572769 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

食の匠のお助けまん! 全国奔走中!

2005/10/19
XML
今日もありがとうございます!
blog


おかげさまで、トップ3、キープしています!
みなさまのおかげです。ありがとうございます!!

ランキングを見てみる



ダイレクトマーケティングが、今、注目されています。

その典型的な例が、「メーカー直販」と呼ばれる、
生産者が直接消費者に商品を販売する「通信販売」なのです。


食の匠のお助けまんの日記では、
メーカー直販も、大きなテーマの一つとして取り上げて、
食品メーカーさんのお役に立てる情報を発信していきます!



今日は、やずやの「香醋読本」を例にとり、
通信販売における商品情報の大切さについて書いてみますね。





最近の通信販売の売上高ランキングを見ると、
やずや、再春館製薬所、ヴァーナル、大地宅配などが、50位以内にランクインしています。


「分厚いカタログ」を売り物にした「大手総合通販」ではなく、
名づけて 「特化型消耗品説明販売」 とでも言いましょうか、
強い専門性を持った独自の商品を武器にした中小企業が台頭しています。




その典型的な例が、香醋で有名な「やずや」。
(やずやについては、以前、詳しく紹介しました



やずやでは、商品価値をお客様に正確に伝えるには、

通信販売が最も適した手段だと考えているそうです。


ここに、通信販売の「コア」とでも言うべき重要なことが隠されています。




それは、「商品情報の重要性」を熟知しているということです。


実際に商品を触ることができないのが通信販売です。

お客様にとっては、
カタログやインターネットで出会う商品情報が、すべてなのです!!




いくら良い商品であっても、
作り出される「商品情報」のレベルによって、
お客様が受ける商品の印象は、まったく違ったものになります。


以前、私もカタログでこういう実験をしたことがあります。
同じ商品を使い、意図的にまったく違った雰囲気の商品写真、レイアウトで
2タイプのカタログを制作して実験販売を行いました。

結果は予想以上でした!

お客様は、商品の魅力が充分引き出された写真やコピーに敏感に反応したのです。


同じ商品でも、売上は数倍の差が出ることが明確に数字として表れました。




やずやでは、香醋について詳細に商品説明した「香醋読本」を配布しています。
この中で、企業理念や商品開発に真剣に取り組む姿勢を分かりやすく説明しています。

つまり、一冊まるごと(24頁)が、たった一つの商品、「香醋」の商品情報なんです!!




「特化型消耗品説明販売」というビジネスにとって、
商品と会社の「ヘビーユーザー」を増やす、究極のカタログです。


通信販売にとって、「商品情報」のクオリティは事業の根幹と言えるでしょう。

(関連記事「ネット通販は、超アナログ」は、こちらから



応援クリックよろしくお願いします!
blog


↑クリックありがとうございます!
 インターネット通販の場合でも、商品のよさを説明する商品情報の大切さを再認識したいですね。
 
ランキング見てみる






Last updated  2006/02/16 10:44:28 AM
コメント(6) | コメントを書く


PR

X

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.