3866533 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あしたの風

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

長野・岐阜・静岡・愛知

April 16, 2017
XML

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


織田信康(織田信長の叔父)のより室町時代の1537年に建てられ

現存する天守は日本最古の様式という国宝犬山城

江戸時代までに建造された「現存天守12城」の一つで

天守が国宝指定された5城のうちの一つ

ちなみにその他4つは姫路城、松本城、彦根城、松江城です


木曽川沿いの高さ約88mほどの丘に築かれた平山城

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


急な階段を上り城門をくぐると…

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


三層四階地下二階の複合式天守(高さ約19m)を持つ犬山城

明治4年(1871年)も廃城されるまで

小牧・長久手の戦いや

関ヶ原の戦いでは西軍の重要拠点であったりと

数々の戦の舞台となりました

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


犬山城では築城当時の木材が多く残されているため

展望台に上る城内は古木材の立派さに目を見張ります

もっとも歩くとミシミシと鳴る音で天井が抜けるのでは… 

とか

床の隙間から下が見えちゃうし…

滑り落ちそうな急な階段の上り下りなど

結構なスリルも味わえます

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


望楼型の天守最上階には回廊(廻り縁)があって

うれしいことに網やガラスがないので

美しい木曽川や、城下町がストレスなく見下ろせます

入母屋の瓦もきれい

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


もちろん近代的な街も見えますが…

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


亀の甲羅に桃がのった形をした魔よけ

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


唐破風(からはふ)を持つ天守はRのせいで

どこか柔らかで好きです

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


城山の麓に位置する歴史ある三光稲荷神社の絵馬は

可愛いピンクのハートピンクハート

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


麓にある犬山神社には満開の桜さくら

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


ああ、淡墨桜(下に記述しています…)がこうだとよかったのに…

犬山城
犬山城 posted by (C)nana


という訳で、今回の3城めぐりはこれで終了…

なのですが、おまけの情報


今回の旅は名古屋で一泊だったのだけれど

立地の良いビジネスホテルとは言え

お部屋は狭いってもんじゃないくらいだったし

冷蔵庫もないっていうくらいファシリティもプアだったけれど

天然温泉の大浴場があったことと、朝ごはんだけは立派でした

朝から「名古屋飯」

味噌カツ、エビフライ、どて煮、アゴだし鍋… となかなかのもの

きしめんもありましたよ~

名古屋クラウンホテル
名古屋クラウンホテル posted by (C)nana

名古屋クラウンホテル
愛知県名古屋市中区栄1-8-33

朝、犬山城に行く前に向かったのは

能郷白山が見える山里は岐阜県本巣市 のもっと奥

能郷白山
能郷白山 posted by (C)nana


こんな鄙びたところ …に行ったの …何故って

能郷白山
能郷白山 posted by (C)nana


樹齢1500年以上と言わるエドヒガンザクラの古木

淡墨桜(うすずみざくら)を見に行ったのです

だけれど… だけれど… 見事なまでの0部咲き下向き矢印(4月3日)

淡墨桜
淡墨桜 posted by (C)nana


は蕾のときは薄いピンク、満開になると白色

散りぎわには特異の淡い墨色になるという…淡墨桜

樹高16.3m、幹囲9.91m、枝張りは東西26.90m、南北20.20m… 

継体天皇のお手植えという伝承があるそうです

う~見たかったぁ~

ってことで、満開になったらこんななんだぁ の 淡墨桜

写真を拝借いたしました

淡墨桜
淡墨桜 posted by (C)nana


おしまい....


2017年4月:愛知の3城めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 3, 2018 01:44:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 15, 2017

