000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

カツラの葉っぱ 大好き!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


Mドングリさん

継続は力なり

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
映画    音楽  映画鑑賞  ランニング 

Calendar

Favorite Blog

軟骨的抵抗者 演歌の… New! 幻泉館 主人さん

仙台七夕2017 … New! マックス爺さん

ざわめきと ノイズ… lavien10さん

今月の映画評「太陽… KUMA0504さん

メモ  モダンジャズ alex99さん

2017夏の特別見学会 takanebiranjiさん

「アイヒマン実験再… まろ0301さん

カールのフランス体… karlneuillyさん
うるとびーずの ♪MY … うるとびーずさん

Comments

Mドングリ@ Re:『韓国の小さな村で』1(07/14) chappi-chappiさんへ >韓国って、大使の…
chappi-chappi@ Re:『韓国の小さな村で』1(07/14) 韓国って、大使のお気に入りでしたっけ? …
水と油のブランディング@ Re:原題が『重慶森林』という映画(09/12) 文化的に和鋼博物館の断絶が起きていてせ…
Mドングリ@ Re[1]:『私の息子はサルだった』(07/05) chappi-chappiさんへ >他人事とは思えな…
chappi-chappi@ Re:『私の息子はサルだった』(07/05) 他人事とは思えないタイトルの本でおます…

Free Space

1【旧ブックマーク】
カールのフランス体験記
再出発日記
第7官界彷徨
ひまじんさろん
マックス爺さん
鹿島槍ヶ岳からのお便り
alex99さん
chappi-chappiのとんぴん日記
より良い明日をめざして
七詩さんのHP
重信川の岸辺から
大阪で水彩画一筋
漫望のなんでもかんでも
幻泉館日録
heliotrope8543さん
三鷹、聞いたか、吉祥寺
LAVIEN
韓国大好き♪
水彩画人

『神戸百景』を歩く
1000planches
オーサ・イエークストルム公式ブログ
いい国作ろう!
PAGES D'ECRITURE
ベニシアのブログ
神戸の花と木(今の花と木の様子)

内田樹の研究室
カツラの葉っぱ 大好き!
北の国から猫と二人で想う事
絵入りエッセイ
アイラブサイエンス
ナナメに歩こー♪
西加奈子公式サイト

2【官公庁】
神戸市トップページ
神戸市立図書館
四万十市HP
西神戸医療センター:がん相談支援センター
日本・サウジアラビア産業協力タスクフォース

3【気になる本】
自費出版の窓
兵庫の古本屋 新着情報
漫画onWebとは

4【メディア】
デジタル朝日:連載リスト
「日経ビジネス」トップ
ロイター(World News)
週間金曜日ニュース
ナショナルジオグラフィック・トップ
WEDGE infinity
GLOBEバックナンバー
NHKスペシャル放送予定
ちちんぷいぷい公式サイト
Gettyimages

5【関西、旅行】
ハイパーダイヤ
繁昌亭昼席スケジュール
OSシネマズミント神戸
パルシネマ上映スケジュール
湊山温泉イベントカレンダー
横尾忠則現代美術館
兵庫県立美術館
休暇村を探す
「川西英 神戸百景 -百の版木をきざむ旅-」
神戸新聞【特集】阪神・淡路大震災

6【資源・エネルギー】
Tech-On!エネルギー

7【中国】
日中関係/サーチナ
尖閣諸島問題/Yahooニュース

8【韓国】
朝鮮日報
東亜日報/国際
大阪コリアタウン鶴橋

9【フランス】
Le Monde.fr
グーグルニュース(フランス)

10【言語】
「学校行かずにフランス語!」
旧字体・新字体変換

11【セキュリティ】

12【仕事・シルバー】
ひょうごボランティアプラザ災害関連情報
ひょうごボランタリープラザメールマガジン コラボNEWS
生きがいしごとサポートセンター神戸西

13【リンク集】
all about
法情報リンク集


14【その他】
幡多と中村から
桂離宮HP
戦争を語り継ごう
社会実情データ図録
雲南懇話会
『徒然草』現代語訳もくじ
今日は何の日?徒然日記
FINEPIXf200取説
バードリサーチ 鳴き声図鑑
鳥の聞きなし

Freepage List

好きな樹


カツラ


低木(お奨め)


ケヤキ


ハルニレ


フウ


ユリノキ


ブナ(お奨め)


ダケカンバ


ウメ


サクラ


アジサイ(お奨め)


