2093120 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2009年06月09日
XML
テーマ:国際理解(9)
カテゴリ:本の紹介
昨日のブログで、『世界がもし100人の村だったら』の
Web上の動画の紹介と、断片的な引用をしました。

月日は流れ、最初にこれが本として出されてから、
今ではずいぶんといろんなものが世に出ています。

今日は楽天ショップから、
『世界がもし100人の村だったら』関連シリーズをご紹介。

====で囲ったところは、製品紹介からの引用です。

山ほどあるので、その中から厳選した上で、怒涛のように行きます。


DVD
フジテレビ 世界がもし100人の村だったら ディレクターズ エディション
(楽天ブックスで、送料無料、26%OFF)

2009/5/20発売の新商品です。

==========================
2003年から計5回放送され、毎回多くの反響を呼んでいる
大型ドキュメンタリー番組「世界がもし100人の村だったら」。
各放送分からゲスト女優陣がレポートした子供達のドキュメント映像をDVD化。
==========================


【送料無料】ピアノ・ソロ 世界がもし100人の村だったら

世界各地の名曲をピアノソロで。2000円。

=========================
収録曲(抜粋)
■イマジン(ジョーン・バエズ) ■花(喜納昌吉&チャンプルーズ)
■アマポーラ(ナナ・ムスクーリ)
■遥かなる河(ジミー・クリフ) ■遠方の友(ホンガル)(ウヨンタナ)
■コンドルは飛んでいく(ロス・インカス)
=========================


世界がもし100人の村だったら(完結編)

=============================
【内容情報】
本書は、国連の2015年をターゲットにした「開発目標」(全地球レベルのさまざまな改革計画)を含んだ、未来にむけた「100村」完結編
本文デザインは世界の写真を添え、イメージを大幅刷新。
本編の内容も「進む都市化」「若者の失業」「地球温暖化」「二酸化炭素」「再生可能エネルギー」「災害」など、新規項目で構成。
未来予測も随所に加え、「2015年までに世界はなにをなすべきか」解説。
また「世界を変える人びと」「グッド・ニュース」など、希望に満ちた持続的社会のための活動を報告するコラムも充実。シリーズ160万部の「100村」はついに完結! 「現代の民話」から、希望ある未来にむけたノンフィクションになった!

2015年までに世界はどうよくするのか? 
=============================


世界がもし100人の村だったら(4(子ども編))

=============================
 「いま、子どもたちが消えています」
少子化で子どもが半減した日本。一方で世界全体では子どもは増えつづけている。
 「世界の子どもがもし100人だったら/
 生まれたことが役所などに届けられない子どもは55人か、
 あるいはそれ以上です」

○世界でもっとも子どもたちを撮っている、田沼武能による写真版
 「ぼくの子ども100人の村」
○ユニセフ職員による現地レポート「アマゾンの子どもたちといっしょに」 付き
===============================

世界がもし100人の村だったら(3(たべもの編))

============================
世界には65億の人がいるが、もしもこの世界を100人の村に縮めて食べ物のあり方を見てみると...。ネパール取材から生まれたフォト・ストーリー「少女ランマヤの給食ものがたり」も収録。
============================


朗読CD
 世界がもし100人の村だったら~little wings / 奥山友美(朗読)

==============================
著名なベストセラーのCMソングと全編朗読、それにCM映像も収録したCDエクストラ仕様の一枚。歌と朗読は奥山友美で、癒し系の声が涼やかで心地いい。最後の部分を文字と点字で記した"点字メッセージカード"が付いている。
==============================


世界がもし100人の村だったら(総集編)

============================
【内容情報】(「BOOK」データベースより)

"世界の教科書"「100人の村」総集編は、
最新データに基づく「100人の村」第1巻の"数字"改訂版
さらに世界の食糧危機を訴えた"たべもの編"、
医療・教育の急務を説く"子ども編"の本編、
そして原典となった「1000人の村」を収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)

世界がもし100人の村だったら EDITION2008
/世界がもし100人の村だったら たべもの編
/世界がもし100人の村だったら 子ども編
/「1000人の村」から「100人の村」へ
/村の現状報告/「100人の村」数字に関する注
============================

そして、最初の1冊がこちら。


世界がもし100人の村だったら

============================
【内容情報】(「BOOK」データベースより)


世界を100人に縮めるとまったく違うあなたが見えてくる。
インターネットで世界を駆けめぐった現代の民話。
==============================

こんなにいろいろあるとは。
調べてみてびっくりしました。

基本的には価格は安めに設定されていると思います。
気に入った1つを購入されてみてはいかがでしょう。







最終更新日  2009年06月09日 22時34分30秒
コメント(0) | コメントを書く
[本の紹介] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

小林正観『100%幸せ… New! 森3087さん

コメント新着

 日本海ファクトリー@ Re[2]:学習内容を好きなことに関連付けて、本人にとって意味ある学習に(11/29) にかとまさんへ 迅速に、また適切に対処…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.