肝屋
肝屋 posted by (C)nana


せっかく名古屋に泊まるのだもの…

って言ってもホテルは最低限のビジネスホテル

ならば、というかその代わりディナーは美味しいところで食べたいわっ


けどね、これが土地勘無いんですよ

名古屋ならひつまぶし、味噌カツ… というくらいの知識

ということで食べログ頼みのチョイスで行ってきました

選んだところが、いわゆる「名古屋飯」ではなく「肝」

というのに我ながら笑ってしまいましたが

肝ラバーにはワンダーランドのようなお店

牛・豚・鶏だけじゃなく、魚の肝もある肝料理専門店


さつま木挽 白麹とお通しの塩だれキャベツでスタート

肝屋
肝屋 posted by (C)nana


選ぶのが大変なほどメニュは豊富

用意されていたお勧めトップ10を参考に

NO.1という限定肝刺4種盛は

馬肝、牛心、ゆっけ、豚コブクロの盛り合わせ

お店イチオシの馬肝はニンニクとゴマ油で

プリンとした食感にレバー独特の濃厚な味わいだけれど

あっさりというかさっぱりというか爽やかさすら感じるお味

コレ大好きなヤツ …これだけお代わりしちゃおかしらって思たわ

分厚くカットされた牛心はコリっとしていて

わさび醤油でいただきます 美味

ゆっけも牛ハツだけれど細切りにカットされていて

ゴマ油とニンニクの香りが良くてまた違うものみたい

脂肪分が少なくさっぱりしたコブクロもワサビ醤油で

ちょっとブニっとする食感が楽しい一品


八戸港直送というイカレバ刺しは

イカの身の上にイカワタのルイべをのせているもの

このほろ苦さがたまらなく美味しいの …日本酒ほしい

肝屋
肝屋 posted by (C)nana


牛ハツはカルパッチョでもいただきました

ポン酢と大根おろしでさっぱりといただくのもまたオツなもので

玉ねぎのちょっとピリッとした辛味もアクセントになっています

肝屋
肝屋 posted by (C)nana


「ボリュームがありますよ~」と注意されていましたが

たしかにかなりテンコ盛りの野菜スティック レバーペースト

こんなに太く長くカットするとコストかかるでしょう…って

心配しちゃうほどの大きなスティックの新鮮な野菜を

滑らかにのばしたレバーペースト ←これが決め手

濃厚なカニミソマヨネーズや塩でいただきます

箸休めというより、しっかりボリュームのあるサラダでした

肝屋
肝屋 posted by (C)nana


珍しいっ 聞いたことないっ

馬シラコ刺は馬の脊髄だそうで

タラのシラコに食感が似ているということだったけれど

なめらかだけれど… えっとえっと…

そうそう、湯葉をいただいている感じでした

ポン酢でいただきましたがこのクニッとトロッとした

独特の食感、ちょっと癖になる珍味でした

肝屋
肝屋 posted by (C)nana


かに肝クリームコロッケは2つ盛

ガリッと揚ったコロッケは

ザクッと割ってみると

かに味噌と自家製ベシャメルソースがどろりん

カニミソとベシャメル …あうんだよねぇ

これはワインが欲しくなってしまった 

もう一度食べたいって思う一品に出会えるって幸せ


肝屋
肝屋 posted by (C)nana

肝屋
肝屋 posted by (C)nana



三河鶏レバと砂肝のアヒージョは

ねっとりとしたレバとコリッとした砂肝は

もちろん美味しいのだけれど

それらからたっぷりと旨味も出ていて

舞茸やしめじもナイスアシストしていて

バケットでオリーブオイルもお掃除してしまいました

肝屋
肝屋 posted by (C)nana


満腹…口福… しかもこれだけ食べて

二人で7000円チョイ、すばらしいの一言

肝屋 嘉正亭 みその
愛知県名古屋市中区栄1-11-7

続きはこちら 4. 「現存天守12城」の一つ、国宝犬山城 ~淡墨桜はゼロ部咲き

2017年4月:愛知の3城めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 3, 2018 01:45:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 14, 2017

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


1930年、お城で初めて国宝に指定されてた名古屋城…

国宝で世界遺産にも登録されている姫路城はその翌年に指定されたのだから

戦前は名古屋城と姫路城が日本を代表する城の双璧だったんですよね

大小天守、櫓、門、御殿等は昭和戦前期まで残っていたということですが

しかし…

1945年に名古屋大空襲で天守閣や本丸御殿を含め全て焼失してしまい

現在では日本100名城に選定されていて国の特別史跡に指定されていますが

国宝ではなくなっちゃいました

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


織田信長誕生の城とされる今川氏・織田氏の那古野城の跡周辺に

徳川家康が九男義直のために天下普請によって築城したとされる名古屋城

徳川御三家の一つでもある尾張徳川家17代の居城として明治まで利用されたそう

城内はソメイヨシノはまだだったけれど

枝垂れ桜が咲き乱れていました

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


ピンクだけじゃなく、菜の花の黄色、新緑もとてもきれい


名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana



戦後に天守等が外観復元され

城跡は名城公園として整備されています

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


大天守の金のしゃちほこがキンキラキンきらきら

もちろん上りますわよっ

と言っても、エレベータありますんで楽ちん

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


しかしまあ名古屋城の天守は…

展望室はガラスばり

撮り難いったらありゃしないわっ

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


まだ工事中ではあったものの

本丸御殿の中は入れるようになっていました

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


これがまた何と申しますか…

きらきらきらきらキンピカ~~きらきらきらきら

目に痛いほどの金ぴかっぷりでございました

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


もちろんね、建具の格子の美しさ等々も一見の価値ありですよ


名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana



忘れちゃいけないっ

天井もビューティフォ

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


そしてこちらはまた印象をがらりと変える黒漆バージョン

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


こんな建具触れないわよね …もちろん触っちゃダメだけど

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


せっかくなんで金ぴか鯱いっとくカメラ

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


ビールも桜と一緒にいっとくカメラ 

今回の旅では全然地ビールに出合えなかったのが残念です

名古屋城
名古屋城 posted by (C)nana


続きはこちら 3. 肝好きにとってはうれしい悲鳴をあげたくなる…肝屋 嘉正亭 みその (名古屋・栄)

2017年4月:愛知の3城めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ

☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 3, 2018 01:45:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 13, 2017

岡崎城
岡崎城 posted by (C)nana


「神社・仏閣・城・教会」を訪れるのが好きですが

日本のお城を巡り出したのはつい最近

未だに全然制覇できていないのが現状です

が…


チャンスがあれば行くざますっ

ってことで、週末で3城行こうっ ツアー

まずは徳川家康ゆかりの岡崎城へ

大手門 …新し目かしら? ね

岡崎城
岡崎城 posted by (C)nana


別名、龍城と言われる岡崎城は

徳川家康が生まれた城として有名なお城…

現存の天守は1959年に再建されたお城ですが

日本100名城に数えられています

岡崎城
岡崎城 posted by (C)nana


菅生川と矢作川の合流地点にある龍頭山の丘陵に建つお城は

元々龍頭山の砦として三河国仁木氏の守護代であった西郷稠頼と

その子頼嗣が北方に対する防御として築城

その後、松平清康が西郷信貞から奪い改修拡張整備したそうです

明治の廃城令によって廃城となり天守閣も消失したものの

後に天守などが復興され、東隅櫓も2010年に再建

もちろん上りますっ

城内は整備され歴史資料館になっていて

5階の展望室までは近代的な階段になっているので楽ちん

岡崎城
岡崎城 posted by (C)nana


天守閣からは岡崎市内が一望できます

街中にあるのでビルだらけですが…


岡崎城
岡崎城 posted by (C)nana

岡崎城
岡崎城 posted by (C)nana



訪れたのは4月2日

桜にはまだ少々早すぎ…

ソメイヨシノじゃない何本かだけは咲いていました


岡崎城
岡崎城 posted by (C)nana

岡崎城
岡崎城 posted by (C)nana



この日はわんこデーだったのか …そんな日はない?

