3802514 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

全1件 (1件中 1-1件目)

1

自己紹介

2009年07月19日
XML
カテゴリ:自己紹介

何を今さら~という感じなのですが、ふと思い立って
このブログに初めていらした方のために、
自己紹介を書いておくことにしましたウィンク

先日、私のところにヒーリングを受けにきてくださった方が
最初に私のブログに辿りついたのが、コロンクレンジングの日記だと言われていて
どんな検索でこのブログに来られるか、わからないものだなあと。

人生の中の様々な出会いは、
何がきっかけでつながるのか予測がつかないところが
ほんとおもしろいですね。

ここに辿りついてくださって、ありがとう~~ピンクハート


星月星きらきらきらきら月


norico    中村典子

ニューヨーク在住 

ヒーリングの履歴

  2006年にレイキマスター&ティーチャーとしてスタートし
  日々、セッションやクラスを行う。
  2009年に
タッチフォーヘルスを学び、それからブレインジム
  そして、インテグレイテッドヒーリング、キネジェティクスなどの
  様々なキネシオロジーを学び、キネシオロジストとして数多くのセッションを
  クライアントに提供する。
  何万回と重ねてきた臨床と研究をもとに、2016年に多次元キネシオロジーをクリエイトし
  そこから多次元キネシオロジーのクラスをスタートする。
  その後、私たち人間の意識が、他の惑星からの遺伝の影響を受けていることに気づき
  宇宙系遺伝の調整をスタートする。
  その流れで2018年初夏にアルクトゥルスのガイドとのコンタクトがあり
  多次元キネシオロジー+アルクトゥルスヒーリングとして
  広め初めている。


メールアドレス
             ​norico1@earthlink.net


子どもの頃から「人間はいつか死んでしまうのに、何で生まれてくるんだろう?」
そんなことを漠然と考えているような子どもでした。

音楽や絵を描くことが好きで、大人になってからも、常に自分を表現する何かを
求めていました。

一方で、ここで生きていくことの不自由さを感じていて
いつも心に怒りを持っていました。

なぜ、もっと私たちは自由に生きられないの?

なぜ、そんなつまらない対面にこだわって生きているの?

なぜ、自分の好きなことだけをして生きていくことができないの?


でも、その頃も今も変わらないのは「人が好き」だということ。
これまでの人生の中で、たくさんの素敵な出会いがありました。
きっと、この中のどの一人が欠けても、私の今の幸せは成りたたなかったでしょう。
出会う人みんなが、自分にとって、大切な人であって
すべて必然のお導きで出会うことができたのだということを、
いつもどこかで感じていました。

1990年、それまで勤めていたヤマハでのキーボードプレイヤーの仕事を辞め、渡米。
もともとキーボーディストとしての才能に限界を感じていた私は
きっぱり音楽もやめるつもりでした。

「NYに何かを探しに来たのではない。ただNYに住んでみたいと思っただけ」
「人生は暇つぶし」
それが当時の私の口癖でした。


でも、今から考えると、やはり潜在的には何かを探していたのでしょう。
いや、すべてはあるべき方向へ導かれていたのかもしれません。

NYに来てから、ある人に勧められて作曲を始めました。
不思議とそれまで好きだったロックやR&Bから180度変わって、
ニューエイジやヒーリング系の音楽を作るようになりました。

1995年は、私にとって大きな変化の年でした。

阪神大震災が起こってまもなく、私は交通事故に合いました。
自分がこの大きな事故によって死なずに生かされたということに対して、
不思議に感謝の気持ちで一杯でした。
その直後から、導かれるようにして、
哲学や精神世界、量子力学の本などを、読みあさるようになり、
これまで誰も教えてくれなかった世界が
そこに広がっていることを知りました。

その年にギタリストおさむと出会い、
Solaris (ソラリス)というユニットを結成。
norico 作詞作曲&ボーカル、おさむ編曲&ギターで
ソラリスとして、これまでに3枚のアルバムを完成させました。

また、その頃から、地球環境や自然に対して意識を向けるようになり、
この地球を守ること、そのために何か自分にできることをやってゆきたい、
そう考えるようになりました。

一方で、いくらスピリチュアルな本を読んで、いろんなことを学んでも、
それを実際の自分の毎日の生き方に反映させることは、
なかなかできませんでした。
依然として、心の奥に怒りや不安は持っていたし、
感情のコントロールも、上手くできていませんでした。
世界の平和を願いながら、心の中は平和ではなかったのです。

