779346 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ〜ウルトラランナー経理部長の経理の仕事とマラソン日記〜

経理は地味だが役に立つ〜ウルトラランナー経理部長の経理の仕事とマラソン日記〜

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

ウルトラランナー経理部長

ウルトラランナー経理部長

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

aki@ Re:新プロジェクトX(04/16) この様な書込大変失礼致します。日本も当…
経理のHIRO@ Re[1]:自宅を後に(07/04) カバちゃんさんへ ありがとうございます。…
カバちゃん@ Re:自宅を後に(07/04) お疲れ様でした。 相変わらず、忙しいね。…
元上海副総経理@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) カバさん、ありがとうございます。 久しぶ…
椛澤勝典@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) お疲れ様でしま😀 今晩は、ゆっくり出来ま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024年04月20日
XML

先月、箱根駅伝1区ランをやりましたが、今日はその続きを走ります。
ランナーなら一度は走ってみたい、花の2区を再現します。

2区は鶴見から戸塚までの横浜市内を走るコースです。
各大学のエースが走ることから、花の2区と言われています。
その花の2区を走るために、朝から電車で鶴見市場駅まで移動します。

鶴見中継所まで歩き、花の2区のスタートです。
2区は23.1kmと、往路の中で最も長い距離です。

鶴見からずっと国道15号線を行き、その後は国道1号線ですので、コースはとてもわかりやすいです。
走っていくと、JR国道駅という、廃墟のような佇まいを残した無人駅を通り過ぎます。

立ち止まって、少し中を見てみました。
恐らく戦前に建てられた駅舎の趣きが残っている、レトロな雰囲気の駅です。
走っているからこそ、気づいて立ち止まれるのだと思います。

国道駅を過ぎて少し行くと、生麦です。
ここはキリンビールの工場が有名ですが、生麦事件の碑がすぐ近くにあります。

これも立ち止まって見てみました。
生麦事件の起きた場所からは少し離れた場所にあり、碑はかなり老朽化が進んでいて、歴史を感じます。

色々と発見しながら、走り続けます。
みなとみらいが左手に見えてくると、横浜駅東口です。
復路では、ここでの給水がお馴染みです。

横浜駅を過ぎて国道1号線に入り、高島町のあたりでまた立ち止まります。
ここには2代目横浜駅の遺構があります。


100回特別記念号 箱根駅伝2024観戦ガイドブック 歴史、選手名鑑、コースの見どころから 真似できるランニングフォーム解説まで。観戦後も使える! (学研ムック) [ 編集部 ]

2代目横浜駅は関東大震災の影響で、わずか8年間の営業だったということです。
駅舎は焼けてしまいましたが、レンガが残っており、高島町のマンション敷地内にあります。

色々と歴史散策のようなコースですが、この後はひたすらに東海道を進みます。
西区から保土ヶ谷区までは快調に走り、15kmあたりで権太坂を上ります。

この権太坂は2区の名物で、1kmほど続く長い坂です。
粘って上り切ると戸塚区に入ります。

戸塚区内に入ると、比較的アップダウンが続き、消耗します。
国道1号線も交通量が多く、車しか走れないルートなどもあり、苦戦します。

中継所まであと少しだろうというところで、強烈な上りが始まります。
ここが2区の最後の難所です。

青山学院大学の近藤選手と、中央大学の吉居選手のデッドヒートを思い出します。
苦しい上りを上っていると、「この先200m先 歩行者は通行できません」という看板が目に入ります。

この先はどう走るのだろう、と思っていたところ、釣具店が左手に見えました。
ここが正に戸塚中継所でした。
そのままゴールです。

中継所付近は、箱根駅伝の時はわかりませんが、ラーメン屋やそば屋などがあります。
ラーメン屋の店名は、「中継所らーめん」でした。

時計で見ると、走行距離は24kmでした。
先週のウルトラマラソンの疲れも抜け、ゆっくりペースで花の2区をリカバリーで走るという、何とも贅沢なランニングでした。

これで2区までは走り終えました。
往路のゴールまでは、まだ60km以上あります。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年04月20日 12時41分24秒
コメント(0) | コメントを書く
[マラソン・ランニング] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.