サモエド君?御一行様や

黒柴一族参上か… くらいどこもかしこもわんこどきどきハートわんこ

なんか幸せ

岡崎城
岡崎城 posted by (C)nana


カラクリ時計もありまして…

30分毎に家康様 舞います 

とってもお地味です、悪しからず

岡崎城
岡崎城 posted by (C)nana


愛知でお味噌と言えば「八丁味噌」 …ですよね

八丁味噌の名前の由来は

岡崎城から西へ八丁の距離にある岡崎市八帖町(旧・八丁村)で

造られていたからなんですって

宮内庁御用達という「角久」さんの味噌蔵では

今でも天然の川石を山のように積み上げて重石をした大きな杉桶に

天然醸造で二夏二冬以上の間熟成させているそう


角久
角久 posted by (C)nana

角久
角久 posted by (C)nana



味噌の香りがする味噌蔵

八丁味噌はちょっと甘めだけれどコクがあって美味しいよね

角久
角久 posted by (C)nana


続きはこちら 2. お城で初めて国宝に指定された名古屋城だったのに…

2017年4月:愛知の3城めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも下矢印よろしくね



メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message






Last updated  May 3, 2018 01:46:19 PM
コメント(2) | コメントを書く
April 17, 2016

松本城
松本城 posted by (C)nana


このところ黒いお城続き…

松山城、熊本城と立て続けで今回松本城…

黒と白のコントラストが美しいお城です

今回の地震で倒壊した熊本城を見て心が痛いです
一日でも早い復興をお祈りいたします

桜の一本も見えない松の先に

別名烏城と呼ばれている松本城

松本城
松本城 posted by (C)nana


桜目的じゃなく国宝の松本城を観ることだったのだけれど

こんな桜のカーペット(水面だけど…)を見ちゃうと

この時期に訪れて良かったなって思ったわ

松本城
松本城 posted by (C)nana


太鼓門から入りさらに黒門をくぐり城内に入ります

松本城
松本城 posted by (C)nana


振り返ると一本の桜 …風情あります

この黒門は1989年に復元されたものそうです

松本城
松本城 posted by (C)nana


平城のため松本城のある松本市内のどこからでも

見えるというお城ではないけれど

近くから見ると天守はとても大きく立派に見えます

左側手前が月見櫓、その奥が辰巳附櫓

大天守、渡櫓、乾小天守

この建物一群以外には周りに櫓など建物がないので

天守閣だけが目立ちます

松本城
松本城 posted by (C)nana


5重6階の天守は櫓を連結した造り

左端に見える月見櫓は

『第3代将軍徳川家光が長野の善光寺に参拝する途中で

松本に立ち寄るという内意を受けたため

当時の藩主松平直政が建てた』そうです

中は開口部が大きく取られ赤い欄干が配され正にお月見にぴったり

実際には家光の善光寺参拝は中止になったらしいですけどね

松本城
松本城 posted by (C)nana


天守閣に上りますです

毎度毎度ですが高いところには必ず上る母娘っす

もちろん階段です…

しっかり筋肉痛になっちまったぜぃ


松本城
松本城 posted by (C)nana

松本城
松本城 posted by (C)nana



ようやく天守の最上階6階に到着

見かけは5重だけれど階数は6階…

階段数も多いのよ、しかもめっちゃ急

でもこの景色っ

周りに見える建物がないと

ココドコ状態です が…

松本城
松本城 posted by (C)nana


大天守の隣に建つ乾小天守の屋根越しの景色を見て

お城に上った感に浸った次第

松本城
松本城 posted by (C)nana



松本城を後に

今回の旅のハイライト高遠城址公園へ

桜の名所だけれども高遠城って??なくらい

お城としての知識はなかったの

『武田信玄の五男仁科五郎盛信が織田信忠と戦い

壮絶な死を遂げた高遠城。廃藩置県で城を撤去』されたそうです

昭和48年に国の史跡の指定を受け

現在は「天下第一の桜」が咲き誇る美しい公園になっています


桜の向こうには雪を冠する中央アルプス …う、うつくしい

高遠
高遠 posted by (C)nana


高遠城址は80mほどの山上にあるので

山の斜面を埋め尽くすように桜が咲いています

高遠の桜は小彼岸桜で樹齢は130年を越えるものも

現在1500本が植えられているそうです

桜の山から下界を見下ろす

花が邪魔で見えないくらい

高遠
高遠 posted by (C)nana


花形は小さめでピンクの色が濃い小彼岸桜が満開

二の丸から橋を渡って本丸に入るとところにあるのは

江戸時代城下町高遠の政庁であった問屋門

昭和24年にここに移築して保存されているものです

高遠
高遠 posted by (C)nana


桜の枝が欄干まで垂れる桜雲橋

絶好の撮影スポットでもあるので

人・人・人で重そう…

橋の下も散策できます

高遠
高遠 posted by (C)nana


桜雲橋から見る桜は

ゴージャスな満開っぷり

高遠
高遠 posted by (C)nana


『廃藩置県で城を撤去』と書かれているのを見つけたのですが

『明治5年に高遠城の建物は民間に払い下げ』となっているものも…

けれども築城当時のものは土塁の一部くらいで

お城の建物は残っていません


公園内には高遠の学を確立した中村元恒、元起父子の記念碑

伊沢多喜男の無字の碑等記念碑や歌碑がいくつもあり

歴史の丘のようでもあるみたい

暑いくらいのポカポカ陽気で空も真っ青

高遠
高遠 posted by (C)nana


時を知らせたという太鼓櫓

高遠
高遠 posted by (C)nana


新城藤原神社の前の日当たりの良い場所は本丸跡

水仙が咲いていました

高遠
高遠 posted by (C)nana


360度どこをみても桜っていう状況は幸せだけれども

どこを撮っていいのかわからないくらい…

もうカメラは忘れてボーっと見るしかないわ

屋台もいっぱい出ているので

桜を堪能しながらぷふぁっとビールを飲んでた母娘

高遠
高遠 posted by (C)nana


最後にドアップ

高遠
高遠 posted by (C)nana


日本城郭協会により「日本100名城」に認定されている高遠城

それよりも「天下第一の桜」と称され「桜の日本三大名所」や

「日本さくら名所100選」に数えられていることに超納得


一泊二日で桜とお城の弾丸ツアー敢行しちゃいましたが

大満足な桜三昧桜まみれな時を過ごしちゃいました


2016年4月:信州長野の桜を追いかける旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

今年も桜を堪能しちゃったわ
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらもね下矢印よろしく





メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 01:40:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 16, 2016

高田城址
高田城址 posted by (C)nana


そろそろ日暮れのころ県境を越えて新潟県上越市へ


日本三大夜桜と言われている高田城址公園に到着

既に提灯には火が入っていて桜のピンク色も濃く見えます

高田城址
高田城址 posted by (C)nana


徳川家康の六男、松平忠輝の居城として天下普請によって造られた高田城

平城で天守はなく1614年に

3重3階の三重櫓を建てて天守の代用としたそうです

といっても1870年(明治3年)に本丸御殿、三重櫓などを焼失してしまい

当時の三重櫓の外観は不明らしい…


ライトアップされている今の三重櫓は1993年に復興したもの

高田城址
高田城址 posted by (C)nana


明治に入ってから陸軍によって3000本を超すソメイヨシノが植栽

「日本三大夜桜」と言われています…

で、思うんだけれど、何故夜桜なのかしらね

確かにライトアップされた桜もきれいだけれど

3000本もの桜があれば昼間も十分きれいだと思うのよ


内堀から望む桜と櫓は絶好の撮影スポット

立派なカメラと三脚で撮影している人々の合間からパチリ

ライトアップの光は明るくなって良いけれど

こんなところに映り込んだら眩しすぎ…

高田城址
高田城址 posted by (C)nana


ライトを避けるためズームにしてみると

ボケるし… 難しいものね
 
ってか、コンデジの限界?? 