沙羅双樹


マロニエ


コブシ


馬酔木


ドングリの樹


菩提樹


ヤマボウシ(お奨め)


コニファーガーデン


カラマツ


イヌマキ


クスノキ


ハナミズキ


シラカバ


ヤブデマリ


街路樹ベストテン


ハリモミ


クロバナエンジュ(イタチハギ)


庭木の手入れについて


日本の樹木


『カラーリーフ』


『手入れがわかる雑木図鑑』


北国の春状態/野鳥を呼ぶ庭づくり


個人的歴史学


歴史関係リンク


個人的歴史学9


日清戦争について


『東アジア「反日」トライアングル』3


網野善彦の世界


ナショナリズムの季節R2


台湾あれこれR2


明治期の日本大好きアーティスト


『日本の起源』6


お楽しみ箱


野草(お奨め)


フータロー日記


遠くへ行きたい2


車が好きだったかも2


サウジアラビアあれこれ2


関西あれこれ2


シルクロードあれこれ


勝手に関西遺産13


気分はオーストラリアR4


関西人の系譜3


ディープな関西味R1


腹立ち日記


平成の関東軍2


なめきった お役人4


お役所システム7


(ニッポンの宿題)シリーズR3


豊洲市場の設計疑惑その後R2


情報整理


総合インデックスR3


アマゾンvs楽天


朝日のインタビュー記事スクラップR2


NHKスペシャル・アーカイブ(改2)


ブログ年度目次


サイバーリテラシー8


Web 最前線3


トップの壁紙


蔵書録(全項目)改3


ドングリの独り言


トレーニング日誌2


合宿免許@倉吉


腑抜けの闘病記


元エンジニアとして2


飛行機シリーズ3


フランスあれこれ2


団塊世代2


ドングリスタンへようこそ!(その2)R1


アヒル(レベル6)との闘い(最新版)


中華に対する辺境


『中国化する日本』11


日米中EV対決R3


対中最新情報


NHKスペシャル「中国文明の謎」


『おどろきの中国』


中華関連書籍(R6)


『イネが語る日本と中国』4


『世界史のなかの中国』3


アメリカ アメリカ


TPP協定交渉の分野別状況(抜粋)


TPP交渉反対の輪(最新版)


アメリカ アメリカ7


鬼門は自動運転車


個人的エネルギー政策


石炭ガス化複合発電(IGCC)って


シェールガスに期待できるか?3


バイオマスって有効?6


メタンハイドレートあれこれ


水素社会に向けて加速3


個人的エネルギー政策10


映画あれこれ


映画あれこれ1


映画あれこれ4


お奨め映画1


お奨め映画3


リドリー・スコットの世界2


渡辺あやの世界


クリント・イーストウッド監督作品集


リドリー・スコット監督作品あれこれ


第二次世界大戦の戦争映画集1


映画美術3


映画の基本はシナリオ


台湾映画アンソロジー


テリー・ギリアム監督アンソロジー


アジア映画あれこれ


映画パンフあれこれ


宮崎駿の世界R1


高畑勲の世界


是枝監督アンソロジーR1


宮崎駿アンソロジー


「戦争映画」を観てきた2


ドイツ映画あれこれ


飛行機映画あれこれ


砂漠の映画あれこれ2


移民を扱った映画R1


山田洋次の世界


黒澤明の世界


ハードSF映画あれこれ(R2)


