1594910 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

法律なんて怖くない!

PR

プロフィール


法律伝達人max-asayu

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

うまい棒 ぴんく はあとさん

ページを開くことが… VIVA7354さん

広島水道センター … こあきんどさん

アマゾンプライム鑑… 剣竜さん

theネタ帳☆ ぞっこんボスさん
★cellfood健康法 「… soliton_kobaさん
さむらい業日記 モダニストさん
Love Thirties! きよみっぴさん
つんつんの主に読書… つんつん1955さん
Natural koukiakiさん
2004年09月02日
XML
テーマ:法律(467)
カテゴリ:刑事訴訟法

刑事訴訟法は何故あるのでしょう。
それは基本的人権の尊重と真実の発見にあると言われています。
「基本的人権」とは中学の公民などでやった憲法にでてくる
「基本的人権」です。生命や身体・財産などです。
「真実の発見」とは犯罪が誰によって行われたかを究明し、
犯人を捕まえることです。

別に大したことを言っているわけではないようにも思えます。
しかし、結構これが難題なのです。
例えば、清水君がある事件の犯人ではないかということで
警察に捕まりました。

そこで、予め呼んでおいた目撃者二人(三島さんと草薙氏)
に清水君が犯人かどうか見てもらうことにしました。
三島さんに清水君の顔を見てもらうと、
「間違いなくあの人が犯人です」と三島さんは言いました。
次に草薙氏に見てもらうと、
「間違いなくあの人は犯人ではありません。
犯人はもっと違う顔をしていました」と言ったとします。

もちろん、清水君・三島さん・草薙氏はここでは
初対面であり、三島さんも草薙氏もウソをついておらず、
どちらかが誤解しているに過ぎないと言うことにしてください。
つまり、清水君が犯人である確率は50%という事になります。

ここで、基本的人権を重視すると「50%程度の確率では
清水君が犯人とは断定できない。ということは清水君が犯人でない
可能性がある。もし清水君が犯人でなかった場合、
身柄を拘束するのは基本的人権を侵す事になる。
だから清水君を釈放するしかない」と言う結論になります。

しかし、真実発見を重視すると「一応目撃者がいる以上
清水君が犯人である可能性は高い。もし清水君が
本当に真犯人だった場合、ここで釈放したら
真実は永久に闇の中だ」となって清水君を処罰してしまおうという
結論になります。

さて、みなさんならどうしますか?
どちらにも分があるように聞こえますか?
いえいえ、答は出ています。
昨日、「冤罪は社会生活に影響を及ぼすから、できる限り排除すべき」と申し上げました。つまり、冤罪が発生しにくい方を重視するのです。
よって、基本的人権を重視しすべきだと言うことになります。

つまり、刑事訴訟法は基本的人権の尊重と真実の発見のために
制定されたが、基本的人権の尊重と真実の発見が対立する場合には
基本的人権のほうを重視するべきである、ということがいえるでしょう。
一人の冤罪者を生み出すくらいなら、1人真犯人を取り逃がすほうがいいと考えているのです。

刑事訴訟法はこういう理念で書かれていますから、
昨今の刑事裁判はおかしいと考えている方は
法改正を視野に入れてみてください。






最終更新日  2004年09月02日 00時02分05秒
[刑事訴訟法] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.