相変わらずリコーのコンデジCX5と

iPhone6Sでがんばってますっ 

高田城址
高田城址 posted by (C)nana


もちろん見どころの桜はココだけじゃあなく

「さくらロード」となっている内堀沿いは桜トンネル

ただし…

これだけの桜の名所

人と露天でぐちゃぐちゃ~

高田城址
高田城址 posted by (C)nana


大きくて立派な枝垂桜も満開でした

高田城址
高田城址 posted by (C)nana


見かけた信州ビール、軽井沢ビールと

信州の五一ワインよん

五一わいんは桜バージョンで桜の花入り

ロマンチック~

信州ビール
信州ビール posted by (C)nana


宿泊したのは志賀高原…

朝起きてみたらまさかの雪景色でびっくり

温泉後のビールがうまっ

志賀高原
志賀高原 posted by (C)nana


北信濃の千曲川沿いにある「栗の里」小布施

御紋まで栗っ

栗のお菓子屋さんがいっぱいあります

小布施
小布施 posted by (C)nana



小布施には北斎の美術館もあり

『北斎と言えば版画』ですよね

けれど、ここには版画は一枚もなく5年滞在していた

小布施で描かれた肉筆画のみの展示だそうです


その北斎を小布施に招いたのが高井鴻山

彼の博物館の前には立派な枝垂桜

小布施
小布施 posted by (C)nana


この建物は枡一市村酒造の裏側

「桝一」の御紋っ

小布施
小布施 posted by (C)nana


表側に回ると枡一市村酒造のお店になっています

小布施
小布施 posted by (C)nana


桝=□と一が描いて「スクエアワン」

なるほどね~ な命名のお酒達


店内には大樽があり

奥には雰囲気のあるバーもありましたが

なにせ伺った時間が朝9時 

さすがに日本酒飲む気にはならなかったわ


小布施
小布施 posted by (C)nana

小布施
小布施 posted by (C)nana



小布施は観光用に造られた(造り直された?)街ではなく

名産品の栗菓子のお店や酒屋はあるものの

普通の暮らしがそのまま残っている静かな街

酒蔵の煙突、白の縁取りがあるポスト

なんとも長閑な風景が広がっています


小布施
小布施 posted by (C)nana

小布施
小布施 posted by (C)nana



「栗の小径」と名づけられている路地も

特段なにがあるということもなく

ただ…

歩道が全てレンガや石畳ではなく「木」なのが落ち着きます

小布施
小布施 posted by (C)nana


桜じゃないけれど…

巨大なボケが満開でした~

小布施
小布施 posted by (C)nana


続きはこちら 3. 桜の花びらでピンクになった濠の国宝松本城 ~中央アルプスを望む高遠城址公園の満開小彼岸桜

2016年4月:信州長野の桜を追いかける旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

今からが桜見物本番なの
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらもね下矢印よろしくね





メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 01:41:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 15, 2016

上田城址
上田城址 posted by (C)nana


東京の桜が散ったころきっとキレイじゃないかと

少し北の方面の桜を追いかけて桜ハンティングのプチ旅へ


まず向かったのは真田氏の居城だった上田城跡

「上田城千本桜まつり」が開催中で花見客で大賑わい

尼ケ淵越しに見えるのは北櫓

桜の花が邪魔なくらいな満開ぶりです

上田城址
上田城址 posted by (C)nana


トップ写真は東虎口櫓門の両脇にある北櫓(右)と南櫓(左)


残念ながら既に散ってしまい葉がでているものも

それでも桜が吹雪のように舞いお堀に落ちていき

桜のじゅうたんを作っていく様は風情満点

上田城址
上田城址 posted by (C)nana


城内には真田神社もあります

でもって、さすがというか

真田丸も… TVの力は恐るべしね


上田城址
上田城址 posted by (C)nana

上田城址
上田城址 posted by (C)nana



上田城は真田氏により1583年(天正11年)に築城された平城

真田氏が属した西軍は関ヶ原の戦いで敗れお城は徳川軍に破却され

後に、仙石忠政により寛永3年(1626年)から現在の上田城が普請された

…そうですが、結局は未完のままだったとか

上田城址
上田城址 posted by (C)nana


明治以降、破却や城外への移築が行われたため

城内には石垣と西櫓1棟のみが残っていた状態だったのですが

昭和時代に移築されていた本丸の櫓2棟が元の位置に復元され

本丸の3棟の櫓(南櫓、北櫓、西櫓)が保存されています

上田城址
上田城址 posted by (C)nana


下から見上げる西櫓

1000本桜というだけあって桜の種類もいろいろ

この濃い色の桜はなんだろう… ハナカイドウ?