それが変化したのは、レイキを学んだ頃からでした。
いつのまにか、私の中にあった、様々な怒りがなくなっているのを感じました。
すべての世界は、私たち自身が生み出したものであることを
頭ではなく、心で理解しました。

このレイキの素晴らしさを多くの人に伝えていきたい、
そう思うようになって、2006年に、自宅に
レイキヒーリングルーム SOL Y LUNA(太陽と月)をスタート。

ほとんど宣伝していなかったにも関わらず、
口コミでヒーリングやクラスを受けてくださる人が増えてきて
多くの人にレイキを伝えることができました。
(⭐️現在はレイキのクラスやセッションはやっていません)

また、レイキの他にも、クリスタルヒーリング、ヨガや食事、ヴァパサーナ瞑想や
アロマテラピーなど、いろんな角度から
健康や癒しを学び、少しずつ広がっていました。

2009年3月、ロサンゼルスの本間先生のもとで、
キネシオロジーマスターコースを学び
筋肉の反射テストによって、自分の潜在意識が何を感じているかを
知ることができるキネシオロジーによって
新たな側面から、身体と心と魂についての理解を深め
キネシオロジーによるセッションをスタートします。

さらに2010年6月、あらゆる次元からヒーリングを行うことができる
インテグレイテッドキネシオロジー(IH ヒーリング)を創始者のマチルダから学びました。
より深く問題の根源となっている心理的要因を知ることができるようになり
これによって、キネシオロジーのセッションが大きく進化しました。

2011年始めには、タントラのマスターコースであるダキーニの資格を取り
セックスや女性性、男女のコミュニケーションといった問題の解決にも
取り組むようになりました。

また、リチャード博士のマトリックスエナジェティクスをレベル3まで受けたことで
量子力学をベースにした、これまでのヒーリングの考え方とは違ったアプローチから
新たな視点で健康や精神を見ることや
さらに多次元的に物事を捉えるようになったように思います。


そして、2012年、ロンからフィボナッチヒーリングを学び
その流れで、アーキュトニックの音叉に惹かれ
アーキュトニックの惑星音叉のクラスを受けたり
クラスをオーガナイズしたりしました。

2016年に、エンパスのクライアントさんのためにと
多次元キネシオロジーのクラスをスタート。
その頃から、宇宙系のエネルギーの影響で、体調を崩したり
精神的なダメージを持っているクライアントさんが来られることが続き
そこから、宇宙系遺伝というものが
私たちの意識に大きく関わっていることに気づき
宇宙系遺伝の調整を、スタートしました。

やればやるほど、様々な遺伝の性質が、私たちの性質や脳や感じ方に
影響を与えていることがわかり
その調整のやり方を日々、研究し続けています。

その流れで出会ったのが、2018年の初夏
アルクトゥルスとの出会いでした。
最初は、全く信じられなかった宇宙人の存在が
実感としてわかるようになり
そこから、アルクトゥルスのガイドとの共同作業でのヒーリングがスタート。
2018年に多次元キネシオロジー+アルクトゥルスヒ−リング
のクラスを初めてスタートしました。

また、旅が好きです。
旅は外の世界を知るだけでなく
自分の内面を深く入っていくものだと感じます。

このブログは、もともとはレイキについて、クラスで伝えれなかったり
HPには書ききれない部分を書いていこうと立ち上げたものですが
いつのまにか、キネシオロジーのことや旅のことや宇宙系の話や
私が日々、感じていることを書き綴る日記になりました。

そして、私がこれまで、様々なヒーリングを学んだり、
素晴らしい人々と出会って気づいた大切なことは、真の癒しは、
けしてヒーリングテクニックや技術で起こるのではないということでした。

人それぞれ歩く道や方法は違っていても
最終的に目指しているところは、同じなのだと私は思っています。

この素敵な冒険の旅を、共に楽しみながら、進んでいく仲間として
どこかでつながっていけたら、とても幸せです。

私といろんな形でつながってくださっている方々へ

そして、別の次元から見守ってくれている存在たちへ
心からの感謝をこめてピンクハート


ありがとうございますダブルハート



のりこ



ひゃ~何だか長くなっちゃったほえー
 

CSC_0975 のコピー.JPG

 






最終更新日  2019年01月15日 01時07分47秒
コメント(19) | コメントを書く


このブログでよく読まれている記事

全1件 (1件中 1-1件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.