2074515 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2011年05月24日
XML
テーマ:自己成長(397)

この土日は自然学校の引率でした。

今日が最終日。
みんないい顔で帰っていきました。大笑い

さて、今日は久々に一人さんの本を紹介します。


愛される人生
(斎藤一人、KKロングセラーズ、2011、1600円、※CD2枚付き)

例によって、まったく個人的な読書メモです。

==============================
『斎藤一人 愛される人生
読書メモ ロゴ

・全力で、今をしあわせに生きよう

・恐怖からしあわせは生まれない

・冷静に相手を評価すると50点 → 喜ばそうと思ったら、
                      90点ぐらいに見てあげなきゃいけない

 ★4割乗せたときから、いくらか相手が喜んでくれる。

・相手が喜んだとき、自分もうれしくなっちゃう

・人を喜ばせる以上の楽しみは「ない」

・自分を先にするより、相手が楽しむことを先に考えると、
 もっと、もっと自分が楽しくなってくる。

 自分の楽しみを優先したときの何倍、何十倍も楽しいんだよ

「仕事はゲームだ」

 たとえば、今月の売り上げが先月より1万円多かったら、勝ち。
 1点獲得。

 2万円多かったら、2点獲得。

 このゲームに名前をつける。
 「じゃんじゃんバリバリゲーム」

・今日1日、部長が怒鳴る回数の予想を立てる(笑)

★怒鳴られることをおそれてるか、ゲームにするかで、全然、違う

・「誰もわかってくれなくていい。
  オレ一人でもやる」
 といってがんばってる人は、ふり返ると、おおぜい人がついてくる。

(p75(第2章の終わり)まで)
==============================

人に怒鳴られる、というのは、すごくイヤな体験。

でも、そんなイヤな体験も、ゲームにしてしまう。

一人さんの考え方は、まるで「負け」のないゲームをしているかのよう。

これなら絶対人生大丈夫、楽しくてしょうがない、という考え方です。

しんどいときこそ、こういった一人さんの言葉は
大変助けになります。

 

僕は昔から、人生はゲームだと思っています。

でも、その割には深刻に考えすぎることが多かったりして・・・。

もっと軽く考えて、お気楽に、肯定的にとらえていけばいいのかもしれません。

 

さあ、あなたも今から、「じゃんじゃんバリバリゲーム」 で
人を喜ばせていきましょう♪大笑い

 

つづきはまた今度。

ありがとうのおじぎ男の子ここまで読んでいただいて感謝します。
     ブログを応援していただける方は、ぜひ1×3クリックをお願いします。↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ   ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング

    にかとまの読書メモリスト







最終更新日  2011年05月24日 22時22分02秒
コメント(0) | コメントを書く
[共に生き、共に育つ] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

エシカルファッショ… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.