キレイな色ですよね

上田城址
上田城址 posted by (C)nana


天守閣が残っているわけではないけれど

趣のある櫓が背景に入ると桜がとても映えます


上田城址
上田城址 posted by (C)nana

上田城址
上田城址 posted by (C)nana



真田氏による上田での実際の支配期間は40年ほどであったそうですが

当時はどんな様子だったんでしょうね… 

桜目的ではあったけれどやっぱりお城見物って楽しいわ

上田城址
上田城址 posted by (C)nana



次に向かったところは桜の名所ではないのだけれど

牛にひかれて善光寺へ って、引かれてないって^^

・・・の前にこんな地ビールがあったので飲んでみた

善光寺
善光寺 posted by (C)nana


ケルシュ、エール、スタウトと3種ありました

好みはフルーティーなケルシュ


無宗派の単立寺院、善光寺

「一生に一度は善光寺詣り」とか

「牛にひかれて善光寺詣り」とか聞くのだけれど

初めての参拝です

善光寺の山門(三門)をくぐります 立派ぁ~

善光寺
善光寺 posted by (C)nana


山門にかかっている「鳩字の額」

この中に鳩が5羽 …鳩が苦手なもんで

あんまり数えたくないけれど善光寺の善の上の点々

光の上の点々、もう一つは寺の下の点 です

善光寺
善光寺 posted by (C)nana



国宝の本堂

善光寺の本堂の屋根は2重構造になっていて

上が「寺」、下部が「神社」の造りなんだそう

善光寺
善光寺 posted by (C)nana


本堂の東側には桜がいっぱい咲いています

善光寺
善光寺 posted by (C)nana


こちらは鐘楼

ちなみに「牛にひかれて善光寺詣り」の意味は

『思いがけず他人に連れられて、ある場所へ出掛けること。

また、他人の誘いや思いがけない偶然で、よい方面に導かれることのたとえ』

だそうです …知らなかった

善光寺
善光寺 posted by (C)nana


善光寺は昨年が御開帳の年

その時に使われた回向柱が飾られています

というか…

歴代の御開帳時に使用された回向柱が歴々代々並んでいます

新しいものが左側

右側には歴々代々手前から奥に向かって古いものになります

多くの参拝者に触られ色が変わり

腐食した部分を切り取り移していくため

一番奥の回向柱はとっても小さくなっています

善光寺
善光寺 posted by (C)nana


続きはこちら 2. 日本三大夜桜の高田城址公園 ~栗と北斎と花の里小布施

2016年4月:信州長野の桜を追いかける旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回下矢印ポチッと応援クリックよろしくお願いします

回向柱は両手で抱えられない大きさでびっくり
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらもね下矢印





メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 01:41:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 28, 2016

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana


飛騨高山に一泊し朝から街散歩

郡代役所だった高山陣屋

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana


表門から内を覗いてみたら有料ですってよ

資料館になっているみたいだけれど

時間もあまりないので端折ることに

真っ青な空と雪の白… 凛とした空気に氷柱から溶ける水


飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana



門前には毎日朝市が催されています

もっと賑わっているかと思いきやお店はちょぴっと

お漬物を売っているところが多くて

いろいろ試食させていただくことができます

その中で菊芋のお漬物がとても美味しく購入

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana


宮川を渡って古い町並みが残っているという地区へ

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana


京都みたいっ …勝手なイメージだけど

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana


茶色の木壁が続き、透明な雪解け水が勢いよく流れる側溝

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana


郵便ポストがこんなレトロだったり

マンホールがこんなにかわいかったり


飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana



めっちゃレトロな消火栓

立派な建物は市政記念館だとか


飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana



お味噌屋さんや酒屋さんが似合う街


飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana



さるぼぼと鬼灯がキュート

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana


骨董屋さんや人形屋さんも馴染んでます


飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana



さるぼぼの街散策 …これにて終了

飛騨高山
飛騨高山 posted by (C)nana



南下して郡上八幡にも足を延ばします

大正時代に建てられた旧税務署の外観をそのまま残した郡上八幡博覧館

郡上おどりの実演も行われているそうです …って入ってないけど

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana


郡上八幡に入ってすぐに目がいったのは

派手?なお寺のレリーフ

赤い口とか白目の白さとか… 派手っ

地味目の彩色(右側)くらいだと美しいって思えるんだけどね


郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana



城下町の郡上八幡は「職人町」だとか「鍛冶屋町」だとか

それぞれの仕事ごとに町が造られ

町割りに沿って通りの両側を流れる水路は防火の目的で

今でも家々の軒先に下がる消化用バケツもその伝統の名残だそう

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana


山の頂きに鎮座しているのが郡上八幡のシンボル、郡上八幡城

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana


風情のある城下町なんだけれど

何故か食品サンプルの街でもあるんだよね

ゴジラのフライなんてサンプルはシュール

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana


こんなに風情があるのに店頭にゴジラフライがいたりするからビックリ

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana


環境省が選定した「日本名水百選」の第1号に指定されたことで有名になった湧水

宗祇水(別名白雲水)

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana


『文明3年(1471)連歌の宗匠・飯尾宗祇が郡上の領主である東常縁から

古今伝授を受けて京へ戻るとき、当時の2大歌人である二人が

この泉のほとりで別れを惜しみ歌を詠み交わしました』

「もみじ葉の 流るるたつた白雲の 花のみよし野思ひ忘るな  常縁」

「三年ごし 心をつくす思ひ川 春立つ沢に湧き出づるかな  宗祇」

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana


郡上おどりの街らしく

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana


至る所で郡上おどりがモチーフになってます

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana


郡上八幡のマンホールは「おさかな」

街のにぎやかな通りを曲がると

「やなか水の小道」と言われる路地

玉石を敷きつめた道と水路 …とにかく全部「丸」な石


郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana



旧庁舎記念館はレトロ~

郡上八幡
郡上八幡 posted by (C)nana


一泊二日の岐阜旅行…

目的は白川郷のライトアップだったけれど

ついでに?訪れた飛騨高山と郡上八幡の街並みに魅せられました


☆★ブログランキングに参加しています★☆
一日一回ポチッと応援クリックよろしくお願いします

しっとりした気分になっちゃったわ
ブログランキング・にほんブログ村へ
右矢印にほんブログ村


右矢印旅行・観光 ブログランキングへ


メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 01:50:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 2, 2015

韮山反射炉
韮山反射炉 posted by (C)nana


幕末期の代官江川英龍によって着工され

後を継いだその子英敏が安政4年(1857)に

3年半の歳月をかけて完成させた韮山反射炉


名前は知っていたし、写真でも見たことがあったけれど未訪だったところ

韮山反射炉を含む「明治日本の産業革命遺産」が

7月に世界遺産に登録されることが決定!