原作が先か、映画が先か


ニール・ブロンカンプ監督作品集


好きな映画監督のインデックスR1


矢口史靖の世界R1


人生の贈りもの:戸田奈津子


周防正行の世界


ブレードランナーあれこれR2


何をおいても音楽を


何をおいても音楽を3


好きな歌リンク1


好きな歌リンク2


テレサテン


うたの旅人


(もういちど流行歌)シリーズ


個人的言語学


日本語が亡びるとき


通訳、翻訳,について


漢字のベクトル


漢字の世界3


つれづれなるままに「徒然草」6


関西人の話法


ホンモノの日本語を話していますか


言語・方言のインデックスR1


方言あれこれ


個人的言語学12-R1


原発関連


中国、韓国の原発事情3


福島原発関連13


卒原発について3


『検証福島原発、1000日ドキュメント』


韓国あれこれ


韓国ほろ酔い旅行記


キムさんとのこと


歴史にみる日本と韓国・朝鮮


釜山ヨタヨタ旅行


韓国あれこれ11


韓国料理あれこれ


韓国通の人たちR3


呉善花さんの本R1


『ソウルの風景』


森林あれこれ


森をゆく旅


ブナ大好きスペシャル


樹木のアート


森林あれこれ6


新素材CLTの報道より


『林業がつくる日本の森林』4


気になるアート


食わず嫌いの村上春樹R1


村上隆アンソロジー


藤田嗣治アンソロジー


草間彌生の世界


横尾忠則の世界R1


関川夏央アンソロジー


伊坂幸太郎の世界R2


和田誠アンソロジー


クールジャパンのいかがわしさR2


気になるアート6


スタジオジブリあれこれR2


川上未映子アンソロジー


暇になったら、絵を描くのだったR3


高橋源一郎アンソロジー


三浦しをんの世界R4


西加奈子の世界


村上龍の世界


版画あれこれR1


村上春樹アンソロジー


先住民や移民にからむ文学R5


無頼派女性作家の系譜R3


絲山秋子ミニブームR8


シュルレアリスムあれこれR2


気になるイラストレーターR1


『ジャポニスム』あれこれR1


『アンドリュー・ワイエス水彩・素描展』


佐野洋子の世界R1


浅田次郎の世界R5


漫画・絵本関連


漫画あれこれ4


現代マンガの索引


バンド・デシネあれこれ


いしいひさいちの世界R2


松本大洋の世界


もう赤瀬川原平さんはいないのかR3


鳥頭ワールドR1


杉浦日向子アンソロジーR1


佐々木マキの世界(その3)


SF風イラスト


絵本あれこれ(改1)


漫画のインデックス


空間アートの世界


非定常空間あれこれ


安藤忠雄の作品


安藤忠雄 建築を語る


空き家問題あれこれR1


個人的民俗学


柳田國男あれこれ


「探偵!ナイトスクープ」の世界


フィールドワークへの挑戦2


アホの遺伝子を継ぐ人


藍布の源流


人類学あれこれ


木地師について


「食の歴史と日本人」


探検本あれこれ(その8)


中沢新一著『東方的』


「紙」あれこれR1


『栽培植物と農耕の起源』6


文学賞を狙って


作家デビューを目指す貴方へ3


随筆あれこれ


すっきり書ける文章のコツ80


売れる作家の全技術


文学賞あれこれ


『職業としての小説家』6


文章修業のインデックスR1


読書術・書評のインデックスR1


13 小説家になるための本


『書いて稼ぐ技術』4


大仏次郎論壇賞の受賞作R1


装丁と挿絵


本に携わる職人たち2


『アール・デコの挿絵本』2


線描画の達人たち


小村雪岱の版画がええでぇ


図書館予約とか


図書館予約の軌跡(最新版)


図書館あれこれ


朝日デジタルの書評から(最新版)


予約分受取目録(最新版)


科学的著作


137億年の物語


137億年の物語(続き)


福岡ハカセの世界


『動物たちの生きる知恵』2


『ハトはなぜ首を振って歩くのか』2


「はやぶさ」フリーク2


『驚異のバクテリア』


次元へのこだわりR1


ブラックホールを見たい


ラララ・・・科学の子5


『人類が消えた世界』


個人的経済学


個人的経済学21


ピケティさんの世界R1


シェアリングエコノミー


テクノナショナリズムに目覚めた11


2012.02.17
XML
カテゴリ:メディア
アメリカの新聞では、とっくにデジタル読者数が紙の読者を上回っているそうだが、やはり新聞は紙で読みたいと思うアナログな大使である。

ところで、経営破綻した新聞ばかり75紙も手中に収めたデジタル・ファースト・メディア社の最高経営責任者ジョン・ペイトン氏へのインタビューが興味深いのです。


ジョン・ペイトン氏へのインタビュー <デジタル最優先の新聞社>
(デジタル朝日ではこの記事が見えないので、2/16朝日から転記しました・・・そのうち朝日からお咎めがあるかも)

ジョン・ペイトン氏ジョン・ペイトン氏

Q:米国では伝統ある新聞が次々と休刊しています。
A:米新聞界は2005年を境に、急坂を転げ落ちています。わずか7年の間に広告収入が半分に減りました。正真正銘の5割減です。もっと緩やかな衰退だったなら、手の施しようもあったでっしょう。でもこれほど激しく急落すると凡百の経営者にはなすすべがない。思いつくのは「コスト削減」と「人減らし」だけ。それが米新聞界の現状です。

