が付いてよかった
姑にはミニタオルで、サッシの部分もふいてほしいと頼んで
おいた




ここ最近の真冬の寒さであるが、朝が寒くても舅が
もったないからと言って、姑がつけないと頼んでも
エアコンはつけさせてくれないそうだ。例えカタチが
かわっても今までの石油ファンヒーター(灯油と電気)
と、エアコンの電気代はあまりかわりがないと言うか
逆に安いように思えるが。今まで
の慣れたやり方なら
苦にならないが、新しい事は受け入れられないのかも


          

                  平成28年9月下旬に東京国立博物館で撮影


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2016年11月09日 11時12分55秒
コメント(45) | コメントを書く

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.