世界遺産好きとしてはやっぱり行きたい 滑り込み


金属を溶かし大砲を鋳造する炉の中で

反射炉は溶解室の天井部分が浅いドーム形となっており

そこに炎や熱を反射させ銑鉄に集中させることでその高温を実現する構造

韮山反射炉
韮山反射炉 posted by (C)nana


炉体と煙突の部分を合わせた高さは約15.7m

第一印象は 小さっ びっくり目が飛び出る


鉄骨フレーム付きのフォルムが当初からあるような錯覚に陥りますが

昭和32年に鉄骨フレームによる耐震補強が施されたもの


実際に稼働した反射炉が残っているのは日本でここだけだそうです

韮山反射炉
韮山反射炉 posted by (C)nana


そして造られた大砲で残っているのもこの一門だけだとか…

後は全て先の大戦時に供出されてしまったのですね

韮山反射炉
韮山反射炉 posted by (C)nana


韮山反射炉物産館では「反射炉ビア」なんてビールも売っていましたが…

ここはちょっと我慢して…


シラス漁で有名な田子の浦漁港へ

田子の浦
田子の浦 posted by (C)nana


何の変哲もない生ビールだけど

田子の浦
田子の浦 posted by (C)nana


生シラス、釜揚げシラス、ちりめんの3種盛

イカの囲炉裏焼き、ニシンの酢のもの、茹で落花生… くぅ~ビールが んまっ

田子の浦
田子の浦 posted by (C)nana


もう一つのごちそうは揚げたてサクサクのしらすコロッケ

田子の浦
田子の浦 posted by (C)nana


その場で揚げてくれるのでサックサク

割ってみると中からしらすがニョキニョキ生えてる感じ

しらすの塩気でそのままいただくのがいいかも

田子の浦
田子の浦 posted by (C)nana



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 01:54:58 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 11, 2013

平鶴
平鶴 posted by (C)nana


寒い日から一転、ポカポカ陽気になったり…

昨日は黄砂?と思いきや煙霧という聞きなれない言葉まで


そんな中… 温泉温泉に行ってきました


お風呂 お風呂の後の楽しみは…


そろそろメニュも春めいてきているかなと、楽しいは増すばかり

伊勢海老はぷりぷり、平貝はレモンでキュッとしまった感じでコリコリ

鯵は地元名産だけあって美味しいし… 


平鶴
平鶴 posted by (C)nana



アワビは踊るし 踊る これはバターとしょうゆを少々… レモンをギュギュっと


平鶴
平鶴 posted by (C)nana


こちらの旅館、とにかく量が半端ない… 

食べきれることはないのだけど、ズワイもこれくらいならうれしいかも

天ぷらは… ここまで行きついたことない …ヘロヘロ

熱々で持ってきてくださるのに、どうしてもこのスペースが胃に足りない…



平鶴
平鶴 posted by (C)nana

平鶴
平鶴 posted by (C)nana



そして、きっとコレがこの冬最後のあんこう鍋だわ…

このお味噌の濃い味のあんこう鍋… 冬の風物詩だけど、この陽気じゃ…

まだ3月だとはいえ、すっかり春めいてしまっているしね

ふぅふぅしながらいただくお鍋、美味しい…としか言いようがない 


平鶴
平鶴 posted by (C)nana



そして、どうしてこんなに眠れるのだろう 寝るすやすやZZZ と思うのだが


朝もしっかりお風呂に入り、食べる気満々の朝ご飯

脂ののった鯵がジュワっと香ばしい香りとともに焼き上がったら

中の大きな骨と頭だけ残してかぶりついてしまう 

昨夜の伊勢海老の頭で出汁をとったお味噌汁がまたんまいのなんの うふっ



平鶴
平鶴 posted by (C)nana

平鶴
平鶴 posted by (C)nana



温泉に行くと、必ず体重増えます…

でも、それでもやっぱりいいよね温泉 うんうん


磯料理/湯の宿 平鶴 (伊豆・網代温泉) 
静岡県熱海市下多賀493


今日もポチッと応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

l-e

メッセージはこちらからお願いします

Message


2013.02

      バックナンバー ◇◆海外旅行記◆◇






Last updated  May 3, 2018 02:09:51 PM
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Recent Posts

Category

◆食べ歩き徒然◆

(14)

銀座・有楽町・日比谷・新橋

(245)

新富町・東銀座・築地・八丁堀

(101)

丸の内・八重洲・京橋・日本橋

(135)

人形町・馬喰町・水天宮・浜町

(24)

御茶ノ水・秋葉原・神田・新日本橋

(24)

上野・御徒町・湯島・稲荷町

(186)

谷中・日暮里・鶯谷

(7)

浅草・田原町・蔵前・浅草橋

(182)

北千住

(4)

本所吾妻橋・押上・青砥

(7)

両国・錦糸町

(4)

神楽坂・飯田橋・曙橋・四谷

(16)

新宿・代々木・練馬

(119)

六本木・麻布・乃木坂

(27)

赤坂見附・半蔵門・溜池・虎の門

(16)

渋谷・青山・表参道・恵比寿

(60)

品川・五反田・高輪

(17)

京王線沿線・成城学園前

(229)

◆旅たび徒然◆↓旅行記はFreePageへ↓

(40)

カナダ

(23)

アメリカ・ハワイ

(58)

メキシコ・ベリーズ・グァテマラ・ホンジュラス・エルサルバドル・コスタリカ・パナマ

(31)

キューバ・バハマ・カリブ海に浮かぶ島国

(26)

エクアドル・ペルー・コロンビア

(26)

ボリビア

(19)

ブラジル

(14)

アルゼンチン・チリ

(19)

タヒチ・パラオ・バヌアツ・パプアニューギニア・ニューカレドニア

(31)

ニュージーランド

(28)

ロシア

(21)

モルドバ・ウクライナ・ベラルーシ

(16)

リトアニア・ラトビア・エストニア

(14)

フィンランド

(15)

ポーランド

(16)

ドイツ

(24)

オーストリア・チェコ・スロバキア・ハンガリー

(20)

ベルギー・オランダ・ルクセンブルグ

(22)

フランス

(43)

スイス・リヒテンシュタイン

(35)

イタリア・バチカン・サンマリノ

(81)

マルタ

(11)

スペイン

(40)

ポルトガル

(20)

ブルガリア・ルーマニア

(23)

クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ・モンテネグロ

(17)

アルバニア・マケドニア・セルビア・コソボ

(29)

ギリシャ

(16)

トルコ

(6)

イスラエル・ヨルダン

(14)

UAE・カタール・オマーン

(13)

チュニジア・モロッコ

(19)

エジプト

(11)

モンゴル

(6)

エチオピア

(14)

ケニア・タンザニア

(22)

マダガスカル・モーリシャス・セイシェル

(30)

南アフリカ・ジンバブエ・ボツワナ

(25)

ウズベキスタン

(8)

インド・ネパール

(20)

スリランカ・モルディブ

(18)

マレーシア・インドネシア・ブルネイ

(30)

ミャンマー

(17)

カンボジア・ラオス

(22)

フィリピン・台湾

(21)

北海道

(20)

青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島

(49)

新潟・富山・石川・福井

(12)

栃木・群馬・埼玉・茨城・千葉・山梨・神奈川

(45)

東京

(68)