Q:あなたの会社の新聞の発行部数は、わずか2年で全米第2位になりました。いったい何をどうやった成果ですか。
A:私が掲げる「デジタルが第一、紙の新聞は最後」という方針が、経営の行き詰まった新聞社の社主や投資家たちに支持された結果です。まず、18紙を抱えたまま倒産したジャーナル・レジスター社の債権者から請われ、2年前、CEOにつきました。ついで昨秋、デンバー・ポストなど57紙を抱えて行き詰まったメディア・ニュース社の経営を任された。グループ全体で従業員1万1千人、刊行先は18州に広がりました。

Q:部数は伸びているのですか。
A:そういうわけじゃない。経営を託された二つの新聞チェーン現有部数を足したら300万部になっただけです。ただ、紙の部数を比べて喜んでも意味は無い。私の会社は毎月、雑誌や週刊誌を含めると紙の刊行物を1600万部出していますが、紙を購読しないデジタル読者は4100万人に達しています。勝負は紙よりデジタルです。現状ではグーグルやヤフーに及ばず、全米で16位のサイトですが、これを5位まで押し上げたい。

Q:紙の新聞を捨てて、デジタル専門のニュース社に脱皮したいと?
A:違います。私は新聞社という陣容のままでデジタルビジネス界に打って出たのです。収益基盤である新聞を捨てるわけがない。私は毎朝、自分の新聞と競合紙を読み比べることに深い喜びを感じます。いま54歳の私が生きている間に新聞が地上から消えてなくなることはない。しかし、産業論で言えば、紙の新聞にもう未来はない。週7回発行の週3回か4回に細り、最後は週1回か休刊するか。それが運命でしょう。だから私は何度でも言うのです。「紙の新聞で育った連中の声にはもう耳を貸すな」と。

Q:あなた自身、紙の新聞で育った一人です。。
A:私はカナダの新聞の事件記者でした。1978年にトロント・サン紙に入り、社会部で犯罪報道に明け暮れました。でも正直に言うと、できる記者ではありませんでした。デスクになって「俺は記者よりデスクのほうが向いているな」とほくそえんでいたら、尊敬する上司から「君はデスクに向いていない」と言われました。「じゃあ私は何に向いているのか」と尋ねたら、「経営をやれ」それで腹を決めました。

Q:記者より経営者の方が向いていたわけですね。
A:もう断然。新興紙オタワ・サンの編集局長をやり、後に社長をやりました。大きく育てたサン紙を売却したら、驚くほどの金が私の口座に入った。まだ43歳でした。農園を買ったフランスでブラブラしていたが、やはり新聞の仕事をやりたい。ニューヨーク圏の外国語新聞を買収して米新聞界に参入しました。

Q:「デジタルが先、紙は後回し」と強調しています。紙育ちの社員に対するショック療法ですか
A:そうじゃありません。真意です。紙の新聞で長年うまくやってきた経営者たちは、だれも消極的な思考に陥ります。「我が社はあと何年持つだろうか」とか、「自分が経営陣の一角にある間だけ持続できれば御の字だ」とか。いま世界中どこの新聞社を訪ねても、紙の新聞を作る部門とデジタル新聞を作る部門が別々に置かれています。そしてどの社も経営幹部は紙育ちです。朝日新聞社もきっとそうでしょう。せっかくデジタルで打って出ると決意した社員がいても、その声は経営中枢に届かない。新聞社で意識改革が進まない最大の原因です。

Q:では、あなたは社員の意識をどうやって変えたのですか。
A:一つは、優れた社員にデジタル特命を与えること。傘下の全新聞社から18人を選抜し、iPadやアンドロイド携帯などの装備と月500ドル(約4万円)の手当てを支給した。「これで何か広告が付くような地元向けの新しいサイトやブログ、携帯向けアプリをつくり出せ」と。期間も1ヶ月に限定しました。

Q:どんな成果が?
A:ある記者は、起きた事件をライブで伝える犯罪ブログを立上げました。強盗事件が発生し、容疑者は逃げ、警察は住民に自宅待機を指示した。現場に出た記者とカメラマンはツイッターとブログを使って、断片情報を約90分ごとに更新していった。刻々と事態が変っていく経過を住民が面白がり、ページビューを稼げましあt。
 販売社員は、豪雪地帯に住む購読者向けに、天気予報が降雪を告げた日だけメールを使って電子版を届け、晴れた日は紙の新聞に戻すという購読プランを効果的に宣伝した。雪による不配や遅配の苦情は消え、輸送費も減りました。広告社員は、趣味の馬術についての専門ブログを自社サイト内に立ち上げ、馬に関連した広告を呼び込みました。