長野・岐阜・静岡・愛知

(14)

滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・三重・和歌山

(28)

鳥取・島根・岡山・広島・山口

(4)

徳島・香川・高知・愛媛

(9)

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

(19)

沖縄

(11)

◆その他徒然◆

(137)

ジェルネイル

(121)

読書

(21)

お取り寄せ・レビュー

(65)

バセドー病・外傷性てんかん

(25)

◆はじめに & 乳がんのこと◆

(1)

1:告知前&告知…そして現在

(20)

2:術前化学療法

(60)

3:全摘手術 ~ホルモン療法

(38)

4:乳房再建

(71)

乳がん番外編:坊主ネタ

(37)

乳がん番外編:医療費と保険 &オフ会

(24)

Free Space

◇◆海外旅行記◆◇
他に下記Freepage Listにもあります

オーストリア~スロバキア
~チェコ~ドイツの旅



ニュージーランド
北島~南島縦断の旅



エクアドル、生物の楽園
ガラパゴス諸島の旅



「インド洋の真珠」
セイシェルの旅



アジアのゴージャスな王国
ブルネイの旅



マグレブのチュニジア
地中海からサハラ砂漠への旅



リトアニア~ラトビア
エストニアの旅



モルドバ~ウクライナ
ベラルーシの旅



ボスニアヘルツェゴビナ、クロアチア
モンテネグロ、スロベニアの旅



パプアニューギニア 陸の孤島
タワリリゾートの旅



ポーランド ワルシャワ~ポズナン
~クラクフの世界遺産の旅



キューバ 首都ハバナとビーチ
リゾート、バラデロの旅



ラオス 首都ヴィエンチャンと
世界遺産ルアンパバーンの旅



インド洋に浮かぶ「島々の
花輪」モルディブの旅



スリランカの世界遺産と
美しい自然の旅



カリブ海クルーズと
フロリダ、キーウェストの旅



地中海に浮かぶ
蜂蜜色の国マルタの旅



南太平洋の微笑みの国バヌアツと
ニューカレドニアの旅



ポルトガル、リスボン~
ポルト&パリ立ち寄りの旅



ウズベキスタン
蒼穹の世界遺産の古都の旅



ネパール
ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅

Nagarkot

古代文明が色濃く残る
エジプト世界遺産の旅

Egypt

モーリシャス、インド洋に浮かぶ
パラダイスの旅

Mauritius
カンボジア、アンコール遺跡と
首都プノンペンの旅

Canbodia

イスラエル~ヨルダン
イエスの足跡をたどる旅

Israel

モンゴル、ウランバートル~大草原
ブルドと世界遺産カラコルムの旅

Mongolia

マレーシア、ペナン島~マラッカの
世界遺産とクアランプールの旅

Kuala Lumpur

イタリア、ベネチア~トスカーナ
~チンクエ・テッレのドライブ旅

Burano

フィリピン、マニラで
過ごす週末の旅

manila

地中海~カナリア諸島
マディラ諸島クルーズの旅

Madeira

アラビアンナイト:カタール
UAE&オマーンクルーズの旅

Abu Dhabi

パラオ
ヨットクルーズの旅

Palau

インドの世界遺産の旅
India

アルバニア・マケドニア
コソボ・セルビアの旅

Macedonia

神秘の国エチオピアの旅
Ethiopia

フランス&スイス・アルプスに
滞在する旅

Matterhorn

ブルガリア&
ルーマニアの旅

Romania

ドイツ・ハイデルベルグと
フランス・アルザス地方の旅

Heidelberg

オランダ・ベルギー
ルクセンブルクとパリの旅

Amsterdam

タヒチ:夢の楽園ボラボラ島の旅
Tahiti

コロンビア~パナマ運河
コスタリカ&メキシコクルーズの旅

panama canal

インドネシア:ジャワ&バリ島の旅
indonesia

フィンランド:オーロラの旅
Finland

東カリブ海クルーズの旅
StMaaten

台湾:台北、高雄、九分十分の旅
Taiwan

カナダ:メープル街道&
USA:サンフランシスコの旅

canada

タンザニア~ケニア:サファリの旅
Kenya

マダガスカル:不思議の島の旅
Madagascar

イタリア:フィレンツェ~ナポリの旅
capri

ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都の旅
myanmar

グアテマラ~エルサルバドル~
ホンジュラス~ベリーズの旅

belize

ハワイ:マウイ島の旅
maui

ジンバブエ~ボツワナ~
ブルートレインで行く南アフリカの旅

victoria falls

ボリビア:ウユニ塩湖&
ブラジル:レンソイス砂漠の旅

UYUNI

ギリシャ:アテネ メテオラ&
エーゲ海の島の旅

Santorini

アルゼンチン:パタゴニア氷河&
チリ:イースター島の旅

patagonia

ハワイ:マウイ島の旅
Hawaii 2012

スペイン:マドリッド&
バルセロナの旅

Segovia

ロシア:サンクトペテルブルグ
スズダリ&モスクワの旅

Sergiyev Posad

フランス:ニース&マルセイユ~
イタリア:ミラノ~マラネロの旅

Marseille

ブラジル:イグアスの滝~
ペルー:マチュピチュ&ナスカの旅

マチュピチュ

ハワイ:マウイ島の旅
honua kai

フランス:パリ~ロワールの旅
凱旋門

トルコ:アンカラ~サフランボル
カッパドキア~イスタンブールの旅

トルコイスタンブールブルーモスク1


↓メッセージはこちらから↓
メッセージはこちらから


↓ブログランキングに参加しています
ポチッと応援クリックしていただければうれしいです↓


にほんブログ村


人気ブログランキングへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

Freepage List

◇◆ 海外旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10★チェコ・ハンガリー 〜 ドイツ


'10★ハワイ:ハワイ島~マウイ島


'11★イタリア:ローマ〜ベネチア・ミラノ


'11★トルコ:カッパドキア・イスタンブル


'11★フランス:パリ~ロアール古城めぐり


'11★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'12★南米:マチュピチュ~イグアスの滝


'12★南フランス~モナコ~北イタリア


'12★ロシア:Stペテルブルグ~モスクワ


'12★スペイン:マドリッド~バルセロナ


'12★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'13★南米:パタゴニア氷河~イースター島


'13★ギリシャ:アテネ~エーゲ海の島々


'13★南米:ウユニ塩湖~レンソイス砂漠


'13★ジンバブエ・ボツワナ・南アフリカ