Q:それだけでデジタル会社に生まれ変われるとは思えません。
A:ほかにもたくさん試みています。いくつかの傘下紙では編集会議を読者に公開しました。読者を会社に招き、翌日の新聞に何を載せるのかを伝え、読者の要望に耳を傾ける。その模様をネットで生中継するのです。住民からは「今まで近寄りがたい存在だった新聞社が身近になった」と歓迎されています。

Q:あなたの「デジタル最優先」という理念は、日々の報道にどう反映されているのですか。
A:劇的に変りましたよ。例えば昨夏、米東海岸をハリケーンが襲いました。記者たちはまず、襲来がいつごろかという情報を読者に短いメッセージを伝えました。そして災害専用に立ち上げたサイトやツイッターに断片情報をアップしていく。停電や浸水などの情報は住民に寄せてもらう。そういったデジタル用の作業を済ませた後の夕方になって、記者はようやく翌日の朝刊向けの新聞原稿を書くわけです。文字通り、紙の仕事が最後に来るのです。

Q:四六時中、デジタル発信させると、記者が消耗しませんか。
A:忙しすぎるという声は出ました。しかし、いつの時代も革新的な道具が記者の働き方を進化させてきた。タイプライターしかり、ワープロしかり、パソコンしかり。道具に不平を言う記者はどの時代にもいます。いま私たちはネットやツイッター、フェイスブックによる産業革命のただ中にいる。ジャーナリズム存続のためには避けて通れません。

Q:他方、あなたは大量に記者を解雇することで知られています。
A:それは違う。たしかに社員総数は減らしましたが、取材記者は逆に増やしました。この2年間で社員の17%に辞めてもらった。印刷と配送、経理などの部門が主な対象でした。編集と営業に力を集中したいからです。今どき「記者を増やした」と言うと、どの国の新聞人にも驚かれますが、記者こそ増やさなくてはいけない。私の社は、どの街でも競合紙よりも記者の数が多いことで知られています。記者が増えれば、ニュースも増える。ニュースこそ新聞社の商品です。記者の人数で他紙に劣るようではダメ。取材もしないでずっと社内に座っている記者は何も生産していない。「外へ出ろ、街を歩け」と尻をたたいています。

Q:デジタル強化で収益が本当に改善するのか半信半疑です。
A:この2年間でジャーナル・レジスター社は、デジタル読者が2倍に増え、デジタル広告収入は5倍になりました。紙に載せる広告に比べるとネット向けの広告は単価が低いので、米紙幹部たちは「」と嘆き合ってきました。しかし、紙の稼ぎがガタ落ちした結果、デジタルの細かな稼ぎを積み上げると結構な額に届くようになったのです。

Q:あなたの新聞社では、ウォールストリート・ジャーナルやニューヨーク・タイムズのようにデジタル読者に課金はしないのですか。
A:報道サイトの有料化には懐疑的です。お金を払わないとニュース全文が読めないサイトはまちがいなく読者を遠ざける。読者が遠のくサイトに広告を出してくれる企業はありません。サイトは無料にして何の壁も設けず、編集会議ですらネットに公開して、徹底的に読者を自陣に呼び込むことが大切です。しかも無料のニュースサイトだけではまったく不十分。記者全員がもれなくニュースブログを書き、ツイッターで発信し、フェイスブックを更新する。紙の新聞には鋭い解説と読みごたえのあるコラムを載せる。それ以外に、新聞社が生き残れる道はありません。

<取材を終えて>
ジョン・ペイトン氏に対する米国内の評価は真っ二つに割れている。メディア研究者やIT企業家らは、「衰退著しい米紙を救う改革者がようやく現れた」と熱い期待を寄せる。対して、既存メディアの幹部らは「ありきたりのネット戦略。とても新聞社の経営再建ができるとは思えない」と冷ややかだ。なかには「倒産した新聞社を安く買ってリストラを済ませては高値で転売するハゲタカ投資家の先兵でないのか」と警戒する声もある。広告より販売収入の割合が高い日本の新聞社とは収益構造が違うため、単純に比較はできない。前例のないデジタル急転換策が果たして軌道に乗るのか、無残な結果に終わるのか。各国の新聞界が注視している。
(ニューヨーク・山中季広)


朝日新聞のネット記事の一部が有料のデジタル朝日でしか見えなくなり、その被害を被っている大使であるが・・・・
ジョン・ペイトン氏の新聞はデジタル読者に課金はしないそうです。(太っ腹やで♪)






Last updated  2012.02.18 08:45:42
コメント(0) | コメントを書く
[メディア] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.