'13★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'14★中米4か国:グアテマラ~ベリーズ


'14★ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都


'14★イタリア:フィレンツェ~ナポリ


'14★アフリカ:不思議の島マダガスカル


'14★アフリカ:タンザニア~ケニア


'14★カナダ:メープル街道 & USA:ナパ


'14★台湾:台北と高雄、レトロ九分十分


'14★東カリブ海クルーズ:ヴァージン諸島


'15★フィンランド:オーロラハンティング


'15★インドネシア:ジャワ島&バリ島


'15★パナマ運河クルーズ:コロンビア~


'15★タヒチ:夢の楽園ボラボラ島


'15★オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ


'15★ドイツとフランス・アルザス地方


'15★ブルガリア&ルーマニア


'15★フランス&スイス・アルプス長期滞在


'15★アフリカ:神秘の国エチオピア


'15★バルカン半島:アルバニア・旧ユーゴ


'15★インド:世界遺産12か所めぐり


'15★パラオ・ヨットクルーズ


'16★カタール・UAE・オマーンクルーズ


'16★地中海~カナリア・マディラ島クルーズ


'16★フィリピン、マニラで過ごす週末


'16★イタリア、ベネチア~トスカーナ


’16★マレーシア、ペナン島~マラッカ


'16★モンゴル、ウランバートル~カラコルム


'16★イスラエル&ヨルダン、イエスの足跡


'16★カンボジア、アンコール遺跡とプノンペン


'16★モーリシャス、インド洋のパラダイス


'17★エジプト、古代文明の世界遺産


'17★ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産


'17★ウズベキスタン、蒼穹の世界遺産の古都


'17★ポルトガル、リスボン~ポルト~パリ


'17★ニューカレドニア & バヌアツ


'17★地中海に浮かぶ蜂蜜色の国マルタ


'17★西カリブ海クルーズとキーウェスト


'17★スリランカの世界遺産と美しい自然


'17★インド洋の「島々の花輪」モルディブ


'18★ラオス ルアンパバーンとヴィエンチャン


'18★キューバ、首都ハバナとバラデロ


'18★ポーランド ワルシャワ~クラクフ


'18★パプアニューギニア 陸の孤島の楽園


'18★ボスニア~クロアチア~スロベニア


'18★モルドバ~ウクライナ~ベラルーシ


'18★リトアニア~ラトビア~エストニア


’18★チュニジア 地中海からサハラ砂漠へ


'18★ゴージャスなアジアの王国ブルネイ


'18★「インド洋の真珠」セイシェル


’19★エクアドル ガラパゴスと首都キト


’19★ニュージーランド 北島から南島縦断


’19★オーストリア~スロバキア~チェコ~ドイツ


◇◆ 国内旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10☆北海道(夏) 十勝~知床~紋別


'11☆岩手・秋田・山形・新潟・石川・富山


'12☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'12☆東北~北陸 山形~青森~秋田~新潟


'13☆高知~山口~長崎~鹿児島~熊本~大分


'13☆神戸・大阪


'13☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'14☆北海道(冬) 登別~函館


'14☆東北4大祭り 青森~秋田~山形~宮城


'14☆金沢と白川郷・五箇山


'15☆神戸異人館と伊勢神宮


'15☆愛媛、松山と今治


'15☆熊本城、黒川温泉と大分、由布院温泉


'16☆宮城・山形蔵王の樹氷


'16☆岐阜、白川郷と飛騨高山・郡上八幡


'16☆信州長野、桜を追いかけ高遠へ


'16☆滋賀、彦根城、信楽、比叡山と古都京都


'16☆京都、兵庫、鳥取、島根と姫路城


'17☆愛知の3城、岡崎城~名古屋城~犬山城


'17☆みちのく3大桜 弘前~北上~角館


'17☆古都奈良と京都宇治、平等院


’18☆秋田犬に会いたい!秋田から青森へ五能線


'19☆鹿児島、奄美大島


’19☆沖縄、石垣島・西表島・由布島・竹富島


◇◆ プチ旅~お散歩・日帰り・1泊温泉 ◆◇


東京いろいろ神社仏閣・美術館etc. 街散歩


泊まらなくてもちょっと遠出 日帰り旅行


東京近郊1泊で …できれば温泉(希望)旅行


Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


nana's7

Comments

nana's7@ >maki5417さんへ コクがあっておいしいですよね。
nana's7@ >maki5417さんへ 新宮殿、サンスーシ宮殿、ツェツィーリエ…
nana's7@ >maki5417さんへ 緑も多く、花もいっぱいで本当にきれいな…
nana's7@ >クロカワさんへ 参考にしていただいたなんて恐縮です。で…
nana's7@ >maki5417さんへ 「君主の行進」はどんなガイドブックにも…

Archives

Calendar

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Headline News

Shopping List

バリリゾートで人気のおしゃれなアジアンランプ インテリアライトループルーツS 60cm 6畳 8畳 ラタン 床置き 1灯 ダークブラウン アジアン照明 間接照明 フロアライト スタンド 照明 フロアスタンドライト アジアン ランプ おしゃれ インテリア 癒し 和モダン リゾート バリ島 北欧 和風 和室 LED 寝室 新築祝い 引っ越し祝い
ナチュラル感あふれるデザインが可愛さをプラス!!ハンドメイドのバングル ブレスレット レディース エスニック アジアン ターコイズ 2連メール便対応/ブレスレット ブレスレット アクセサリー ターコイズ 石 ホワイト ゴールド 金 2連 オーバル ビーズ レディース エスニック 海 リゾート アジアン/BTAI-165/ ポイント消化 (I1-1)
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】あやかし恋古書店~僕はきみに何度でもめぐり逢う~【電子書籍】[ 蒼井紬希 ]
1本あたり540円(税別)送料無料!各国の白ワインをセットで超オトクに飲み比べ♪送料無料 白だけ特選ワイン12本セット81弾 白ワインセット 長S
送料無料 グルメ大賞コーヒージャンル受賞 レビューで大絶賛の初めての方や常連さんに大人気 人気の2種類のレギュラーコーヒーが合計200杯 お得なセット 珈琲福袋 2kg【澤井珈琲】ポイント10倍 送料無料!コーヒー専門店の200杯分入り超大入コーヒー福袋(ビクトリーブレンド/ブレンドフォルテシモ/コーヒー豆/珈琲豆)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.